【風の谷のナウシカ】原作漫画のあらすじ&ネタバレ紹介! 真の結末は・・・?

1984年に公開された宮崎駿監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」。その原作となったのは、1982年から1994年まで雑誌『アニメージュ』に連載されていた同名の漫画です。こちらも宮崎駿の作品ですが、映画版よりも重厚な設定のもとで壮絶なストーリーが展開されています。そんな原作漫画「風の谷のナウシカ」のあらすじを、映画版との差異やファンによる考察などとあわせて紹介していきます。

「風の谷のナウシカ」原作漫画の壮絶な展開を知ろう!

出典:https://www.amazon.co.jp

1984年に公開され、今なお高い人気を誇るアニメ映画「風の谷のナウシカ」。スタジオジブリの前身であるトップクラフトで制作された本作は、「ルパン三世 カリオストロの城」に続く宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作にあたり、「風の谷のナウシカ」をもって宮崎駿の名が世間に広く知れ渡ることとなりました。
その「風の谷のナウシカ」には、映画化のために宮崎駿自身が描いた原作漫画が存在するのをご存知でしょうか。映画版はこの漫画版の序章に過ぎず、映画版では描き切れなかった重厚な設定が盛り込まれた、壮絶なストーリーが展開されています。本記事では、そんな原作漫画「風の谷のナウシカ」のあらすじを紹介していきます。

「風の谷のナウシカ」映画と原作の違いを検証!

映画版のあらすじをおさらい

出典:https://www.amazon.co.jp

「風の谷のナウシカ」の舞台は、火の七日間を経て文明が崩壊してから千年後の世界。主人公・ナウシカ腐海と呼ばれる巨大な菌類の森を探検している最中に、王蟲(おうむ)というこれまた巨大な蟲(むし)と遭遇するところから始まります。ナウシカは王蟲に追いかけられていた恩師・ユパを助け、ふたりで風の谷に戻ります。
ある夜、風の谷に古代兵器・巨神兵の胚を積んだトルメキア船籍の飛行船が墜落します。翌日、巨神兵を探しに来たクシャナ率いるトルメキア軍が風の谷を占領し、ナウシカは捕虜となります。護送中に襲撃に遭い、ナウシカは船ごと腐海に落下、そこで船を襲った少年・アスベルが蟲に襲われているのを助けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

アスベルはトルメキアに侵略されたペジテ市の民で、巨神兵はこのペジテから奪われたもの。ペジテの生き残りは、王蟲の幼生を用いて王蟲の大群を風の谷に差し向け、風の谷ごとトルメキア軍を全滅させる計画を立てていました。それを聞いたナウシカは、計画を止めるために急いで風の谷に戻ります。
谷では民が蜂起してトルメキア軍と戦闘を開始、そこに王蟲の大群が近付きます。クシャナが巨神兵を未完成のまま目覚めさせて大群を焼き払おうとするも失敗、谷に王蟲が襲いかかります。救出した幼生とともに群れの前に降り立ったナウシカに、王蟲たちが暴走をやめ腐海に帰っていくところで物語は終わります。

原作との違い① 土鬼の削除とそれに伴う設定の変更

出典:https://www.amazon.co.jp

最も大きな違いは、土鬼(ドルク)という民族の削除です。原作では、トルメキア王国土鬼諸侯連合の紛争を軸として描かれ、ナウシカはトルメキアとの盟約に従いクシャナ隊に従軍します。第2巻でアスベルと腐海を脱出した後、彼らは土鬼・マニ族軍と接触し、土鬼がトルメキアの宿営地に向けて王蟲を暴走させていることを知ります。
映画版ではこの土鬼の役がペジテ市の生き残りに差し替わっており、そのほかにも巨神兵酸の海の場所・クシャナとトルメキア関連の設定や、蟲使いの削除など、さまざまな変更がなされました。ナウシカが終盤で借りる服に描かれている紋章も、王蟲の幼生の運搬に使われる飛行ガメも、原作では土鬼のものです。

原作との違い② ストーリーの変更

出典:https://www.amazon.co.jp

①に関連しますが、原作では序盤である王蟲の暴走が映画版ではラストシーンになるように、ストーリー展開が再構成されています。原作では、巨神兵が埋まっているペジテにトルメキアが侵攻するのは同じですが、風の谷に墜ちる飛行船はペジテの難民船で、ナウシカは瀕死の姫から巨神兵を起動するための秘石を預かります。
クシャナ隊はこの秘石を探しに風の谷にやってきますが、風の谷からすぐに撤退します。この後は上述の流れで王蟲の暴走を止めるところまで続きます。しかし、ここでナウシカは「南の森が助けを求めている」と言う王蟲の”声”を聞き、クシャナ隊に従軍するなかで腐海に起きている異変を探っていきます。

「風の谷のナウシカ」原作をラストまで徹底解説!

第2巻中盤~第3巻 別行動するユパと土鬼領に入るナウシカ

出典:https://www.amazon.co.jp

ユパはとある村で蟲使いと接触します。彼らは土鬼に雇われており、蟲使いの船に潜入し到着した先でユパはマニ族を含む土鬼軍と王蟲の培養槽を発見、マニ族の船に残っていたアスベルとこれを破壊しますが、マニ族の僧正は反逆罪で処刑されます。船を強奪して逃走したアスベルたちは土鬼の追撃により遭難、腐海の中で森の人と遭遇します。
一方、クシャナ隊とともに土鬼領に入ったナウシカは、腐海から離れていながら瘴気で全滅した村を発見、次いで蟲すらも死に絶える猛毒の腐海と、土鬼に攻められるトルメキア軍に遭遇します。救出した生残兵によって、この瘴気は土鬼が兵器として使用したものと判明、クシャナ隊は土鬼の地に残された友軍の救出に向かいます。

第4巻 クシャナ隊の危機と粘菌の変異体の発生

出典:https://www.amazon.co.jp

土鬼の地・サパタの拠点から友軍を救出したクシャナ隊は、本国に帰るための船を強奪すべく別の拠点に向かいます。トルメキア第四皇女であるクシャナは、兄皇子たちや父王と対立しており、狙う味方は第三皇子の指揮下にあります。ところがそこで蟲の大集団に遭遇し兄の軍は全滅、クシャナ隊も多くの兵士を失います。
サパタでクシャナ軍と別れたナウシカは、オアシスで土鬼の子供・チククと出会います。その後、蟲が狂う異質な瘴気を撒き散らす土鬼の戦艦を発見、船に乗り込み僧官・チヤルカと船を自爆させるも、船に乗せられていた粘菌の変異体が地上に落下。粘菌は瞬く間に巨大化し、次々と土鬼の村々を飲み込んでいきます。

第5巻 蟲の大移動の秘密と神聖皇兄

出典:https://www.amazon.co.jp

ナウシカが最初に見たものを含め、全部で四つ発生した粘菌の変異体。これらは明らかに合流するように動いており、ナウシカがその中心地点へ向かうと、斥候の王蟲が一匹いました。助けを求めていた南の森は粘菌のことだと悟ったナウシカは、そこで王蟲の群れがやってくるのを待ちます。やがてやってきた王蟲に、ナウシカは食べられてしまいます。
また、壊滅したクシャナ隊とユパの一行が偶然出会い、行動を共にします。腐海に飲み込まれたサパタの拠点に戻ると、土鬼の人造兵士ヒドラが待ち構えており、クシャナが捕まります。後を追って土鬼の船に潜入したユパが出会ったのは、土鬼の神聖皇兄でした。彼はペジテから奪取した巨神兵を用いて、戦争を終わらせようとしていたのでした。

第6巻 腐海の本当の役割と巨神兵の復活

出典:https://www.amazon.co.jp

王蟲ごと腐海に飲み込まれたナウシカは森の人とチククに救出されますが、意識が戻りません。ナウシカは”心の中”で森の人とともに、世界を浄化する腐海の本当の役割と、腐海が崩れ切った時に現れる清浄の地の存在を知ります。意識を取り戻したナウシカは、土鬼のトルメキア侵攻を止めるために動き出します。
神聖皇弟の僧兵は皇弟が亡くなったために処刑されることになり、チヤルカも磔に。そこへナウシカとチククが到着しますが、皇兄は巨神兵の蛹を持ってきていました。巨神兵を倒すために動くナウシカたちですが、ついに巨神兵が動き出します。巨神兵は、秘石を持つナウシカを親と認め、ナウシカの言うことを聞くようになります。

第7巻 世界の秘密と墓所の封印

出典:https://www.amazon.co.jp

巨神兵にオーマと名付けたナウシカは、異端技術が蓄積されている墓所を封印するため、土鬼の聖都シュワへと向かいます。途中オーマが動けなくなり、その間にナウシカは旧世界の文化や生物が保存された”庭”に迷い込み、腐海は人間が作り出したものであること、火の七日間の時に人間や他の生物が腐海の毒に耐えるよう作り変えられたことを悟ります。
息を吹き返したオーマはシュワへ向かい墓所を攻撃、遅れて到着したナウシカと、トルメキアから進軍してきたヴ王が墓所の中に入ります。墓所の主の世界再建への呼びかけにナウシカは「否!」と答え、長い目での人類の再興よりも、滅びゆくなか自らの意志で生きることを選択します。墓所はオーマによって破壊され、戦争は終結しました。

「風の谷のナウシカ」にまつわる考察を紹介!

世界の秘密に対するナウシカの選択について

出典:https://www.amazon.co.jp

物語世界における千年前の人類は、互いに醜く争い合っていました。大気や水や土は汚染され、オゾン層を失った空からは有害な太陽光が降り注ぎ、新病が蔓延し、人類は滅びの道を歩んでいました。そんな時、腐海の技術を編み出し、旧世界を緩やかに崩壊させ、清浄な新世界を誕生させようとした人たちがいました。
浄化の神として創られ、新世界に技術を継承しようとする墓所の主を、ナウシカは「私達はお前を必要としない」と断じました。ナウシカにとって「生きることは変わること」であるので、人工の生物でありながら慈愛の心を得た王蟲などと異なり、予定通りのことをこなすだけの墓所の主は悪でしかなかったのでしょう。

物語の終わり方について

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画「風の谷のナウシカ」はシュワの地で終わりを迎えます。これは、ナウシカが谷に戻るような形式的なラストは描こうとせず、歪んだ世界のあり方を本来の状態に変化させたことをもって物語全体としての一区切りとしたのだと言えるでしょう。ナウシカのその後については文章のみで、土鬼の地に留まり土鬼の人とともに生きたと書かれています。
また、墓所の主の最後の攻撃を受けて瀕死になったヴ王から王位を継承したクシャナはその後、王ではなく代王としてトルメキアを復興させ、トルメキア中興の祖と呼ばれるようになったと書かれています。クシャナのその後についての記載があることは、墓所の主がいなくとも人類が存続できていることを暗示していると言われています。

巨神兵について

出典:https://www.amazon.co.jp

墓所の主によれば、旧世界の人類は調停者としての神を造ったといいます。オーマも自身を「調停者」「裁定者」と名乗るため、墓所の主が言う調停者としての神とは巨神兵を指していると考えられます。
となると、千年前の最終戦争・火の七日間は、人類が自身で造り出した巨神兵の調停によって人類が裁かれたものだったと考えることができます。千年前の人類は、自身が造った神によって悪と判定されてしまったというわけです。
ちなみに、「新世紀エヴァンゲリオン」のエヴァンゲリオンは巨神兵から着想を得たとされています。言われてみればデザインも類似していますね。また、「シン・ゴジラ」と巨神兵の関連も指摘されています。

海外での「風の谷のナウシカ」の反応

出典:https://www.amazon.com

「風の谷のナウシカ」は漫画・映画ともに海外でも好評で、他の宮崎駿作品とともに高い評価を受けています。ちなみに、翻訳版の映画は「Warriors of the Wind(風の戦士)」というタイトルで、キャラクターの名前やパッケージが元のものとは違い、内容も20分ほどカットされていたとか。そちらを観てから元の映画を観て、良いと感じた人が多くいるようです。
日本での評価点と同じように、海外でも原作漫画「風の谷のナウシカ」はその高いアート性強いメッセージ性が特に注目されているようで、アメリカのAmazonでのレビューを覗くと「宮崎駿作品が好きならぜひ読んでほしい漫画」「映画版よりスゴい」「ボリュームが半端ない」「戦争と環境問題へのメッセージを強く感じる」といったコメントが見受けられます。

もう一度「風の谷のナウシカ」を観よう!

出典:https://www.amazon.co.jp

筆者は映画から先に触れ、原作を読んだのはかなり後になってからでしたが、実は原作を読む前後でクシャナの印象がまるっきり反転しました。映画版では敵対者としての面が強いクシャナですが、原作では部下との強い絆指揮官としての有能さがより緻密に描かれ、ナウシカと双璧をなす本作の裏主人公のようにもみえます。
映画版と一味も二味も違う原作の雰囲気は、ひとまずこの記事を読んだだけでも少しは伝わったかと思います。漫画版は入手も難しくないので、本音を言えばぜひ買って読んでいただきたいところですが、とりあえずもう一度、映画風の谷のナウシカを視聴してみてください。今までとは違う視点で観ることができるかもしれませんよ。