【僕たちがやりました】ダークな青春漫画・ドラマ化!ネタバレ込みで魅力を紹介

読んだものを圧倒的な世界観と何とも言えない複雑な感情で魅了させると話題の「僕たちがやりました」がついにドラマ化!
ダークな青春と圧倒的なスピード展開が話題の「僕たちがやりました」の魅力をネタバレ込みでがっつり紹介します。
これさえ読めば予習はばっちりです!

「僕たちがやりました」がついにドラマ化!あらすじは??

#僕たちがやりました #窪田正孝 #永野芽 #新田真劍佑 #間宮祥太朗

@shiosai_yvonneがシェアした投稿 –

青春なのにさわやかなだけではない、男子高校生のリアルでダークな世界観が話題の「僕たちがやりました」がついにドラマ化です。原作漫画が人気の「僕たちがやりました」ですが、ドラマのキャラも漫画から飛び出したかと思うぐらいイメージ通りなんです。
原作漫画のファンも納得のキャスティング、作りこまれた世界観に注目です。

「僕たちがやりました」のあらすじをネタバレ!

#僕たちがやりました #とりあえず1巻を買う ⚠️二枚目以降ネタバレ注意⚠️ 基本とりあえず1巻を買う。 だが、しかし。 たまに何故1巻しか買わなかったのかと後悔し、打ちひしがれることがある。 まさにソレ‼︎ 1巻…事件が起こったとこで終わるとか…○rz 僕たちがやっちまったとこで終わったょ!この先がどゆ展開かわっかんなぃよ〜😂😂 とりあえず二枚目 榎本くん?笑笑 三枚目、四枚目 高校生が億千万熱唱とか…作者の世代なの?日村の影響なの?笑笑 五枚目 誰だっけ…この芸人… バンビーナ?は布袋か。 バンビーノ? #漫画 #漫画好き #マンガ #マンガ好き #本 #本を並べたい人生

マホイ族の村長さん(@mahoizokunosoncyou)がシェアした投稿 –

そこそこ楽しくやれてればいいと毎日を過ごす主人公のトビオは、マル・伊佐美・金持ちニートのパイセンとなんとなく高校生活を過ごしていました。ある日マルが自分の失言によって隣のヤンキー高校のヤンキーに目をつけられボコボコにされてしまいます。
なるべくめんどくさいことを避けて生きてきたトビオですが仲間たちと協力して復讐することを誓います。金持ちパイセンの金銭的なバックアップのもと手製の爆弾を作成し、隣のヤンキー高校に爆弾をしかけ復讐が始まります。
爆弾と言っても窓を割る程度の規模の爆発なので、窓が突然割れ始めて慌てるヤンキーたちを見てすっきりしようという魂胆だったトビオ達でしたが、パイセンの爆弾の配置ミスで大爆発が起きてしまいます。死者も出るほどの大爆発となり警察の捜査が始まります。
ちょっとした報復をしてやろうと思っていただけなのにまさかの犯罪者たちになってしまったトビオ達はどうしていくのか・・・といった感じで話は進んでいきます。

「僕たちがやりました」はただの逃走劇ドラマではない!

なんてことのない平凡な高校生活を送っていた高校生たちがいきなり犯罪者になってしまうわけですが、ただ単に警察の捜査から逃げるだけのドラマではありません。要所要所に高校生男子らしい青春丸出しの青臭いエピソードやおバカ加減が盛り込まれていたり、甘酸っぱい恋のエピソードも盛り込まれています。
警察からの捜査をどう潜り抜けるのか、最終的に捕まるのか自首するのか、どんな大人になるのか、展開がとても気になる話となっています。何もない平凡な毎日でいいと日々の生活に諦めに近い感情をもって生きていたトビオですが事件後は生きるということに対してどのように感じるようになるのかにも注目です。

「僕たちがやりました」豪華キャストを紹介!

「僕たちがやりました」のドラマのキャスティングが豪華なんです、人気のある役者たちが総主演!しかもそれぞれが漫画の役柄とイメージがピッタリなのでこれは原作ファンも納得いくのではないかと期待されています。
ひとりひとりにスポットをあててご紹介していきます!

増渕トビオ(窪田正孝)

主人公の増渕トビオは窪田正孝さんが演じます。無気力な主人公のイメージとぴったりのキャスティングだと思います。「変幻自在の演技力で喜怒哀楽で表現できる人はこの人しかいない!」とプロデューサーから熱烈なオファーを受けてこの役を演じる事になったそうです。
シリアスな演技が多い窪田正孝さんですが、今回のドラマではギャグ要素も多く含まれているそうで撮影時にはアドリブも多く素の爆笑を撮影しているシーンもあるそうです。シリアスな場面もギャグの場面もどちらも上手く演じてくれること間違いなしだと思います。

伊佐美翔(間宮祥太朗)

主人公の友人伊佐美翔役を演じるのは間宮祥太朗さんです。まず注目すべきなのがヘアスタイルの再現度です。原作そのもののヘアスタイルにこのドラマへの気合いを感じます。
原作での伊佐美翔は新里今宵という小動物系のかわいい彼女がいる、性に対して貪欲なストレートなキャラクターです。警察の捜査に追われている間は単独行動をとったり仲間と行動しようとしたり、少し自分本位な性格もみられます。
交際している今宵との関係を事件発生後どのようにしていくのか、自分が起こしてしまった罪にどのように向き合うのかに注目です。

マル(葉山奨之)

主人公トビオの友人マル役を演じるのは葉山奨之さんです。「フランケンシュタインの恋」にも出演されており注目を浴びている俳優さんです。今回はキノコヘアがトレードマークのマルを演じます。原作の中では男の子でありながら可愛らしさを全面的に出させたキャラクターではありますが、マルの失言によって今回の爆破事件が計画されることとなります。
警察の捜査から逃走している際に時折見えるマルの卑怯な一面ずるがしこい一面が、人間の嫌な部分としてリアルです。そんなリアルな部分を葉山奨之さんがどのように演じられるかがとても気になります。

パイセン(今野浩喜)

主人公トビオのOBであるパイセンを演じるのは今野浩喜さんです。パイセンは20歳とトビオ達より年上ですがOBであることと他に友達がいないこと、ニートで暇なことを理由に頻繁にトビオ達につるんできます。親が金持ちな為なんでもお金で解決しがちです。
「僕たちがやりました」になくてはならない存在のパイセンですがぶっ飛んでいるキャラでもあります。ぶっ飛んでいるキャラの根底にあるピュアな一面が最終的にはこの話のカギとなってくるので今野浩喜さんがどのように表現されるかが注目です。

市橋哲人(新田真剣佑)

主人公トビオと敵対する隣のヤンキー高校の学生・市橋を演じるのは新田真剣佑さんです。ヤンキー高校矢波高校のリーダー格である市橋はマルを拉致して暴行を加えたことから報復の爆破事件を起こされます。
その爆破事件によって市橋は大けがを負い車椅子が手放せない体となってしまいますが、爆破事件の犯人を捜し続けます。悪いことばかりする凶悪なヤンキーかと思いきや原作の中ではなんだかかわいそうな立ち位置になってしまうキャラクターで、読者人気が高いキャラクターです。
ドラマの中ではどのような市橋となるのか期待が高まります。

飯室成男(三浦翔平)

主人公トビオが起こした爆破事件の犯人を追う刑事・飯室成男役を演じるのは三浦翔平さんです。冷酷にじわじわとトビオ達を追い詰めていく刑事役なのでクールな演技が多くなることが予想されます。
走査が打ち切りとなった後もトビオ達が真犯人と信じ追い込むさまは、狂気的というかすさまじい執念に背筋がぞくっとするほどです。最近さわやかな役柄だけでなく、狂気的な役など演技の幅を広げてきている三浦翔平さんなので、今回の役にも注目が集まっています。

新里今宵(川栄李奈)

7月期火曜夜9時スタート 僕たちがやりました 新里今宵役で出演します! ぜひみてください👀❤︎

川栄李奈さん(@rina_kawaei.official)がシェアした投稿 –

伊佐美翔の彼女・新里今宵を演じるのは川栄李奈さんです。「僕たちがやりました」の原作漫画に出てくる女の子は総じてセクシーでかわいいんですが、この新里今宵は特に小動物系のかわいさをもつキャラクターなので川栄李奈さんはピッタリだと思います。
とってもかわいいのに寂しくなるとネジが外れてしまうところがあり、それが原因で伊佐美だけでなくトビオとも関係をもってしまいます。事件発覚後もトビオ達をかくまったりと何かと重要な人物になってきます。
今宵は直接事件に関わっているわけではないのですが、自分の彼氏が犯人だと気付いてからの行動や、どんな人生を送っていくのかがポイントです。

蒼川蓮子(永野芽郁)

トビオの幼なじみ・蒼川蓮子を演じるのは永野芽郁さんです。爆破事件の犯人がトビオだとは思ってはおらず最初は心配しているだけなのですが、犯人がトビオだと分かった後も愛情をトビオに注ぎ続けます。
トビオと蓮子の恋物語がどのように進むのか、甘酸っぱい要素はこの二人が握っているといっても過言ではありません。二人の将来がどうなるのかも気になるポイントです。

「僕たちがやりました」原作漫画とドラマの違いは?

キャラクターの外見を見ていてもかなり忠実に原作を表現しているように感じます。この「僕たちがやりました」は以前から何度か映像化の話が出ていたうえでのやっとのドラマ化です。漫画のリアルさからいってもドラマ化はしやすい話のように感じます。
原作漫画も終結しているので今回のドラマは原作に忠実に進んでいくのではないかと言われています。

唯一気になるとすれば原作には出ていないキャラがいること!

トビオの担任・立花菜摘役として水川あさみさんがキャスティングされています。このトビオの担任というのは原作には登場していないので、立花菜摘がドラマにどのような影響を与えるのかが注目されています。かなり気になる役どころですよね。

「僕たちがやりました」ドラマの見どころをネタバレ込みで紹介!

このドラマのポイントなるのは「罪悪感」ではないかと思います。今までなぁなぁで過ごしてきたのに急に人殺しの罪を背負ってしまった主人公たちが自分の罪悪感とどう向き合っていくのか、それが全編を通してのテーマだと思います。
ただギャグで読者を笑わせるシーンも多く、シリアスで重いテーマをそのギャグによって要所要所で緩和しているだけであって全体的には誰にでも持ち合わせている人間が本来隠したがる本質的な闇の部分が見え隠れする話ではないでしょうか。

主題歌もイメージ通りでドラマへの期待度が高まる!

「僕たちがやりました」の主題歌がDISH//さんの「僕たちがやりました」に決定しました。タイトルからも分かるようにこのドラマの為に作られた曲です。火傷するほどの熱量で視聴者にこの音楽を届けたいという思いで、一発撮りでこの曲を収録されたそうです。
ドラマにぴったりの高揚感とスピード感満載の一曲となっています。

青春逃亡サスペンス「僕たちがやりました」を見逃すな!

「僕たちがやりました」は人間の闇の部分と男子高校生が起こす独特なおもしろい部分が絶妙なバランスで組み込まれています。加えてハイスピードなテンポで話が進んでいくので気が付くと夢中になっている人続出中です。
とりあえず原作を読んだことがない人でも一話を見ればすぐにはまってしまうのではないでしょうか。人はなぜ生きるのか、生きなくてはならないのか、どういう人間が生きていてもいいのか、自分はどんな人間なのか、そんな深いテーマが奥底に見え隠れするドラマです。
あなたはこのドラマを見てどんな感情を抱くでしょうか?「僕たちがやりました」7/18(火)21時からスタートです。この波に乗り遅れないように注意です!
僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2015-10-06)
売り上げランキング: 576

僕たちがやりました(9) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2017-04-06)
売り上げランキング: 432