【四畳半神話大系】小津は裏ヒロイン!やっかいだけどかわいい5つの魅力

人気作家・森見登美彦の京都を舞台にしたフィクション小説「四畳半神話体系」はアニメ化もしたことでさらに人気が出ました。今回は作品の中でも特に異色な存在で、どの並行世界でも主人公の周りをうろつく、妖怪のような男・小津についてご紹介します!

悪友?ヒロイン?四畳半神話大系の小津とは?

主人公兼物語の語り手である「私」の大学の同回生として小津は登場します。数多く存在する並行世界の中で、いつも主人公の前に現れ、ことば巧みに語りかけて、阿呆なことや、周りの人間関係を悪化させるなどという私の中の暗い情熱を煽り立てます。
主人公はもし小津と出会わなければ、自分の魂はもっと清らかであっただろうと考えていますが、どういうわけか、小津とのつながりを断ち切ることはできません。小津は私にとって真の悪友なのです。なんだかんだ言って仲の良いことから、小津を裏のヒロインと呼ぶファンもいます。今回はそんなクセのある小津の魅力についてご紹介していきます!

四畳半神話大系 小津の魅力その1

妖怪のよう?でもかわいくて憎めない?

小津は、ひどく縁起の悪そうな顔をした不気味な男という描写で登場します。その後も私からはいつも妖怪として例えられ、お世辞にもイケメンとは言い難い小津。腹の中の良からぬ思いが、外見に表れているようです。
しかし、ファンの中では、意外にもかわいいという意見が多いです。アニメでのポップな表現や、大げさな動きの描写に、小津のかわいさを見出す人は多いようです。ストーリーが進み、小津を知るにつれ、愛着が湧いてくるのかもしれませんね。

四畳半神話大系 小津の魅力その2

まるで悪魔のささやき。でも名言だらけ

小津の名言・迷言?その1:「大きなカステラを1人で切り分けて食べるというのは孤独の極致ですからね。人恋しさをしみじみ味わって欲しくて」これを、主人公にカステラをおすそ分けする時に言うのですから、意地が悪い!でも小津が毎回くれるカステラのおかげで四畳半迷宮に紛れ込んだ主人公が飢えずに済むのですからありがたいものです。恋愛にイマイチ踏み出せない主人公のことを考えて言った言葉かもしれません。

小津の名言・迷言?その2:「ようそんな気色の悪い物体を食べますねえ。それ菌ですよ。菌の茶色いかたまりですよ。信じられないなあ。その傘の裏にある白いひだひだ、何ですか。なんのためにそれあるんですか」何についての言葉かと言うと、なんと焼肉屋で主人公が食べた椎茸についてなんです。おそるべき描写力、いや減らず口と言うべきか……。この達者な口で小津はいつも上手に世渡りをしています。
小津の名言・迷言?その3:「僕なりの愛ですわい」小津の名言といったらやはりこれでしょう!小津の行動は非常識極まりないですが、全ては主人公に対する悪友としての愛なのです。それがよくわかる一言。主人公が「そんな汚いもん、いらんわい」と吐き捨てるのも好きです。始めはいつもの冗談だと思いますが、これが本気なんですよね。

四畳半神話大系 小津の魅力その3

多数のサークルで暗躍する陰の支配者

主人公も知らないところで、小津はいろんなサークルで暗躍しています。しています。映画サークルみそぎでは、城ヶ崎先輩を貶める暴露映画を主人公に作成させながら、自分はちゃっかり城ヶ崎先輩の映画スタッフだったり、またあるときは自転車にこやか整理軍のコートの男として主人公が大学生活を費やしたマウンテンバイクを盗み、ヒロイン明石さんが作った飛行機を盗み、その罪を主人公に押し付けたり、樋口師匠の一番弟子だったり……。
周りに馴染めない主人公とは逆に、どのサークルでも一定の地位を確立していました。天才的な立ち回りを見せ、主人公の居場所を守っていたこともあります。極め付けは大学の裏稼業を一手に引き受ける秘密組織・福猫飯店のトップとなります。小津が数多の情報を持っていたのは、秘密組織に所属していたからだったのですね。

四畳半神話大系 小津の魅力その4

意外と純愛派!? 小日向さんへの想い

出典:http://cached.static.festy.jp

実は小津には彼女がいます。黒髪の乙女で名前は小日向さん。ソフトボールサークルほんわかの本体である、健康食品会社のご令嬢です。しかし、主人公には絶対に秘密にしています。それもそのはず、実は小日向さんは主人公の叶わぬ恋の相手でもあったのです。
小津は周囲のカップルを壊すような活動をしておきながら、実は自分は純愛派です。スマートフォンのパスワードが小日向さんの名前という徹底ぶり。秘密組織、福猫飯店のトップまで上り詰めたのも彼女のために権力を濫用するためでした。

出典:http://cached.static.festy.jp

1回生の時小津は、テニスサークルで知り合った小日向さんと一緒に五山を見にデートに行きますが、人ごみのせいで見られず、小日向さんは泣いてしまったようです。次こそは!と思った小津は、ほんわかの飛行船を乗っ取り、空から五山を見るという計画を立て、実行に移します。なんという行動力。それもひとえに愛のなせる技なのでしょう。

四畳半神話大系 小津の魅力その5

小津の声優は大人気のあの方!

小津の声は声優の吉野裕行さんが担当しました。好青年な2枚目キャラを演じることが多いので、意外なキャスティングかもしれませんが、共演した浅沼晋太郎さんからは尊敬する声優として名前が上がるほどの実力者です。小津の声はもう吉野裕行さん以外には考えられません!

主人公と運命の黒い糸でつながる小津の素顔とは!?

妖怪のような見た目をしながらも、とっても一途で、主人公や彼女の小日向さんに対しては全力で行動します。主人公に明石さんと恋愛するようにけしかけていたのも、主人公を誰よりも理解し、主人公すら気づいていなかった明石さんに対する想いを知っていたからなのでしょう。
その行動ははちゃめちゃですが、ずっと主人公を応援し、陰ながら支えてきた人物です。まさに主人公の悪友であり、唯一の親友。主人公もそれがわかってからは小津の見方を変えます。妖怪のように見えていたのも主人公の偏見だったのです。主人公はずっと小津がいなければと言っていましたが、小津のいない大学生活なんてもっと退屈で無意味なものになっていたでしょう。人生で一度は小津のような悪友に出会いたいです。