【アウトレイジ ビヨンド】あらすじ&ネタバレ紹介!悪人達の壮絶な続編!

『アウトレイジ』から5年後の世界を描いたのが、この『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)です。前作に劣らないスピード感・ドロドロ感は、きっと観る人を魅了するはずです。パワーアップした北野ワールド、今作品も必見の価値アリです!

還ってきた男

死んだはずの大友が“塀の外”へ



獄中で元村瀬組の木村(中野英雄)に刺されて死んだはずの大友が生きていました。この「死亡説」は、組対の刑事・片岡(小日向文世)が、後藤(三浦友和)が山王会の二代目になった時にもたらした情報です。しかし、致命傷にはならずに生きていたのです。

多分、いつかは役に立つ“カード”として、片岡が情報操作していたのでしょう。そして、その時が来たようです。山王会は汚職絡みで政治の世界まで首を突っ込み出して、いささか大きくなり過ぎていました。放っておけば危なすぎます。

そこで片岡は、大友を仮釈放させて、山王会にぶつけようと画策したのでした。かくして大友は、出所の運びとなります。しかし、筆者はそこから大友がどう動くのかは予想もつきませんでしたね。この時点で既に“北野ワールド”に引き込まれていったのでした。

こちらの記事もチェック!

【アウトレイジ ビヨンド】キャスト紹介

今作品も個性派俳優が大集合!

今作も全作同様に、集められたベテラン俳優陣の顔ぶれが凄い事になっています。まずは、今作から参加の東への進出を狙う花菱会の面々には、会長・布施に神山 繁、若頭・西野に西田敏行、若頭補佐・中田に塩見三省(いずれも写真上・左から)と磐石です。

山王会は会長役の三浦友和、若頭役に加瀬 亮は変わらずですが、富田(中尾 彬)、白山(名高達男)、五味(光石 研)らの(写真・下)、古参幹部の動きも重要となっています。また、現在は加藤体制のNo.3で、5年前の会長交代劇の生き証人としての元会長ボディガードの船木(田中哲司)も、ストーリー上ではキーパーソンです。

警察関係では、今回から繁田(松重 豊)が加わり、次の『最終章』では、重要な役どころとなりそうな予感がします。



ここでは、前作の板谷由夏のような“華のある”役は用意されておらず、全体的に“男っぽさ”でいっぱいです。それだけ「硬派なイメージ」を感じるのは筆者だけではないと思います。

また、花菱会のヒットマンを束ねる城役の高橋克典や、韓国フィクサーに仕える李役の白竜も“いい味”を出していて渋いですね。それぞれの俳優が、それぞれの魅力を発していて、キャスト陣の豪華さも凄いです。これらの名前を見ただけで、「観に行きたい!」と思わずにはいられません。

【アウトレイジ ビヨンド】一枚岩ではなかった山王会の舞台裏

古参幹部の生き残りを賭けた画策

先代から、その座を引き継いだ加藤体制に変わって5年。山王会が、飛躍的に勢力を拡大してきたのは先述した通りです。そこには若頭に石原を据えて経済的な発展を遂げた事が大きく起因していました。

「これからは、実力主義で行く」と加藤会長の激のもと、山王会はますます拡大して行くかに見えましたが、それで面白くないのが先代から仕えてきた古参の幹部達です。言うなれば“外様”の石原に好き放題やられ、一介のボディガードだった船木が幅を効かせているのが面白いわけがありません。

そんな窮状から加藤失脚を謀ったのが、富田でした。富田は白山、五味の“兄弟”と協議して、この状況を兄弟の盃を交わした西野がいる西の花菱会に相談する事を決めました。警察の片岡も後押ししています。警察としてもこれ以上、突出した組織が出来上がるのが面倒だからです。



西(大阪か!?)へ向かった富田と片岡が加藤失脚を打診したところ、花菱会の布施会長は「分かった、分かった。悪いようにはせん」という言葉をかけます。これで富田にしてみれば、山王会は加籐の好きにはできなくなると思い、安堵します。

ところが話しは、全く別の方向に進みました。布施会長から加籐のところへ電話が入り、事の一部始終が知れる事になってしまったのです。花菱会と山王会は兄弟の盃を交わしていたのです。そこで山王会は素早く動き白山と五味に事情を聴取し、この計画は流れました。

富田は船木に殺されてしまいます。これにより、山王会は加藤-石原-船木のラインがより強固になって行きます。こういった図式が分かりやすく描かれていて、筆者もすんなりとストーリーに入っていけた感がしました。

【アウトレイジ ビヨンド】花菱会に翻弄される山王会

大友と木村を結びつけ“対山王会”への駒に!



山王会を内部から揺さぶる作戦は、富田が粛清された段階で立ち消えになりましたが、片岡は他の手も打ってありました。それが“大友”を起爆剤にした山王会への揺さぶりです。まずは、一足先に出所していた木村(中野英雄)を使い大友を“ヤクザ社会”に復帰させようとします。

大友は出所後、韓国マフィアのフィクサー・張に身を寄せていました。それが自身が山王会のヒットマンに刺され、その仇を打ちに行った大友の子分二人が殺された事で山王会への復讐心が再燃してきます。木村の旧知が花菱会にいるという事なので、ここで大友も木村とともに西へ向かう事を決心します。

ここでは、布施に盃をもらうために出向いた大友でしたが、西野と中田の横柄で威圧的な態度に頭に血が登り話自体が流れる寸前まで行きます。それを治めたのが木村でした。



木村は自分の小指を食いちぎって見せたのです。そこには、この集まりの不手際に対する思いだけではなく、もっと遡ると刑務所内で大友を刺した事への詫び、死なせた子分への償い等々、様々な気持ちが交差していたのではないかと考えられました。

結局、木村の踏ん張りで事無きを得て、さらに帰京する際には「顔(メン)の割れてないのを、何人か付かせろ!」と西野に言わせています。この西での出来事など知らずにいる山王会は、これから受ける大きな痛手など、まだ知るよしもありません。

花菱会は、東進出の足がかりとして山王会を狙っている事が見えてきます。山王会も安泰かに見えますが、大友・木村の裏に花菱会が控えているとなると、分が悪いですしね。客席にいても、山王会の崩壊の序曲が聞こえてきそうでした。

5年前の惨事の真相が明らかに!

加藤会長誕生秘話が明かされる!

そもそも、会長交代劇で山王会の初代関内会長を撃ったのは、二代目の加藤です。加藤は、それを池元組の組長を継いだ小沢との同士撃ちに見せかけたのです。その真相を知っているのは関内元会長のボディガードを務めていた船木だけ(ひよっとして目ざとい石原も)です。

それから5年、石原を若頭に山王会は大きくなって行きました。しかし、その撃ち合い自体に疑問が生じていたのも、また事実でもあるのです。大友と木村は西から帰るなり船木を拉致して、事の真相を吐かせました。

その模様を録音したCDは、山王会幹部達に配われました。当然ながら、花菱会の知る所にもなっています。ここで大友と木村は、山王会の現体制を壊す口実を得た事となりました。ここからの、ジェットコースターのような復讐劇のテンポは前作を凌いでいたと思います。

【アウトレイジ ビヨンド】加藤会長、石原若頭にケジメを!

大友にとっては石原は子分の仇!

花菱会が実働部隊を貸しているのですから、加藤と石原は“生きた心地”がしなかったでしょう。特に石原に対して大友は、自分の子分を“売られた”関係上、許しておく事はできません。バッティングセンターで報復です。水野(椎名桔平)達を思えば、これでも足りないくらいでしょう。

加藤は先代に対しての行状がばれたので、観念して引退する事になりました。木村は花菱会から組を持つ事を許されて、大友と一緒にやろうと誘いましたが「オレは木村組の若い衆でいいよ、木村組長」と言って去って行きました。次は花菱会に利用されると分かっていたのでしょうね。ただ、作品的はもうひと盛り上がりが待っていると期待させてくれます。

北野監督の持つエンターテインメントへのこだわりが、そう見せているのだと思いました。完全に監督の術中に、ハマっています。

【アウトレイジ ビヨンド】山王会の新体制の陰に見え隠れする花菱会

木村の葬儀の意味とは?



木村の申し入れを断り、花菱会の「捨て駒」として今後も役に立てようとした思惑は外れました。使い途がなくなった大友を破門するように、花菱会は木村に迫りました。大友は、韓国マフィアのフィクサー・張の元に戻りノンビリしているように見えます。しかし、引退したからといって加藤(写真・上)への“ケジメ”を忘れたわけではありませんでした。

張のボディガードの李を伴い、パチンコ屋にいるところを隣席から刺殺しました。これで、とりあえずの“塀の外”へ戻ってきた目的を、大友は果たしたのでした。

ところが、この加藤の死が予想外の余震を招く結果になります。元の加藤の部下が木村が旗揚げした新しい事務所を襲い、今度は木村が報復を受けたのです。この抗争を利用して組対刑事の片岡は、この銃撃を花菱会が大友の犯行に見せかけたものとして扱おうとします。

山王会と木村組の手打ちを仕切ったのは花菱会です。その渦中の山王会の新体制は、白山会長、五味若頭で船出をしますが花菱会の傀儡色は強いです。

花菱会は、この抗争を治めた事で東に大きな影響力を持ったといえるのではないでしょうか。それは、木村の葬儀に現れて睨みを効かせている事からも分かります。そこに組対刑事の片岡は、裏口から焼香に来た大友に自分の拳銃を渡して、花菱会を襲わせようと画策しました。

そこで花菱会にも打撃を与えて、出世の足がかりにしようとしたのですが…。大友が銃を向けたのは、花菱会ではなく片岡でした。木村の葬儀の裏では、花菱会、警察、大友のそれぞれの思惑が蠢いていたのですね。続編の予感を感じさせつつ『アウトレイジ ビヨンド』は、ここで“結”です。

生き残ったのは、誰だ?【ネタバレ注意】”

サバイバルの果てに…

「下克上」でいっぱいだった前作と比べると、ソレよりも生き残りを賭けた各々の闘い身の振り方に重点を置いているような気がしました。もちろん、そこには生存がかかっているわけですから、描写が激しい事は周知ですよね(今作もR15+指定)。

この段階では「花菱会」の隆盛で幕を閉じてはいますが『最終章』の作品公開が明らかになった今は、まだまだどうなるかは分りません。北野監督の“落とし処”はどこなのか?それを楽しみに次作を待ちたいと思います。

今度こそ「全員悪人完結。」(この作品のキャッチ・コピーのひとつ)となるんでしょうか。それとも……。

アウトレイジ ビヨンド [DVD]
バンダイビジュアル (2013-04-12)
売り上げランキング: 1,775