【サラリーマン金太郎】2つのドラマ版の違いと魅力を紹介!高橋版と永井版はどっちが面白い?

「サラリーマン金太郎」は、本宮ひろ志原作で、元暴走族リーダーの主人公矢島金太郎のサラリーマンとしての活躍と成長を描いた、日本のビジネス漫画です。高橋克典さん、永井大さんらが主演で実写化されています。二つのドラマ版の違いを紹介してみたいと思います。

サラリーマン金太郎はどんな作品?

高視聴率だった「サラリーマン金太郎」

出典:https://www.amazon.co.jp

『サラリーマン金太郎』(サラリーマンきんたろう)は、本宮ひろ志の『サラリーマン金太郎』を原作として、TBSにより製作された日本の実写映像化作品シリーズです。主演は初代高橋克典が1999年から2004年、そして永井大が2008年、2010年に務めました。主人公矢島金太郎のサラリーマンとしての活躍と成長を描きました。高橋克典の第1期は平均19%という高視聴率でした。また、1999年には映画化されています。

「サラリーマンをなめんじゃねえ!」

出典:https://www.amazon.co.jp

元暴走族のヘッドだった主人公矢島金太郎がある日建設会社の会長の命を助けたことがきっかけで入社する所から始まります。「サラリーマンをなめんじゃねえ。」という決まり文句ですっきりさせるところも人気の要因ですね。
 
また、お金よりも大切なものは「人」であるということを金太郎の生き様を通して伝わって来るだけではなく、その男として生きて行く姿のかっこよさはどこか憧れのようなものを感じさせてくれました。
 

【ネタバレ注意!】サラリーマン金太郎のあらすじを徹底解剖!

高橋版 サラリーマン金太郎の主な登場人物


日曜日の21時から「日曜劇場」枠で放映された高橋克典版のサラリーマン金太郎。実力派俳優が名を連ねるサラリーマン金太郎は実写化ドラマとしても好評でした。
・矢島金太郎 :高橋克典

・矢島(旧姓:中村)真澄 (第2期最終回で金太郎と入籍): 羽田美智子

・中村加代: 野際陽子・大和龍之介: 津川雅彦

・大島源造:- 森山周一郎

・黒川優作: 秋野太作・前田一郎 : 恵俊彰

・田中政和: 勝村政信

・鷹司誠士(第3期最終回で「株式会社ヤマト」社長となる): 保坂尚輝

・矢島明美(金太郎の亡き前妻): 水野美紀

・矢島竜太(金太郎の息子): 島田智之介

出典:https://ja.wikipedia.org

永井版 サラリーマン金太郎の主な登場人物


2008年から毎週金曜日23:15 – 翌0:10の「金曜ナイトドラマ」枠で放送されました。
・矢島金太郎:永井大

・末永美鈴:井上和香

・中村加代:佐々木すみ江

・大和守之助:宇津井健

・大島源造:柴俊夫

・黒川優作:古谷一行

・前田一郎:菊池健一郎

・田中政子 :小川奈那

・鷹司誠士:細川茂樹

・桜井京子:青山倫子

・矢島明美(金太郎の亡き妻): 佐藤めぐみ

・矢島竜太(金太郎と亡き妻・明美の息子): 庄司龍成

出典:https://ja.wikipedia.org

宇津井健さんや古谷一行さんなど深夜枠にしてはかなり豪華なキャストだと評判でした。

サラリーマン金太郎のあらすじは?

 
暴走族集団・八州連合の元リーダーの矢島金太郎は、亡き妻の明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていました。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社することになります。
 
金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めいる会社で、守之助会長をはじめとする創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていました。
 
サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始すると言うストーリーでした。

高橋版サラリーマン金太郎ドラマ最終話は?

出典:https://www.amazon.co.jp

(高橋版の最終話)矢島金太郎(高橋克典)は、大和龍之介が悪の凶弾に倒れた後、日本の会社組織に愛想を尽かしサラリーマンを辞めてしまいます。故郷へ戻って漁師となり、家族と共にささやかで平和な暮らしをしていました。そんなある日、金太郎に緊急連絡が入ります。
 
ある島の復旧作業現場で多数の作業員が、火山ガスに巻き込まれたとのことだった。駆けつけた金太郎はそこで山田龍平(長嶋一茂)と出会います。そんな時中村かよとの再開を果たし、喜び合う金太郎一家と加代。そこへ突然、る島津桃太郎(高橋英樹)が金太郎を訪ねてきます。
 
桃太郎は金太郎に株式会社ヤマトに巣食う鬼を一緒に退治して欲しいと頼むというストーリーでした。

永井版のサラリーマン金太郎最終話は?

大和会長がやり残したことがあるという言葉を告げたまま旭星会が差し向けたヒットマンの凶弾に倒れてしまいました。鷹司をはじめ大和会長を慕っていた社員は意気消沈してしまいます。そんな時金太郎は、大和会長のやり残したことが何だったのかに気づきます。
 
その夢の実現を阻む旭星会に殴り込みをかける金太郎は壊滅させることに成功します。そして、最後の大物の敵である中江に立ち向かおうとしたときに平尾会長の供述により中江本人が逮捕されます。
 
しばらくして大和会長も目を覚まし、大和建設に平和が戻ってきます。金太郎はニューヨークに美鈴と竜太を連れて旅立つ決心をします。

ドラマ版のサラリーマン金太郎は豪華な出演者に注目!

ドラマを引き締めてくれる出演者

サラリーマン金太郎には、実は豪華な出演者が登場していました。高橋版と永井版では配役が異なっている場合がありますが、社長や会長役はベテラン大物俳優が演じています。
高橋版では、大和龍之介 に 津川雅彦さん、大島源造 役に 森山周一郎さん、黒川優作役に 秋野太作さん。また前田一郎 役に恵俊彰さん、田中政和役に 勝村政信さん、島津桃太郎役に 高橋英樹さん、円城寺隆役に 内藤剛志矢島照男(金太郎の父)役に松方弘樹さんが登場しました。

永井版の出演者も豪華でした


永井大さんは高橋克典さんの同じ事務所の後輩です。特命係長只野仁では主演の高橋克典さんの子分役として活躍しました。永井版のサラリーマン金太郎では、末永美鈴役に井上和香さん、 水木衛役に風見しんご さん、鷹司誠士役に細川茂樹 さん、大島源造役に柴俊夫 さん、黒川優作役に古谷一行 さん大和守之助役に宇津井健さんが登場しました。
 
最終話に近づくにつれて宇津井健さんや古谷一行さんの迫真に迫る演技はさすがとしか言いようがないという視聴者の声も多かったようです。
また、このドラマの中でダム建設に反対する池野初音役の中越典子さんと永井さんは共演がきっかけで結婚されました。サラリーマン金太郎が結んだ縁ですね。

永井大と高橋克典、2つのサラリーマン金太郎の違いはここ!

高橋版の原作との違いは?

出典:https://www.amazon.co.jp

サラリーマン金太郎は、ドラマと原作との違いもあります。
・中村加代に中村真澄(ドラマオリジナルキャラ)と言う娘がいる(更に伊郷が元夫で真澄の父)設定になっています。

・キャラの一部名前が原作と異なっています(大和守之助が大和龍之介など)。

・明智刑事が登場しません。

・末永美鈴の娘の末永美々が妹の設定になっています。

・金太郎は、中村真澄と結婚する設定となっています。

・原作とは異なり、末永美鈴とは結ばれない展開になっています。

・大和の隠し子である龍平、原作では大和亡き後に登場後すぐに社長を引き継ぐ設定になっていますが、ドラマでは金太郎のライバルとして登場しています。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋版では、金太郎の結婚相手が原作と違っているという部分は大きいですね。原作では末永美鈴と結ばれる展開となっていました。

永井版の原作との違いとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

田中政和が女性の田中政子役として 小川奈那さんが演じている。

原作では大学柔道部出身だった前田一郎が大学空手部出身(原作では田中政和)の設定になっています。

黒川優作のキャラが伊郷龍蔵(日本拳法の達人、爆弾を仕掛けられた事件など)と掛け合わせたキャラ設定になっています。

末永美々が登場せず、大和が生存している設定となっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

視聴者の感想の中には永井版の方が原作に近いという声も多いようです。原作のファンの方はドラマの違いが多少気になるところもあるかもしれませんが、実写化のオリジナルの部分の魅力も見せてくれたのではないでしょうか?

高橋版と永井版の大きな違いとは?


人気漫画の「サラリーマン金太郎」が実写化されるということでかなり話題になりました。高橋克典さんと永井大さんの金太郎はよく比較されてきましたが、それぞれに違った味があるという声もあり、どちらも評価はよかったようですね。
 
ドラマでの大きな違いは、TBSからテレビ朝日へと局が変わったことと時間帯も変わりました。そして、ドラマの配役で大きな違いはヒロインです。高橋克典版では中村真澄(中村加代のオリジナルキャラクターの娘)で、永井大版では末永美鈴でした。高橋版では2期の最終回に入籍をします。

2代目永井さんのプレッシャー

出典:http://kdash.jp

サラリーマン金太郎は、1999年に高橋克典版のドラマが4期に渡って放映され、大ヒットとなりました。2代目を務める永井大はかなりプレッシャーを感じて言いたそうです。原作者の本宮氏の激励を受け、撮影に入る前に高橋克典にも連絡を入れたそうです。「おまえらしい金太郎をやれ」と言われて、子供のように泣いてしまったと言うエピソードを明かしています。
 
永井さんは、抱負として深夜の時間帯と言うことですこしラブシーンなども含めて新しい金太郎を完成させたいと語っていました。スタイルの良い永井さんの金太郎もとても素敵でしたね。

ドラマサラリーマン金太郎の魅力とは?

原作者が語る金太郎の魅力


人間的にもとても魅力的な金太郎ですが、このようなキャラクターを最初から描こうとしていたのか?と言うことに対して原作者の本宮ひろ志氏は成り行きだと語っています。サラリーマン金太郎に限らず、基本的には何も考えないそうです。そして、意識的に「ここ狙いでいこう」と言うので成功するのは1本あるか2本あるかであとはみんな成り行きだとも放しています。
 
人間味溢れるキャラクターを描く本宮ひろ志さん、最初から考えていないというのは意外ですね。サラリーマン金太郎の続編についてはまで未定のようですが、期待するファンも多いようです。

サラリーマン金太郎の魅力


サラリーマン金太郎の魅力はなんでしょうか?やはり、主人公の生き様、そして誰もがなかなか行動や言葉にできないことを金太郎が代弁してくれているようなスッキリする感覚ではないでしょうか?
 
元暴走族のリーダーと言うことで、現実味はどちらかと言うとないかもしれませんね。しかし、曲がったことは許せない、大切な人を守るために立ち向かって行くところなどは共感出来たり、また、明日からはこんな風に生きて行きたい、と思わせてくれる金太郎の生き方はちょっとした憧れを感じてしまうという方も多いのではないでしょうか?