モテキ実写版のキャストが豪華すぎる!映画・ドラマ版主演者一覧!

「モテキ」は、漫画家久保ミツロウさんが描く心に刺さる恋物語です。2010年07月に、テレビ東京の深夜ドラマドラマ24で放送されると若者を中心に人気を呼び、2011月に映画化されます。主人公をはじめ、登場するキャラクターを演じている役者たちは、深夜ドラマとは思えないほど豪華で話題を呼びました。映画版ではさらに豪華キャストがプラスされて、モテキワールドを作り出し大ヒットへと繋がります。

ドラマ/映画が大ヒット『モテキ』とは?

出典:http://www.moteki-movie.jp

モテキ」は講談社の青年漫画誌イブニングで、2008年から2010年まで連載された漫画家・久保ミツロウさんによる連載漫画です。生まれて29年間、恋愛に恵まれなかった、草食系男子の派遣社員の主人公藤本幸世モテ期がある日突然やってきます。
幸世を中心に女性たちが様々な恋愛が繰り広げられるラブコメディ。テレビ東京の深夜ドラマ「ドラマ24第20弾特別企画」としてドラマ化され、出演者や劇中に流れるBGMがとてもおしゃれで、こだわった作りに仕上げています。映画では、ドラマ版よりもさらにグレードアップさせ、女性キャストのお祭りシーンのオープニングシーンも豪華で注目を集めました。

『モテキ』の豪華キャストを紹介

出典:http://www.miraimoriyama.com

主役級の役者さんが多く起用されているのには、ドラマ24シリーズの「第20弾記念」ということが大きいようです。それぞれの役者さんの個性がぶつかりつつも、「モテキ」は観る視聴者を釘付けにしていきます。それは役者さんたちが、いかに演技が上手いかということも認識させられます。豪華すぎるキャストをドラマ版、映画版共に見ていきましょう。

主人公藤本幸世を演じるのは俳優の森山未來さん

主役を演じるのは、映画やドラマ、舞台やダンサーなど実力派個性俳優の森山未來さん。「セカチュー」と呼ばれ社会現象になった、映画「世界を中心に愛をさけぶ」では、恋人の死という重いテーマの演技で話題になりました。
テレビドラマ「ウォーターボーイズ」では主役の友達役をコミカルに演じ、ひたむきにシンクロに取り組む姿勢で人気を呼びます。「モテキ」ではどこか冴えなく、ネガティブ志向な主人公藤本幸世を演じていますが、どこかかっこよさを感じさせます。

撮影おわたーー。 腹ごしらえして 夜公演いってきまっす!💪

野波麻帆さん(@mahononami)がシェアした投稿 –

幸世のモテ期のきっかけ土井亜紀

土井亜紀は、ドラマの中で幸世のモテ期到来のきっかけになった女性。眼鏡をかけておとなしそうなのに、プライベートでははじけているという二つの顔を持つ亜紀を演じているのは女優の野波麻帆さん。
東宝シンデレラオーディションでグランプリを受賞したことで芸能界に入り、TBSドラマ「こちら本池上署」、日本テレビ「家政婦のミタ」、映画「クライマーズ・ハイ」など話題作に出演し、女優の長澤まさみさんのスタイリストや、子供服ブランドも立ち上げているマルチな才能を持っています。

元気いっぱいの女の子・中柴いつか

出典:http://www.humanite.co.jp

ドラマ版「モテキ」の中で一番元気でどこか女性を感じさせないのに、友達関係だった幸世に恋をし始めたところで、亜紀とのラブシーンを見てしまい恋は成就しないという悲しい役どころ中柴いつかには、沖縄出身の満島ひかりさん。
アニメ「ONE PIECE」のオープニングにも起用されたダンスユニット「Folder5」でデビューし、数々のCM、ドラマ、舞台、映画に引っ張りだこの大人気女優さんです。

ドラマ版を通して幸世の憧れの人・花小山夏樹

・ ・ gm♡お知らせです✨ California産まれのヘルシーコスメ @bareminerals_jp 公式HPより、”シンプルリッチなライフスタイルBlog”がUPされました✨🌿 ・ yogaを通じて得られる喜びや、これからの私の夢などお話しさせて頂きましたので是非、移動中の合間やランチ時にご覧ください♡‼︎ ・ ではでは、今日の東京は曇り空だけど双子座の新月の日🌙新しいコミニケーションを生み出そう✨✨ ・ Linkへの行き方♡ : bareMineral HP→シンプルリッチなライフBlog→松本莉緒 Linkアドレス♡ : http://bareminerals-jp.tumblr.com/post/161040512280/actress-meets-yoga ・ #松本莉緒 #犬顔 #戌年 #matsumotorio #ベアミネラル#bareminerals #california #beautiful #6月1日 #ビューティMTG #yogalesson @yogajournal_japan #facebook #peacebergstyle #HP #news #check #5月20日発売 #ヨガジャーナル最新号 #特集 #チェック #bodymakeyoga #お待ちしてます♥ phot by #amana

MatsumotoRio | 松本莉緒 |さん(@matsumoto_rio)がシェアした投稿 –

ドラマ版「モテキ」全編を通して幸世の憧れの女性であり、一番好きな小山夏樹役を演じるのは、松本莉緒さん。11歳の時にスカウトでデビューした松本さんは、テレビ朝日のドラマ「ガラスの仮面」で華麗で聡明な姫川亜弓役を好演し、ドラマ「謎解きはディナーのあとで」などの人気ドラマや、CM、バラエティ、近年ではホットヨガインストラクターなど幅広く活躍されている実力派の女優さんです。最後まで幸世との付かず離れずの関係性には、ハラハラした人続出でした。

同級生で不思議なキャラクター林田尚子役はあのハリウッド女優

ZUCCaコーディネート!

rinkokikuchi/Rinbjöさん(@rinkokikuchi)がシェアした投稿 –

中学時代はヤンキーでしたが、社会人になって再会した時には1児のシングルマザー。髪の毛はヤンキー時代の名残か金髪と派手ですが、優しく芯があり、祖母の面倒やシングルマザーとしての人生経験から、幸世のよき相談相手・林田尚子を演じているのはハリウッド女優菊池凛子さん。
映画「バベル」でハリウッドデビューした実力派女優。ハリウッドデビュー後日本のドラマに出たのは3本だけで、ドラマ「LIAR GAME Season2」とドラマ版「モテキ」は、撮影した時期も近くどちらも印象に残る役になっています。

つかみどころがなく幸世を翻弄する松尾みゆき

出典:https://www.toho-ent.co.jp

映画版「モテキ」では明るいキャラクターですが、不倫相手の恋人情熱的な幸世の間で悩むヒロイン松尾みゆき役には、「セカチュー」でヒロインをした長澤まさみさん。
東宝シンデレラオーデションを、最少年12歳という若さで受賞して芸能界デビュー、映画「タッチ」や数々のドラマ、映画などの主演を務め、CM、バラエティ、声優など、幅広くチャレンジしている日本を代表する女優さんです。映画版モテキではショートカットがよく似合い、泣いたり笑ったりと表情がくるくると変わるみゆきの姿は、主人公だけでなく、映画館に観に来ていた人たちを魅了していました。

幸世が好きすぎて自分を見失ってしまう枡元るみ子

みゆきの友人で大人しく、幸世が好きすぎて我を忘れてしまう枡元るみ子役には麻生久美子さん。CMでもコミカルな演技で話題を呼んでいる女優さんですが、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞新人俳優賞新人無名時代に受賞している実力派。
透明感もありながらコメディも得意としている麻生さんは、テレビ朝日ドラマ「時効警察」で俳優のオダギリジョーさんとも絶妙なコンビネーションを演じました。
映画版「モテキ」では、地味なるみ子役ですが、物語の最後には幸世のこをが吹っ切れたように、牛丼をバクバクほおばる姿が印象的です。

幸世を驚かせるホステス・愛

スナック「シーズー」でホステスをしている役には女優の仲里依紗さん。映画版「モテキ」に登場してくる女優陣で、最も出演シーンが短いですが、存在感がありとても印象に残ってしまいます。仲里依紗さんは、ファッションモデルでデビューし、「マイ☆ボス☆ヒーロー」でドラマデビュー、「ハチワンダイバー」、「任侠ヘルパー」、「黒革の手帖」、「ラッキーセブン」など数多くのドラマに出演。
映画「ゼブラーマン」、「土竜の唄シリーズ」にも出演している注目の女優さんの一人です。インスタグラムのフォロワーもかなり多く1.1百万人を超えています。仲里依紗さんのおしゃれなファッションセンスを見るために、注目されているのがよく分かりますね。

幸世の先輩で辛口指導・唐木素子

事務所に来て14年前の自分発見! キャー

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 –

先輩でカメラマンの唐木素子は、とても辛口評価をしますが、心では幸世のことを心配している姉御肌タイプ。時々幸世に跳び蹴りをしてしまう、活発な唐木素子を演じているのは、女優の真木よう子さん。真木さんはドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」でブレイクし、「MOZU」シリーズに出演、主演映画「さよなら渓谷」では主題歌も披露しています。
さよなら渓谷」では日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞、同じ時期に上演した「そして父になる」では最優秀助演女優賞を受賞。二つの映画で、各賞を受賞したことでも話題になりました。クールで辛口な先輩役でも、どこか温かみのある役にしたのは真木よう子さんの演技力の高さからといえますね。

『モテキ』の原作にも注目!

出典:https://www.amazon.co.jp

ドラマ版、映画版と多くのファンを作り出した漫画「モテキ」は、漫画家・久保ミツロウさん原作で青年漫画誌「イブニング」で連載されました。名前からは男性なのか女性なのか想像しにくいですが、久保ミツロウさんは女性漫画家です。女性目線で描くのではなく、男性である主人公の幸世目線で書いてあるのも面白い部分といえます。
作者の久保ミツロウは当初は1巻で完結させるつもりだった。しかし、連載を続けるうちにアイデアがどんどん広がり、最終的に4巻まで続くことになった。人気絶頂中の連載終了だったため、読者のみならず編集部からも続編を打診されたが、久保は描きたいことは全部描ききったという理由で物語に潔く幕を下ろした[1]。

出典:https://ja.wikipedia.org

久保ミツロウさんが描きたいことを全部描いたということで、キャラクターたちに深みが出て、ドラマ版と映画版の大ヒットにつながったといえます。ドラマ版・映画版ともにキラキラとしたオープニングの豪華なイメージは、役者さんたちの豪華さもプラスされたことで、モテキの魅力を支えている理由なのかもしれません。
こちらの記事もチェック!
モテキ
モテキ
posted with amazlet at 17.07.02
(2013-11-26)
売り上げランキング: 7,126

モテキ(1) (イブニングコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 15,372