西島秀俊が猫にデレデレ!ブランケット・キャッツの魅力や見どころを紹介!

亡き妻が遺した7匹の猫の貰い手を探す家具職人椎名秀亮と、その7匹の猫を求めてやってくる様々な問題を抱えた人々。猫たちとの交流をきっかけに、癒され、反省し、立ち直り、少しだけ前に進む力を手にしていく人間模様を描いたドラマが『ブランケット・キャッツ』です。

今回は、その『ブランケット・キャッツ』の魅力の二本柱、主演の西島秀俊と7匹の猫を中心にご紹介します。

西島秀俊主演!ブランケット・キャッツはどんなドラマ?

犬より猫がフィーチャーされる昨今、世は正に大ネコ時代が到来し、猫も杓子も猫可愛いの大合唱。犬を飼ってる筆者も散歩で出逢う野良の子猫の強烈な魅力に完全ノックアウト状態で、「猫も飼ってしまおうか……」などと悶々と悩まされています。イカン、これは洗脳だ!
そんな時代に製作されたのが、重松清原作のこのドラマ、『ブランケット・キャッツ』です。原作からは少し設定を変え、亡き奥様の遺した7匹の猫の新たな飼い主を探す家具修繕職人、西島秀俊扮する椎名秀亮を主人公に、お気に入りの毛布と共に2泊3日の体験飼育で貸し出されていく猫たちと、猫と触れ合うことで様々な問題が浮き彫りとなり、時に癒され、時に自覚し、時に反省し、猫と共に変化していく人々を描いたドラマです。

NHKの金曜10時のドラマ10枠は、前クールまで『ツバキ文具店 ~鎌倉代書屋物語~』を放映していました。『ツバキ文具店』も視聴後感はとても優しく、温かい気持ちになれるリラクゼーションドラマでしたが、今回の『ブランケット・キャッツ』もそんな雰囲気は引き継がれており、週末の夜に日々の雑多なストレスを忘れ、心を落ち着かせて心地良く眠れる、就寝前の読書の様な感覚で愉しめるドラマになっています。

見どころ①:西島“エプロン”秀俊を思う存分愛でられる!

西島秀俊というと、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』のジェネラル・ルージュこと速水晃一役や、『ストロベリーナイト』でのヒロイン姫川玲子を支える副官、菊田和夫役、ハードボイルドな警察とヤクザ、双方の潜入工作員の物語『ダブルフェイス』の潜入捜査官=森屋純、『MOZU』の倉木尚武、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の田丸三郎役など、クールでハードな役回りが多く、険しい表情が多い印象の役者さんです。
その西島秀俊が、もともと素敵だった笑顔と大人の男性としての可愛さを前面に打ち出したのがライオンのソフランのCM。このCMで見せたエプロン主夫姿は、前述の険しいイメージと対極的なイメージで強烈なインパクトを残すと共に、もう一つの西島秀俊の魅力を強調することに成功しています。

本作、『ブランケットキャッツ』で扮する椎名秀亮というキャラクターは家具の修繕職人で、如何にも職人然としたぶっきらぼうなところがあり、いつもの役に近い厳しい表情も見せます。しかし、言葉少なに、ストレートにぶつけてくる台詞は的を射ていて、優しさ故に厳しい言い方をしてしまう感じのキャラクターになっているのです。
本作で彼が着けるエプロンは職人としてのもので、主夫のするようなエプロンとはちょっと趣が異なります。しかし、亡き奥様が遺した猫を文句を言いながら世話しつつ、その猫たちが本当に幸せに暮らしていける家庭かどうか、借りていく人々をよく観察し、時に助言をし、認められれば送り出してやる、そういう優しさと不器用さが共存するキャラクターは、CMで見せる駆け出し主夫のたどたどしさにも通ずるところがあり、いい歳をした男性の可愛らしさを存分に愉しめるのです。

見どころ②:西島“猫まみれ”秀俊が最高!


2年前に交通事故で帰らぬ人となった奥様が遺した7匹の猫と暮らす椎名秀亮。猫好きだった奥様と違い、秀亮は猫の扱いを知らなかったようで、毎回猫の世話にてんてこ舞い。その後のシーンでよく家具の修繕を平然とやってられるなぁ……と思うほどのテンパりっぷりを見せてくれます。好い男が猫に翻弄される様は可愛いことこの上ありませんぜゲヘヘ(ゲスな笑い)。
そんな秀亮こと西島秀俊を翻弄し、猫まみれにさせる7匹の猫たちをちょこっとご紹介します。Y!mobileのCMの“ふてニャン”こと春馬くんや、『猫侍』の玉之丞役のあなごちゃんでおなじみ、ZOOプロ所属の猫ちゃんたちです。

チャイ


マイペースでさびしん坊おしゃべり大好きなチャイの役を演ずるは焦げパンくんオスのペルシャ猫です。なんと、ドラマは今回のブランケットキャッツがデビューという、タレント猫一年生です。

たま


人見知りで少し気難しいという、ちょっと難儀な白猫ちゃんを演ずるはオスのたまおくんしっぽの先だけ黒いんです。積水ハウスのCMイオン銀行のwebCMなどに出演しています。

みこ


食いしん坊なのに怖がりで慎重なみこを演ずるはみーこちゃんスコティッシュフォールドの女の子です。映画「3月のライオン」ヤマハ音楽振興会のCMY!mobileのCM「DJふてニャン」篇になめ猫役として出演のベテラン猫さんです。

キー

甘えん坊で抱っこされるのが大好きなキーを演ずるのはオスの金時くん。和風の名前の通り日本猫ちゃんだそうで、映画「猫忍」でデビューした新人さんです。

むぎ

しっかり者だけど少し臆病なむぎちゃんを演ずるはにぼしちゃん4月に赤ちゃんを産んだばかりのママさん猫ちゃんで、NHKBSプレミアムの「The Covers」にレギュラー出演していたり、朝ドラの「まれ」にも出演していたベテラン猫さんです。

ペコ

やんちゃで遊び好きで、人の肩に乗るのが大好きというペコを演ずるはうにちゃん男の子で、元気さがウリの茶トラちゃん。映画「猫忍」にも出演しています。

クロ


おとなしくて優しい、争うのが嫌いなクロを演ずるのはジャックくんスコティッシュフォールドの黒猫ちゃんで、2007年生まれと古株です。映画「3月のライオン」「猫侍」NHKの「夏目漱石の妻」「黒猫、ときどき花屋」など多数に出演している大ベテランです。

・週末の夜に西島秀俊と猫に癒されるおすすめドラマなのです!

如何ですか? どのコも粒揃いで可愛いコたちばかりでしょう? こんな可愛い猫ちゃんたちを愛でつつ、それにまみれる西島秀俊も愛でれる、一粒で二度美味しいドラマがこの『ブランケットキャッツ』なのです。
皆さんも是非、週末の夜は『ブランケット・キャッツ』で癒されて下さいませませ。
こちらの記事もチェック!