【犬夜叉】りんは殺生丸を変えた少女!幼き女の子の成長を振り返る

いつも殺生丸のそばにいて離れない少女りん。実はこの少女があの冷酷非道の殺生丸を変えたと言っても過言ではない凄い少女なのです!今回はそんな彼女との出会いからその成長を振り返ります。

「犬夜叉」登場キャラクター、りんとは?

みなさん、この「りん」という少女をご存知ですか?そう、いつも殺生丸にくっついて歩いている天真爛漫で可愛い少女です。実はこの少女があの冷酷非道だった殺生丸を変えたと言っても過言ではないのです。
今回はこの「りん」について振り返ります。そもそも出会いはどのような感じだったのか?殺生丸との関係は?そもそも声優は誰が担当していたのか?その疑問にすべてお答えしましょう!

運命の出会い!りんの登場回を振り返る

漫画での登場回はいつ?

殺生丸とりんが初めて出会ったのは漫画14巻でした。犬夜叉との戦いで傷つき、動くことができなくなっていた殺生丸、そこにりんが現れます。殺生丸の看病を始めるりん、実はこの時りんは言葉を話すことができなくなっていました。野党に親兄弟を殺されてしまったためです。
このあとりんも鋼牙の手下である人食いオオカミに殺されてしまいますが、殺生丸は天生牙でりんの命を助けたのでした。それからりんは言葉を話すことができるようになり、殺生丸と共に旅を続けています。

アニメでの登場回は?

アニメでの登場回は35話「名刀が選ぶ真の使い手」という回でした。アニメでも漫画でのシーンがばっりち再現されていました。殺生丸はりんが離れるように威嚇をしますが、それでも看病をやめないりん。そんなりんのことを徐々に気にかけていく殺生丸がとても印象的でしたね。
りん自身も野党に親兄弟を殺された身、顔も服も泥だらけでとても綺麗とは言えない恰好でした。しかしそんなりんが見せた笑顔が頭から消えず、殺生丸は天生牙を手に取ります。人間を邪険に扱ってきた殺生丸が初めて人間の子どもを気に掛けた瞬間、もうこの時に既にりんは殺生丸に何かしらの影響を与えていることになりますね!

りんの声優は超有名なあの人!

りんを担当した声優は、なんとあの有名な能登麻美子さんなのです!驚いた方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、能登さんは1998年から声優活動をしていますが、りん役をやるまでは「女の子役」など名前のないキャラクターを演じることが多くありました。しかし2001年「犬夜叉」のりん役に大抜擢!一気にお茶の間の人気になりました。
能登さんといえば「スクールランブル」の塚本八雲、「CLANNAD」の一ノ瀬ことみ、「地獄少女」の閻魔あいなど代表作があり、どれもこれも有名すぎてあげきれません!その癒し系ボイスでファンも多い声優の一人です。そんな能登さんがりんの声を担当していたなんてなんと光栄でしょう。素敵ですね。

驚くべきりんの成長とは?

殺生丸と出会ったばかりのりんは言葉を話すことすらできませんでした。野党に親兄弟を殺されたショックがなかなか抜けきらなかったのですね。しかし殺生丸と共に旅をすることによって徐々に口数が増えて今では一人で何でもこなそうとする元気な少女に成長しました。
アニメ96話「病気になったあの邪見」では、なんとりんが邪見のために薬草を取りに行く物語があります。殺生丸にくっついているだけではなく自分で行動することができるようになっているのですね。そんな成長が見られるところも殺生丸がりんを連れている理由の一つなのかもしれませんね。

りんと殺生丸の気になる関係を追及!

殺生丸とりん、一体お互いどのように思っているか気になるところですね。完結編9話「冥界の殺生丸」にて、殺生丸はツイートにあるようなセリフを言っています。「りんの命路引き換えに得るものなどひとつもない」、この一言で全国の殺生丸ファンは心を打ちぬかれたに違いありませんね。
人間なんて虫けらのように思っていた殺生丸ですが、りんのことは本当に大切に想っていることがわかりますね!りんと出会い、大切に想うようになったことで殺生丸の心は徐々に変化していったようです。本当にこのシーンは、殺生丸とりんの組み合わせが好きな人にとってはたまらないシーンでした。

りんは殺生丸の大切な存在


殺生丸はりんのことを本当に大切な存在だと思っているようです。最終回で奈落を倒した後、りんは楓のもとに預けられています。理由は、りんが将来人間側と妖怪側の、どちらで暮らすことになっても選べるようにということでした。
一部のファンの間ではこれは殺生丸のプロポーズと取っている人もいるようです。りんが人間側で暮らしながら殺生丸が通うか、それとも殺生丸と共に妖怪側で暮らすか、それはりんが選ぶということということですね。そう思うとまるで花嫁修業のようです。

殺生丸とりんはお互いにとても大切な存在のようですね。ファンの間では「殺りん」という言葉があるように、この二人の組み合わせが好きで応援している人がたくさんいるようです。ぜひ二人で幸せになってほしいですね。
原作もアニメも終了してしまったので、この二人が最期どのようになるか明かされることはありませんが、ぜひ二人仲良くいつまでも一緒にいてほしいですね。これからもこの二人がずっと大好きでいたいと思います!