ファンが教える!『塔の上のラプンツェル』を100倍楽しむための5つのポイント

ディズニー映画50作目で、大人気の『塔の上のラプンツェル』。何十回もこの映画を見た私が楽しむためのポイントをお伝えします!ややネタバレ要素もあるので、ご注意ください!

はじめに:塔の上のラプンツェルのあらすじをご紹介

出典:https://www.amazon.co.jp

ある国の森の奥深く、1つの塔がありました。そこには18歳のラプンツェルという髪の長い女の子が住んでいます。ラプンツェルは18年間ずっと塔の中にいて、一度も外に出たことがありません。
ラプンツェルの髪は魔法の髪の毛で歌うと光り、触れるものを若返らせます。育ての親であるマザー・ゴーテルはその魔法の髪を独り占めするために、塔の外に出ることをずっと禁じていました。
しかし、ラプンツェルは毎年自分の誕生日になると夜空に沢山の”星”が浮かび上がるのを見ており、その正体を自分の目で見てみたいと思っています。つまり塔の外に出たがっているのです。

誕生日の前日、ラプンツェルはゴーテルをいくら説得しても、外に出してくれません・・・そんな時、塔に王国から盗んだティアラを持ったフリン・ライダーという男が入ってきました。
ティアラを塔内に隠したラプンツェルは、フリンに「自分を塔の外に連れ出して”星”のある所までガイドし、また塔まで送り届けたらティアラを返す」という約束をし無事に塔の外に出ることができます。
初めて塔の外に出たラプンツェルは、初めて目にする外の世界で様々な困難が立ちふさがる中、ラプンツェルは”星”を見ることができるのか・・・というのが大まかなあらすじです。

ポイント1:個性的なキャラクター達に注目!

ラプンツェル【声:マンディ・ムーア  吹替:中川翔子、小此木麻里(歌)】

出典:http://www.disney.co.jp

魔法の長い髪の毛を持つ18歳の女の子。実はラプンツェルの生みの親が妊娠中に重い病気になり、母親が魔法の花を飲んだためラプンツェルの髪の毛に魔法の花の力が宿っていました。
ラプンツェルが外に出るときに常に持っているフライパン。これが意外と便利で、旅の合間にも武器として役立つときもありました。持ち前の明るさから、周りの人に良い影響を与えています。
吹き替え声優は”しょこたん”こと中川翔子さん。明るく元気なラプンツェルを見事演じてくれています!しかし歌のパートは小此木麻里さん。台詞と歌の部分の人は違いますがあまり違和感はないです。
こちらの記事もチェック!

パスカル

出典:http://kids.disney.co.jp

カメレオンでラプンツェルの唯一の友人。様々な色に変化することができます。ラプンツェルとのかくれんぼの時もお花に化けていました。ラプンツェルと会話ができるみたい・・・。
恥ずかしいときやびっくりしたときに全身を真っ赤にする傾向あり。荒々しく興奮している馬のマキシマスを落ち着かせることができる謎の特技をもっています。大体人の肩や頭の上に乗っています。

ゴーテル【声:ドナ・マーフィ 吹替:剣幸】

出典:http://kids.disney.co.jp

ラプンツェルの育ての親。何百年も魔法の花を独り占めして若さを保っていましたが、王国に取られてしまったため、お城に忍び込んでラプンツェルの魔法の髪を取りに来ます。
しかし髪を切ると魔法の力が無くなるためラプンツェルを誘拐。18年間塔の中でラプンツェルを育て、若さをずっと保っています。年齢不詳。おそらく何百歳でしょうね。この物語のヴィランズです。
吹替声優の剣幸さんは元宝塚歌劇団のトップスターです。吹替はこの作品が初めてのようですが、ゴーテルの一見優しそうな口調の中にあるチクッとするような発言や怖さなど、表現力はすごいです!

マキシマス

出典:http://kids.disney.co.jp

お城の馬。乗っている人は王国の衛兵隊長。ほかの馬たちに指示をするような場面があったので、馬の中での地位は上のほうだと思われます。大好物はリンゴ。パスカルの言うことは聞く。
馬ですが犬のような嗅覚の持ち主。フリンの指名手配の紙を歯で噛みちぎり、ちぎったカスが鼻から出てくるというシュレッダー的なこともできます。剣を咥えて戦うことも可能。凄い才能の馬です。

酒場の荒くれ者たち

出典:http://kids.disney.co.jp

フリン・ライダーとラプンツェルが旅の途中で訪れた酒場にいた男たち。髭に血がついていたり、手がフックになっていたり、極端に鼻が大きかったり・・・男たちはみんな強面でラプンツェルは怖気づいてしまいます。
しかし荒くれ者の男たちの心の中は純粋。「ピアニストになりたい」「恋人がほしい」「ユニコーンを集めてる」など、夢を持ったものばかりで、意外と可愛い一面をもつ者ばかりです。

ポイント2:プリンスは王子様じゃない!?フリン・ライダーの誕生秘話!

ディズニーの常識を覆す!プリンスはまさかの大泥棒!

出典:http://kids.disney.co.jp

『塔の上のラプンツェル』でプリンスポジションであるフリン・ライダーは王国を脅かす大泥棒。国中に指名手配の似顔絵が描かれています。性格はかなりナルシストで、似顔絵に文句をつける場面もちらほら・・・
持ち前のハンサム顔で沢山の女性を落としてきた過去があるみたいです。旅の間、何度もラプンツェルに振り回されています。ただそんなラプンツェルに心惹かれていき、ある決断もします・・・。
声優を務めるのはザッカリー・リーヴァイ(吹替:畠中洋)。畠中さんはフリン意外にも『ライオン・キング』のプンバァの声優も務めています。同じ声とは思えないぐらいギャップがありますよ!

イケメン大泥棒は女性だらけの会議で決まった!

フリン・ライダーにはモデルの男性がいません。イラストレーターのデザイン案を壁中に貼り、女性陣の意見を聞く会議が開催されました。その議題はなんと”いい男を探せ”というもの。
会議では女性陣が各自好みの男性像を選びますが、「この絵はたれ目すぎ」「太りすぎは嫌」「青い目はNG」などなどダメ出しが多く、イラストレーターの男性陣には全くついていけない論争が繰り広げられました。
意見がまとまらない中、最終的に女性陣の意見をまとめて完成されたのがフリン・ライダーだそうです。フリン人気が高い理由が納得できますね!それにしてもこの会議楽しそうです(笑)

ポイント3:塔の上のラプンツェルの歌はハズレ無しの名曲揃い!

自由への扉(When Will My Life Begin)

『塔の上のラプンツェル』のオープニング曲。ラプンツエルの1日の暮らし方や自分の夢を歌った曲です。とても楽しい気持ちになれる曲調でラプンツェルの明るさやパスカルとの仲の良さがとても分かります。

お母さまはあなたの味方(Mother Knows Best)

マザー・ゴーテルの歌。ヴィランズの曲らしく映像も迫力があります。日本語版を歌っているのは元宝塚の剣幸さんなだけあって、歌唱力はめちゃくちゃ凄いです。ゴーテルの怖さが滲み出てます。

誰にでも夢はある(I’ve Got a Dream)

酒場の荒くれ者たちの歌。片手にフックをつけた男のピアノ演奏は聞いてて楽しいですよ。見た目は荒れてるけど純粋に夢を持っていて、聞いてる人を元気にされてくれます!

輝く未来(I See the Light)

『塔の上のラプンツェル』で一番の名曲!まず、無数のランタンが夜空に打ちあがるシーンは観ていて圧巻されます。正直、映像だけでも感動します。そして2人の素晴息の合った美声は素晴らしすぎます。
途中ラプンツェルが近づいてきたランタンを上にあげるシーンがありますが、そのランタンは王様と妃様(実の両親)があげた物なのです。私は毎回この歌のシーンで泣いてしまいます・・・(笑)

王国でダンス(Kingdom Dance)

歌詞がない曲なのですが、注目して聴いてほしい曲です!ラプンツェルとフリン達が王国に到着してからのシーンで流れてきますが、ものすごく楽しい気持ちになれます。アラン・メンケン恐るべし。

ポイント4:誰もが思わず息を飲む!あの名シーンは実在する!

世界中にあるランタン祭り

「輝く未来」の歌のシーンで無数のランタンが打ち上げられますが、このシーンは実際にあるお祭りがモデルとなっています。ランタン祭りはタイや台湾やポーランドでも行われています。
ランタン祭りの中で代表的で有名なのはタイの「コムローイ祭り」です。実際にあの幻想的なシーンを生で見られるなんて!時間とお金があれば私も実際にこの目で見てみたいです~

お城のモデル『モン・サン・ミッシェル』

『塔の上のラプンツェル』の王国はモン・サン・ミッシェルがモデルになっています。この建物はフランスの西海岸にあり世界遺産にも登録されています。ちなみにお城の部分は修道院になっています。
実際の写真と映画の建物を見比べていると確かに似ています!モン・サン・ミッシェルにも映画の王国のように、お土産屋さんやレストランなど多くの観光客で賑わっています。いつか行ってみたい!

ポイント5:塔の上のラプンツェルには続編がある!

映画の後のお話『ラプンツェルのウェディング』

出典:https://www.amazon.co.jp

『塔の上のラプンツェル』からしばらくたった時のお話。ラプンツェルとフリンは結婚式を迎えました。2人の結婚式にはもちろんパスカルとマキシマスも結婚指輪を運ぶという大役を任されます。
しかし、その結婚指輪が外に転がっていき、パスカルとマキシマスはそれを追いかけますが~・・・というお話です。ショートフィルムではありますが、とても面白く落ちも本当に笑えます!
本編である『塔の上のラプンツェル』を見た後には絶対に見てほしい物語です。『ディズニー・ショートフィルム・コレクション』というDVDに収録されているので、是非レンタルしてみてください。

TVシリーズ『ラプンツェル ザ・シリーズ』

ラプンツェルが無事両親のもとに戻ったあとから、ラプンツェルとフリンの結婚式までの間の話を描いた新しいアニメです。『塔の上のラプンツェル』とは絵のタッチがかなり変わっていますね!
日本語声優を務めるのはもちろん中川翔子さんと畠中洋さん!またこの2人の掛け合いを見れるのはファンとして嬉しいですね。この『ラプンツェル ザ・シリーズ』8月11日よりディズニーチャンネルで放送開始です!

『塔の上のラプンツェル』の魅力にはまる!

いかがでしたでしょうか?『塔の上のラプンツェル』は物語もキャラクターも歌も映像も全部素晴らしく良い作品です!この記事を読んで少しでも興味を持っていただけたらすごくうれしいです!
ご紹介したもの以外にも、CGならではの細かい演出や人の動きなどにも注目してほしいです。特にラプンツェルの髪の毛は1本1本動きが異なっていて驚きですよ!ディズニープリンセス物ですが男性でも楽しめます!
『アナと雪の女王』もいいけれど、私は断然『塔の上のラプンツェル』派です。騙されたと思って一度レンタルして観て下さい!『塔の上のラプンツェル』ファンが増えますように(笑)
塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 230

塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラック
(オリジナル・サウンドトラック)
WALT DISNEY RECORDS (2011-03-09)
売り上げランキング: 4,011