映画「蒼き鋼のアルペジオ」DC・Cadenzaの魅力&見どころをネタバレ紹介!

ヤングキングアワーズで連載中のSF海洋戦記・蒼き鋼のアルペジオ。アルペジオの劇場版映画「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」。その二つの映画の魅力や見所などを紹介します。

『蒼き鋼のアルペジオ』とは?

「蒼き鋼のアルペジオ」はArk Performance(アーク・パフォーマンス)による漫画で、2009年11月からヤングキングアワーズで連載が開始された作品です。2017年7月現在は単行本14巻まで出ています。キャッチコピーは「少女たちが世界を滅ぼす…」。作中には第二次世界大戦を彷彿させる軍艦が出ています。特に描写が細かい軍艦はミリタリーが好きな人には最高だと思います。
また、ミリタリーのみならず魅力的なたくさんの美少女が登場しているのも特徴の一つです。ヒロインのイオナをはじめ、ツンデレ重巡であるタカオ。イオナに心酔しているヒュウガなど愉快な仲間がたくさんいます。なので、ミリタリーが好きな人はもちろん、そうでない人も魅了している作品の一つになります。
西暦2039年、温暖化の影響により地上での版図を大きく失った人類の前に、突如として世界各地へ霧と共に、第二次世界大戦時の軍艦を模した正体不明の大艦隊が出現。現代の科学力をはるかに超える超兵器と、独自の意思を持ち乗員なくして動く、“霧の艦隊”と名づけられたその勢力により、人類は海上から駆逐された。

出典:https://ja.wikipedia.org

作品の舞台はそれよりも後の西暦2056年。士官候補生の千早群像は、人類の味方についた「霧の艦隊」の潜水艦・イ401に乗り込んで人類の敵である「霧の艦隊」と戦うという話になっています。2013年10月から同年12月までにテレビアニメで放送されました。アニメは「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」というタイトルになっています。作中の人物を含め、動く物体をほぼフル3DCGで製作しており、リアリティのある戦闘シーンなどの再現を可能としました。

ありがとうございます〜。(広告主)@anegasaki: こちらですね!
31日にはありましたよー pic.twitter.com/pYhktFiRG8

— 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ (@arpeggio_TV) 2015年2月4日

劇場版第1作は2015年1月31日に公開された「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」です。キャッチコピーは「出航せよ。この閉塞した世界に風穴を開けるために」です。DCとはディレクターズ・カットの事を示しており、テレビアニメ版の再構成になっています。テレビアニメではなかった、劇場版第二作品目へと続く新規映像として、東洋方面巡航艦隊の生徒会・ヒエイが率いる舞台との戦いの映像が追加されています。

第2作『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』

出典:http://aokihagane.com

同年10月3日には「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」の続編にあたる、劇場版完全新作である「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」が公開されました。キャッチコピーは「霧の風紀は、地球の風紀」「これは、人類への降伏勧告である」です。タイトルのCadenzaはイタリア語の音楽用語で「楽曲の終わり近くの華やかかつ技巧的な独奏部分」という意味があります。アニメオリジナルの終わりにはうってつけなタイトルではないでしょうか。
今作は映画が公開される前である9月に冒頭の20分を放送していました。実際に劇場に足を運んだファンも冒頭は予習から始まると思っていたのですが、なんとオープニングは放送されたものとは異なる展開が繰り広げられました。スタッフのサービス精神の旺盛さに喜んだファンも少なくないとは思います。
「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」の続編にあたるので、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」を先に見てから本作を観る事をおすすめします。中には、アニメ版の「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」は見てるよ!という方もいるかもしれませんが、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」のほうで新規映像が入っています。その新規映像からの続きになっているので、ぜひ「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」を見てから観る事を強くお勧めします。

『蒼き鋼のアルペジオ』映画の評価は……

出典:http://aokihagane.com

「蒼き鋼のアルペジオ」の映画の評判はどうなのでしょうか?

映画『蒼き鋼のアルペジオ』を観ずしてアルペジオを語るべからず!

xxxx