未来日記の名言・名シーン30選!未来を変えて生き延びろ!

アニメ・実写ドラマにもなった漫画『未来日記』。壮絶なサバイバルゲーム中にも名言・名シーンは数多くあります!今回は私が印象に残っている名言や名シーンをご紹介します!完全ネタバレ注意!

未来改変バトルロイヤル!未来日記の魅力とは?

個性的なキャラクター達が、神の座を目指してサバイバルゲームを行う未来日記12人の未来日記所有者達の殺し合い心理戦は、休む間もなく繰り広げられます。そんな中でも、恋愛・友情・信頼・裏切りといったドラマがあります。
2006年に連載が開始され、2011年にはアニメも放送されました。漫画の連載から10年以上たっていますが、今もファンは多いでしょう。今回は漫画1~12巻に出てきた名言や名シーンをご紹介します!
なお、私のお気に入りの発言や好きなシーンが多いので「それって名言なの?」っていうのも混じっております!!

未来日記の名言・名シーンをご紹介!

その1「刺せはしないわよ あなたは刺さない。そういう「未来」だもの」(我妻由乃)

【1巻 第1話】
由乃に殺されると勘違いした天野雪輝が、ダーツで由乃を刺そうとしたときに言われた言葉。由乃は雪輝のことを10分刻みで日記につけていたと明かします。この時はまだ由乃が超ヤンデレだとは知る由もなく・・・
エレベーターをこじ開けて登場するこのシーンは末恐ろしかったです。こんな可愛い顔してるのに・・・

その2「大丈夫よ、由乃が守ってあげるもの・・・・・・ね、ユッキー」(我妻由乃)

【1巻 第1話】
これはアニメのインパクトが強すぎます!ちなみにアニメでは「大丈夫、ユッキーは・・・由乃が守ってあげる。ねぇ、ユッキー」です。巷では恍惚のヤンデレポーズと呼ばれてます(笑)怖いけどなんか可愛い・・・
このヤンデレポーズといい表情といい、私が由乃を大好きになったきっかけです。

その3「絶対守るよユッキー 何を犠牲にしても!!!」(我妻由乃)

【1巻 第2話】
9th雨流みねねに追い詰められ、雪輝から「僕を守ってくれ」と頼まれた後の由乃です。この発言でこの後の展開が大体予想がつきますね~
さっきから由乃の発言ばっかりで、由乃の名言集かと勘違いされるかもしれませんが、大丈夫です!このあとも他のキャラクターはでてきますのでご安心を!

その4「傍観者でいいなんて嘘だ」(天野雪輝)

【1巻 第3話】
「僕は傍観者だ」なんて強がっていた雪輝の本音。自分が傷つくのが怖く、友達も作らずに心を閉ざしていましたが、本当は友達と仲良くしたり先生にも褒められたかった。臆病な性格が嫌だと自分でもわかっていたんでしょうね。

その5「ユッキーを殺す者はァァァァ!!!全て死ねばいいんだああ!!!」(我妻由乃)

【1巻 第3話】
結構衝撃的な事言ってますね!学校中に設置された爆弾は、教室から出ると爆発する仕組みになっていました。クラスメイトに裏切られ、雪輝が殺されそうになったのですが、由乃が教室を飛び出し廊下を走り回って爆弾を発動させてしまいます。
雪輝の命のためには、クラスの子が死のうがどうなってもいいという由乃の気持ちが存分に表れていますね!「何を犠牲にしても」の伏線がここで早速回収されてます。

その6「震えはよ、武者震いだと思え!不安は笑顔で塗りつぶせ!」(来栖圭悟)

【1巻 第4話】
4th来須圭悟が雪輝へ言った言葉。臆病だった雪輝は、この言葉で勇気をだして地雷で周りを埋め尽くされた雨流みねねに立ち向かいました。
来栖さん流石。いいこと言いますね!

その7「お休みユッキー・・・」(我妻由乃)

【2巻 第6話】
ぎゃあああ!出ました、衝撃シーン!由乃の家で見ちゃいけないものを見ちゃった雪輝は追いかけられ、逃げ切ったと思っても郵便受けからこんなことされるのですが・・・。恐怖しかありませんね。ヤンデレ由乃怖すぎます!

その8「僕はお姉ちゃんが好きだから殺すんだ。エリート的にっっ!!」(豊穣礼佑)

【3巻 第12話】
3、4歳で可愛い顔しといてこの発言。豊穣礼佑といえば「エリート的に!」が口癖です。我妻由乃VS豊穣礼佑の戦いは熱かったですね!なんだかんだいいキャラしてたので、私が好きなキャラの1人です。

その9「勝てるか勝てないかは僕が決める」(秋瀬或)

【4巻 第16話】
未来日記を所持していない秋瀬或が、雪輝の無差別日記を所持した日向とのコイントスゲームをする際の一言。結構クールで男前な秋瀬或ですが、雪輝のことを「友達というラインを越えて好き」なんてこの後に言うもんですから驚きしかありませんでした。

その10「お前は父ちゃんみたいな「悪い大人」になったらあかんで」(月島狩人)

【4巻 第18話】
父親思いの日向は、父親である月島のために戦いましたが惜しくも叶いませんでした。4th来栖に殺される寸前に日向にかけた言葉。10thの月島ですが、ほとんど日向が日記を使っていたので、登場回数が少なかったですね。

その11「お前は大人の事情を知った。お前がガキでいていい時間はもう終わりだよ」(雨流みねね)

【5巻 第21話】
4th来栖を倒すために新未来同盟を組んだ、雪輝と由乃とみねね。ずっと守られている立場だった雪輝へ、大人であるみねねからの重い一言です。でも、こういう優しい一面を持つみねねのことを好きな人も多いですね。

その12「退いたところで息子の命は助からん」(来栖圭悟)

出典:http://www.future-diary.tv

【5巻 第22話】
余命あと僅かの息子を持つ来栖。妻と子供を人質にとられた来栖は、人質との交換条件として「来栖の自殺」「逃走用の足を用意すること」をみねねに要求されますが拒否。すでに来栖は息子の命を助けるためにこのゲームに勝ち、”神”になることを決意していました。

その13「僕は・・・由乃と・・・星を見に行くんだ・・・っ!」(天野雪輝)

出典:http://www.future-diary.tv

【5巻 第22話】
来栖に雪輝を人質に取られた由乃は、雪輝の命のために自ら手榴弾(閃光弾)のピンを抜き、来栖に立ち向かいます。それを見た雪輝の言葉。由乃への気持ちが確実に変わっていってます。

その14「由乃は僕が幸せにしてやる。あきらめないよ だって・・・僕も由乃が好きだから」(天野雪輝)

【5巻 第23話】
反対に由乃を人質にとられた雪輝は、銃を来栖に構えるも、未来日記には”由乃に当たって死ぬ”と表示されます。しかし、この言葉で未来が変わり来栖に銃が当たって来栖は死亡。由乃を助け出すことに成功します。

その15「俺って輝いてるぜっっ!!!」(高坂王子)

【6巻 第25話】
未来日記の名脇役高坂王子です(笑)由乃にコンクリートを流し込まれ、高坂・秋瀬・まおの3人は追い詰められていました。しかし、高坂がつけていたブログ「高坂KING日記」孫未来日記化日記所有者見習いとなった高坂は、形勢逆転しました!

その16「雪輝、コーチとしてお前の悪い所を一つ教えてやる。自分の弱さにすぐあきらめちまう所だ。抗い続けることで届く奇跡というのもある。テロリストの教訓だ覚えときな」(雨流みねね)

【7巻 第30話】
両親の再婚を望む雪輝は、父親との勝負に勝ったら再婚するという約束をします。負けそうになる雪輝にみねねが言った言葉。テロリストだけど世話焼きなみねねが見せる優しさがやっぱりいいですね!

その17「テメェは単に汚れ役を2ndにかぶせてるだけだろが!」(戦場マルコ)

出典:http://www.future-diary.tv

【7巻 第33話】
由乃にずっと守ってもらっているくせに、非人道的なことには批判をする雪輝に対し、遂に切れたマルコ。そりゃあ命がけで愛を守っているマルコにとって、戦いもせずただわがままな雪輝は腹立たしかったでしょうね。
マルコはまさにごもっともなことを言ってくれました!かっこいい!

その18「マルコが助けに来てくれた。やっぱりマルコは最高だわ。」(美神愛)

【7巻 第33話】
美神愛の未来日記に書かれていた最期の言葉神になり2人で永遠に生きるという計画は失敗してしまいましたが、最後まで愛を見捨てなかったマルコは漢の中の漢です。
この2人の出会いからドラマチックだったので結末がこれで何だか悲しい気持ちになりました。でも感動しましたよ!

その19「私はいつだってユッキーのために死ねるよ」(我妻由乃)

【8巻 第36話】
11thジョン・バックスの手下によって父親を殺されてしまう雪輝。両親を失った雪輝は、本格的に自分がになることを目指します。そのためには由乃も殺さなければならず、由乃に包丁を向けますが、この一言を言われます。
由乃の覚悟が凄いのか、ヤンデレすぎてこんなことが言えるのか・・・本当に雪輝のことが好きなんだなあ由乃は。

その20「俺はお前の味方をする事にした。俺と結婚してくれ雨流!」(西島真澄)

出典:http://www.future-diary.tv

【9巻 第39話】
11thジョン・バックスの未来日記のせいで、みねねは手下に追い詰められてしまいますが警察官の西島に助けられます。そんな時に唐突のプロポーズ!指輪も渡して指にはめてあげるという大胆さ。テロリストと警察官の恋は許されるものなのでしょうか・・・(笑)
しかしこのあとみねねを庇い死んでしまう西島・・・あっという間すぎて衝撃でした。

その21「だから道は私が開けてやる。その先の責任はテメェが取れ・・・っ!」(雨流みねね)

出典:http://www.future-diary.tv

【10巻 第46話】
我妻銀行の大金庫に籠城しているジョン・バックス。自分の心臓が止まったら起爆する爆弾を抱えたみねねは、自爆して二重扉を開けようとします。実際このセリフはもうちょっと長く、
「雪輝・・・忠告しておく、お前のしている事はやっぱりわがままだ。だがな・・・その気持ち私もわからないわけじゃない・・・だから道は私が開けてやる。その先の責任はテメェが取れ・・・っ!」です。かっこいいみねね様!

その22「ああ・・・そうか・・・私も救われたかったんだ━・・・!」(雨流みねね)

【10巻 第46話】
その21で紹介した言葉のあと、自分の携帯を破壊して爆破をしようとしてるときに幼児期のみねねが目の前に現れます。ずっとみねねに付きまとっていた幼児みねねですが、最期のその瞬間に両親と手をつないで「ありがとう」といいます。
テロリストとして強がっていたみねねですが、本音は自分も誰かに助けてほしかったんですね。爆破の瞬間、死んだ西島が寄り添っているのも心にグッときました。

その23「僕が雪輝君を愛する この気持ちは本物だ!」(秋瀬或)

【10巻 第48話】
秋瀬或の正体は、神であるデウス・エクス・マキナによって”作られた存在”だったんですよね。秋瀬が自分の意志で行っていたと思っていた探偵業も雪輝たちを助けたのも、すべてデウスの意思によるものでした。
しかし、この気持ちだけは秋瀬自身が望んだことだと訴えた言葉。いやー、当初秋瀬或が雪輝のことを好きって言ってたのは冗談だと思っていたんですよ。でも本気で愛していたなんてびっくりしました。

その24「滅びゆく者と今を生きる者の差か・・・認めようそれは「お前の意志」だ」(デウス・エクス・マキナ)

出典:http://www.future-diary.tv

【10巻 第48話】
秋瀬或が行っていた事は全てデウスの意志でしていましたが、予知者の予知を可能とする「探偵日記」を手にした秋瀬は、身体が滅びながらも「雪輝たちを助けに行く ここから先は僕の意志だ!」とデウスに主張します。
デウスもこの主張を認め、「行って未来を変えるがいい」と秋瀬に未来を託しました。

その25「狂ってるのは、私とユッキーが結ばれないっ この世界の方だよっっ!!!」(我妻由乃)

【11巻 第54話】
実はこの世界はタイムリープした2週目の世界。由乃は1度ゲームで優勝しており、神になり雪輝を生き返らせようとしました。だが魂は生き返らせることができず、この2週目の世界にやってきた1週目の由乃でした。
1週目由乃は2週目の自分を殺害し、ゲームに参加。しかし自分の思い通りにいかず「雪輝を殺して3週目に行く」という由乃の気持ちに対し、「狂ってるぞ・・・由乃・・・っ!」と言いますが由乃はもう完全に追い詰められています。

その26「でもっ、僕にとって君は大切なただ一人の人なんだ・・・!由乃、僕は君を救う!」(天野雪輝)

【11巻 第54話】
先ほどの由乃の名言のあと、雪輝を崖下に突き落とします。しかし「その先の責任はテメェが取れ」とみねねに言われたのを思い出し、由乃だけは守りたいと雪輝は強く願い、未来を変えました
由乃にとって今の雪輝は捨て駒になってしまいましたが、雪輝はすでにもう由乃を愛してしまってたんですね。駒でもいいから由乃を守りたい!と、初めて雪輝が男を見せてくれたシーンです。

その27「私は依存出来る人間なら誰でも良かった。あなただって守ってくれる人間なら誰でも良かったはずよ。」(我妻由乃)

【12巻 第57話】
由乃は雪輝に別れを告げますが2週目の雪輝を失いたくない由乃。幻覚空間に雪輝を閉じ込めて3週目の雪輝に会いに行くと言います。また由乃がゲームに参加して人を大勢殺し、命を懸けることを責めますが、由乃にこの言葉を告げられます。
でも、雪輝はもう由乃を愛してしまい「由乃じゃないとダメ」と思うようになっていました。でも何故由乃を好きになったのか・・・自問自答します。

その28「由乃 君を救いに来たんだ」(天野雪輝)

【12巻 第59話】
1週目由乃は3週目の由乃と両親を殺害しようとするも、来栖に銃を撃たれます。が、間一髪で雪輝が幻覚空間から出てきた雪輝が1週目由乃を救い出しました。雪輝は、夢の国である幻覚空間より由乃を選んだんですよね。
物語終盤になってきてやっと雪輝は変わったなあと思いました。遅いよ雪輝!

その29「刺せないよ 私は刺さない そういう未来だもの」(我妻由乃)

【12巻 第59話】
雪輝は「僕が死んで君の居場所を作る」と伝え、由乃に自分を殺すよう指示します。しかし由乃は自分の身体にナイフを刺し自殺「馬鹿ねユッキーは。私はここに残るわ、さよなら!」
物語序盤に「刺せはしないわよ あなたは刺さない。そういう「未来」だもの」と由乃が言っていましたよね。最後の最後に同じような言葉だけど全く違う意味のこの言葉。雪輝の行動は由乃の気持ちも動かしました。

その30「星を見に行こう」(天野雪輝)

【12巻 現実第一話:ここより先は未来】
神になった雪輝は、由乃がいない世界は意味がないと一万年もの間閉じこもっていました。でも、3週目の由乃が時空の壁を壊して雪輝に会いに来ます。
1週目の記憶を持った3週目の由乃と、神になった雪輝は3週目の世界で平和に過ごすんでしょうね・・・HAPPY ENDでよかったよかった!

単なるサバイバルゲームじゃない!

出典:http://www.future-diary.tv

以上!名言・名シーン30選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか!?未来日記はただのグロテスクなサスペンス漫画ではないのです!序盤は過激な発言が多かったですが、後半はヒューマンドラマが多めです!
私の独断で選んだ名言集なので、偏りはありましたが・・・主に我妻由乃が多かったですかね(笑)未来日記を読んだこと・見たことがない人は興味を持っていただければ嬉しいです。漫画もアニメもどっちも面白いですよ。ぜひ見てみてください!
未来日記(1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 40,638

「未来日記」 Blu-ray BOX
「未来日記」 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.07.16
角川書店 (2013-11-29)
売り上げランキング: 58,638