【ゴールデンカムイ】 尾形百之助がかっこよすぎて魅力を紹介せざるを得ない

今人気急上昇中の男、「尾形百之助」をご存知だろうか?スナイパーである彼は、「ゴールデンカムイ」という奇人・変人・強者が闊歩する世界で無二の存在感を放ち、淡々と敵を撃ち倒していく。決して目立つような男ではないのに、なぜ人気なのか?不敵な笑みをたたえる彼の魅力に迫る!

元第7師団・尾形百之助が人気らしい!?

まだ記憶に新しいマンガ大賞2016において、大賞を受賞した「ゴールデンカムイ」。独特の作風とスリリングなアクションシーンが魅力の本作において、今人気急上昇中のキャラクターがいます。それが「尾形百之助(オガタヒャクノスケ)」です。

ゴールデンカムイを読んでいる方はご存知だと思いますが、ゴールデンカムイに登場するキャラクターは変人・奇人、そして強者ばかりです。尾形はその中でも存在感がある方ではなく、積極的に前に出て目立つようなキャラクターではありません。しかし他のキャラに負けず劣らずの人気なのです。

不敵な笑みの奥に秘めた強さ、かっこいいだけではない意外な一面、表情からは想像できない壮絶な過去・・・。今回はそんな尾形百之助の魅力を紹介していきます!

銃をもたせりゃ天下一品の尾形百之助、最強のスナイパーだった

尾形百之助を紹介する上で外せないのが、彼が作中随一のスナイパーであるということです。本作の舞台は、日露戦争後の明治の北海道。尾形はその日露戦争に参加し様々な激戦地を渡り歩いた大日本帝国陸軍・第七師団の一員で、尾形はその射撃の腕を見込まれています。

初登場した一巻でも、主人公の杉元との戦闘になった発端は尾形の狙撃でした。この一発で、尾形は杉元たちが捉えた刺青の囚人の額を撃ち抜きます。この時杉元は飛翔音と衝撃波の間隔で実に200間(360メートル)もの狙撃であると判断します。

また再登場した五巻でも、アシリパの村で療養をしていた谷垣をかなりの距離から狙撃しています。幸い額を掠めただけでしたが、その後は「三百メートル以内なら確実に相手の頭を撃ち抜ける」と断言しています。相当な自信ですが、一歩間違えば谷垣は頭を撃ち抜かれていたでしょう。



数字だけ並べてもあまりピンとこない・・・という方もいるでしょう。しかし、尾形が狙撃をしているのは現在より一世紀も昔の舞台で、三十年式歩兵銃という陸軍の基本装備、そして遠距離狙撃用のスコープもありません。生身の銃で、肉眼で300メートル以上もの距離から狙撃をしているのです。

まだ銃剣突撃などの無謀な戦術が有効とされていた時代です。この尾形の狙撃の腕前も、彼を人気たらしめている大きな要因でしょう。

杉本との激戦で負傷した尾形…その後仲間に?



そんな狙撃手尾形ですが、一巻の杉元との戦闘で負傷してしまいます。狙撃した後に追撃を試みた尾形でしたが、アシリパの罠で銃を奪われてしまい、杉元と銃剣を用いた近距離戦に突入します。そこでも一瞬で杉元の銃のボルトを抜くというはなれ技をやってのけます。かっこいい・・・。

しかしその後は肉弾戦に強い杉元に歯が立たず、右腕を折られて退却し、背を向けたところで杉元の投げた銃の尻が命中。そのまま冬の川に落ちてしまいます。その後第七師団によって引き上げられますが、体はボロボロで満身創痍の状態。再登場する五巻まで名前しか出てきません。

しかし再登場すると、一巻でのやられ役っぷりはどこへやら。第七師団を脱走した後、スナイパーとしての本領を発揮しつつ、転々と立場を変えていきます。そして最終的には土方一味と杉元たちが手を組んだことで、土方たちと行動を共にしていた尾形もそこに加わります。

これぞアツい展開!杉元たちにとっても、狙撃が得意な尾形と共に戦うことになったのは心強いでしょう。何より、ふらふらとしているように見せて自分で自分を売り込んだり、淡々と敵を倒していく尾形は強かと言わざるを得ません。実力だけではない強さが垣間見えます。

1 / 3