【ターミネーター3】あらすじ&ネタバレ紹介!最強の敵を前に人類の未来は…

ターミネーター2の続編として2003年に公開されたSF映画の『ターミネーター3』。ターミネーターファンからは内容に対して賛否両論あるけど、実際の物語の内容は?誰が登場していた?など、今更ながらご紹介します!

【ネタバレ注意】ターミネーター3のあらすじをご紹介!

『T2』でT-1000を滅ぼしてから10年がたち、スカイネットによる審判の日は来ず、世界は平和になったと思われました。サラ・コナーを白血病で亡くし、大人になったジョン・コナーは平凡な日々を過ごしています。
しかしジョンは未だに不安な気持ちでいて、時折ターミネーターの夢も見ています。そんな時、またしても未来から新たに2体のターミネーターがやってきました。T-850T-Xです。
T-XはT-1000よりはるかに最新機能の最強ロボットで、ジョンを含む人類抵抗軍に加わる人物の抹殺T-850ジョンを守るために送り込まれてきました。そう、審判の日は回避不可能だったのでした。

ジョンと幼馴染のケイトを襲うT-X。T-850は2人を救い行動を共にし、次々に襲い掛かってくるT-Xと戦いました。そして、審判の日はまさに今日ケイトの父親がスカイネット誕生の重要人物であることを知ります。
しかしT-Xによりケイトの父親は殺害。T-XとT-850は死闘を繰り広げ、2体はT-850の水素電池によって共に爆発し消滅します。T-850の本当の目的は審判の日にジョンとケイトを生き延びさせることでした。
しかしスカイネットは既に自我を持ってしまい審判の日は始まります。無事に核シェルターに逃げ込むことができたジョンとケイトは、その審判の日に生き延びることができたのでした。

ターミネーター3の主要登場人物&キャストは??

T-850(演:アーノルド・シュワルツェネッガー)

ターミネーター2ではT-800でしたが、ターミネーター3T-850です。ジョンを守るため、未来のケイトがプログラムを書き換えたもの。耐久性や知性など、T-800よりはるかに優れています。
演じるのは勿論アーノルド・シュワルツェネッガー。T2公開から12年経っていますが衰えを感じさせず、お馴染みの革ジャンにサングラスが凄くお似合いです。ターミネーター3の為に体を鍛え直しました。

ジョン・コナー(演:ニック・スタール)

後にスカイネットVS人類との核戦争で、人類抵抗軍のリーダーとなる人物。T-800に思い入れがあるジョンは見た目が同じT-850によって未来では殺害されてしまいます。10年前とはすっかり変わってしまったジョン。
ジョン・コナー役はニック・スタールでターミネーター3公開当時は23歳。2013年には覚せい剤所持で逮捕されています。前作のジョン・コナー役の俳優も逮捕歴があり、なんだか残念な気持ちになりますね・・・

ケイト・ブリュースター(演:クレア・デインズ)

ジョン・コナーと同級生元恋人。未来ではジョン・コナーと結婚し、人類抵抗軍の副リーダーとなります。ジョンを守るようT-850を再プログラムし、過去に送り込んだ張本人。映画では銃の扱いヘリの操縦もできて意外に凄い女性。
ケイト・ブリュースター役はクレア・デインズ。公開当時は24歳でした。エミー賞やゴールデングローブ賞の受賞履歴もあり、実は英語版『もののけ姫』でサンの声優も務めました!

T-X(演:クリスタナ・ローケン)

スカイネットと対等する人類抵抗軍に関係する人物と、裏切り者のターミネーター(T-800系列)を抹殺するためにやってきた対ターミネーター用ターミネーター。見た目は女性だがかなり強い
T-X役はクリスタナ・ローケン。公開当時は23歳でした。身長は180cmあり、元々15歳からファッションモデルをしていましたが、1万人受けたオーディションでT-X役に抜擢されました。

ターミネーター3の敵!T-Xとは?

姿

未来からやってきた時は裸。完璧を目指して作られたため、姿形はスタイルの良い美女。ほとんどの場面で着用している赤いスーツは、たまたま遭遇したほぼ同じスタイルの女性が着用していた物。殺して奪いました。
前作のT-1000と同じく、触れたものへの変身が可能。ケイトの婚約者ケイトに変身して現れる場面もありました。T-1000との違いは、ベースは金属の骨格でそのまわりを液体金属が覆っています。

性能

まず、武器はT-X自体に組み込まれています。右手から出てくるプラズマ砲が特徴。ちなみに途中でプラズマ砲が破損して、火炎放射器になっていました。反対に左手は草刈り機みたいなカッターになり、ケイトの婚約者を殺害。
知能も大変優れており、血液が染み込んだガーゼを舐めてDNA情報を読み込むことも可能。携帯電話で抹殺対象の人物を割り出すこともできるし、車をハッキングして何台もの車を遠隔操作で動かすことも可能です。
T-850にジョンとケイトを抹殺するよう命令する事もできました・・・対ターミネータ用ターミネーターとして作られたため、ターミネーター史上最強といっても過言ではないです。

ターミネーター3が黒歴史と言われている理由!

『ターミネーター3』とネットで検索してみると、ところどころ目に入ってくる批判酷評。映画のレビューサイトでは、5段階評価で『ターミネーター2』が4.1に対して『ターミネーター3』は3.0という結果になっています。
世間で『ターミネーター』『ターミネーター2』不朽の名作と言われているのに、なぜ『ターミネーター3』は批評が多いのか?黒歴史と言われてしまう理由を調べてみました。

監督の変更!脚本にも難あり・・・?

名作と言われていたターミネーター1と2の監督はジェームズ・キャメロンでしたが、3はジョナサン・モストウという人に代わっています。ジェームズ・キャメロンは2で完結させたつもりだったようです。
また、2の時点でスカイネットを作るはずだったサイバーダイン社を消滅させ、審判の日は避けられたはずなのに、3では「審判の日は回避不可能」となってて、1と2の話は何だったんだ?と疑問に思う声が多くあります。
1と2を通してサラ・コナー役を演じたリンダ・ハミルトンにも出演依頼をしましたが、脚本を読んで出演を拒否されたようです。続編は不要といったキャメロン氏の言うことを聞いてればよかったのでしょうね・・・

キャスティングに問題!?

やっぱりターミネーター3を最初に見たときに違和感を覚えたのは、”ジョン・コナーのキャストが変わっている”事でした。私も初め俳優が変わっているのに気付かず「2の時は美少年だったのに何があった?」と思いましたよ。
さらにジョン・コナーの性格がヘタレなダメ男になっていますし・・・重要人物のサラ・コナーは出てこないし・・・といったこともあり、キャスティングの面でも黒歴史といわれる1つになっています。

好き嫌いが分かれるターミネーター3!

ターミネーター1と2が名作だっただけに、酷評が目立つターミネーター3。今までの話の流れで観るとジョンの年齢が合わなかったり、取ってつけたような設定で辻褄が合わない点もあったり・・・
ターミネーター2の続きと思わずに、1つのSFアクション映画だと思ってみれば楽しんで観れる映画じゃないかなと思います。特に大きな棺を抱えて銃をぶっ放すシュワちゃんの大胆さが面白くて大好きです。
ただ1つだけ注文を付けるとしたら、ジョン・コナー役は、前作と同じ人にしてほしい。しかし前作のジョン・コナー役も見た目がかなり変わっちゃったので、もうちょっと似せたカッコいい人にしてほしい!にしときましょうか~
こちらの記事もオススメ!
ターミネーター [Blu-ray]
ターミネーター [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.07.20
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-06-24)
売り上げランキング: 20,034

ターミネーター3 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 15,955