ガンダムビルドファイターズシリーズ最強機体ランキングTOP12!秀逸なMSデザインに興奮!

2013年秋に放送を開始し、人気を博した『ガンダムビルドファイターズ』シリーズ! たくさんの機体が出てくるけれど、実際のところどれがすごいのかって? じゃあランキング形式で解説だ!

ガンダム・オールスター出演!? ガンダムビルドファイターズ

『ガンダムビルドファイターズ』シリーズとは

出典:https://www.amazon.co.jp

ガンダムビルドファイターズ』は、『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル=ガンプラを使って頂点を目指す熱いバトルアニメだ。みんなが知ってる有名なMS(モビルスーツ)から、マニアもびっくりなものまで、様々なガンプラが登場して戦うさまは、子供から大人までを残さず熱狂させた。
現在までにシリーズはアニメ2作短編アニメ1作コミック等外伝作品6作プラモデル作例企画1本があり、さらに現在(2017年初夏現在)は短編アニメ『GMの逆襲』と『バトローグ』が企画進行中だ。

ガンダムビルドファイターズシリーズ最強機体ランキングTOP12!

それでは、これから作品に触れるという人のためにも、さっそく登場するガンプラを紹介していこう!どれもカッコいいものばかり。アニメだけではなく、プラモデル趣味への参入の助けになればまた幸いだ。

第12位 ミスサザビー

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ1期のヒロインの一人、アイラ・ユルキアイネンが終盤に作ったガンプラだ。元になったのは、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に出てくるシャア専用MS・MSN-04 サザビーで、太ましいシルエットを大胆にも女性体型にアレンジ。実際のプラモデルもアニメの体型を再現し、サザビーからのパーツの入れ替え方が面白いキットになっている。

第11位 パワードジムカーディガン

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ2期のヒロインの一人、ホシノ・フミナが使うガンプラだ。元になったのは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に出てくる試作型MS・RGM-79 パワードジム。ジム改[ワグテイル]やガンダムNT-1[アレックス]、フルアーマー系MSの特徴が見て取れ、『0083』におけるMS開発事情も考慮したようなデザインは、まさに素晴らしいの一言。

第10位 ガンダムエクシアダークマター

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ1期に登場するガンプラで、操られた3代目メイジン・カワグチが使う凶悪な機体だ。元になったのは『機動戦士ガンダム00 ファーストシーズン』出てくる主人公機・GN-001 ガンダムエクシア
メイジンが世界大会用に作っていたガンダムアメイジングエクシアを黒幕が改造した姿でもあり、その悪魔のようなデザインはまさにボスの風格。2本の大剣を使って主人公を苦しめたぞ。

第9位 すーぱーふみな

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ2期最終話に登場した衝撃のガンプラ(!)で、操るのはサカイ・ミナト。フミナに惚れ込んだミナトが彼女を(勝手に)プラモデル化してしまったというものだ。
ミナトの情熱が詰めに詰め込まれた一品であり、見た目の可愛さやパワードジムカーディガンの特徴を取り入れたデザインは、かの島田フミカネ先生によるもの。さらに戦うと意外と強いというすさまじいガンプラである。

出典:https://www.amazon.co.jp

実際のプラモデルはフミナ部分に難があったものの、現在までに限定品を含めて全4種のすーぱーふみなが発売。さらに1期のヒロインであるコウサカ・チナと2期のヒロインのサザキ・カオルコのプラモデル、そしてフミナの完全新作が予定されるほどの注目シリーズとなっているぞ。

第8位 ザクアメイジング

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ1期の初期ライバルで、主人公たちの先輩、ユウキ・タツヤが使うガンプラだ。元になったのは『機動戦士ガンダムMSV』に出てくるMS-06R-1A 高軌道型ザクII(ツー)。優れた製作技術と実際の兵器を意識した武装やデザイン、そして圧倒的なバトル技術で主人公と激戦を繰り広げた機体だ。

第7位 ガンダムトライオン3

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ2期の世界大会編に登場した、サカイ・ミナトチーム”ビルドバスターズ”のスーパーロボッ・・・ガンプラ。元になったのは『機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)』の主人公機・MSZ-010 ΖΖガンダム。及び、ゲーム『ガンダムトライエイジ』に出てきたΖΖの改造機・ガンダムトライゼータ

ミナトが、主人公チームに所属する自身のライバル、コウサカ・ユウマに勝つために作ったガンプラで、多彩な技と超パワーでユウマと激戦を繰り広げた。
往年の勇者アニメやロボットアニメへのオマージュに溢れており、ガンプラバトルアニメならではの機体となっている。実際のプラモデルも変形・合体を再現しており、面白いキットだ。

第6位 ビルドガンダムMk-II

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ1期の主人公、イオリ・セイが作った2つめの大会用ガンプラ。元になったのは『機動戦士Ζ(ゼータ)ガンダム』に出てくる前期主人公機・RX-178 ガンダムMk-II(マークツー)。Mk-IIの背部に、セイが作ったビルドブースターMk-IIを取り付けたガンプラだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

武装などに『Ζガンダム』に出てくる機体の要素を取り入れることで世界観を合わせ、セイが考えた設定もしっかりそれに準じたものとしている。実際のプラモデルはやや古いHGUC ガンダムMk-IIをベースにしているものの、マッシブな体型をしっかり活かしている名キット。構造もシンプルで、こちらも初心者にオススメできるキットだぞ。

第5位 Ez-SR

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ2期に登場するライバルのチーム”SRSC”の機体の一つで、元になったのは『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の主人公機・RX-79[G]Ez8 ガンダムEz-8(イーズィーエイト)。
共通の素体に異なったパーツを付けることで、イントルーダー、エリミネーター、シャドウファントムの3種類の機体に変化するのが特徴だ。こちらも兵器感のあるデザインを取り入れており、硬派なデザインを好む人にオススメ。

出典:https://www.amazon.co.jp

実際のプラモデルも1つのキットで3つの機体を再現できるようになっており、改造も楽しいものとなっている。一部店舗限定で、3機の特徴全てを取り入れたEz-SR-MAXIMAも発売しているぞ。

第4位 プチッガイ

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ2期に登場した小型ガンプラ。元になったのは『機動戦士ガンダム』に出てくる水陸両用MS・MSM-04 アッガイ・・・なのだが、実はもうちょっと複雑。
というのも、プチッガイのデザインは、
 アッガイ(『機動戦士ガンダム』)
  →ベアッガイ(『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』)
  →ベアッガイII(『ビルドファイターズ』劇中設定)
  →ベアッガイIII(さん)(『ビルドファイターズ』登場ガンプラ』)
  →プチッガイ
と、複雑な過程を経て生まれたものなのである。

出典:https://www.amazon.co.jp

こうして生まれたプチッガイは、なんと初期モデルは発売初日に完売するほどの人気となり、現在も続々とシリーズが発売されるほど。また、プラモデルでありながらもキュートなマスコットのようなデザインは女性ファンの増加につながっているという。非常に作りやすく、値段もリーズナブルでコレクションしやすいプチッガイ。ぜひとも一度作ってもらいたいキットだ。

第3位 ウイングガンダムゼロ炎

出典:https://www.amazon.co.jp

外伝作品『炎トライ』に登場するガンプラで、元になったのは『新機動戦記ガンダムW(ウイング)』の後期主人公機・XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ(テレビ版)。
ウイングゼロの外装を大幅に変更し、名前の通り「炎」を連想させる曲面デザインと赤色を大きく取り入れたデザインになっており、正統派主人公デザインは誰もがカッコいいと感じる、非常にレベルの高いものだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

実際のプラモデルも可動範囲が広い構造と摩耗に強いプラスチックで遊びやすく、また翼が剣になるギミックや変形機構で遊びがいもある。豊富に使われたクリアパーツも、煌びやかで魅力的だぞ。

第2位 ガンダムシュバルツリッター

出典:https://www.amazon.co.jp

ウイングゼロ炎と同じく、外伝作品『A-R』に出てくるガンプラで、アニメ2期に登場したディナイアルガンダムの元になった、カテドラルガンダムの改造機だ。
まず見た目が黒字に金の装飾という、高貴かつ厳粛な雰囲気を漂わせる配色。翼が大剣になり、さらにそれが合体するというもはや反則級のギミック。バイザーマスクをつけた悪者顔もイイ……。

出典:https://www.amazon.co.jp

・・・全身隙間なくカッコいいデザインでまとめられており、とにもかくにも一度は作って遊んでもらいたい一品だ。実際のプラモデルはディナイアルガンダムをベースとしており、広い可動範囲と豊富な手首でポージングもしやすく、動かして遊びたい人にオススメだぞ。

第1位 ビルドストライクガンダム/スタービルドストライクガンダム

出典:https://www.amazon.co.jp

出典:https://www.amazon.co.jp

堂々の1位となったのは、やはりアニメ1期の主人公機であるビルドストライクガンダム、および改装後のスタービルドストライクガンダムだ。
主人公のイオリ・セイが大会用に製作し、もう一人の主人公であるレイジが操縦。ガンダムシリーズ全体でも珍しいダブル主人公を象徴し、また、劇中でスタービルドストライクが生まれるきっかけとなった一言、「ガンプラはどんな自由な発想で作ったっていいんだ」は、視聴者にも小さくないムーブメントを引き起こした。

出典:https://www.amazon.co.jp

元になったのは『機動戦士ガンダムSEED』の前期主人公機・GAT-X105 ストライクガンダム。主人公機であり、基本的な武器がそろっており、装備取り換え遊びがあり、さらによく動くという、まさに番組を代表するにふさわしい入門キットと言えるだろう。

親子で楽しめるガンダムアニメ!

出典:https://www.amazon.co.jp

以上、シリーズから12機のガンプラをご紹介した。だが、ここで紹介したのはごくごく一部であるし、きっと見る人それぞれでランキングは変わるだろう。
『ビルドファイターズ』シリーズは複雑な事情や不幸な出来事もなく、熱いバトルが見られる珍しいガンダムシリーズ作品だ。加えて、プラモデルという新たな世界に踏み込む足がかりになる作品でもある。今までガンダムに踏み込めなかった人たちも、これを機に触れてみてはいかがだろうか? もちろん、昔からガンダムが好きなファンにも、懐かしのネタなどにクスッとくること間違いなしだ。
ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>
バンダイビジュアル (2014-03-26)
売り上げランキング: 21,813