【四畳半神話大系】明石さんのことが気になって仕方がなくなる6つの魅力

人気作家・森見登美彦の京都を舞台にしたフィクション小説「四畳半神話体系」はアニメ化もしたことでさらに人気が出ました。今回はその中でも歯に絹着せぬ物言いで、男女問わず人気のヒロイン・明石さんの魅力についてお伝えします!

正ヒロイン!四畳半神話大系の明石さんは読者にも人気

何か久々に明石さんな気分 #明石さん #四畳半神話大系 #ノイタミナ #サブカル厨 #黒髪ボブ

TETSURO SATOさん(@ten_2_low)がシェアした投稿 –

主人公兼物語の語り手である「私」の大学の1年後輩として登場する明石さんは、誰もが憧れる黒髪の乙女です。さぞ性格もおとなしく、慎ましいかと思いきや、歯に絹着せる物言いで一刀両断し、周りから倦厭されることもしばしば。
しかし、その孤高の姿勢を貫くところや、苦手なものには弱いこと、モチグマンのキーホルダーを大切にする姿など、女の子らしい面もあり、主人公の「私」だけではなく、読者からの人気も高い女の子です。今回はそんな明石さんの魅力に迫ります!

四畳半神話大系 明石さんの魅力その1

まさに黒髪の乙女!清純でかわいい外見

明石さんの髪型は黒髪のキュートボブ!いつも短く切りそろえた黒髪を小気味よく揺らして颯爽と歩く黒髪の乙女です。ショートカットが似合う女の子は美人という説があるくらいですし、主人公「私」に理知的な顔と評され、どの並行世界でも男性からプライベートについて聞かれる明石さんが可愛くないはずがありません!

四畳半神話大系 明石さんの魅力その2

こんな服が着たい!明石さんのかわいい服装

アニメでは明石さんは襟付きのワンピースに十部丈のレギンスを着て登場することが多いです。原案のイラストを担当した中村祐介さんは、明石さんの服装について、奇抜ではないけれども、どこに売ってるのか話題に上がるような、ありふれていないデザインにしたかったそうです。

ちなみに、アニメ3話「サイクリング同好会ソレイユ」の中で着ていたカラフルなパーカーはアディダスオリジナルスで実際に販売していたものだそうです。現在は販売が終了しているので手に入れるのは難しそうですが、欲しかった…!

四畳半神話大系 明石さんの魅力その3

明石さんの名言集…歯に衣着せぬ物言い、だがそれがいい!

明石さんの名言その1:同回生に週末の暇な時に何してんの?とへらへら聞かれた時の答えが、相手の顔も見ずに言った「なんでそんなことあなたに言わなくちゃならないの?」だそうで、それ以来明石さんに週末の予定を聞く者はいなくなったそうです。そりゃそうですね。ちなみにこの時「私」はそれを聞いて「そのまま孤高の姿勢を貫いてくれ」と思っていました。
明石さんの名言その2:映画サークルみそぎで映画を作成した私の作品を見ての一言が、「また阿呆なものを作りましたねえ」だそうで、先輩の作品にも容赦がありません。ただ、まともに感想をくれるのは明石さんだけだったとのことです。アホではなく阿呆(あほう)というところにかわいげと明石さんの愛を感じます。

明石さんの名言その3:「あの約束を果してください」これは、どの並行世界でも明石さんから「私」が言われる言葉です。「私」は約束と聞いても、はて?という感じです。罪作りな男です。映画を作ることや、一緒にラーメンを食べに行くことなど、約束は様々ですが、割と些細なことです。しかし、明石さんはずっと「私」が約束を守ってくれるのを待っているんですね。いじらしくてかわいいです。

四畳半神話大系 明石さんの魅力その4

しっかり者の明石さんだけど、ただ一つ苦手なものが!?

さて、そんな可愛くて、思ったことははっきりと告げるしっかり者の明石さんですが、とっても苦手なものが1つだけ登場します。それは蛾です。明石さんは蛾を見ると「ぎょええええ」とまるで漫画のような叫び声をあげます。
勢い余って蛾を握ってしまった時など、「むぎゅっとしました!むぎゅっとしました!」と慌てて、危うく「私」に膝枕してもらいそうになっていました。普段しっかりしている分、そんなか弱い部分を見せられたらギャップもあって可愛くて仕方がないですね。「私」もその時のことを思い出して、危うく恋に落ちるところだったと語るほどです。

四畳半神話大系 明石さんの魅力その5

男にも負けない!明石さんのあふれる才能

明石さんは京都大学の工学部に所属する才色兼備な女性です。映画サークルみそぎでは機材の使い方を一瞬で理解して周りからの尊敬を勝ち取り、バードマンサークルでは鳥人間コンテントに出す機体の設計図を任されています。
また、その才能は勉学だけでなく、運動神経にも!サイクリング同好会ソレイユに所属していた時はその年のロードレースで男女総合優勝を果たし、賞金をバードマンサークルの飛行機に当てています。文武両道なんですね。

四畳半神話大系 明石さんの魅力その6

明石さんの声優は美声のあの人!

明石さんの声を担当したのは、声優の坂本真綾さんさんは、「黒執事」のシエル・ファントムハイヴなどの少年役や、「攻殻機動隊」の草薙素子といったカッコいい女性キャラを演じている方です。凛とした明石さんにぴったりの配役ですね!

主人公も惚れた明石さんの魅力とは!?

ここまで明石さんの魅力を見てきましたが、やはり、主人公も惚れた明石さんの1番の魅力は、小津以外には理解できないと言われていた「私」のことを理解してくれる女性であったということでしょう。
明石さんは「私」を阿呆といいながらも、「私」の映画をただ1人笑い、ある時は焼肉屋から逃す手伝いをしたり、またある時は伝説の亀の子束子を探す手伝いをしたりと、常に主人公の味方でした。
「私」はどの並行世界でも割と阿呆なことを繰り返し、別の黒髪の乙女を追いかけ、明石さんとの約束も思い出さないような男でしたが、そんな「私」を見限らず理解者であり続けられたのは、それが明石さんなりの愛だったのです。誰彼構わずではなく、決めた人にだけ惜しみなく愛を注ぐ明石さんは本当に魅力的な女の子だと言えるでしょう。