吉高由里子がかわいい本当の理由をファンの俺が語りつくす

自由奔放でちょっとわがままそうな吉高由里子さん、彼女のイメージはネコっぽいと思うのは自分だけでしょうか?最新ドラマの「東京タラレバ娘」は、二桁の高視聴率をキープしてお茶の間を楽しませてくれました。今回は、「東京タラレバ娘」にからめて、吉高由里子のかわいい魅力に迫ってみたいと思います。

いつまでもかわいい吉高由里子

2004年デビューから早13年!かわいい彼女も気づけばアラサーです。でも、かわいさが少しも落ちていませんよね。デビュー当時からずっと、かわいさキープしています。まずは、デビュー当時から吉高由里子のかわいさを振りかええてみましょう。

吉高由里子のかわいさをデビューから振り返る

1988年7月22日生まれのまさにアラサーの彼女、芸能界入りのきっかけは、高校1年生の時に原宿でのスカウト!デビューは2004年の「ナムコ・ゼノサーガII 」のCMです。その後、数本のCMに出演したのち、2005年にオムニバス映画ZOO「SEVEN ROOMS」で映画デビューを果たします。
高校生の頃の吉高由里子もカワイイです!汚れなき乙女なのです。2006年映画「紀子の食卓」で注目を集め、ヨコハマ映画祭新人賞に輝きます!ここからCM、ドラマ、映画に大活躍の吉高由里子のサクセスストーリーが始まるのです。

吉高由里子の代表作映画の1つが、この2008年の映画「蛇とピアス」です。この映画の中で、まさしく体当たり演技のヌード撮影にもチャレンジし、注目を浴びました。日本アカデミー賞新人俳優賞やブルーリボン賞新人賞にも輝き、吉高由里子の名前を有名にした1本でもあります。
ただ、カワイイだけでなく、妖艶な吉高由里子の魅力がでています。吉高由里子の違った魅力が開花した作品です。

2012年に前編、後編の2部作の大作「僕等がいた」こちらも吉高由里子の魅力あふれる代表作の1つです。アニメのイメージがあるため、実写版には賛否両論あるとは思いますが、筆者的には良かったと思います。

#鈴木亮平 #吉高由里子 #土屋太鳳 #花子とアン

太鼓さん(@azarasitaiko)がシェアした投稿 –

数々の映画、ドラマに出演している吉高由里子。他にもたくさんの名作がありますが、吉高由里子を紹介する上で、避けては通れないのが、やはりこの作品、2014年上半期のNHK連続テレビ小説「花子とアン」です。
NHK連続テレビ小説といえば、幅広い年齢層の人に名前を知ってもらえ、有名女優の仲間入りできる、有名女優の登竜門になっています。このドラマで吉高由里子もさらに有名になり、名実共に有名大女優になったことは間違いないでしょう。

本当に多くの映画、ドラマに出演していて、いい作品は数えきれない程あります。でも、筆者的に一番好きな作品がこちらの2008年1月~3月に放送された「あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~」です。このドラマの中の宵町しのぶ役の吉高由里子が大好きです。
筆者が吉高由里子のファンになったのが、この作品なのです。自由奔放でカワイイ!役柄は、吉高由里子にピッタリの役だと思います。ホントにカワイイ!ですよ。

見た目がかわいい吉高由里子

#吉高由里子 #YoshitakaYuriko #YurikoYoshitaka

吉高由里子/Yuriko Yoshitakaさん(@yurikoyoshitaka_fan)がシェアした投稿 –

見てください!このカワイイ笑顔!たまりませんね。癒されます。わがまま言われても、何されても、このカワイイ笑顔を見せられたら何でも許しちゃいますね。吉高由里子の最大の魅力が、このカワイイ笑顔です。
ちょっと自由でわがままそうなところもありますが、このカワイイ笑顔が全てを帳消しにしてくれる……それが吉高由里子の魅力です。そう、ちょっとネコの魅力に近いかもしれませんね。

こんな表情もカワイイ!実にいろいろな表情を見せてくれる吉高由里子。全ての表情が魅力的です。年齢と共に表情って減っていってしまうのが普通だと思いますが、吉高由里子の表情の豊かさは衰えません。そこらへんも彼女の大きな魅力だと思います。

しぐさがかわいい吉高由里子

映画、ドラマもたくさん出演していますが、数々のCMにもでています。吉高由里子の代表作CMの1つが「トリス ハイボール」のシリーズです。福田彩乃のものまねでも有名なこの動き、しぐさは、誇張しているとはいえ、なんか吉高由里子のイメージです。
クネクネしてそうですよね。またそれがカワイイんですよね。

もう1つ吉高由里子のCM代表作!グリコ パナップのCMシリーズ。これも吉高由里子の魅力バクハツのCMです。このカワイイ表情、しぐさを見てみてください!もう、パナップいっぱい買いたくなっちゃいます。それにしても吉高由里子カワイイですね。

声がかわいい吉高由里子

見た目、しぐさと共にカワイイのが、吉高由里子の声です。映画、ドラマでも楽しめますが、CMの方が、より素に近そうで筆者的には好きです。数あるCMの中でも特に、「グリコ パナップ」シリーズとこの「トリス ハイボール」シリーズは大好きです。このカワイイ声を聞いてみてください。

吉高由里子のかわいい魅力バクハツ!「タラレバ」倫子

最終回まであと1時間!吉高さん、榮倉さん、大島さん、三人娘は三人一緒にクランクアップ!この三人のお陰でどれだけの人が幸せになれたことか。キャスト、スタッフ、そしてテレビの前の皆さんもきっとたくさん笑顔と元気をもらえたんじゃないかと思うんです。三人娘に贈る言葉は、ありがとうじゃ足りないです。 #タラレバ #東京タラレバ娘 #東村アキコ #今夜最終回 #10分拡大 #思い出がありすぎて #何を書けばいいのやら #でも三人のキラキラ涙を見たら #何も書かなくても伝わるのかなと #吉高由里子 #榮倉奈々 #大島優子

公式『東京タラレバ娘』さん(@tarareba_ntv)がシェアした投稿 –

そして、記憶に新しいのが、2017年1月~3月に放送されたドラマ「東京タラレバ娘」です。今の吉高由里子のイメージは、「タラレバ」倫子のイメージが強いですよね。山川香(榮倉奈々)、鳥居小雪(大島優子)らと繰りひろげる、楽しくもあり、切なさもあるアラサー「タラレバ」話。
アラサー世代はもちろん、多くの人が楽しめる面白いドラマでした。原作のイメージと違う、合っていると賛否両論ありましたが、終わってみれば、いいキャスティングだったのではないでしょうか?少なくとも、筆者はそう感じました。

「タラレバ」倫子のファッションがいい

「東京タラレバ娘」の中で、吉高由里子演じる鎌田倫子は、脚本家。その「タラレバ」倫子のファッションが良かったですね。もちろん、他の2人のファッションもよかったのですが、やっぱり倫子は光っていましたね。
若すぎず、背伸びしていない、でも個性は主張しているそのファッションセンスは、業界の人のイメージです。普段の吉高由里子のファッションはどうなのでしょうか?

#吉高由里子 #YoshitakaYuriko #YurikoYoshitaka

吉高由里子/Yuriko Yoshitakaさん(@yurikoyoshitaka_fan)がシェアした投稿 –

普段の吉高由里子のファッションセンスも良さそうです。個性を主張しつつ、行きすぎないファッションのような気がします。惚れた弱み、全てが良く見えてしまうのかもしれませんが……いえいえ、やっぱり吉高由里子のファッションセンスは確かです。

吉高由里子は「タラレバ娘」なのか?

「タラレバ」倫子は、常に「あの時ああしたら……」「あの時ああしていれば……」と後悔と妄想の連続なのですが、吉高由里子は、どうなのでしょうか?吉高由里子のイメージからすると、「タラレバ」倫子とはかけ離れている気がしますね。
吉高由里子といえば、天然で、無邪気、自由奔放なイメージです。思ったら行動に移し、いちいち深く考えたり、反省、後悔なんてしていない気がします。ネコのように自由に、気ままに、自分の思い通りに生きている……そんな気がしませんか?

吉高由里子の恋愛はどうなの?

さて、吉高由里子の恋愛はいかがなものでしょうか?ネット上では、大倉忠義(関ジャニ∞)、野田洋次郎、生田斗真、尼川元気(flumpool)、玉木宏などなどの名前があがっていますが、実際のところわかりません。
ただ、自由奔放な吉高由里子のこと、恋多そうな気がします。勝手なイメージですが、熱しやすく冷めやすいという気がするのです。誰とつきあおうと、筆者の気持ちは変わりません。吉高由里子さん、好きです!

吉高由里子はこれからどうなる?

「東京タラレバ娘」を卒業し、吉高由里子はどうなっていくのでしょうか?2017年9月公開の「ユリゴコロ」の主役を演じています。「タラレバ」倫子とは違った、ミステリアスな役柄です。女優吉高由里子は、これからも、いろんな役を演じ、女優として、もっともっと大きくなっていくでしょう。
そして、プライベートでも、思い通りに生き、自由でカワイイ女として変わらず、その魅力を振りまき続けることでしょう。ますます、吉高由里子から目が離せませんね。これからも、一生吉高由里子のファンを続けることを誓います。