007主演俳優一覧!歴代ジェームズ・ボンドがここに集結!

「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドを演じた歴代の俳優を紹介します。

色あせない傑作「007」シリーズとは!

出典:https://www.amazon.co.jp

007」シリーズは、イギリスの小説家イアン・フレミングのスパイ小説を原作とした映画です。「007」シリーズの第1作目は1962年に公開され、現在に至るまでシリーズは続いています。

「007」シリーズの主人公の名はジェームズ・ボンド。ボンドはイギリス秘密情報部(MI6)の工作員で、「007」は彼のコードネームです。ボンドは、任務中は容疑者を殺害しても罪に問われないという殺人認可証(「殺しのライセンス」)を持っており、MI6の00セクションに所属しています。

00セクションの7番目の番号を振られたエージェント、ということから「007」と呼ばれるようになりました。ちなみに、普通は「ダブル・オー・セブン」と読みますが、「ゼロ・ゼロ・セブン」と読まれることもあります。

歴代ジェームズ・ボンドを集結させてみた!

初代ジェームズ・ボンド「ショーン・コネリー」

出典:https://www.amazon.co.jp

さて、初代ジェームズ・ボンドを演じたのはショーン・コネリーです。彼は1930年8月25日に生まれたスコットランド出身の映画俳優です。「007」の他にも多数の映画に出演しているので、映画の中ではよく見かけられる有名な方ですね。彼を有名にしたのは他ならぬ「007」シリーズです。

ショーン・コネリーが出演したのは、第1作「007 ドクター・ノオ」第2作「007 ロシアより愛をこめて」第3作「007 ゴールドフィンガー」第4作「007 サンダーボール作戦」第5作「007は二度死ぬ」第7作「007 ダイヤモンドは永遠に」。そして、番外編「ネバーセイ・ネバーアゲイン」です。

初代ということもあり、ジェームズ・ボンドといえばショーン・コネリーとおっしゃる方も多いかもしれません。彼のクールな演技に注目です。

2代目ジェームズ・ボンド「ジョージ・レーゼンビー」

出典:https://www.amazon.co.jp

2代目ジェームズ・ボンドを演じたのはジョージ・レーゼンビーです。彼は1939年9月5日に生まれたオーストラリア出身の俳優です。彼は現在に至るまで歴代で最年少のボンドになります。

ジョージ・レーゼンビーが出演したのは、第6作「女王陛下の007」です。彼は「007」シリーズではこの一本にしか出演していませんが、逆に歴代ボンドの中でも存在感があります。

3代目ジェームズ・ボンド「ロジャー・ムーア」

出典:https://www.amazon.co.jp

3代目ジェームズ・ボンドを演じたのはロジャー・ムーアです。彼は1927年10月14日に生まれたイギリス出身の俳優です。彼はショーン・コネリーと同様「007」シリーズに通算7本出演しました。

ロジャー・ムーアが出演したのは、第8作「007 死ぬのは奴らだ」第9作「007 黄金銃を持つ男」第10作「007 私を愛したスパイ」第11作「007 ムーンレイカー」第12作「007 ユア・アイズ・オンリー」第13作「007 オクトパシー」第14作「007 美しき獲物たち」です。

ロジャー・ムーアはDVDのパッケージを見ても一際かっこいいです。「大人の男」の雰囲気があり、どこか女性を魅了する色気があります。こちらの記事もチェック!

4代目ジェームズ・ボンド「ティモシー・ダルトン」

出典:https://www.amazon.co.jp

4代目ジェームズ・ボンドを演じたのはティモシー・ダルトンです。彼は1946年3月21日に生まれたイギリス出身の俳優です。彼の大きな功績の一つとしては、ダイアナ妃「最もリアルなジェームズ・ボンド」と評価されたことでしょう。

ティモシー・ダルトンが出演したのは、第15作「007 リビング・デイライツ」第16作「007 消されたライセンス」です。

「007 リビング・デイライツ」のDVDのパッケージを見ると、非常にクールな印象を受けますね。こちらの記事もチェック!

【007】ベン・ウィショー演じるQが魅力的すぎ!歴代Qからの流れと共に振り返る! | festy(フェスティー)

■007スペクターのベンウィショーが魅力的すぎる!全国累計興行収入5億ドルを達成したこの007スペクター。ジェームズボンドの、ダニエル・クレイグもかなり人気だったが、Q役のベン・ウィショーもかなり人気でした。その訳は今までと違ったタイプのQで、今回はオタクの青年でイメージを大きく変えてきたから!

5代目ジェームズ・ボンド「ピアース・ブロスナン」

出典:https://www.amazon.co.jp

5代目ジェームズ・ボンドを演じたのはピアース・ブロスナンです。彼は1953年5月16日に生まれたアイルランド出身の俳優であり映画プロデューサーです。彼は米誌の歴代ボンド役の人気投票でショーン・コネリーに次ぐ第2位となりました。

ピアース・ブロスナンが出演したのは、第17作「007 ゴールデンアイ」第18作「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」第19作「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」第20作「007 ダイ・アナザー・デイ」です。

ピアース・ブロスナンのアクションシーンは、歴代ボンドの中でも群を抜いています。

こちらの記事もチェック!

6代目ジェームズ・ボンド「ダニエル・クレイグ」

出典:https://www.amazon.co.jp

6代目ジェームズ・ボンドを演じたのはダニエル・クレイグです。彼は1968年3月2日に生まれたイギリス出身の俳優です。最近「007」シリーズをテレビで見た方にはお馴染みのボンドなのではないでしょうか。

ダニエル・クレイグが出演したのは、第21作「007 カジノ・ロワイヤル」第22作「007 慰めの報酬」第23作「007 スカイフォール」第24作「007 スペクター」です。

ダニエル・クレイグは、「007」シリーズで初めて金髪のボンドとなります。当初の批判は多かったですが、後に絶賛されるようになります。

アナタにぴったりの「007」を見つけよう!

出典:https://www.amazon.co.jp

いかがでしたでしょうか。「007」シリーズには歴史があり、多くの俳優が演じています。そのため、作品ごとにジェームズ・ボンドの像が異なります。

数ある「007」シリーズを見れば、きっとあなたの気に入る「007」があるはずです。皆さんも是非見つけてみてください。

007 スペクター (吹替版)
007 スペクター (吹替版)
posted with amazlet at 17.07.13
(2016-02-24)
売り上げランキング: 3,487

カジノ・ロワイヤル (字幕版)
(2014-02-26)
売り上げランキング: 392