【バキ】花山薫こそ誰もが憧れる真の漢である5つの理由

刃牙シリーズに毎回登場している花山薫とはどんな人物なのでしょうか?同性に愛される花山薫の魅力について、たくさん紹介していきます。

シリーズ屈指の人気キャラ!花山薫とは?

刃牙シリーズにも常に出続けている主要な存在でもあるのが花山薫です。15歳にして五代目藤木組系暴力団花山組二代目組長で、常に最前線で戦います。

闘いには決して武器は使用することなく己の拳だけで戦う素手喧嘩(ステゴロ)をポリシーにしています。背中には「侠客立ち」と言われる刺青が掘られていて、傷のない「侠客立ち」は「侠客立ち」ではないと言い放ち、自ら単身で対抗組織に乗り込んで、壊滅させるとその際の戦いで刀傷が付いていました。

普段は白いスーツを着用し、眼鏡をかけています。格闘家のように鍛えることは一切しないで、生まれ持った力のみで戦い続けています。

花山薫の魅力その1 花山薫、驚異の身体能力(スペック)

花山薫は、19歳で身長190.5㎝、体重166kgと巨漢なのですが、その身体能力は高く一流アスリートと比べても遜色ないものを持っています。そんな身体能力でも一番の武器が握力です。握撃と呼ばれる技になるぐらいの握力の持ち主で握力計で計ることはできません

どのように凄い握力を持っているのかを分かりやすく表現してあるのが、トランプ千切りです。なんと、重ねたトランプを一部だけ千切ってしまうのです。これは刃牙シリーズに出ている登場人物で花山しかできない技で握力だけなら一番です。

花山薫の魅力その2 花山薫のモデルとなった人物は?

花山薫にはモデルになっている人物がいます。それは、実在したヤクザの花形敬です。白いスーツや傷だらけの顔、髪型、眼鏡などほとんど同じになっています。花形敬は、安藤組大幹部で前科7犯、22回の逮捕歴を持っています。実際に喧嘩が強かったのがどうかでは、評価が分かれ、それほど強いというイメージはないようです。

それでも喧嘩に一切の武器を使用しないスタイルは花山薫と一緒です。

今日のおすすめ記事