【007 ロシアより愛をこめて】あらすじ&ネタバレ紹介!ボンド危機一発!

前作『007 ドクター・ノオ』よりも増して、S.コネリーのダンディさを前面に出した『007 ロシアより愛をこめて』。ボンド・ガールのD.ビアンキも“お人形さん”みたいで綺麗です。シリーズの方向性を示したともいえる名作に、酔いしれてみましょう。

007号は“危機一発”だった!

日本初公開時の邦題は、宣伝戦略で別タイトルで

この作品が日本初公開された時の邦題は『007 危機一発』(1964年)でした。前年に公開された『007は殺しの番号』(リバイバル公開時からは原題の『007 Dr.No』)が、興行成績で思うようには伸びずにいたための策です。まだ「007」という名称が浸透していなかったのでしょう。

配給元のユナイト映画が邦題を付けたと言われています。その時の宣伝担当が後の映画評論家・水野晴郎氏です。その思惑が当たったのか同作は第一作の四倍もの興行売り上げを記録し1972年のリバイバル上映からは、原題の『007 From Russia with Love』を訳した形の『007 ロシアより愛をこめて』となったわけです。

時代を感じさせるエピソードですが、現在でも同じ様な事は行われています。日本においては、タイトルも“超訳”なんですね。

作品本筋の内容はといえば、ソ連の暗号解読機「レクター」を亡命の手土産として国外に持ち出そうとするソ連大使館員を手助けするというもの。その手助けを要請された英国情報部員のジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)が、大活躍するストーリーです。

ところが当初は、ソ連が企てた罠と思いつつ飛び込んだボンドでしたが、実際に手を引いていたのは世界的結社「スペクター」(写真下・同組織の工作員養成施設)で……。その大使館員の待つトルコからの脱出劇が、一番の見ものとなっています。

興行面で苦戦を強いられる(国内では)と予想もされた「危機一発」な状況から、一級のスパイ・アクションへと進化した記念すべき一本でもあると思います。

【007 ロシアより愛をこめて】罠と知りつつイスタンブールへ!

トルコ支局との共同作戦は成功するのか!?



イスタンブールにあるソビエト大使館に勤めるタチアナ・ロマノヴァ(ダニアナ・ビアンキ)は、英国への亡命を同国情報部トルコ支局を通じて希望していました。本国からの回答はソ連の暗号解読機「レクター」を持ち出せるならOKとの事です。

この「レクター」はCIAも喉から手が出る程、欲しがっていた機器です。それを「持ち出すなんて罠に決まっている」という意見が多数の中、M(英国情報部長)は罠と知りつつ、情報部のエース・007ことジェームズ・ボンドを派遣する事に決めたのでした。

今回の任務に当たってボンドは、装備課から特殊アタッシュ・ケース(写真・上)を支給されます。中には金貨50枚、折りたたまれたAR-7ライフル、催涙ガス等が仕込まれている特装品です。この秘密兵器を持って、ボンドはイスタンブールへ飛びました。

ボンド派遣については「写真を見て一目惚れした」とタチアナからの強い要望もあり、イスタンブール行きを決めたという経緯もあったのです。しかし、これは予想通りに罠(現段階では、スペクターの存在は確認されていない)でした。立案したのは、スペクターNo.5で、実行するのはNo.3の配下(中心はタチアナ)です。

トルコ支局のケリム支局長と合流したボンドは、さっそくタチアナとの接触を試みようとします。しかし、その心配は杞憂でタチアナみずからがボンドに接触してきます。そこから、お互いの祖国の命を受けた者同士の騙し合いが始まったのでした。

ケリムは非常に協力的で、人員の手配や監視等、地元の地の利を活かしてテキパキと仕事をこなしていきます。“こういうキャラが加わる事で、物語に厚みが出る”と、筆者は感じました。

【007 ロシアより愛をこめて】トルコでの暗号解読機「レクター」奪取計画

大使館の爆破騒ぎに乗じてレクターを入手、タチアナと西へ!

ボンドと接触したタチアナは、手製の大使館の見取り図を渡します。その図と、ケリム支局長の入手していた図を示し合わせた結果、嘘がないと分かったので襲撃作戦を決行する事にしました。段取りとしては、ボンドがビザの発給を申請しに館内へ。そこに、時間を合わせてケリムが仕掛けた爆弾を爆発させるという作戦です。

大使館爆破とは当時としても、かなり“荒っぽい”作戦と言えますがが、そこは娯楽作品という事でご愛嬌なのでしょう。その爆発騒ぎに乗じて、ボンドはタチアナと合流して、無事にレクターの持ち出しに成功するのでした。しかし、ここまではスペクターNo.5の立てた筋書き通りです。

そうとは知らないボンド一行は、地下の水路を使って逃走します。この辺りの大雑把さと繊細さのバランスの良さが、作品を際立てているのではないでしょうか。

オリエント急行での暗闘!敵は“スペクター”だった!!

姿を見せたスペクターの狙いは、ボンドと「レクター」!

出典:https://pixabay.com

暗号解読機「レクター」を手に入れたボンドとケリムは、タチアナを伴って長距離列車に乗り込みます。蛇足ながら、コースや形状から「オリエント急行」(写真一段目・イスタンブール駅構内、イメージ)なのですが、映画ではその名称は出てきません。原作では「オリエント急行」ですが……。

ボンドとタチアナは、ケリムの手配したサマーセット夫妻のパスポート、乗車券を持っていよいよ陸路で西を目指します。しかし、この列車にはスペクターの暗殺要員のグラントも乗車していて、ボンドの“タチアナとの心中工作”とレクターの横取りを狙っていました。

ちなみに、この頃になるとタチアナの気持ちに変化が現れてくるのが見て取れます(写真二段目)。どうやら、ボンドを本気で好きになってしまったようです。「うらやましいよ、Mr.Bond.」(←ケリムの声色で)。

新婚旅行気分でウキウキしているタチアナを尻目に、列車内ではグラントの魔の手が忍び寄ってきていました。あらかじめ買収して列車を減速させて、そこでケリムは下車を強行。無事に任務を終えるはずでした。ところが、その地点で連絡員(ケリムの実子)が待つも、ケリムは飛び降りてきません。

その時は既に、ケリムはグラントに個室内で始末されていたのです。その報せを車掌から知らされたボンドは、車掌に口止めをしました。そして次の駅で様子を伺いに来た、ケリムの息子に支局長である父の死を伝えます。ボンドは悲しむ間もなく、次のザグレブ駅で補強要員を乗せるようにMへの伝言を頼むのでした。

ところが、その補強要員をグラントは亡き者としてY支局の人間になりすましたのです。このグラント役のロバート・ショウ、ベテランだけあって上手いです(写真三段目・四段目)!

仲間になりすましたグラントとボンド、タチアナは食堂車でディナーを摂ります。その時にグラントは、睡眠薬をタチアナのワインに混入して眠らせてしまいます。二人してコンパートメントに運び込み、続き部屋で今後の段取りを話し合うはずですが、どうにもグラントの様子が変です。

「タチアナにクスリを飲ませたな?」ボンドは詰問しますが、逆に拘束されてしまいました。「スペクターか?」、ボンドはやっとグラントの正体に気づきました。グラントはスメルシュ(ソ連の組織)の罠に見せかけてレクターを英国情報部を使って国外に持ち出させて横取りしたうえに、それをボンドとタチアナの“心中”という形でカタを付けようとしたのです。

奪ったレクターをソ連に買い戻させる段取りまで付けている様子です。アナログな手口ですが、逆に面白いですよね。

“ボンド危うし!”といったこの場面で、ロンドンを発つ時に装備課から支給された秘密兵器が、作品上の伏線だった事が分かります。中に隠してある金貨に目がくらんだグラントは、もうひとつのアタッシュ・ケース(なりすましの時に奪った物)を指して「こっちのにも、あるのか?」

とボンドに訪ねました。「支給品だから、同じだ」と答えると、今度はグラントみずからがケースを開けて、金貨を奪おうとしました。しかし、開け方に仕掛けがしてあり、間違った手順で開けようとすると、催涙ガスが吹き出す仕組みになっています。

これを機に形勢は逆転して、ボンドは九死に一生を得ました。まさに、「危機一発」です。筆者は「列車の旅って、こんなに長いモノなのかぁ」と幼な心で感じたためか、今だに海外では、できるだけ列車移動は避けています(笑)。

スペクターNo.3とのベニスでの決着!【ネタバレ注意】

表の顔はソ連情報部・クレッブ大佐、真の姿はスペクターN0.3!

タチアナに対して、オンナの武器を使ってボンドを誘惑するように命じたのがソ連情報部のグレッブ大佐(ロッテ・レーニャ)です。タチアナは祖国のために任に就きますが、グレッブこそスペクターNo.3で、この作戦の実行指揮官だったのです。つまり、スペクターに利用されていたという事になります。

そのグレッブの裏(本当の)の顔を見る事になったのは、ボンドと共にやっとの思いで逃げてきたベニスのホテルです。グレッブはみずからメイドに紛して(写真・上)、ボンド暗殺とレクター強奪のためにやって来ました。成功しなければ、作戦失敗の責任を負って消されたNo.5の二の舞になってしまいます。

グレッブは靴に仕込んだ刃で、ボンドを執拗に狙います。最後の最後で、またしてもボンドのピンチです。



そのボンドのピンチを救ったのは、タチアナの放った一弾でした。撃つ前に、困ったような迷ったような表情を見せていたのが、今でも印象的です。上司に裏切られ、利用された悔しもあっでしょう。しかし、筆者としては「ボンドへの愛」の表現と勝手に捉えています。

これで本当にラストです。テレンス・ヤング監督は、その場所にベネチアの運河を選びました。「ため息橋の下をキスしてくぐると、幸せになれる」という言葉があるらしいです。そうとはいえ、この先に待っている運命を考えてしまうと、刹那的に聞こえてしまうのは筆者だけではないと思います。

ラストシーンにユーモアを混じえる作品も同シリーズには見受けられますが、この作品にはその要素はありません。これがベストの終わり方だと思います。

キャストにはシリーズとの関連性が

個性と個性のぶつかり合い!



今作では、スペクターの暗殺要員を見事に演じきったロバート・ショウの活躍ぶりは先述した通りです。他にもグレッブ大佐役のロッテ・レーニャ(本当は美人です)やボンド・ガールのダニエラ・ビアンキなど粒ぞろいの役者が花を添えていたのも印象深いです。

ほかにスペクターの養成所のモゼニー役を演じたウォルター・ゴテルが『私を愛したスパイ』~『リビング・デイライツ』ではソ連情報局のコ-グル将軍役で登場したり、スペクターN0.5役のヴラディック・シェイバルが元祖『カジノ・ロワイヤル』に出ていたりします。

このような関連性に“ニヤリ”とできるのも、シリーズ物の長所ですね。なお、この作品を最後にケリム役で熱演を見せたペドロ・アルメンダリス(写真)がお亡くなりになっています。そのご子息が『消されたライセンス』に出演しています。

007シリーズの定番の礎が多数登場!テーマ曲の重要性も認識

MI6の常連キャストたち

シリーズの初期~中期にかけて、MI6(英国情報部6課)のキャストはなかばレギュラー化されており、特定のファンもいたほどです。装備課主任として今作から登場した「Q」(実際に“Q”と呼ばれるのは次作の『ゴールドフィンガー』から)役のデスモンド・リュウェリン(写真・上)がその筆頭で17作に出演しています。

『サンダーボール作戦』で、秘密兵器を現地まで届けた際に「パパ~、こんな所へどうしたの?」と親しみを込めて迎えられるシーンが印象的でしたね。M(MI6で一番偉いと思われる人物)の秘書のマニー・ペニー( ロイス・マクスウエル)は熟年の色気を振りまいて11作に。

M役のバーナード・リーは11作に出演しています。物語の冒頭を飾る“いつものメンバー”とのやりとりが、その後にボンドを待ち受ける任務と対照的で良い演出だったと思います。

オープニング・ロールで曲は流れる!

出典:https://www.amazon.co.jp

この『007 ロシアより愛をこめて』から、オープニングにいきなり主題歌を流す手法が取られています。それに伴い、その曲の重要性も一段と高くなってきました。第一作では「マンゴーの木の下で」でという曲が、挿入歌的に使われていました。

美しい海の景観とボンド・ガールのアーシュラ・アンドレスの眩しい程の肢体がマッチングしたいい曲でしたが、オープニングに流れるのとでは、やはりインパクトが違います。マット・モンローが歌い上げた「From Russia with Love」はテーマ曲ではベストの部類でしょう。「GOLD FINGER」が大ヒットして、シャーリー・バッシーは来日公演も行いました

ポール・マッカートニー&ウイングスが「Live and Let Die」を演りました。このように、007映画と音楽業界も密接に繋がっているのが分かります。

世界の女性を虜にする男。その名はジェームズ・ボンド

ダンディズムに乾杯!



「This is Bond,James Bond」-こう名乗られて、ピンとこない裏社会の女性はいないと思います。それは“危険な男”の代名詞であり、裏を返せば“抱かれてみたい男”の看板でもある(映画の世界の中では)のです。こんな男性が主人公の作品が面白くないわけありません。

加えて、「~をステアではなくシェイクで」とか「この前年物だと、もっといい」だとか、酒にも詳しいんですね。それが、単なるウンチク自慢ではなく「自然に身に付いている魅力」なのも、ボンドの特徴であると言えるでしょう。

“気障な英国紳士”を気取りたい晩は、マティーニを片手にS.コネリー物の『007』でも観て、ほろ酔い気分に浸りたいものです。