【洋画限定】恋愛映画おすすめランキングTOP20!名作から最新人気作まで紹介!

これをお読みの皆様、最近ドキドキワクワクしていますか?恋をすると、誰もが胸がキュンと痛んだり、心臓がドキドキとしたりしてしまいますよね?かの有名な劇作家であるオスカー・オズワルドの言葉にこんな言葉があります。「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる」って・・・ホント、恋愛って簡単ではないですね。せめて映画は素敵な胸キュン恋愛映画を見たい。そう思いませんか?そんな胸キュンするような恋愛映画のオススメをランキングでご紹介します。

「恋」という字は下に「心」があるから下心?!

これをお読みの皆様、最近ドキドキワクワクしていますか?恋をすると、誰もが胸がキュンと痛んだり、心臓がドキドキとしたりしてしまいますよね?かの有名な劇作家であるオスカー・オズワルドの言葉にもこんな言葉があります。

「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる」って・・・女目線と男目線では、きっと恋をする感覚も違うかもしれませんが、ホント・・・恋愛ってお相手がいるだけに思うようにはならずに決して簡単ではないですよね。

Be our guest! One of the most beloved tales ever told is coming home. #BeautyAndTheBeast is on Blu-ray, Digital HD & @disneymovies June 6. Link in bio.

Beauty and The Beastさん(@beautyandthebeast)がシェアした投稿 –

「恋」という字は下に「心」があるから下心なんて言う人もいるくらいですものね。恋が愛に変わるまで、お互いの気持ちが重なり合うまでを学ぶことが恋愛なのかもしれません。

きっと誰もが思うようにならない恋だからこそ、せめて映画では、素敵な胸キュン恋愛映画を見たい!そう思いませんか?そんな胸キュンするような洋画の恋愛映画のオススメ映画を独自のランキングでご紹介していきます。

【洋画限定】恋愛映画おすすめランキングTOP20!

第20位 ラブ・アクチュアリ (2003年)

https://youtu.be/KdzH6a-XEGM?list=PL4lS0CzN4Q_lTB4xmdnhLO2D8y7d_Nclv&t=82003年に公開された「ラブ・アクチュアリー」(Love Actually)。クリスマスの5週間前からの時を舞台にして様々なカップルの恋愛模様を描いたロマンティック・コメディ映画です。リチャード・カーティスの初監督作品でもあります。

冒頭でキャストの1人であるヒュー・グラントが語る「人は言う。 現代は憎しみと欲だけだと。実際そうだろうか? 父と子、母と子、夫と妻、恋人同士、懐かしい友人・・・ 9月11日の犠牲者がかけた最後の電話も憎しみや復讐ではなく 愛のメッセージだった。 見回すと、実際のところ この世には愛が満ち溢れている・・・」 と言う言葉が心をギュッと掴む気がしてとても素敵です。

アンサンブル・ラブストーリーになっている映画なので1つ1つのストーリーは短めなのですが、それぞれのストーリーが最後には繋がっていく様子が分かります。クリスマスにとっておきの幸せの時間を過ごしたいと願う人にもピッタリで、見終わった後に笑顔になれるストーリーです。

第19位 フォー・ウエデイング(1994年)

https://youtu.be/g-HeV8Z6iXc?t=161994年に公開された「フォー・ウェディング」(Four Weddings and a Funeral「4つの結婚式と1つの葬式」)ですが、マイク・ニューウェル監督&リチャード・カーティス脚本のロマンティック・コメディです。

結婚に対して全くと言っていいほど興味がなく独身生活を貫き楽しんでいるチャールズが、友人のWeddingに招待をされた朝、花婿のGroomsmenとして出席するはずだったのに寝坊をしてしまい急いで式場に駆け込みます。

そこへ同じように遅刻をしてきた美しい女性に出会います。彼女に一目惚れをしたチャールズは猛アタックをして一夜を過ごしますが、その日だけの関係になってしまいます。しかし、その後何度も他の結婚式で彼女と会う事になってしまい・・・・切なくも素敵なラブストーリーです。イギリスのWeddingのシーンが素敵過ぎて女性なら憧れてしまうかもしれません。

第18位 あと1センチの恋(2014年)

https://youtu.be/Ssiecig9w60?t=242014年に公開された「あと1センチの恋」(Love, Rosie)ですが、「P.S.アイラヴユー」の原作者であるセシリア・アハーンの小説の「愛は虹の向こうに」をもとにして作られたラブ・ストーリーです。

5歳から幼なじみとしてずっと一緒に過ごしてきた仲良しの男女が12年間にわたって友達以上恋人未満の関係を保ちつつ、本当はどこかでお互いを大切に思っていたことに気がついた時には2人は離れ離れになってしまうことになります。

いつの間にか、傍にいるのが当たり前だったお互いの生活や気持ちまでもが少しずつすれ違っていく切なくも強さを感じる恋心を描いたストーリーです。好きなのに恋人以上の関係になれないもどかしさも感じる作品でもあります。

第17位 ノッティングヒルの恋人(1999年)

https://youtu.be/4RI0QvaGoiI?t=1161999年に公開された「ノッティング・ヒルの恋人」(Notting Hill)は、現代版のローマの休日なんて言われていた大ヒットロマンティックコメディのラブストーリーです。有名女優と本屋を営むごく普通の男性の恋模様を描いたストーリーなのですが、ストーリーの中では誰もが共感するような状況や思わずキュンとなるようなセリフがあったと思うと笑えるシーンもあったりで、幅広い年齢層の人に共感できるシーンが満載です。ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントが演じる主人公達の淡く切ない恋の行方が胸を躍らせますよ。

第16位 ラブソングができるまで(2007年)

https://youtu.be/CZE8Y4ckd34?t=22007年に公開された「ラブソングができるまで」(Music and Lyrics)は、全米第1位初登場を記録したヒュー・グラントとドリュー・バリモアが主演したラブストーリーです。

時代の移り変わりと共に落ちぶれていってしまっていたあるミュージシャンが、あることをきっかけにして出会った女性と次第に恋に落ち、2人で素敵な曲を一緒に作っていくストーリー。

誰かを愛し、愛されることが強さになる。そんな当たり前のことを感じると共に見終わったあとに恋ってこんな切なかったんだ・・・って思わせる映画です。

第15位 プリティ・プリンセス(2001年)

https://youtu.be/2CkcwPi20ms?t=272001年に公開された「プリティ・プリンセス」(The Princess Diaries)ですが、アメリカのロマンス小説家であり、数々の賞を受賞しているメギン・パトリシア・キャボット〈Meggin Patricia Cabot〉の「プリンセス・ダイアリー」を原作に作られています。

好きな人がいても告白すらもできないような、ごく普通のどちらかと言ったらイケてない女の子が、ある日突然に自分がとある国の王位継承者のプリンセスであることを知ります。恋に恋する女の子がプリンセスとしても女の子としても頑張るアン・ハサウェイの姿がおかしくもありとっても可愛いです。

第14位 あなたは私のムコになる(2009年)

https://youtu.be/4Y7w7RgdBOQ?t=462009年に公開された「あなたは私の婿になる」(The Proposal)は、大人のためのロマンチック・コメディーの映画です。ニューヨークの出版社で、キャリアウーマンとしてバリバリと働いていた女性が、ビザの申請をし忘れてしまい国外退去を通達されました。

しかし、その措置を回避するために思わず部下である仕事があまり出来ない彼にプロポーズし、偽装結婚をして難を逃れようとします。

パワハラに近い偽装結婚のつもりだった彼らの恋の行方は・・・・彼の実家があるアラスカで、家族の愛を知らずに育った彼女の中に心の変化をもたらします。嘘をつく苦しさと共に愛が芽生えていく様が見所です。

第13位 ラブーム(1980年)

https://youtu.be/zYwtbgWfiCI?list=RDE1RtUOAxiT0&t=361980年に公開された「ラ・ブーム」(La Boum)ですが、当時13歳のソフィー・マルソーのデビュー作でもありフランスでは観客動員数が450万人とも言われる大ヒットを記録した青春映画です。

1700人の中から選ばれた主人公役のソフィー・マルソーがとても初々しくて可愛いです。14歳のお誕生日のブーム(パーテイ)を開くまでの彼女の心の葛藤などを描いたストーリーで、思春期に恋することの楽しさや危うさなどが描かれています。

若干日本のティーンの恋模様とは違うかもしれませんが、主題歌となったリチャード・サンダーソンが歌う「愛のファンタジー」も覚えている方も多いのではないでしょうか。

第12位 めぐり逢えたら(1993年)

https://youtu.be/4J7gg1V0oak?t=1341993年に公開された「めぐり逢えたら」(Sleepless in Seattle)は、1957年に公開された映画「めぐり逢い」にヒントを得ていていくつかのシーンとテーマ曲が引用されていることでも有名です。

トム・ハンクス&メグ・ライアンの恋愛映画の常連であもある2人のコンビで描かれているこの作品です。

なぜか2人はエンデイングまですれ違いが重なり、会えそうで会えないというもどかしく切ない状態が続いていきます。そしてラストには素敵なこの題名にピッタリなシーンが待ち受けています。

第11位 ローマの休日(1953年)

https://youtu.be/3CvSOCiIt6c?t=861953年に公開された「ローマの休日」(Roman Holiday)は、半世紀も昔の白黒映画なのにも関わらず、今なお素敵なラブストーリーの王道として愛されている作品です。

永遠の都であるローマを舞台にして、表敬訪問をしていた王女様がつかの間の自由な時間を内緒で楽しむ素敵なストーリーです。オードリー・ヘプバーンが有名になった映画でもあります。

劇中オードリーヘップバーンが美容院で髪を短く切った髪型がヘップバーンカットと呼ばれ大流行もしました。王女様がアメリカ人新聞記者と過ごすした時間は、儚く甘酸っぱい淡い恋心のシーンとなっています。

《番外編》私の頭の中の消しゴム(2004年)

https://youtu.be/JZphGyxC6BA?t=142004年に公開された「私の頭の中の消しゴム」(A Moment to Remember)は、韓国の純愛ラブストーリー映画です。日本のテレビドラマである「Pure Soul〜君が僕を忘れても〜」をリメイクした作品でもあるのですが、韓国で歴代1位の興行成績を収めた作品にもなりました。

天性爛漫なお嬢様と建築家志望である男性が運命的な出会いをして恋に落ち結婚をします。しかし、彼女は突然若年性アルツハイマーになってしまいます。「愛してる」という言葉をかけたことさえ忘れてしまう・・・・涙なくしては見られない韓国でも250万人を泣かせた映画でもあります。

第10位 タイタニック(1997年)

https://youtu.be/LkOK1SMoVmw?t=111997年に公開された「タイタニック」(Titanic)は、きっと多くの方がご存知な映画なのではないでしょうか?公開された翌年のアカデミー賞においては、作品賞、監督賞、撮影賞、主題歌賞、など11部門において受賞を達成した大ヒット映画です。

実際に起こった1912年のタイタニック号沈没事件がモチーフになっていて、絶対に沈まないと言われていた夢の豪華客船が、氷山に激突し沈没してしまい乗客・乗員の1600人以上が犠牲となったと言われています。

生存者である101歳の老女のローズが昔のことを回想するように始まるストーリーが切なくもあり、これだけの愛で誰かを思える愛の深さを感じられます。

第9位 ホリデイ(2006年)

https://youtu.be/zuzNwwzsaI0?t=412006年公開の「ホリデイ」(The Holiday)は、ナンシー・マイヤーズ監督による作品でロマンティック・コメディ映画です。「人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある」というキャッチコピーのように、日々の生活に疲れた見知らぬニューヨークとパリに住む女性同士が、新聞広告で見た休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」ということがテーマになっているストーリーです。

Exchangeした彼らの生活の中で、関わっていく男性と恋に落ちていく様子がまさに運命だったのかな?と感じさせられるのが見所です。日本でも2007年に公開され、全国週末興行成績で初登場4位となった人気の作品です。 

第8位 マンマ・ミーア(2008年)

https://youtu.be/jOfJC1IH70E?t=402008年に公開された「マンマ・ミーア!」(Mamma Mia!)は、イギリス、アメリカ、スウェーデンの3つの国で共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画として有名です。世界的にも有名な伝説のポップグループであるスウェーデン出身のABBAの曲をベースにして、1999年~2001年に公開されたミュージカル「マンマ・ミーア!」を映画化したものです。

豪華キャストが歌に踊りに大奮闘!主人公ドナの娘であるソフィが結婚することになり、バージンロードをパパと歩きたいと思った彼女がパパを巡ってドキドキワクワクをすることになります。誰もが口ずさめるであろうABBAのナンバーが流れるこの作品は笑顔になれること間違えありません。

しかも、来年には続編が・・・・とっても楽しみです。

第7位 恋愛適齢期(2003年)

https://youtu.be/mCezLe7p9xE?t=112003年に公開された「恋愛適齢期」(Something’s Gotta Give)は、「マイ・インターン」「恋するベーカリー」など女性から大人気の映画をたくさん撮っている監督であるナンシー・マイヤーズが監督・脚本・制作を手がけた作品です。

人生を半分以上過ぎている男女の恋愛をテーマにしているとってもロマンチックなラブストーリーです。彼女の作品は、女性が大好きとあって、男性の皆様はこれを見たら女性目線の恋愛の気持ちがちょっとだけ分かるかもしれませんよ。

もしも今恋をしていなかったとしても、誰にでもいつかは訪れる可能性がある恋の予感を感じさせ、例え年を取っていたとしても切ないほど愛しくなる人が現れるかもしれない。そんなことを気がつかせてくれますよ。

第6位 美女と野獣(2017)

https://youtu.be/B6_JF7ckyDg?t=132017年に公開された「美女と野獣」( Beauty and the Beast)は、フランスの民話である「美女と野獣」をもとに1991年に制作&公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品である「美女と野獣」の実写リメイク作品です。

2014年にもフランス語で「美女と野獣」(La Belle et la Bête)が公開されましたが、それに比べて今作はかなりデイズニーアニメの美女と野獣に忠実でとても素敵なラブストーリーになっています。

ラストには驚くような大物俳優達が人間にもどる姿が印象的です。技術の進歩なのか、ディズニーファンならずとも夢中になれるような素敵なシーンが沢山見られますよ

第5位 プリティ・ウーマン(1990年)

https://youtu.be/Ekn7C6Pqmhc?t=321990年に公開された「プリティ・ウーマン」(Pretty Woman)は、多くの女性たちの憧れであるシンデレラストーリーです。公開された年の興行収入もその年の第一位になり、大ヒットになった映画です。

この作品でヒロインを演じたジュリア・ロバーツは、ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞しました。ハリウッドで娼婦をしていたビビアンが実業家であるエドワードに買われて1週間を共に過ごします。

ただ、お金で契約して買われたのにもかかわらず、いつしか2人は恋に落ちていきます。一度はこんなドラマチック恋がしたい!なんて女性なら思ってしまうストーリーです。

第4位 シンデレラ(2015年)

https://youtu.be/8z-MOey_6FI?t=142015年に公開された実写版「シンデレラ」(Cinderella)ですが、誰もが一度は憧れたことがある昔から語り継がれる名作のラブストーリーでもあります。「シンデレラ」だとしてもアニメは見ないという方にもこの実写版の「シンデレラ」はおススメです。

どんなに意地悪されても、虐げられてもシンデレラはお母さんに言われた言葉である「Have courage and be kind.(勇気と優しさを持つのよ)」を心に秘めがんばって日々を過ごします。彼女のひたむきさや優しさは、きっと私たちが普段忘れていることを沢山思い出させてくれますよ。

第3位 魔法にかけられて(2007年)

https://youtu.be/js7iwB_PYpw?t=242007年に公開された「魔法にかけられて」(Enchanted)は、ディズニーアニメであるプリンセスが義理の母の魔法によって実写の世界へと迷い込まされてしまうことで起こる様々なハプニングを描いたファンタジック・コメディ映画です。

魔法の国で暮らしていたジゼルは、王子様との結婚式の日に彼らの結婚に反対していた王子の義理の母の魔法によって現代のニューヨークへと送り込まれてしまいます。

現代へと迷い込んだ純粋で女の子らしいヒロインがとても可愛くて、マイペースな部分がある彼女は、ある意味女から見ても可愛らしいと思えますよ。アニメと実写が織り交ざって不思議な感じがするのも面白い作品です。

第2位 50回目のファースト・キス(2004年)

https://youtu.be/H1SVxJZTgI4?t=832004年に公開された「50回目のファースト・キス」(50 First Dates)は、美しい大自然があるHawaiiを舞台に交通事故の後遺症によって、事故の前日までの記憶は残っているだけれどそれ以降の記憶が一晩眠ると翌朝にはリセットされてしまっているという短期記憶喪失障害(前向性健忘)の女性と、その彼女と偶然出会って彼女に一目ぼれして一途な愛を貫く水族館で働く獣医師との恋愛を描いたロマンティック・コメディ映画です。

二人は毎日、前日と同じように恋に落ちていつものようにファースト・キスをします。切ないことに彼にとっては、たとえ50回目であろううが、彼女にとっては常にファースト・キス。劇中に流れるビーチボーイズやポール・マッカトニーの曲が景色とマッチしていてとても素敵です。

第1位 ゴースト ニューヨークの幻(1990年)

https://youtu.be/5fLlgS6aO9k?t=34

1990年に公開された「ゴースト/ニューヨークの幻」(Ghost)は、アメリカのみならず世界中で大ヒットしたラブ・ロマンス・ファンタジー映画です。公開から27年が経った今もなお、愛されるラブストーリーの王道ではないでしょうか。

ストーリーが始まるとこれってサスペンス?ホラー?なんて感じた瞬間、素敵なロマンスも感じられてそれまでにはなかったストーリーになっています。自分が死んでしまってもなお、愛した人を守ろうとする主人公のサムの想いが届かないのがもどかしくもあります。

劇中流れるアンチェインド・メロディも切なさを募らせます。「I love you. I really love you. (愛してる、ほんとに愛してる)」モリーがいつものようにささやいても、サムは「Ditto(同じく)」と返すだけ・・・・言葉は口に出して言わないと分からないのにと女性ならば思うはず・・・・ご覧になる時はハンカチをご用意くださいね。

洋画のようなストレートな愛情表現もたまにはアリですよ!

愛し方も愛され方も恋の数だけ色々な形がある!

いかがでしたでしょうか?ご存知のラブストーリーやご自身のお気に入りはありましたか?様々な国で色々な愛の形が映画として描かれていますが、人の数だけ考え方があるように、恋愛も恋の数だけ色々な形があると思います

何が正しくて何が間違っているかなんて誰にも分かりませんものね。洋画の恋愛映画は、日本の恋愛映画とはちょっと違います。もちろん日本人の気質なんてものも関係してくるのでしょうが、ストレートな愛の表現が日本人の女性から見たらちょっと羨ましいかもしれませんね。

#laboum2 #overandoveragain 🎥💙

Fanny F.さん(@frksfanny)がシェアした投稿 –

ぜひラブストーリーなんて・・・って思っている方にはぜひランキングにある作品を一度ご覧になってみることをオススメします。幼い頃に憧れていた恋心は大人になるにつれて多少のあきらめや妥協なんかが出てきてしまいますが、もしも誰か1人を想い続けていられるのならばそれは本当に素敵なことですものね。

そうゆう方がいるのならば、自分の心に正直にその想いを大切になさってくださいね。恋をしていないあなたならば、ぜひランキングにある映画をご覧になって、恋してる気分を味わってみてもいいかもしれませんよ。

ノッティングヒルの恋人 (字幕版)
(2014-02-01)
売り上げランキング: 17,599

ゴースト/ニューヨークの幻 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 22,693