【007 スペクター】あらすじ&ネタバレ紹介!ボンドが最凶の敵と対峙!\t

007シリーズの最新作、スペクターはもうチェックしましたか?今作はファンであれば絶対に見逃せない仕上がりになっている必見の作品と言えるでしょう。

007スペクターはもうチェックした?

「007 スペクター」はもうご覧になりましたか?同作は映画007シリーズとしては実に24作目にあたります。ちなみにダニエルクレイグ演じるジェームズボンドに変わってからは4作目になります。監督はサムメンデスが担当しています。

2015年10月26日にロンドンでプレミア公開され、11月にはアメリカやイタリアなどで公開されました。日本では同年の12月に公開されています。現在は007シリーズの最新作となっています。興行収入は日本国内のみで29億6千万円となっており、世界では8億8千万ドル(900億円以上)となっています。

007シリーズのファンでまだ同作をチェックしていないという方は是非チェックしておくべき一本となっています。

007スペクターのキャストを紹介!

今回もいつもの顔ぶれから当たらな新風を取り入れてくれそうな新メンバーが何名か追加されています。一人ずつチェックしていきましょう。まずは、主人公のダニエルクレイグ演じるジェームズボンドです。今作で主人公を演じる俳優が変わってから実に4作目となり、昔からシリーズのファンという方も慣れてきたのではないでしょうか?

また、今作の悪役のフランツオーベルハウザーことエルンストスタヴロブロフェルドを演じるのはクリストフヴァルツです。謎の巨大組織スペクターを束ねるボスとして登場します。きになる今作でのボンドガールはレアセドゥ演じるマドレーヌスワンとなっています。

また、MI6所属でボンドの直属の上司であるMレイフファインズが演じています。今作ではM自身が戦闘に参加するシーンが終盤にあるので見どころの一つとなっています。こちらの記事もオススメ!

【007】ベン・ウィショー演じるQが魅力的すぎ!歴代Qからの流れと共に振り返る! | festy(フェスティー)

■007スペクターのベンウィショーが魅力的すぎる!全国累計興行収入5億ドルを達成したこの007スペクター。ジェームズボンドの、ダニエル・クレイグもかなり人気だったが、Q役のベン・ウィショーもかなり人気でした。その訳は今までと違ったタイプのQで、今回はオタクの青年でイメージを大きく変えてきたから!

007スペクターのあらすじ&ネタバレ!

メキシコシティで開催されている「死者の日」でジェームズボンドはスキアラという男に窓越しに発砲します。しかし、スキアラに逃げられてしまったボンドはスキアラを追い詰め、彼のてから紋章の刻まれた指輪を奪います。

ボンドはスキアラの未亡人であるルチアに接触し、秘密組織の処刑人から守り抜き、組織の秘密会議が開かれる場所を聞き出します。会場に潜入したボンドは組織のボスがオーベルハウザーという男という情報を得ますが、存在がばれ、逃走します。

ボンドはさらに組織は世界規模で暗躍する巨大犯罪シンジケートであることを聞き出します。一方ロンドンではMI6がMI5に吸収されそうになっており、ボンドは追跡を断念せざるを得なくなりました。

Mr.ホワイトという人物を追うボンドですが、彼はモロッコにあるアメリカンという名前のホテルを捜索し、壁に隠された秘密の部屋を発見します。そこでボンドとマドレーヌはホワイトがオーベルハウザーを追跡していたことをしります。そして彼の拠点が北アフリカの砂漠の真ん中であることも知り得ます。

砂漠の駅で列車を降りた二人は基地へ向かいますが、途中で昏睡させられてしまい、気づくと拷問台に拘束されていました。ボンドは窮地をすれすれのところで脱し、逃げ出します。ロンドンに戻ったボンドは再びナインアイズを阻止するために動き始めます。

最終的にボンドはブロフェルドに銃口を突きつけるに至りますが、殺さずマドレーヌの元に向かい、後にMによって身柄が確保されました。

ジェームズボンド愛用の時計、オメガに注目!

今作でジェームズボンドが愛用している時計はオメガのシーマスターというモデルです。同モデルは過去のアーカイブの解釈をしながらも現在のボンドの引き立て役となりました。特に注目したいのが、今作ではシリーズを通して初めてボンドが着用したモデルと同じ時計が実際にオメガから発売されました

今回のシーマスターが過去作と異なるのは、シーマスターがボンドに見入る観客のハートを昇華させ、あたかも懐疑的にボンドになった錯覚すら覚えるような表裏一体化したパートナーを手にれたという体感を作り出しました。

同作のPVを見てみると、ボンドが時計を受け取った時に「機能は?」と聞き、「時間がわかる」というふうな会話があるように今作ではとくにボンドの時計にフューチャリングした仕上がりとなっています。

007スペクターはもちろん車にもこだわった作品

今作、スペクターには複数台の車がフューチャリングされています。今回もボンドカーとして有名なアストンマーティンはもちろん仲間入りしています。アストンマーティンからはDB10というモデルが登場しています。このモデルは映画撮影用に製作された特別なモデルとなっていて全部で10台しか製造されませんでした。

そのうちの大半は映画の撮影用にスタッフによって改造されたため、完全な形で残っていたのは2台のみといいます。さらにそのうちの1台はオークションで約4億円の値がついたというからすごいですよね。

他にも今作にはジャガー・ランドローバーから「ジャガーC-X75」「レンジローバー・スポーツSVR」「ディフェンダー・ビッグフット」の3台が登場しています。これらもアストンマーティンの一台に引けを取らないモデルなので必見です。

主題歌も見逃せない仕上がりに!

「007 スペクター」の気になる主題歌はサム・スミスが担当しています。「Stay with me 」が大ヒットしたことで一躍世界中で名が知れ渡るようになった彼ですが、今作の主題歌のタイトルは「Writing’s On The Wall」となっています。

ですが、この曲、ただの主題歌と侮ってはいけません。シングルとして007シリーズ主題歌史上初の全英シングルチャート1位を獲得し、さらには第73回ゴールデングローブ賞及び第88回アカデミー賞歌曲賞を受賞するなど曲単体で見ても相当な知名度を誇る一曲なんです。

007スペクターはシリーズ史に残るヒット作品

007スペクターはジェームズボンドシリーズ最新作であり、かつシリーズ史に残る大ヒット作でもあります。作中に登場する多数のボンドカーやボンドウォッチなどの定番のボンドアイテムと呼ばれる男のための小道具に注目して見てみるとさらに映画を楽しめるかもしれませんね。

現在は劇場での上映は終了してしまっているので、みたい方はDVDをレンタルしてぜひチェックして見てください。こちらの記事もオススメ!

【007 スカイフォール】あらすじ&ネタバレ紹介!ボンドがついに死亡!?\t | festy(フェスティー)

■007スカイフォールはもうチェックしましたか?同作は007シリーズのファンであれば必見の映画に仕上がっています。

007 スペクター [Blu-ray]
007 スペクター [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.07.15
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-12-21)
売り上げランキング: 525

Enter your text …