南條愛乃のライブに注目!ツアー情報から最新ライブまで紹介

声優として活躍する傍ら、アーティストとしても精力的に音楽活動を行う南條愛乃。その人物像やライブ・ツアー情報、ライブグッズなどにについてご紹介いたします。

声優兼アーティストとして大活躍!南條愛乃とは?

声優としての南條愛乃

出典:https://www.amazon.co.jp

南條愛乃(なんじょうよしの)さんは、office EN-JIN並びにNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンに所属する声優・アーティストです。
2006年に、PlayStation 2用ゲーム「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」のクルシェ・エレンディア役で声優デビューしました。代表作としては、「探偵オペラ ミルキィホームズ」の明智小衣「ラブライブ!」の絢瀬絵里「戦記絶唱シンフォギア」の月読調 などがあげられます。
幅広い音域での表現に長けており、「D.C.II ~ダ・カーポII~」の月島小恋のような正統派ヒロインから、「クロックワーク・プラネット」の見浦ナオトのような少年役まで演技の幅が広い声優さんです。

アーティストとしての南條愛乃

出典:https://www.amazon.co.jp

アーティストとしてデビューしたのは2009年で、音楽グループ「fripSide」の2代目ボーカルとして抜擢されました。
fripSideはアニメとのタイアップが多く、南條さんがボーカルを務めて1作目となる『only my railgun』はテレビアニメ「とある科学の超電磁砲」のOPテーマです。
また、「とある科学の超電磁砲」のテレビアニメ2期となる「とある科学の超電磁砲S」のOPテーマ曲『sister’s noise』はfripSide初のオリコンチャート1位を獲得しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

南條さんが個人として音楽活動を始めたのは2012年のことで、ファーストミニアルバム「カタルモア」をリリースしメジャーデビューしました。
以降、7枚のシングルに加え4枚のアルバムをリリースし、2016年には初のソロライブツアー「南條愛乃 LIVE TOUR 2016 ”N”」を開催するなど、声優として活動する傍ら音楽活動も精力的にこなしています。

初のソロツアー「南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N”」を振り返る!

「南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N”」では、2016年9月4日の愛知公演を皮切りに、全国5カ所で公演を行いました。南條さん初のソロライブツアーということで、南條さん自身がツアー名を考案したのですが、その思いのたけをご紹介したいと思います。
南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N”。

ついにソロライブがツアーという形で開催されます!

今年の7月13日に「Nのハコ」というアルバムが発売されます。

N=南條で、

“今の南條愛乃はどう見えていますか?

南條愛乃をひとつの入れ物として見たときに、何が入っていそうですか?

何が入っていたら、楽しそうですか?”

そんな問いかけとともに、私がこの東京という土地で出会った縁ある方たちに

南條愛乃をテーマとして歌詞を書いていただきました。

いろんな角度から見られた”南條愛乃”。

そーだろうなあ(笑)というものから、そうなんだ!?というものや、

たしかにそうかも、、、と思えるものまで、

幅広い楽曲で構成されたアルバムに仕上がりそうです。

(あ、もちろん私のことを知らなくてもちゃんと楽しんで聴ける内容ですよ!!!)

そんな様々な楽曲を披露することになる今回のライブツアー。

色々な角度から見られた南條愛乃像を歌う私、南條愛乃って一体本当はなんなんだろう。

そこにある”N”は、知った形のNなんでしょうか、

それとも違った形に見えてくるんでしょうか。

私も知りたい。”N”について。

ツアーが終わる頃には、何かが今と変わっているんでしょうか。

そんな気持ちでつけたこのタイトル。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

                           南條愛乃

出典:http://nbcuni-music.com

演者・アーティストとして、仕事に打ち込む際のしっかりとした想いのある顔と、ラジオ番組などで見せてくれる、飄々としてどこか捉え所がない顔を併せ持つ、南條さんらしいコメントだと思いました。

そんなライブの様子ですが映像化されており、dアニメストアより2016年9月19日にパシフィコ横浜国立大ホールで行われた公演の模様が配信されています。
また、2017年7月12日に発売されるフルアルバム「サントロワ∴」の初回限定盤にダイジェスト映像が特典として収録される予定です。興味のある方は是非チェックしてみてください。

ライブの醍醐味はステージだけじゃない!注目のライブグッズ紹介

さて、ライブといえば生演奏に生歌が楽しめるのが醍醐味ですが、会場限定の物販も見逃せません。定番のものから一風変わったものまで様々なライブグッズがある中、個人的に目を引いたグッズをご紹介したいと思います。

ロゴを大胆に立体化!「南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N” ペンライト」

ペンライトはライブグッズの定番ですが、こちらのグッズはツアーのロゴであるNの文字を大きなキューブ状にしてあしらっています。
その大きさはペンライト本体が長さ95㎜、直径25㎜に対し、キューブ部分は縦114㎜、横103㎜の大ボリュームとなっています。光の色は赤・青・緑など7色に変更できるので、曲に合わせたロゴマークでライブを盛り上げることができます。

水分補給はこれでバッチリ?「南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N” ワンタッチボトル」

こちらはライブグッズとしては少々珍しいサーモボトルです。直飲みタイプで飲み口をワンタッチで開けられるため、ライブ会場のように手狭な場所での使用にも適しています。
保温機能があるので季節を問わずに活用でき、デザインも黒を基調にツアーロゴがあしらわれている落ち着いたものなので、日常生活に取り入れやすい点もポイントが高いです。

今年もこの時期がやってきた!南條愛乃のバースデーライブ開催決定!

南條愛乃 Birthday Acoustic Live 2017ありがとうございました!大変幸せな空間でございました!

Yoshino Nanjoさん(@nanjolno)がシェアした投稿 –

南條さんの誕生日は7月12日で、2014年から毎年7月にバースデーライブが開催されてきました。2017年も7月2日にパシフィコ横浜国立大ホールで「南條愛乃 Birthday Acoustic Live 2017」が開催。テレビアニメ「アトムザ・ビギニング」のEDテーマ『光のはじまり』を含む19曲を歌い上げました。
サプライズゲストに「パンパカパンツ」よりパンパカくん、「南條一間 ~じじいとわたしの60日~」からじじいさん、さらに鷲崎健さんと声優の楠田亜衣奈さんも登場。パンパカくんは『パンパカパンツ 合唱団の登場』を披露するなど、ゲストの皆さんは会場を大いに沸かせました。

33歳になるわたし。そして冬に5周年ライブやりますっ!

Yoshino Nanjoさん(@nanjolno)がシェアした投稿 –

7月現在、すでに「南條愛乃 LIVE TOUR 2017(仮)」と銘打ってライブツアーの開催が発表されており、こちらは9月16日の静岡公演を皮切りに全国6カ所7公演が予定されています。
そんな中、ライブ当日に5周年ライブの開催が発表されました。ツアーの情報とともに5周年ライブの続報にも目が離せません。

2017年はテレビドラマにも登場!南條愛乃のこれからの活躍も見逃せない!

2017年は南條愛乃ファンにとって驚くことがありました。それはテレビドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にて、南條さんが「マイディー」役として出演したことです。
このドラマではゲーム好きの青年、ハンドルネーム「マイディー」こと「稲葉光生(いなばあきお)」が、MMORPG「ファイナルファンタジー XIV(FF XIV)」を通して父に親孝行するという物語が展開します。
同ドラマの大きな特徴は、役者が演じる実写シーンとマイディー達が実際のゲームを用いて進行するシーンがあることです。物語の特性上、稲葉光生とマイディーの声を一致させないという演出がなされており、南條さんがマイディーの声を担当しています。

南條さんはFF XIVの大ファンで、演者として関わる以前からFF XIVのwebラジオ番組でラジオパーソナリティーを務めるほどです。そのwebラジオ「南條愛乃・エオルゼアより愛をこめて」は2017年7月現在も更新されており、大好きなFF XIVに演者として関われることで喜びもひとしおだったと思います。
声優として活躍する傍ら、アーティストとしても精力的に音楽活動に勤しむ南條愛乃。さらに、テレビドラマにも出演し、ラジオパーソナリティーとしての顔も持っています。活動の場をますます広げる彼女の今後の活躍にも目が離せません。