【ドクターストレンジ】あらすじ&ネタバレ紹介!豪華キャストで魔術バトルを再現!

人気アメコミ映画マーベルのアベンジャーズシリーズ第14作目、マーベル最強の魔術師「ドクターストレンジ」。街がうねり、魔法が飛び交うVFX(視覚効果)に大興奮間違いなしの今作!気になるあらすじから、裏話も含むネタバレまで、これさえ見ればドクターストレンジが丸わかり!

マーベル最強の魔術師ドクター・ストレンジ!

映画アベンジャーズシリーズ初登場!

全世界で大人気のアメコミ、マーベルコミックスアベンジャーズシリーズ最強の魔術師が登場!2016年にアメリカで公開され、日本では2017年1月27日に公開されました。「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」から始まるアベンジャーズシリーズのフェーズ3「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」についで第14作目で新ヒーロー・ドクターストレンジが加わります!
轟々と街がうねり、常識を超越した魔法が飛び交う、いままでのアベンジャーズには無い戦いを見せてくれる今作。あらすじからネタバレ、注目のキャスト、ドクターストレンジの今後の活躍、すみずみまでご紹介します!

ドクター・ストレンジのあらすじをチェック!

天才外科医が世界を救う最強の魔術師に!

出典:https://www.amazon.co.jp

物語の始まりはニューヨークのとある病院。ドクター・スティーブン・ストレンジは神がかった技術を持ち、天才外科医として数々の難儀な手術をこなしてきました。しかしある日交通事故に遭い両手の機能を失ってしまうのです。輝かしいキャリアが一瞬にして散ってしまった彼は、一度は絶望するも、外科医を諦めきれずあらゆる治療法を試します。
彼はどの治療法も効果が出ず途方にくれるも、「手術の成功は極めて難しいから」と治療を断った下半身不随の患者が歩いているという情報を耳にします。そして行き着いたのがネパールのカトマンズにある修行場カマー・タージ。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンに会い、両手の完治を目指して弟子入りをするも、世界の滅亡を目論む闇の魔術師カエシリウスとの戦いに巻き込まれ、世界を救う運命を託されます。
外科医としての再起と、世界を救う魔術師、2つの選択を迫られたドクターストレンジの決断、そして闇の魔術が忍び寄る地球の運命はいかに・・・?\t

「ドクター・ストレンジ」はすご過ぎるVFXにも注目!

出典:https://www.amazon.co.jp

ドクターストレンジの見所の一つでもあるVFX(視覚効果)は、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」などと並び、アカデミー視覚効果賞にノミネート。監督を務めたスコット・デリクソンは、主にVFXを使った低予算ホラーを得意としており、ドクターストレンジの監督オーディションの為に約500万円をつぎ込んでプレゼンをしたそう!
熱とお金をつぎ込んだスコット・デリクソン監督の「ドクターストレンジ」は、アベンジャーズの単独ヒーローの第1作目として最大の世界興行収入を獲得!アカデミー最優秀視覚効果賞は逃してしまうものの、世界的な大ヒットを記録しました。
轟々と街がうねり、常識を超越した魔法が飛び交う、いままでのアベンジャーズ作品にはなかった戦いも要チェックです!

ドクター・ストレンジに演技派キャストが大集結!

スティーヴン・ストレンジ / ベネディクト・カンバーバッチ

今回主演のドクターストレンジ役を務めたのは、イギリスの人気テレビドラマ「シャーロック」をきっかけに有名になったベネディクトカンバーバッチ。「テレビドラマの主演俳優からアベンジャーズの新ヒーローになるなんて!」とはじめは驚きを隠せなかったそうです。
ドクターストレンジは、自他共に認める天才外科医。数々の難儀な手術をこなし輝かしいキャリアを得ますが、欠点は天才が所以の傲慢さ。ある日交通事故に遭い、両手の機能をほとんど失ってしまうのです。天才外科医として再び人生をやり直す為に様々な治療を繰り返すが、どれも無駄に終わってしまいます。
とある噂を聞きネパールのカトマンズにある修行場カマー・タージに辿り着いた彼は、神秘的な魔術を操る指導者エンシェント・ワンに出会うことで大きく人生を変えるきっかけを得ます。修行を積むことで人間的にも成長して行きますが、闇の魔術師カエシリウスとの戦いに巻き込まれてしまいます。

クリスティーン・パーマー / レイチェル・マクアダムス

ドクターストレンジの元恋人同僚のクリスティンパーマーを、「きみに読む物語」アカデミー助演女優賞にノミネートされた「スポットライト 世紀のスクープ」で知られるレイチェル・マクアダムスが演じます。
救急救命士としてドクターストレンジと共に働き、医者としての彼を尊敬し、仕事でもプライベートでも信頼を寄せ合っていた二人。ストレンジの事故後、精神的に荒れていく彼の姿に打ちのめされ距離を置いてしまいます。しかし1年後、思いも寄らぬ形でストレンジと再会し、紆余曲折ありながらも彼を助けることに・・・

ニコデマス・ウエスト / マイケル・スタールバーグ

@comicboizbackupがシェアした投稿

ストレンジの同僚医師であり、怪我を負ったストレンジの手術を担当するニコデマス・ウエストを、コーエン兄弟のコメディ映画「シリアスマン」で主演を務め、ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた実績を持つマイケルスターバーグが務めます。
ドクターストレンジと同僚でありながらも、とてもストレンジの実力には敵わず舐められてしまいますが、重症を負ったストレンジの手術を担当したり、端役でありながらも渋くコミカルなキャラクターで存在感を発揮しています。\t

エンシェント・ワン / ティルダ・スウィントン

出典:http://marvel.disney.co.jp

修行場カマー・タージの主「ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)」の称号を持つエンシェント・ワンをイギリス人女優のティルダスウィントンが演じました。原作コミックのエンシェントワンは、男性でチベット人という設定であるものの、映画版では女性でかつイギリス人女優の起用に賛否の声が多数上がりました。映画版ドクターストレンジでは中性的な顔立ちで違和感は無いようにも感じますが、やはり原作ファンからすると不満の声もあるようです。
エンシェント・ワンは年齢不詳で700歳以上とも言われています。「ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)」を引き継ぐべき人物が現れるまで、自ら禁じている闇の魔術によって何百年も生き続けているのです。しかし闇の次元から力を得ていることをきっかけに、世界を破滅の脅威に晒してしまいます。

カエシリウス / マッツ・ミケルセン

「007 カジノロワイヤル」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」での名演技が記憶に新しい実力派俳優、北欧の至宝マッツ・ミケルセンが闇の魔術を操る本作のヴィラン・カエシリウスを演じます。
カエシリウスは元々エンシェント・ワンの弟子であったが闇の魔術に魅せられてしまい、禁断の魔術書「カリオストロの書」から闇の魔術を体得します。闇の力の根源、暗黒次元(ダーク・ディメンション)にいる悪の化身ドルマムゥに永遠の命を得る為に近づきますが、エンシェント・ワンとストレンジが立ちはだかり、地球の命運がかかった戦いが始まるのです。

モルド / キウェテル・イジョフォー

エンシェントワンの弟子の一人で、修行場カマー・タージでストレンジの兄弟子として一緒に修行を積むキャラクター・モルドを、超演技派俳優キウェテル・イジョフォーが演じます。数々のタイトルを獲得した映画「それでも夜は明ける」で英国アカデミー賞主演男優賞を獲得する実績を持つ彼の深みのある演技に注目です!
エンシェント・ワンの弟子で、ストレンジの世話などもこなす生真面目な修行僧。ストレンジと共にカエシリウスとドルマムゥを倒す為に戦いますが、エンシェント・ワンが闇の魔術を禁じていながらその力を得ていたことに絶望し、さらには「ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)」を得たストレンジをひどく嫉妬します。
原作コミックでは元々ヴィラン役として登場していましたが、映画では監督の意向により、悪に染まる前のモルドが描かれています。

ウォン / ベネディクト・ウォン

サブ中のサブキャラでありながらストレンジの修行をサポートする導師ウォンベネディクト・ウォンが演じます。エンシェント・ワンに忠実で、闇の魔術書などが保管されている図書館の番人のような存在でもあります。常に仏頂面で、誰も笑う姿を見たことがない堅物ですが、最後のシーンで爆笑する姿はとてもチャーミング!
実は「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」の出演が決定しており、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr、ハルク役のマーク・ラファロ、ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチとのオフショットも披露!ドクターストレンジの続編や、アベンジャーズの重要な鍵を握っているのでは・・・?と噂が広まっています。

ネタバレ注意!魔法と因縁が飛び交うストーリー

手を治す為に修行を積むも、戦いに巻き込まれるストレンジ

両手を治す為にあれこれと治療を試すもどれも時間と金の浪費に終わってしまったストレンジ。また歩けるようになるのは不可能だと治療を断った下半身不随の患者が歩いているとの噂を聞き、その彼の元を訪ねます。下半身不随だった男は治療をあっさり断られたことを根に持ち治療法を教えることをためらうも、ストレンジのうまく動かない両手を見て修行場カマー・タージを紹介するのです。

修行場カマー・タージで「ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)」の称号を持つエンシェント・ワンと出会うも、魔術の胡散臭さが信じられないストレンジ。しかしエンシェント・ワンの次元を超越した多元宇宙のイメージを見せられ、ストレンジの内面にある恐怖や不安を晒します。圧倒されたストレンジは弟子入りを懇願し、修行を積むことで魔術を体得していくのです。
はじめは苦戦するも持ち前の好奇心と向上心でめきめきと上達し、魔術書が保管されている図書館で閲覧を禁じられていた「カリオストロの書」に興味を持ちます。時間を戻すことができる魔術師アガモットの眼を使って、カエシリウスが破って持ち去ったページを復元することに成功するのですが、時間を戻すことは自然の摂理に背くことであるとその魔術を禁じられてしまいます。

ストレンジはウォンに連れられて、ニューヨーク、ロンドン、香港にある時空間のゲート「サンクタム」について教えられます。それぞれ3つのサンクタムは魔術師のマスターによって守られているのですが、ちょうどそこにカエシリウスが奇襲を仕掛けてきます
まだうまく魔術を操ることのできないストレンジはカエシリウスとの一騎打ちに絶対絶命、防戦一方で不利な状況ですが、ロンドンのサンクタムに保管されていた浮遊マントがストレンジを守りカエシリウスを捕らえることに成功します。
捕らえられたカエシリウスは、時間を超越する暗黒次元こそ人間が最も幸福を得ることができるものであり、その力を得てエンシェント・ワンは永遠の命を授かっているのだと語るのです。唖然と聞き入っているストレンジは、背後からカエシリウスの部下に刺されてしまいますが、以前務めていた病院に瞬間移動しクリスティーンの緊急手術を受けるのです。

エンシェント・ワンは実は闇の魔術使い

カエシリウスから衝撃の事実を聞いてしまったストレンジは、エンシェント・ワンからロンドンと香港のサンクタムを守るマスターに任命され、不服ながら引き受けます。その際にエンシェント・ワンになぜ暗黒次元から闇の力を得ているのか問いたものの、はぐらかされてしまうのです。
再び攻撃をしかけてきたカエシリウスとの戦いで致命的ダメージを受けたエンシェント・ワンを病院のER室へ連れて行き、ストレンジ自ら手術をしようとしますが両手がうまく動かずどうすることもできません。
死期を悟ったエンシェント・ワンはアストラル体となってストレンジに暗黒次元から闇の力を得ていた理由を語ります。世界を脅威にさらす悪夢から守る為にやってるが救っても状況はよくならず、悪の根源を断つ必要性をストレンジに伝えるのです。エンシェント・ワンの死を目の当たりにし、人類の為に暗黒次元の支配者・ドルマムゥと戦うことを決意します。

暗黒次元に包まれる香港!カエシリウス、ドルマムゥとの最終決戦!

ついに暗黒次元から魔の手が忍び寄り香港のサンクタムが襲われ、それを防ごうとするウォンとカエシリウスの戦いが始まります。一方ストレンジはエンシェント・ワンの秘密を聞き、師を失った悲しみにくれているモルドを説得して共に香港へ向かい決戦に挑むのです。
ストレンジとモルドが到着するころには街はすっかり暗黒次元に飲み込まれてしまい壊滅的状態。そこで奥の手として時間を戻す呪文を唱え、街を元どおりにしていくのです。ストレンジが暗黒次元に到達すると再び時間を戻す呪文を唱え、自分とドルマムゥを永遠に時間が戻るループの中に閉じ込めます
ドルマムゥはストレンジを殺しても殺しても復活する魔法に我慢できなくなり、最終的にカエシリウス達の地球からの永久追放と引き換えに魔法を解くことを取引するのです。戦いが終わってストレンジはサンクタムの守護者になり、魔術師としての新たな運命を全うしようと務めます。
しかし香港で時間を大きく戻すなど、自然の摂理に背いた背徳心からモルドはカマー・タージを去ってしまうのです。

ファン歓喜!小ネタで楽しむドクターストレンジ

マーベル作品の多くにはファンが楽しめる小ネタが仕込まれていて、それを探すのも楽しみ方のひとつ。ドクターストレンジにもマーベルファンなら気づく小ネタが数々登場します。ドクターストレンジが戦った場所のひとつ、ニューヨークのシーンではアイアンマンでおなじみのスタークタワーがちらりと映り込みます!マーベルへのカメオ出演でも有名なスタン・リーもちゃんとドクターストレンジでもさりげなく登場。どのシーンに登場するのか気になる方は本作をチェック!
そして、言われなければ絶対に気づかない小ネタも。最後に登場する暗黒次元の支配者ドルマムゥは、ベネディクト・カンバーバッチの声とモーションキャプチャーで作られているのです!これはカンバーバッチ自らのアイデアで実現した一人二役なんだそう。

原作アメコミ「ドクター・ストレンジ魔法大戦」は見た?

原作と映画版の大きな違い

やはりマーベルコミック原作ファンにとって「ここ、原作と違うじゃん!」と気になってしまう設定や場面もチラホラ。特に大きな相違点はモルドが味方であることと、エンシェントワンの性別も年齢も異なるというこの2点。
映画版のモルドはストレンジの兄弟弟子として共に修行をこなしカエシリウスと対決しますが、コミック版ではモルドの祖父が闇の魔術師であり自身も黒魔術を使うという設定でありました。18歳の時にエンシェントワンの弟子になるためにチベットへ渡り、いつしかエンシェント・ワンの命を狙うようになるのです。

もうひとつの相違点であるエンシェント・ワンの性別と年齢なのですが、上の画像を見ての通り全く異なります。コミック版では男性で年齢は500歳を超える老人として描かれています。映画版でエンシェント・ワンを務めたティルダ・スウィントンは女性であり、チベット人でもないという点で「人種問題である」との声も上がってしまいました。
マーベル側はエンシェント・ワンは受け継がれていく名前であるとし、チベット人ではなくケルト人として扱うことにも特に問題視はしていないようです。違いはあるもののドクターストレンジの世界観は壊されず実写化されているのは、さすがマーベルといったところでしょうか。

週間マガジンではエピソード0が公開!

映画公開を記念して、週刊少年マガジンから「ドクターストレンジ・エピソード0」が公開!マーベル公認の物語で、ストレンジが天才外科医として活躍しながらも傲慢さを発揮している時代が描かれています。エピソード0を描いたのは第70回ちばてつや賞(ヤング部門)で準優秀新人賞を受賞した経歴を持つ春壱さんマーベルの大ファンということもあり、細かに忠実にドクターストレンジの世界が描かれています。

エンドロールの先にある物語、続編にも注目!

アスガルドからソーが登場!

マーベル作品ではおなじみのエンドロールのあとのカットシーン。1つ目は魔術師らしい服装に包まれたストレンジと対話するソーが登場!ストレンジはこの次元と異次元の存在について明かし、その脅威ともなる人物としてソーの兄弟でもありヴィランでもあるロキの名前を挙げるのです。このシーンは2017年11月3日に全米公開予定の「ソー・ラグナロク(原題)」への繋がる物語となります。

「魔術師が多すぎる」モルドがヴィランに…

もうひとつの最後のシーンでは修行場カマー・タージでは兄弟弟子のような関係であったモルドが、ある男から魔術を奪い取ります。その男とはストレンジがカマー・タージを知るきっかけにもなった下半身不随の男でした。なぜそのようなことをするのかとモルドに尋ねると「魔術師が多すぎるから」と答えその場を去っていくのです。
このシーンはドクターストレンジの続編ではモルドが悪役として登場し、ストレンジと戦うことになるのをほのめかしています。モルドは「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」でも登場する可能性も考えられますが、依然として謎に包まれています。

最強の魔術師ドクター・ストレンジに目が離せない!

Doctor Strange will come back ドクター・ストレンジは戻ってくる

最強の魔術師ドクターストレンジの魅力は伝わったでしょうか?おそらくドクターストレンジを映画から見る方は、物語を理解するのに頭がパンクしそうになってしまうかもしれません・・・。映画初登場ということもあり、説明的に描かれるシーンが多くもありましたが、続編ではバリバリに魔法を操り活躍するストレンジが見れそうですね。
ドクターストレンジ続編の前には、2017年11月3日日米同時公開の「ソー・ラグナロク」で登場することが決定しています。ソーとハルクと並んで、ストレンジがどのような活躍を見せるのか、今からとても楽しみです!
ドクター・ストレンジ (吹替版)
(2017-05-03)
売り上げランキング: 5,696

ドクター・ストレンジ:魔法大戦 [Blu-ray]
キングレコード (2017-05-31)
売り上げランキング: 50,635