仮面ライダー電王は佐藤健の黒歴史?ファン号泣の衝撃事実に迫る

以前から佐藤健さんの黒歴史ではと噂があった「仮面ライダー電王」。

この度衝撃事実が発覚しファン号泣の出来事が起こっちゃいました。

そんなファン号泣の事件とは?

「仮面ライダー電王」時代の佐藤健さんを徹底解明しちゃいます。

佐藤健の黒歴史と噂のある「仮面ライダー電王」って?

「仮面ライダー電王」とは2007年から約1年にわたって放送された日曜朝8時からの特撮テレビドラマ作品です。主役の野上良太郎役を佐藤健さんが演じました。記念すべきドラマ初主演ということと、特技のブレイクダンスが作品の中でも存分に生かされており子供だけでなく母親からの人気も高く多くの話題を呼んだ作品となりました。
高い人気からDVDは平成ライダー史上一位の売り上げを出し、シリーズ映画も8作品つくられることとなりました。主人公の野上良太郎の臆病で引っ込み思案な性格でありながら「誰かを救いたい」という想いが人一番強い部分である繊細な雰囲気が佐藤健さんにピッタリマッチしていました。

ライダー史上異例の人気っぷりな「仮面ライダー電王」

ライダーのモチーフとして電車が使用されていたり登場人物のキャラクターの個性がしっかり活かされたストーリーがあったり等楽しみどころがいっぱいの仮面ライダー電王でしたが、死者人数が極めて少ないというのがライダー史上異例だと言われ成功を得ました。子供の目線から見て楽しめるのはもちろんのこと、大人の目線から見ても楽しめる作品となっています。

「仮面ライダー電王」出演時の佐藤健の年齢は?演技はどうだった?

「仮面ライダー電王」出演時の佐藤健さんは17歳で当時仮面ライダー史上最年少の主役と言われいました。「仮面ライダー電王」はドラマの中で憑依され性格が変わるシーンがあるのですが、佐藤健さんは七変化の性格を見事に演じ分けており最年少ながらも演技力が抜群だと言われていました。
あまりの演じ分けぶりに番組のプロデューサーや脚本家もべた褒めで佐藤健なしではこの番組は成立しなかったと後に語ったほどでした。現在でも演技力に定評がある佐藤健さんですが、デビュー当時からすでにその頭角が表れていたようです。

当時は電車で撮影現場へ通っていた!?

17歳という若さで主役に抜擢された佐藤健さんですが、当時は満員電車に乗って撮影現場に通っていたことを後のインタビューで明かしています。当時良く頑張っていたと思うと自分でもいうほどその当時の撮影はなかなかハードだったようです。確かに主役でさらに7役を演じ分けるのですから想像しただけでも大変そうですよね。

佐藤健が映画「仮面ライダー電王」に出なかったワケ

あまりの人気に映画も8作作られた「劇場版仮面ライダー電王」ですが佐藤健さんは3作目までしか出演をしていません。主演なのに3作目までしか出演していないことから佐藤健は「仮面ライダー電王」に出ていたことをなかったことにしたいのではないか?何か問題を起こして降板させられた?などの憶測が飛び交いました。
実際にはただ単に出演契約期間が切れてしまったことが理由なだけで特に闇深い理由はありませんでした。契約期間を延長しなかったことに関しては、役者のイメージが固定されるのを回避したかったという事務所の判断があるようです。人気ドラマゆえに役者のイメージが強すぎたことは確かですね。

佐藤健がインタビューで語った電王への想い

「劇場版仮面ライダー電王」の途中降板により黒歴史なんじゃないかと噂が立ってしまった佐藤健さんですが、後々に「仮面ライダー電王は記念すべきデビュー作であって、これがなければ今はない」と語っています。この発言を見る限り決して黒歴史ではなく、大切なデビュー作としての思い出であるようです。
公式プロフィールを見てもきっちりとデビュー作に「仮面ライダー電王」が明記されているので事務所的にも隠したいということは一切ないということではないでしょうか。そもそもこれだけ人気があったドラマなので黒歴史にする必要がありませんよね。

佐藤健がイベントに電話で参戦!ファンの熱い思いに応えた復活!

2017年2月に仮面ライダー電王10周年を記念したイベントが開催されました。当時の出演者の登場に会場いっぱいのファンが大興奮することとなったのですが、終盤に佐藤健さんもサプライズとして電話での出演を行いました。このサプライズにファンは歓喜の大号泣となり会場は佐藤健さんが演じた良太郎コールで沸きました。
電話で佐藤健さんはイベントに出演できず残念であることと、仮面ライダー電王に対しての熱い想い、10年経ってもこの作品を大切にしてくれるファンへの感謝の気持ちを述べ、次のイベントには参加したいという意気込みを語りました。共演者が佐藤健さんからのサプライズに涙ぐむ一面もあったようです。

ファンに仮面ライダー電王が愛される理由!

[SS] taketere vol.49

satou takeru 佐藤健さん(@satoutakeru.id)がシェアした投稿 –

10周年記念イベント後に共演者からの「いつまでもみなさんの心の中に仮面ライダー電王という名の電車が走り続けますように」という言葉があったことからも分かるように仮面ライダー電王は出演者が作品をいつまでも大切に愛しているイメージの作品です。佐藤健さんももちろんこの作品を大切にしている出演者の一人ということが今回の電話出演によってファンの心に刻まれました。
10年経っても「仮面ライダー電王」が愛される理由は佐藤健さん率いる出演者陣の熱い想いがファンに届いているということが大きな理由のようです。
俺たちの仮面ライダーシリーズ 電王 10th ANNIVERSARY (HINODE MOOK)
日之出出版 (2017-05-10)
売り上げランキング: 64,050

仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)
V.A.
エイベックス・マーケティング (2008-01-16)
売り上げランキング: 46,730