【黒執事】エリザベスは最強剣士!悪魔も驚いたシエルの婚約者の実力!

アニメ化・映画化もした大人気漫画「黒執事」。主人公シエルの婚約者エリザベス・ミッドフォードは、かわいく、天真爛漫な性格で読者からも愛されるキャラクターです。この記事では、エリザベスのかわいさとかわいいだけじゃない彼女の魅力を存分にお伝えします。

シエルの婚約者エリザベスはかわいいものが大好き!

黒執事の主人公、シエル・ファントムハイヴ伯爵には婚約者がいます。名前はエリザベス・ミッドフォード。リジーの愛称で親しまれ、可愛いものをこよなく愛しています!明るく、天真爛漫な性格で、シエルに元気がないと感じた時は健気に元気付けようと奔走します。
ロリータ系でフリフリなファッションを好み、髪型は金髪の縦ロール。まだ13才で、いかにもお嬢様なエリザベスは、危険な時は周りに守られるヒロインです。男性キャラクターが人気な作品では読者から倦厭されそうなキャラクターですが、エリザベスは女性読者にも支持されています。
実は、エリザベスの魅力はただ可愛いだけじゃないんです!この記事ではエリザベスの可愛さとその魅力を余すところなくお伝えします!あなたもきっとリジーが好きになりますよ!

エリザベスのお洋服紹介!

エリザベスの服装はいつもかわいく、読者からも人気です!フリフリなロリータ系のドレスはよくコスプレで使用されており、クオリティが高い作品が多いので、興味のある方は一度調べてみると楽しいですよ!ここではそんなエリザベスの服装の中から、特にかわいいドレスをご紹介します。
上の写真は、劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」でのエリザベスの服装です。舞台が貴族も集まる豪華客船の中だったこともあり、いつも以上に気合の入ったドレスを着用しています。細かいところまでフリルがあしらわれ、おそろいのヘッドドレスとチョーカーもかわいいですね。エリザベスはきれいな金髪なので、水色のドレスにとても映えていますね。

こちらの赤いドレスはエリザベスが2回目に登場したときに着ていたものです。(原作では2話、アニメ1期では3話です。)女の子らしい赤とピンクのドレスで、たくさんのフリルとリボン・お花があしらわれ、かわいいものがたっぷりと使われたドレスとなっています。
この話の中でエリザベスはシエルとダンスを踊ることとなりますが、シエルの服もエリザベスが用意していて、青を基調としたものです。おしゃれなエリザベスのことですから、シエルの服に合わせて自分のドレスを選んだのでしょう。

実は最強剣士!シエルに隠したエリザベスの本当の姿とは?

ここまで可愛いエリザベスを紹介して来ましたが、エリザベスの魅力はそれだけではないのです!その真実が読者に明かされたのは原作11巻から始まる豪華客船編の中でのことです。
タイタニック号がモデルの豪華客船・カンパニア号の中で、エリザベスはゾンビの集団に囲まれます。シエルは負傷で動けず、悪魔でシエルの執事のセバスチャンも死神と戦闘中、まさに絶体絶命。
「あたし…シエルの前では最後まで 可愛い姿でいたかったな…」と涙をにじませながら微笑むエリザベスに誰もがエリザベスの死を覚悟しました。シエルも読者もエリザベスの死を覚悟しました。まさかのバッドエンド?ここでリジーが死んだらシエルがかわいそうすぎる。

しかし、次のページでは剣術でゾンビを次々と撃破するエリザベスの姿が……!実はエリザベスは英国騎士団長の血を受け継いだ稀代の天才騎士だったのです。その実力は男性にも引けを取らず、セバスチャンが驚くほど。才能は幼少期にはすでに開花しており、ビクトリア女王の付き人兼武官のグレイとフィップスからも認められています。
しかし、婚約者のシエルはエリザベスの強さをこの時まで知りませんでした。それは、エリザベスがシエルにだけは自分の強さを隠そうとしていたからです。まだ幼かった頃、エリザベスの母に剣術の稽古をつけてもらっていたシエルは、強い女性は怖いとエリザベスにもらします。それを聞いて自分の実力がバレればシエルに嫌われるのではないかと思ったエリザベスは、必死で剣の腕を隠します。

しかしファントムハイヴ家が襲われる事件が起こり、シエルに何かあったら自分が守りたいと強く決心します。愛するシエルの前では可愛くありたいとねがいつつ、年頃になっても動きにくいヒールの靴は履きませんでした。すべてはシエルを守るためです。
この事実を知ると、今までエリザベスの登場したシーンを確かめたくなりますが、本当に登場当初からヒールのない靴しか履いていませんでした!可愛いものが何より好きで、いつも明るかったエリザベスがこんな決意を背負っていたなんて……。
シエルを守ると決めたエリザベスはもう自分を隠さず、自分を「女王の番犬の妻」と名乗ります。このシーンは鳥肌ものなので必見です。映画でも山場の1つとなっています。女性読者からも人気な理由がよくわかりますね。可愛いだけじゃなく、身も心も強かったなんて!

エリザベスと家族はどんな関係?

名門ミッドフォード家とは!?

ミッドフォード公爵家は代々英国騎士団に所属する格式高い名門の一家で、エリザベスの家族も全員が剣の腕が強く、騎士道掲げ、英国の民を守るために体を張って闘うことは当たり前な誇り高い人たちです。

エリザベスの兄…エドワード・ミッドフォード

ミッドフォード家の長男で、エリザベスが大好きなシスコンの兄。ウェストン校に在学中で翡翠の獅子寮に所属し、グリーンヒルの寮弟を経て、現在は監督生を務めています。剣の腕ではエリザベスにはかなわず、自分を平凡だと認めていますが、嫉妬するわけではなく、憧れた人に近づくため一心に努力することができる真っ直ぐな人物です。

エリザベスの両親…フランシス・ミッドフォード&アレクシス・レオン・ミッドフォード

エリザベスとエドワードの母親の名はフランシス・ミッドフォード。シエルの父ヴィンセントの妹で、両親を失ったシエルのことも可愛がっています。女性でありながら、剣の強さは人間ではないといわれるほど凄まじいもので、女王主催のフェンシング大会で英国騎士団長のミッドフォード公爵に勝ち、それがきっかけで結婚することとなりました。性格は厳格で規律に厳しく、セバスチャンの長髪を執事らしくないとポマードで固めることもあるほどです。
父親はアレクシス・レオン・ミッドフォード。英国騎士団団長で、厳しそうな見かけに似合わずお茶目な性格で、エリザベスと一緒にシエルに抱きつきフランシスに怒られることもしばしば。ウェストン校時代はエドワードと同じ翡翠の獅子寮に所属していました。

婚約者も最強なシエルが羨ましい…

今回はシエル・ファントムハイヴ伯爵の婚約者であるエリザベス・ミッドフォードを紹介しました。幼くして爵位を継ぎ、女王の番犬となったシエルは大変な人生を歩んでいますが、エリザベスのような可愛くて、しかも自分のために剣を振るうことを覚悟してくれる女性が側にいれば大丈夫でしょう。2人には末長く幸せでいてほしいです。それにしても、まだ10代なのに信頼し、愛し合える相手がいるなんて羨ましいですね。
劇場版 黒執事 Book of the Atlantic(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2017-08-23)
売り上げランキング: 185