【祝第3期!弱ペダ】哲学系?クライマー真波山岳くんをプレイバック!

最強王者箱学の史上初一年レギュラー真波山岳。独特の自転車哲学を持ち天使の羽と共に加速する彼をまとめました。

真波山岳とは

出典:http://kotukotu.boo.jp

学年 箱根学園一年生→二年生
タイプ クライマー
愛車 白のLOOK(アニメではLOCK)
身長 176cm
体重 61kg
誕生日 5月29日
星座 双子座
血液型 AB型

声優は代永翼さん!

出典:https://twitter.com

代永さんがプライベートで乗る自転車もルックです!!

代表的な出演作品

Free! 葉月渚
FAIRY TAIL  ルーファス・ロア
うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ 帝ナギ
D.Gray-man HALLOW ユウ

幼少期から箱学レギュラーになるまで

今では箱学史上初の一年生レギュラーですが、昔から今のようにアクティブな男の子ではなかったようです。

病弱だった幼少期

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com

真波は幼少期から体が弱く、今よりももっと小柄で、病気がちで学校を休んでいました。球技大会も見学です。いつもゲームをしていてこの頃の経験が今の自転車哲学に大きく影響しています。

自転車との出会い

出典:http://blog-imgs-68.fc2.com

いつも家の中にいる真波を心配し、幼馴染でお隣さんの眼鏡っ娘な宮原さん(名前はのちに明かされるそうです)に連れられてサイクリングロードに行った時に、ロードバイクにまたがった時から真波の自転車人生はスタートします。

強豪校箱学へ

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

自転車競技の強豪校、箱根学園へ入学。幼馴染の委員長も一緒です。偏差値が足りてないから絶対無理!!と言われていたのにあっさりと合格してしまいます。元々ビジュアルも愛らしい感じで整っていたので、先輩の美形クライマー東堂からも一目置かれています。

インハイの出場をかけた戦いでは、他校だと即エースクラスと言われている黒田を苦労ひとつせず抜かしています。
真波は風が吹くタイミングを肌で感じる才能に長けており、風と共に加速する姿には羽すら見えると箱学不動のエース福富すら驚かせます。
こうして真波はさらっとレギュラー入りを果たします。

不思議ちゃん真波の自転車哲学

出典:http://matome.naver.jp

真波は箱学の他のメンバーから不思議ちゃんと呼ばれています。常人の感性を逸脱した独特の自転車哲学を持ち走る男なのです。

外に出て空気にふれて雨や寒さを五感を通して感じて道や自然と対峙してあらゆる手段を使ってまえの敵を追い抜こうってもがいて体中の力を使ってギリギリまで追いやって、それってすごく”死”に近いと思うんだ。そういうときに湧きあがるんだよ。自分が本当に生きてるって感情が!

出典:http://漫画名言.net

出典:http://3f.ldblog.jp

あのキモいを連発する御堂筋ですら真波には唯一【キモくない】との評価。現在そう言われているのは真波だけです。

簡単じゃない。何だって。だから全力でやるんだ!!

出典:http://40s-animeigen.com

真波が才能だけでここまで来たわけではないことがよく分かる台詞です。

苦痛を乗り越えて次のステージに行く”力”は自分の中にある!

出典:http://40s-animeigen.com

自転車を生きる理由としている真波だからこそ強く感じることでしょう。

やろうよ 勝負!!

どっちにしたって 先頭に追い付いちゃうでしょって

だったら 戦っとかないともったいないでしょ

出典:http://animemeigen.com

もったいないは真波がよく言う台詞です。命ある限り一人でも多くと戦いたいという気持ちが見えてきます。これも幼少期に感じていた枯渇した思いからきているのでしょう。

出典:http://kab100jp.blog.fc2.com

やはりこれは外せない。

俺、生きてる!!!!

この台詞はこれからも沢山聞くことになるでしょう。生きてください。

なぜか怒れない真波くんの愛嬌

出典:http://blog.livedoor.jp

真波といえば先輩たちが集うミーティングに遅刻。インタビューには来ない。学校も体育するなら坂登って汗かきたい。宿題?今日無理。インハイ当日も遅刻。

文字にするとかなりマイペースなのに何故か誰も怒りません。怒れません。

出典:http://blog.livedoor.jp

真波の魅力の一つに人懐っこさが挙げられます。行き倒れている主人公に飲み物をあげていきなり世間話を始めたり、飲み物を買おうとする荒北に後ろから突進したり。荒北に関してはあの荒っぽい性格を考えるとあんな風に懐いくれる人は真波以外いないでしょう。なので彼が遅刻してもお咎めなしです。

出典:http://matome.naver.jp

そして真波くんはとても素直です。東堂が面白い登りをする奴がいるから総北の合宿、見てこい。と言われるとすぐ飛んでいきます。東堂は巻島のことを言っていたのですが、結局巻島には会えず主人公小野田と再会を果たし、インハイでまた会おうと告げて去ります。

出典:http://twisave.com

一番の被害者?は委員長宮原です。真波が坂を熱心に登っているのも本来は授業の時間・・・・。単位をもらえるよう必死に頼み特別課題をもらうも真波は逃走。

昔はずっと後ろをついてくるだけだった小さな男の子も遠くに行ってしまったようで、寂しい委員長。健気におにぎりを握ってインハイを応援しにいきます。口実はプリントを渡すことです。渡せずじまいでしたが、真波は委員長に気がつき微笑みます。罪深い男です。真波。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

甘え上手な真波。これからも被害者は続出することでしょう。

ツイッターでの反応

まとめ

出典:https://puul.jp

風のごとく登場し爽やかで主人公臭がプンプンな真波。病弱だった過去を乗り越え自転車と出会い強豪箱学でレギュラーとして走ることを最初はそれほど重みも意義も感じていなかった真波を成長させた敗北。インハイでの痛みを胸にさらなる高みを目指す真波を三期も見守りましょう。