【ソーシャル ネットワーク】あらすじ&ネタバレ紹介!この人間ドラマは実話?

世界最大のSNS、Facebookの創立者マーク・ザッカーバーグのサイト立ち上げと発展を描いた2010年のアメリカ映画、ソーシャルネットワーク。ザッカーバーグ氏の頭の回転の速さを表すように、冒頭からテンポ良く進む本作は一見では若干わかりづらい部分もあるかと思います。そんな、本作のあらすじと表現された人間ドラマがどの程度実際の出来事に即して作られた映画なのかを紹介します。

デヴィッド・フィンチャー監督作品 ソーシャル・ネットワークとは?

オーソン・ウェルズに挑戦した勇気ある映画

「ソーシャル・ネットワーク」は、現在非常に高い人気を誇るデヴィッド・フィンチャー監督による2010年公開の作品です。「Facebook」(フェイスブック)の創立者マーク・ザッカーバーグ氏のサイト立ち上げと発展、そして訴訟までを描いた作品です。
青年実業家のサクセスストーリーでもあり、マークの心情を描いた人間ドラマでもあります。デヴィッド・フィンチャー監督はこの作品でオーソン・ウェルズの「市民ケーン」に挑戦したと述べています。
テンポ良く進むストーリとその中に含まれるキャラクターの感情、デヴィッド・フィンチャー監督が何を撮りたかったのかを紹介します。

映画 ソーシャルネット・ワークを知る① あらすじ紹介

あらすじ

ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは、恋人のエリカに「あなたがモテないのは、オタクだからじゃなくて、性格が最低だから」と言われ、フラれてしまいます。そこで、意気消沈してしまったマークは腹いせに学校の女子生徒を格付けするサイトを制作します。
このサイトは2時間で22,000アクセスに達しますが、学校からは半年間の保護観察処分を受け、女子学生からは嫌われてしまいました。マークのプログラミングの才能に目を付けた、ボート部のエリート学生であるウィンクルボス兄弟とその友人は、ハーバード大学の学生専用のコミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作を依頼します。

「The Facebook」は学内で大きな話題を呼び、人気のサイトとして成功しました。マークはサイトをさらに大きくしようと他大学へも開放していきます。Napster(ナップスター)の設立者、ショーン・パーカーは「The Facebook」目を付け、マークとCFOのエドゥアルド・サベリンにコンタクトを取り、西海岸で落ち合います。
ショーンの熱弁にマークは魅了されますが、エドゥアルドは懐疑的な印象を持ちます。ショーンの意見により、「The Facebook」は「The」を取り「Facebook」へと名前を新たにします。「Facebook」は拠点をカリフォルニアに移し、サイトをさらに発展させていきます。

エドゥアルドはニューヨークでスポンサー探しをしていましたが、カリフォルニアに戻ってくると、マークはスタッフを増やし、サーバーを増設、ショーンは新たな投資会社との契約を成立させている等、自分の知らない場所で事業が大きく広がっていました。
そのことで、怒ったエドゥアルドは、会社の口座を凍結させてしまいます。この事件により、エドゥアルドとマークの仲に亀裂が入ってしまいます。
当初、エドゥアルドの株保有率は30%ほどあり、マークの次に高い地位を持っていましたが、マークは新規株発券を行い、エドゥアルドの株保有率を0.03%まで下げ、CFOからも降ろしてしまいます。罠にはめられたエドゥアルドは、マークを提訴します。同じ時に、「Facebook」の巨大化を知ったウィンクルボス兄弟も提訴を決意し、マークは2つの訴訟を抱えてしまします。

映画 ソーシャルネット・ワークを知る② メインキャストは?

マーク・ザッカーバーグ – ジェシー・アイゼンバーグ

Facebookの創立者マーク・ザッカーバーグを演じるのは、現在では「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「グランドイリュージョン」シリーズなどの大作にも出演するジェシー・アイゼンバーグです。ソーシャル・ネットワーク以前は「イカとクジラ」「ゾンビランド」等、若干マイナー寄りの作品に出演していましたが、ソーシャル・ネットワークでの第83回アカデミー賞・主演男優賞にノミネートは彼のキャリアの発展の大きなポイントであったと思います。

エドゥアルド・サベリン – アンドリュー・ガーフィールド

マークの友人でCFOを務めるエドゥアルド・サベリンを演じるのは、人気俳優アンドリュー・ガーフィールドです。ソーシャルネットワーク以降、「アメイジングスパイダーマン」でピーター・パーカー役に抜擢され、最近ではマーティン・スコセッシ監督の「沈黙 -サイレンス-」やメル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」に出演しております。話題作に続けて出演しており、今とても流れに乗っている俳優の一人です。

ショーン・パーカー – ジャスティン・ティンバーレイク\t

Napsterの設立者でマークに強い影響を与えるショーン・パーカーを演じるのは、ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイクです。1995年にイン・シンクで名を上げ、2002年にソロデビュー。2013年にリリースしたアルバム『20/20エクスペリエンス』はBillboard 200チャートで初登場1位を記録しました。俳優業では、『TIME/タイム』で主演に抜擢され、その他「ランナーランナー」など様々な作品に精力的に出演しています。

エリカ・オルブライト – ルーニー・マーラ

マークを振った元恋人役のエリカを演じるのは、今では話題作に沢山出演しているルーニー・マーラです。「ソーシャルネットワーク」以前はあまり注目されていなかった女優で本作でも登場時間はあまり長くはありません。しかし、デヴィッド・フィンチャー監督の次回作「ドラゴン・タトゥーの女」で主役に大抜擢され、パンク的なヴィジュアルの天才ハッカー役を演じ、世間的にも有名になりました。「her/世界でひとつの彼女」「キャロル」など話題作に出演しています。

映画 ソーシャルネット・ワークを知る③ 映画の内容は実話なの?

どこまでが実話?

本作は、デヴィッド・フィンチャー監督によるマーク・ザッカーバーグ氏を題材としたフィクションだと考えられます。本作を観たザッカーバーグ氏は以下のように述べています。
基本的な部分で間違っているところが多い。例えば、Facebookを作った理由が”女の子にモテたいから”ってなってたけど、僕と彼女はFacebookを作る前から付き合っているし、別れたこともないんだよ。だから”恋人がいない”っていうのはウソだよね。

出典:http://d.hatena.ne.jp

本作で、一番重要な点の「Facebook」設立の動機がフィクションだったのです。デヴィッド・フィンチャー監督はFacebookの設立やマーク・ザッカーバーグ氏についてはあまり興味がなく、「市民ケーン」の新聞王という題材に対抗出来る題材としてマーク・ザッカーバーグ氏の「Facebook」を使用しただけなのではないでしょうか。

デヴィッド・フィンチャー監督は、本作を「市民ケーン」に挑戦した作品であると述べています。「市民ケーン」とはオーソン・ウェルズ監督の1941年公開の映画で、現在に至るまでの世界映画史上のベストワンとして高く評価されている名作中の名作です。「市民ケーン」は新聞王ケーンの成功と孤独を描いた映画です。
「ソーシャルネットワーク」も同じく富も地位も全てを手に入れる事は出来ましたが、愛だけは手に入れる事は出来なかったという物語を描いています。デヴィッド・フィンチャー監督はマーク・ザッカーバーグ氏の人生を正確に描く事には興味がなく、ただそれを題材として使い、「市民ケーン」のような人間ドラマを作りたかったのだと思います。
それにより、実際のザッカーバーグ氏とは異なる形でザッカーバーグ氏を描く事になりました。本作でマークが「Facebook」を立ち上げる目的を女の子にモテたいからという理由に変更したのは、人の愛を欲しているケーン氏ような人物を描く為に必要な事でした。

また、本作でのマークはアスペルガー症候群のような人物として描かれています。エドゥアルドや他人の気持ちを理解する事が出来ず、エリカの気持ちも理解する事が出来ませんでした。
マークの行動はパソコンのプログラム上では大きな成功を見せましたが、実際の人間関係は上手く構築する事が出来ませんでした。実際のザッカーバーグ氏はこのようなアスペルアー的な症状はないそうです。この設定も「市民ケーン」に挑戦する為に必要な設定だったのだと思います。

映画 ソーシャルネット・ワークを知る④ ネタバレ紹介!結末はどうなった?

せつない結末

マークは、エドゥアルドウィンクルボス兄弟からの二つの訴訟に悩ませられる中、「Facebook」の存続を守ろうとします。女性弁護士に「あなたにとってはスピード違反の金額と変わらない」と言われ示談で解決する事を決意します。訴訟が終わってもマークの心は晴れません。調停中に弁護士から、「あなたは嫌な人ではない。嫌な人に見せようとしているけ。でも、このことは陪審員に伝わるかどうかは分からないわ」と言われた言葉からマークは元恋人のエリカを思い出します。
マークはデスクに向かい、一人PCの前で「Facebook」にてエリカに友達申請を行います。マークは申請されるのを待ち、一人ブラウザの更新ボタンを押し続けます。ここで映画はエンドロールに向かいます。実際にエリカから友達申請の許可をもらえたかは、観客の創造に委ねられる形になります。富も地位も手に入れたマークでしたが、愛だけは手に入れられないという、せつない結末でした。
このラストはデヴィッド・フィンチャー監督の思惑通り、市民ケーンと通じる部分があります。気になった方は、是非「ソーシャル・ネットワーク」と一緒に「市民ケーン」もご覧になられる事をお勧めします。