シャーマンキング アニメと原作の違いは?再アニメ化の可能性も考察した!

1998年から2004年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、2001年から2002年にかけてはアニメも放映された大人気作品「シャーマンキング」。実はこの作品、アニメと原作では内容が異なっていることをみなさんはご存知でしょうか。さらにまもなく連載開始から20周年を迎えようとしているこの節目で作者が気になるツイートを発表しました。今回はそのすべてをご紹介します。

不朽の名作「シャーマンキング」とは?

「シャーマンキング」ってどんな作品?

「シャーマンキング」とは1998年から2004年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、2001年から2002年にかけてはテレビ東京系でアニメも放映された大人気作品です。連載末期にはジャンプでの人気投票が低迷し続けたことを原因に連載打ち切りになってしまいましたが、ファンの熱い声と作者の熱意により完全版が発売されました。
また、この「シャーマンキング」の続編である「シャーマンキングFLOWERS」が2012年に連載スタートとなりましたが、掲載されていた「ジャンプ改」が2014年に休刊してしまったためこの続編も連載休止状態となっています。

あらすじ

森羅学園中等部に通う小山田まん太はある日墓場で不思議な少年に出会います。彼の名前は麻倉葉、あの世とこの世を繋ぐシャーマンと呼ばれる存在でした。そんなシャーマン同士の500年に1度の大会「シャーマンファイト」が開かれます。
すべてのシャーマンの頂点であるシャーマンキングを目指し、葉の前に次々とライバルが現れます。時には闘志をむき出しにし、時には友情をはぐくむ。まん太はそんなシャーマン同士の熱い戦いを目の当たりにしていくのです。

豪華声優陣!アニメ「シャーマンキング」のキャストが凄かった!

約15年ほど前に放送されたアニメですが、この時の声優陣がとにかく豪華だったことをみなさんはご存知でしょうか。すべての方をご紹介することは難しいので、今回はそのほんの一部を厳選してご紹介しますね。
主人公の麻倉葉役を務めたのは佐藤ゆうこさんです。佐藤さんといえば「鋼の錬金術師」のラスト役で有名な方です。葉の緩くてかっこいい印象からは想像しにくい艶美なお姉さんラストと同じ声優とは驚きです。技量の高さが分かりますね。

そんな葉の許嫁である恐山アンナ役を務めるのはなんとあの林原めぐみさんです。林原さんといえばアニメファンなら誰もが知る有名人ですよね。「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役を始め、「名探偵コナン」の灰原哀役や「ポケットモンスター」シリーズのムサシ役など、今や大御所の一人と言っても過言ではないのではないでしょうか。
また、葉の先祖であり兄のハオ役は高山みなみさんです。高山さんも林原さんと並ぶ大御所の一人ですよね。「名探偵コナン」のコナン役で有名です。ここまででもかなりの豪華キャスト陣勢ぞろいといった感じですよね。まだまだいますよ!

葉のライバルであり仲間の道蓮役を務めたのは朴璐美さんです。朴さんと言えば「鋼の錬金術師」のエドワード・エルリック役や「NANA-ナナ-」の大崎ナナ役で有名です。現在では舞台女優やナレーターでも活躍していたり、声優育成私塾を開講したりと精力的に活躍しています。
同じく葉の仲間であるホロホロですが、こちらを務めたのは上田祐司さんです。上田さんは現在では「うえだゆうじ」という名前で活躍しており、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」の相楽左之助役や「ポケットモンスター」シリーズのタケシ役で有名です。

葉の初めての親友になった小山田まん太役を務めたのは犬山犬子さんです。現在では「犬山イヌコ」という名前で活躍しています。犬山さんと言えばその独特な声質が特徴で、「ポケットモンスター」シリーズのニャース役で有名です。
葉に片思いをしている内気な性格が可愛い玉村たまお。こちらの声優を務めたのはなんとあの水樹奈々さんです。水樹さんと言えば紅白歌合戦にも出場し、今やアニメファンのみならず全国的に有名な方ですね。そんな方もこのシャーマンキングのキャストとして参加していました。

葉の敵として登場し、ひょんなことから仲間になったファウストⅧ世ですが、こちらは子安武人さんが声優を務めています。子安さんといえば一部のファンに「テラ子安」と親しまれているようにその声質がとても特徴的ですね。個人的には「ガンダムSEED」のムウ・ラ・フラガ役が印象的です。
ハオ打倒の組織「X-LAWS」のリーダーであるアイアンメイデンジャンヌ役を務めたのは堀江由衣さんです。堀江さんと言えばファンから「ほっちゃん」の愛称でも親しまれ、声優業だけでなく歌手としても活躍してる大ベテランです。個人的には「ひぐらしのなく頃に解」の羽入役や「化物語」の羽川翼役が好きです。

シャーマンファイトの案内人とも呼べるシルバ役を務めたのはなんとあの緑川光さんです。緑川さんはその甘い声質からBLが好きな女性を中心に大人気の声優です。「ドラゴンボール」の天津飯や「坂本ですが?」の坂本役が有名です。
長くなってしまいましたが、このようにシャーマンキングには実に有名な声優陣が多数参加しています。これほど豪華なキャストが参加している作品が素晴らしくないわけがないと思いませんか?本当に名作です!

まるで別作品?アニメと原作はこんなに違う!

大人気作品であり、豪華声優陣によるキャストでアニメ化もされたシャーマンキングですが、実は原作とアニメでは内容がまるで変っています。理由はアニメが原作に追いついてしまったから、というよくあるパターンですね。
アニメの前半はほぼ原作と変わらないストーリーですが、木刀の竜との出会いがより詳細に描かれていたり、ホロホロとの出会いがシャーマンファイト予選より早かったりしています。また、その都度オリジナルのストーリーも付け加えられています。

問題は中盤からです。シャーマンファイトが始まり、葉たちがアメリカに渡ってからはほぼアニメオリジナルのストーリーになっています。オリジナルのキャラクターが多数出てきたり、最大勢力と言われたガンダーラやサティが登場しなかったり、原作では「善良」として登場した2人組は「BoZ」として登場しています。
さらに後半には巫力が大きくなりすぎたために持ち霊も大きくなって具現化し、まるでロボットアニメのような展開になったことは印象深いです。子どもながらに「あれ、これなんのアニメだっけ…?」と思った覚えがあります。

原作とアニメではもちろん最終回も違っています。当時はアニメの方が最終回を迎えてしまい、原作はその2年後に打ち切りになりました。さらにその4年後に完全版が発売されて原作は無事最終回を迎えています。
ネット上では原作とアニメでは別物と考えている人が多く、「原作とアニメではどちらが好きか」という論争を目にすることができます。わたしが見た印象だと「アニメも好き」と言っている人が多いような気がしました。みなさんはどちらがお好みでしょうか?ちなみにわたしは原作から入っているので原作の方が好きです。

再アニメ化の予感!?作者が気になるツイートを発表

原作もアニメも終了したにもかかわらず未だにファンに愛され続けるシャーマンキング。打ち切り状態になっている「シャーマンキングFLOWERS」や再アニメ化を待ち望んでいる人は多いのではないでしょうか。
そんな中、今年の2月14日バレンタインデーの日に、シャーマンキング作者である武井宏之さんが気になるツイートを発表していたことをみなさんはご存知でしょうか。それがこちらになります。

なんと再アニメ化の話が来ていたというのです!思い返してみれば来年でシャーマンキングは連載開始から20周年を迎えます。その記念すべき節目の年に再アニメ化する方針だったのでしょうか。
しかし残念ながら武井さんは再アニメ化の話を断ってしまったようです。前作の声優や楽曲に相当な思い入れがあったのでしょう。確かに素晴らしいキャストと音楽でした。ファンとしては悲しみが大きいですが、そのような動きがあったというだけでも喜ばしい事なのではないでしょうか。

祝20周年!今後の「シャーマンキング」展開大予想!

来年で20周年を迎えるシャーマンキング。20年経ってもなお愛され続けている作品だけに何か記念となるイベントがあってもいいですよね!作者である武井さんのツイートをみると最近やたらシャーマンキングの話題が多いことも気になるところです。
白紙にはなってしまいましたが再アニメ化の話もあったようですし、来年の記念すべき年には何か催し物があるのではないかとわたしは予想します!最近では昔の作品のリメイクやグッズ販売などが多くなっていますので、その波にこのシャーマンキングも乗ってくると嬉しいですね。

いずれにしてもファンとしては20周年を盛大にお祝いしたいですね。SNSを見るとシャーマンキングのファンイラストやコスプレの画像をたくさんみることができます。まだまだみなさんに愛されている作品であるということが分かりますね。
来年の20周年ではさらに多くの美しいイラストやコスプレ、素敵なメッセージを見ることができるでしょう。楽しみですね。来年はぜひファンみんなで20周年をお祝いしましょう!
シャーマンキング (1) (ジャンプ・コミックス)
武井 宏之
集英社
売り上げランキング: 144,648