鬱アニメ作品おすすめランキングTOP6!ハッピーエンドが全てじゃない

みなさんはハッピーエンドが全てだと思いますか?私はハッピーエンドだけじゃなく、結末が意外なものほど後を引いて感慨深くなったりします。今回は決してハッピーエンドではないけれど、傑作と言えるアニメをご紹介します!

心の闇を映す「鬱アニメ」決定版!

誰もが持っている黒い部分

出典:https://www.amazon.co.jp

鬱アニメの特徴としては、すっきりした気持ちになることはあまりなく、結末を見た後は少しブルーになるようなものが多い気がします。このねこぢる草はねこというキャラクターなのに物語の内容は結構重たい気がしました。
こんな風に鬱アニメはキャラクターの見た目とは裏腹に、どんよりとした心の闇をテーマにしていたりします。今回はランキング形式で、鬱アニメと呼ばれているものから、私が思う鬱アニメをご紹介していきます!

鬱アニメ第6位 【クズの本懐】本音さく裂アニメ!

クズすぎる登場人物

出典:https://www.amazon.co.jp

『クズの本懐(クズのほんかい)』は、横槍メンゴ(よこやりメンゴ)による漫画が原作です。アニメは2016年3月17日、ニコニコ生放送にて生配信されました。そしてテレビアニメ化を決定し、ノイタミナプロジェクト2016にて確定しました。記憶に新しい作品です。
安良岡花火(やすらおかはなび)は今作の女主人公です。高校2年生で表向きは男主人公である粟屋麦(あわやむぎ)と付き合っています。しかし、本当の想い人は担任の鐘井鳴海(かないなるみ)であり、麦のことは仮の付き合いなんです。もうすでにクズなわけですが、花火だけではないんですよね。

複雑な人間関係がリアル・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

この女性は、花火が通う学校の先生で、鳴海の婚約者と言ったところなのですがこれがまたかなりのクズなわけです。男主人公である麦の昔の家庭教師で、麦の想い人なんですよね。そう、麦も花火のことを好きなわけではないのです。二人とも、想い人同士が付き合っているので、慰めあう対象として付き合っているだけなんです。
この女教師は皆川茜(みながわあかね)と言います。清楚な見た目から男子生徒からも人気が高く、普段から異性にモテモテなんです。茜は鳴海という恋人が居るにもかかわらず毎日のように別の男と夜をともにしています。そして花火が鳴海に好意を抱いていることもなんとなく知っています。それぞれが理由があり人を利用しなんとなく気持ちを満たしている・・・。ですが、これが現実かもしれないんです。

鬱アニメ第5位 【妄想代理人】真実にしちゃえばいいじゃん。

深い闇を知ることになる

出典:https://www.amazon.co.jp

『妄想代理人』は、マッドハウス制作の今敏(こんさとし)によるアニメです。今さんが初めて手掛けたアニメ作品で全13話になります。2004年2月から、WOWWOWにてスクランブル放送されました。
現代社会の現実を深い物語構成で表現している今作。現代社会の疲れを癒す人気マスコットキャラクター「マロミ」の生みの親(デザイナー)、鷺月子(さぎつきこ)はある日の帰宅途中襲われます。ローラースケートに乗っていて、バットを持った少年に殴られたと言うのです。しかし、月子には闇がありました・・・

少年バットはどこに!?

出典:https://www.amazon.co.jp

月子が襲われた事件から少年バットに襲われるという事件が、いろんな場所で起こるのです。かなりの凶悪な犯人に警察も手を焼いています。それは、犯人に繋がる手がかりが何も見つからないからなのです。あまりにおかしい事件に、月子が疑いをかけられるようになります。
少年バットは月子の妄想だったのです。怪我も自作自演で、少年バットは月子のイメージ。ですが、それではその他の事件は誰が?模倣犯なのか?真実を知るとき、自分の心にも宿る闇にハッとさせられることでしょう・・・。気づいたら、妄想代理人のワールドに引きずりこまれているのです。

鬱アニメ第4位 【屍鬼】夜中には見たくない!

起き、あがり!?

出典:https://www.amazon.co.jp

『屍鬼(しき)』は、小野不由美(おのふゆみ)による小説が原作で、その後漫画になっています。アニメは2010年7月から12月まで、深夜アニメとして放送されていました。ジャンルはサスペンスホラーとなっています。
人口1300人の小さな村は外場村といいます。外部からだと1本の国道しか通っていなく、周囲からは隔離されている状態で土葬の習慣が未だに残る村なのです。そんなある日、山入地区というところで3人の村人が死体として見つかります。村では疫病が流行っているのでは?と不審を抱くのですが・・・。

グロさでも一二を争う作品!

出典:https://www.amazon.co.jp

疫病かと思われたのですが、実はこれには陰謀がありました。火葬がされないこの村で、起き上がりが目撃されるのです。死んだはずの人間が夜、村を歩いているというのです。起き上がりは、仲間を増やすべく村人を襲っていきます。ゾンビとは違うのですが、感染型のものらしいです。
そんな中生き残っている村人は、起き上がりをせん滅するべく立ち上がります。起き上がりは胸の中央に杭を打つと倒せるので、起き上がり狩りが行われます。夜にしか動くことのできない起き上がりは、昼間は格好の餌食です。果たしてどちらが勝利するのでしょうか・・・。しかし、これを観ていて本当に恐ろしいのは純人間ではないかと思いました。目の色変えている人間が一番汚いと思わされますよ。

鬱アニメ第3位 【ひぐらしのなく頃に】ダークファンタジー

ゲームが原作なの!?

出典:https://www.amazon.co.jp

『ひぐらしのなく頃に』は、同人サークルである07th Expansion(セブンスエキスパンション)が制作した同人ゲームが原作になります。タイトルは原作同様「な」の部分を赤文字で表記しているんです。アニメ化したことで声優とアニメーション映像が加わり、世界観が理解しやすくなったと言われています。
今作品は、人口2000人に満たない廃れた村で起こる「綿流し」を軸とした連続怪死や失踪事件を扱うものが主流です。この村は「雛見沢村」といって、舞台になります。この村の人たちは連帯感が強く一見平和な村に見えるのですが・・・。

夏祭り・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

ダム建設を巡って、村人の間にはしこりが残り続けているようで、本当のところはあまり平和とは言えないみたいなのです。そして、毎年6月には夏祭りが行われているのですが、「綿流し」という行事があって、その日は毎年一人死んで一人消えてしまうという奇怪な事件が起こるのです。
偽りの平和で塗り固められたこの村では一体何が起こっているのでしょうか・・・。事件が始まって5年目の昭和58年、前原圭一(まえばらけいいち)という少年が村に引っ越してきます。彼は持ち前の明るさですぐに打ち解けるのですが、進行するにつれ平凡な雰囲気ががらりと変わっていきます。不気味すぎます。不気味なアニメと言ったらこれだ!といった作品です。

鬱アニメ第2位 【PSYCHO-PASS サイコパス】これは傑作!

サイコパスってなに?

出典:https://www.amazon.co.jp

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.G(プロダクション・アイジー)制作によるアニメです。ノイタミナにて2012年10月から2013年3月まで第1期が放送されていました。また、第2期は2014年10月から12月まで放送されていました。2015年には映画も公開されています!
舞台は『シュビラシステム』が導入された西暦2112年の日本です。近未来要素も含まれているようですね。シュビラとは、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、数値化することができる機能を持つものなのです。わかりやすく言うと、現在でいう鬱の進行具合を計るもの・・・。心療内科の診断のようなものです。

危険な闘いの行く末は・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

その中でも犯罪に関しての数値を『犯罪系数(はんざいけいすう』といい、罪を犯してい無い者でも規定数を超えると『潜在犯』として裁かれるのです。こんな監視社会でもなくならない犯罪に対抗する手段として、上のような『ドミネーター』と呼ばれる武器を使います。
ドミネーターを扱えるのは、公安局の者。刑事と言うやつです。ドミネーターには犯罪系数を計る機能がついていて、数値が高すぎる相手には『執行モード』が発動するという仕組みもあります。しかしこのシュビラ・・・完璧なものではなかったのです。果たして本当の陰謀は?どんなものも完璧なものなんてないのです。自分の感覚を忘れてはいけないのです・・・

鬱アニメ第1位 【Another】背筋に来る!

このミステリーがすごい!

出典:https://www.amazon.co.jp

『Another(アナザー)』は、綾辻行人(あやつじゆきと)による小説が原作です。ホラーとミステリーサスペンスを融合させたような雰囲気が特徴です。2013年『このミステリーがすごい!』3位にランクインしたほどの作品です。アニメは、2012年1月から3月まで放送されていました。
1998年、春。事情があり母の実家に身を寄せる形で、夜見山北中学校に転入してきたのが主人公の榊原恒一(さかきばらこういち)です。クラスメイトが何かに怯えているようで違和感を覚えます。恒一はクラスで不思議な存在感を放っている少女、見崎鳴(みさきめい)に惹かれるのです・・・。

眼帯少女の実態

出典:https://www.amazon.co.jp

恒一はクラスメイトの反応から、鳴は自分にしか見えていないのではと思います。しかし、そうではなく、鳴は「居ないもの」として扱われていたのです。なぜそんなことをされなくてはいけないのか?3年3組に起こっていることに原因があるようなのです。
鳴は幼少期、病気になっていてそれが原因で、義眼なのです。それで眼帯をしています。ある日、クラスメイトの一人が悲惨な死を遂げ、直面している問題に気づかされることになるのですが・・・。恒一とは少しずつ話せるようになる鳴。恒一と鳴はクラスにはびこるこの問題を解決することができるのでしょうか。

考えさせられる人生の教本、鬱アニメ

結末は想像次第!

出典:https://www.amazon.co.jp

冒頭で少し触れたねこぢる草ですが、一見してなんだか楽しそうな雰囲気にも見えませんか?タイトルが楽しそうですよね?ですが、内容はどうなのでしょう。実際は手に取ってみないと何もわからないんです。どのアニメも見た目だけはわからないのです。
私は人間もしかりそれが当てはまるのではないかと思います。見た目で判断されるような世の中を隠すことなく、鬱アニメは表現しています。悩んだときに明るい作品を選ばずあえて現実に向き合ってみるのも、脱出法かもしれません。是非、その目で結末を超越してみてください!

PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX 6枚組
東宝 (2014-10-15)
売り上げランキング: 3,096