【アオイホノオ】ドラマ版5つの魅力!キャストの高過ぎる再現度に驚愕!

2014年に放送された、大人気漫画が原作のドラマ『アオイホノオ』。高い再現度は原作ファンにも認められ、大好評でした。ここでは、キャストや監督など、ドラマ版の5つの魅力を紹介しています。

ドラマ版アオイホノオとは?


ドラマ版『アオイホノオ』とは、『週刊少年サンデー』で不定期連載された、島本和彦さん原作の学園青春漫画をドラマ化したものです。

テレビ東京のドラマ24枠内で2014年7月から放送されていました。ジャンルはコメディドラマで、監督は映画『暁烏』や『銀魂』、『勇者ヨシヒコシリーズ』を代表作にもつコメディ界の王、福田雄一監督です。

キャストは、はドラマ『ゆとりですがなにか』に出演されていた実力派俳優、柳楽優弥さん。アニメオタクで有名なモデル、山本美月さんなどが出演されています。

アオイホノオ ドラマ版のキャストの再現度が高すぎ!

ドラマ版『アオイホノオ』では、島本和彦さんの描く世界観や、雰囲気、髪型までもが再現されていると好評でした。画像でみていきましょう!

焔モユル/柳楽優弥

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

森永とんこ/山本美月

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp


原作では、年上トンコとなっていますが、ドラマ版では森永とんこという役名に変わっています。

バトミントン部のマネージャーをしており、スレンダーなナイスボディが特徴的な美少女。鋭い関西弁でつっこみも入れていきます。主人公がひそかに思いを寄せてるまさにマドンナ。

演じたのは、モデルとしても活躍している山本美月さん。スレンダーな体型が原作と合っています。また、左右をオーバーに巻いた前髪は、原作を忠実に再現しています。

津田ヒロミ/黒島結菜

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp


津田ヒロミは、主人公の焔と同じバドミントン部に所属しています。スポーツウーマンタイプで、アニメやオタクへの知識は乏しく、焔と感性はあまり合わないというキャラクター。

演じたのは、ドラマ『時をかける少女』でお馴染みの黒島結菜さん。ドラマ『サムライ先生』では、ギャル役に挑戦されていて、コメディにも定評があります。

髪型が原作に忠実ですね!ヘアメイクさんの技術の高さがうかがえます。

庵野ヒデアキ/安井顕

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp


庵野ヒデアキは、『新世紀エヴァンゲリオン』の監督として有名な庵野秀明さんがモデルになっています。『アオイホノオ』は、実在の人物が出てくるところも魅力です。

演じたのは、『重版出来!』などで個性的なキャラクターに定評がある安田顕さん。独特な雰囲気とメガネをかけた雰囲気が、原作にそっくりです!

山賀ヒロユキ/ムロツヨシ

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp


山賀ヒロユキを演じたのはムロツヨシさん。前髪の分け目の再現度が高いです!!

ムロツヨシさんも、コメディドラマではとても定評がありますよね!

赤井タカミ/中村倫也

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

赤井タカミを演じたのは、中村倫也さん。

原作の雰囲気に似ていますね!さすがのキャスティング力といえます。また、雰囲気も寄せてしまう役者の力量もすごいですね!

ドラマ版アオイホノオの監督は巨匠・福田雄一!

福田 雄一(ふくだ ゆういち、1968年7月12日 – )は、日本の劇作家、放送作家、ドラマ・映画脚本家、舞台・ドラマ演出家、映画監督。

栃木県小山市生まれ。成城大学経済学部卒業[1]。劇団「ブラボーカンパニー」座長。マギーとの共同脚本・演出のコントユニット「U-1グランプリ」でも活動する。

出典:https://ja.wikipedia.org

コメディといえば福田雄一監督!!

福田雄一監督と言えば、今までに『33分探偵』『猿ロック』『東京DOOGS』『勇者ヨシヒコシリーズ』『コドモ警察シリーズ』などのテレビドラマや、『変体仮面』『女子―ズ』『暁烏』などの映画を手掛けている、コメディの巨匠です。

原作を映像化する場合に限らず、キャストへのこだわりは人一倍強く、一度気に入った役者を何度も起用するという特徴があります。

福田雄一監督のお気に入り①小栗旬さん

出典:http://tristone.co.jp


小栗旬さんこれまでに、『東京DOOGS』に出演し、福田雄一監督最新作の『銀魂』で主演を務めていらっしゃいます。

福田雄一監督とお仕事をされて、きっと気に入られたのでしょう!確かな演技力と役のふり幅は福田雄一監督を虜にさせたにちがいありません。

福田雄一監督のお気に入り②指原莉乃さん

出典:https://mdpr.jp

福田雄一監督と指原莉乃さんは、プライベートで仲良しなことでも有名。

福田雄一監督は指原莉乃さんのことを天才とおっしゃっています。バツグンのトーク力と、可愛すぎないルックスが福田雄一監督の心をくすぐってしかたないようです。

指原莉乃さんはこれまでに、『コドモ警察シリーズ』に出演しています。

福田雄一監督のお気に入り③橋本環奈さん

出典:https://dot.asahi.com


橋本環奈さんは、最新作『銀魂』に出演し、その可愛らしいルックスとは裏腹に、度を超えた変顔も平気でやってしまうことが福田雄一監督を虜にさせました。

福田雄一監督の山崎賢人さん主演の最新作にも、出演が決まっています。

ドラマ版と原作漫画の違いは?

出典:http://gekkansunday.net

原作より振り切っている柳楽優弥さん

出典:http://img.stardust.co.jp

原作ファンのあいだでは、島本和彦さんの漫画はとにかくめちゃくちゃということで有名です。とにかくめちゃくちゃに面白く、ぶっ飛んでいます。

そこを悠々と超えてきたのが主人公を演じる柳楽優弥さんでした。原作での焔は、内面はかなり普通のキャラクターでした。

しかし、ドラマ版焔は、もっと根拠のない自信に満ち溢れていて、やばい奴になっています!それがまた、高評価の要因ですね。

原作にはない小ネタが満載

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp


原作を映像化し、原作ファンとそうでない人に観てもらうのは至難の業。そこで福田雄一監督は、マニア向けの小ネタと、ノーマル向けの小ネタをドラマにぶっこみました!

漫画では不可能な、細かいネタをマシンガンのようにぶち込む演出を、映像化するにあたって実践したのです。また、漫画では表現できないテンポの良さも違いだと言えます。

衝撃の最終回!続編の可能性は?

伝説のシーン!

原作はまだ終わっていなかったが、ドラマが最初に最終回を迎えるということになったドラマ版『アオイホノオ』。

先にプロデビューした焔の元に庵野がサインを求めるという感動のシーンは、原作ファンも沸いた瞬間でした。まさに伝説のシーンとなっています。

島本和彦さんご本人も登場!

バイク屋のおやじとして登場した原作者の島本和彦さん。これには原作ファンも歓喜しました!

セリフは自ら考えたようで、めちゃめちゃかっこいいセリフを放っていきます。

なんと、演技も完璧で、とても感動するシーンでした。熱すぎるシーンに涙したファンも多かったのでは?

続編の可能性は?

出典:http://www.wowow.co.jp

福田雄一監督はツイッターで、続編もやりたいとおっしゃっています!ここからが面白くなる!とも話されています。

勇者ヨシヒコシリーズ』も続編されたので、希望はありますよね!ぜひ続編も見てみたいです!

アオイホノオのOPには元ネタが存在!

https://youtu.be/q1DBERfaFZc

『アオイホノオ』のオープニングでは、『アニメ店長』『ぽにぽにだっしゅ!』『とっても!ラッキーマン』『武勇伝Ⅱ』『ガイキング』などのオープニング映像が元ネタになっています。

主人公の焔モユルが学生時代に影響をうけた漫画を、全部盛り込んでしまおう!というコンセプトなんです!細かいところまでこだわり抜かれています!!

面白いと高評価のドラマ版アオイホノオは必見!

出典:http://gekkansunday.net

ここまで、ドラマ版『アオイホノオ』の魅力についてまとめてきましたがいかがでしたか?

細部までこだわり抜かれた監督の演出、キャストの確かな実力と努力、そしてなによりスタッフ全員の原作へのリスペクトが高評価ドラマを生み出したのです!!

実写化のドラマや映画が多い昨今、利益だけが見え見えな作品が多いように感じますね・・・。『アオイホノオ』のように、原作に愛を持って制作していけば、必ず原作ファンにも受け入れてもらえる作品になること間違いなしです!

続編にも期待したいですね!!