【シティーハンター 冴羽獠】裏世界最強のスイーパーの魅力を徹底紹介!

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた、北条司原作の「シティーハンター」主人公・冴羽獠は、裏世界最強のスイーパー。相棒の槇村香や、ライバルの海坊主、刑事の冴子などの仲間と協力をして、依頼人を守ります。仕事の時には2枚目、日常では女好きの3枚目の顔を持つ冴羽獠の魅力を徹底紹介。

シティーハンターの主役・冴羽獠とは?

シティーハンターは集英社「週刊少年ジャンプ」で1985年から1991年の6年間連載されていた連載少年漫画です。美人姉妹3人が主人公の「キャッツ・アイ」や、シティーハンターのパラレルワールドといわれている「エンジェル・ハート」など、ハードボイルドを得意とする漫画家・北条司原作。
アニメ版シティーハンターは、1987年から1988年3月まで「シティーハンター」。1988年4月から1989年7月まで「シティーハンター2」。1989年10月から1990年1月まで「シティーハンター3」、1991年4月から10月まで「シティーハンター91」を放送しました。
映画は1990年8月には「シティーハンター ベイシティウォーズ」と「シティーハンター 百万ドルの陰謀」を上映しました。スペシャルでは1996年「シティーハンター ザ・シークレット・サービス」、1997年「シティーハンター グッド・バイ・マイ・スィート・ハート」、「シティーハンター 緊急生中継!?凶悪犯冴羽獠の最期」とシリーズを放送しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

東京都新宿区でボディーガードなどをしている探偵で主人公・冴羽獠は、駅の掲示板に「XYZ」という暗号と連絡先を記入することで連絡が取れます。冴羽獠の依頼人は基本的に美女ばかりですが、冴羽獠の「心が震えた時」には年齢性別問いません。
獠の表の顔は探偵、裏社会でも「シティーハンター」という名を持ち、実力ナンバーワンといわれているほどのスイーパーです。週刊少年ジャンプが過去に発表した冴羽獠の身長は187cm、体重56kgとデータを見ると背が高く細い体型です。

シティーハンターで冴羽獠を演じる声優はあの人

当初は『キャッツ・アイ』で内海俊夫を演じた安原義人が予定されており、99%安原に決まっていたというが、安原が出演していた刑事ドラマ『ジャングル』のスケジュールの関係で神谷に話が行ったのだという[1]。また、冴羽役のオーディションには古川登志夫も参加しており、最終選考まで残った古川は、関係者から「(古川で)決まりでしょう」とまで言われていたが、開始した放送を見たら神谷明が演じていた

出典:https://ja.wikipedia.org

シティーハンターの主人公・冴羽獠の声優は「神谷明」さん。冴羽獠をする前には「キン肉マン」の主人公・キン肉スグル役、「北斗の拳」の主人公・ケンシロウ役をしていた週刊少年ジャンプアニメの常連ともいえる神谷明さん。
オーディション当初は、候補に挙がっていませんでしたが、冴羽獠と縁があり神谷明さんに決定します。神谷明さんの代表するキャラクターの一人となりました。神谷明さんの個人事務所は「冴羽商事」。
漫画原作者の北条司さんにも個人事務所を設立する際に、使用許可をいただいたそうですが、始めは神谷明さんの冗談だと思ったとか。冴羽獠の探偵事務所の名前が付けられていることからも、神谷さんのシティーハンター・冴羽獠に対する愛情が強いことがうかがえます。

シティーハンター冴羽獠の愛銃に注目!

シティーハンター冴羽獠の裏の顔スイーパーで銃を得意としています。愛銃はコルト・パイソン357(4インチ)でアニメ版のシティーハンターでは、トレードマークのブルーのジャケット左側のショルダーホルスターに忍ばせています。
敵の弾丸にコルト・パイソンの弾丸を当てたりして、依頼人を危険から守ることができます。物陰に隠れている敵を気配だけで何人も打ち続けることができたりと、ゲリラ部隊という戦闘の最前線での経験があるからこその技術があります。
超一流のスイーパーとしての名声は高く、時には敵からも銃の腕を欲しがられることもあります。視聴者から観ても「悪い」というイメージの強い敵には一切なびきません。相棒の槇村香や海坊主などの仲間たち、美女の依頼人、どこか憎めない人物、美女の敵などには冴羽獠流の方法で銃の技術を使用します。また、アニメ版シティーハンターシリーズのオープニングエンディングなどでは、コルト・パイソンが映るシーンがあり、冴羽獠のイメージとして確立している銃になっています。
1 / 3

今日のおすすめ記事