指原莉乃はプロデュース力も神レベル!声優アイドル=LOVEって何?\t

AKB48総選挙で前人未踏の3連覇を達成したHKT48/STU48の指原莉乃。最近では両グループでメンバーだけではなく劇場支配人も兼任するなど、そのプロデュース力が評価されています。そして今度は声優アイドルグループ「=LOVE」をプロデュースすることが発表されました。とどまることを知らない指原莉乃のプロデュース快進撃をご紹介いたします。

指原莉乃はアイドルのプロデュース力が神レベル?

女性アイドルグループAKBの元メンバーで、現在はSKE48とSTU48のメンバーである指原莉乃。SKE48とSTU48はメンバーでありながら劇場支配人も兼任し、プロデュース力にも定評がある指原莉乃が、今度は代々木アニメーション学院とのコラボで声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」をプロデュースすることになりました。
そんな指原莉乃のアイドルプロデュース力を紐解く過去のできごとや、新しいグループ「=LOVE」の最新情報まで、お伝えしていきます。

指原莉乃プロデュースの歴史を紐解く!

セルフプロデュースも神?総選挙3連覇!

第9回AKB48「49thシングル選抜総選挙」で、指原莉乃は前人未踏の3連覇を達成しました。しかも前年を上回る得票数での連覇です。これには指原莉乃自身も驚いているようです。
指原莉乃はアイドルとしての活動を超え、頭の良さとコミュニケーション能力の高さを生かして、テレビのエンタメ番組でも大活躍しています。それはセルフプロデュースの賜物ではないかと思います。
可愛さを売りにするアイドルとは一線を画し、ブスキャラを全面に押し出すことで好感度を上げるという方法を取っています。飾らない人柄でひとを惹きつけるということを、自覚を持って実行しているようですね。

HKT48の劇場支配人、そしてSTU48劇場支配人も兼任

指原莉乃のプロデューサーとしての能力は、ここからはじまりました。2013年4月に発表された「HKT48劇場支配人兼任」。つまり、指原莉乃は、HKT48のメンバーとHKT48劇場支配人の両方を務めることになったのです。メンバーと劇場支配人の兼任はグループ史上初でした。
劇場支配人は、公演や劇場の責任者であり、アイドルグループの裏方であり要となる存在です。劇場支配人の動きにより、アイドルグループの人気が左右されてしまうような重要なポストです。
具体的に何をするかというと、劇場の整備やメンテナンスに始まり、センターポジションを動かしたり、劇場公演に急きょ出られなくなったメンバーの代わりに出演する人を探したり、メンバーを教育・指導・指示したりということをします。

さらに2017年2月には、HKT48劇場支配人に加えて、2017年夏の誕生する姉妹グループ「STU48」(瀬戸内が拠点)の劇場支配人に任命されたことが発表されました。これにより、指原莉乃はHKT48メンバー&支配人とSTU48メンバー&支配人を兼任することになりました。
ここまで兼任して重要な劇場支配人のポストを与えられるということは、指原莉乃のプロデュース能力が突出して秀でているということの証ではないでしょうか。「アイドル好き」を公言している彼女だから、ファンの気持ちを汲み取ることができるのかもしれません。

コンサートのセットリスト・演出も担当

指原莉乃は2014年から、HKT48のコンサートのセットリストや演出も担当しています。さらにそのセットリストが「神すぎる!」とファンからも大好評なのです。コンサートの盛り上がりに直結するセットリストを任されるのはすごい事ですよね。
セットリストを組むというのは、単にコンサートで演る曲目の順番を決めるだけではなく、スタッフと綿密な打ち合わせして演出を決めていくということ。そこまでできるメンバーは指原莉乃以外にはなかなかいないでしょう。

HKT48のオーディション選考

出典:https://www.amazon.co.jp

指原莉乃は、HKT48の新しいメンバーを決めるオーディションにも携わっていました。2016年に開催されたHKT48の4期生オーディションでは、関係者によると合格者のほとんどを指原莉乃が決めたと言われています。
さらにその指原莉乃が決めた4期生は、「美人揃い!」「ハイレベルすぎる!」とすこぶる評判が良いんですね。元アイドルオタクの指原莉乃が選んだからこそ、ファンの目線になって魅力的なメンバーを選り分けることができるのではないでしょうか。

代々木アニメーション学院のプロデューサー

2016年7月、アニメ業界のクリエーターや声優を養成する専門学校「代々木アニメーション学院」のあらたなプロデューサーが発表されました。4人の超豪華メンツは、秋元康、小室哲哉、つんく♂、そして指原莉乃です!
この3人と肩を並べていることがまず凄いですが、代々木アニメーション学院はこの4人のプロデューサーと「アニメ」と「エンターテインメント」を融合した新しいコンテンツを生み出したいと発表しています。
学院のプロデューサーに迎えられた指原莉乃は、2017年1月には、指原莉乃の理想とする声優アイドルグループをプロデュースすることが発表されました。そのアイドルが、後述の「=LOVE」です。

プロデューサー指原莉乃の原点とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

指原莉乃がアイドルのプロデューサーとしての手腕を発揮している原点は、「アイドルが好き」という気持ちが誰よりも強いこと。ただ自分がアイドルとしてどうしたいかではなく、ファンの目線になってアイドルを客観視できる能力は大きいと言われています。
指原莉乃プロデュースの声優アイドル「=LOVE」のオーディションが行われていた際、「幼い頃からアイドルが好きで、アイドルのプロデュースは将来の夢として持っていました」と語っています。

今度は声優アイドルをプロデュース

「=LOVE(イコールラブ)」とは?

指原莉乃が代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任し、自らがオーディションしメンバーを厳選した声優アイドル。グループ名は「=LOVE(イコールラブ)」に決まりました。略して「イコラブ」です。アイドルはファンに愛されなければならないし、アイドルという仕事も愛さなければならないから、【アイドル=ラブ】、という意味が込められています。
最終審査に残った103人の中から選ばれたのは、12歳から20歳までの年齢も個性もバラバラの13名。最終審査では歌やダンス、そして質疑応答が行われ、指原莉乃も「本当に激戦だった」と悩みすぎて鼻血をだしたエピソードも紹介されました。

「=LOVE(イコールラブ)」の合格メンバーは?

・ヤマモトアンナ(19歳)

・サタケノンノ(18歳)

・モロハシサナ(20歳)

・チョウナンマイ(19歳)

・サイトイウキアラ(12歳)

・ノグチイオリ(16歳)

・オオバハナ(17歳)

・オトシマリサ(18歳)

・タキワキショウコ(15歳)

・オオタニエミリ(18歳)

・サイトウナギサ(13歳)

・タカマツヒトミ(16歳)

・ササキマイカ(17歳)

出典:https://mdpr.jp

2017年4月に発表された「=LOVE」のメンバー13人の名前と年齢は上記のとおりです。12歳から20歳まで、結構年齢に幅がある印象です。いろんなタイプのメンバーがいることで、幅広いファンを獲得したい指原莉乃の戦略かも知れませんね。
すでに「指原プロデュースの声優アイドル全員可愛すぎる」「神ルックス」「指原プロデュースすごい」とネット上では大きな話題を呼んでいます。指原莉乃の神プロデュース力が世間に認知され始めていますね!

そして2017年6月には、「=LOVE」のメンバーたちが好きなタイミングで動画ストリーミングサイト「SHOWROOM」でライブ配信を行っていくことが発表されました。現在すでに配信が始まっています!
視聴者もコメントやギフトで番組に参加でき、コミュニケーションをとれるのは嬉しいですね。本格デビューの前に「SHOWROOM」を見て、あなたの推しメン探してみませんか?

指原莉乃はアイドルを超えた?

出典:https://www.amazon.co.jp

指原莉乃は、いつかは自身がプロデュースした「=LOVE」をAKB48を超えるようなグループにしたいと話しています。セルフプロデュースもふくめ、数々のアイドルプロデュース力を発揮してきた指原莉乃。そしてその能力が全部詰まった「=LOVE」の今後の活躍が楽しみですね。
もともとプロデュースをしたいと思っていたと言っていた指原莉乃なので、イコラブ以降も次々とアイドルプロデュースをしていくのではないでしょうか?48グループでの新しいグループ立ち上げなんていうこともあるかも?今後も神プロデューサー指原莉乃に注目です!