【柴崎岳】誰がここまで予想した!スペインでの柴崎の活躍と進化の秘密とは?

【柴崎岳】活躍の場をスペインに求めた若武者!「スペイン移籍は失敗」の多かった声を裏切る大活躍とは!?そして、なぜ背番号10を背負えたのか?に迫ります。

柴崎岳のスペインで残した“結果”と“進化”とは?



柴崎岳選手のスペインで残した“結果”ご存じですか?鹿島アントラーズからスペインのテネリフェに移籍したのは今年の1月の終わりでした。テネリフェ在籍の半年間で、チームの1部昇格プレーオフの準決勝で決勝ゴールを決め、昇格プレーオフ決勝では2試合連続アシスト。これが見事半年間のスペインで残した“結果”です。

この素晴らしい“結果”が昇格プレーオフ決勝で対戦したヘタフェへの移籍に結びついたのです。スペインに移籍してからは、“体調不良”や“激やせ”で「すぐ、日本に戻るだろう」との声が多かった予想を、見事に良い意味で裏切ってくれました。

昇格プレーオフ決勝で対戦したチームから引き抜きされたのは実力を認められ、2試合連続アシストは“脅威”だったのだと思います。

そして柴崎岳選手の“進化”とは何だと思いますか?私はスペインでプレーしてから、フィジカル(球際の強さ)が際立って違うように感じます。柴崎岳選手といえば、長短関係なく正確なパス、そのキックの精度だから出来るコースを狙ったミドルシュートが特徴でした。それに加え守備での強さもスペインにきて身に付いたのです。

テネリフェでの半年間で、スペイン2部で十分通用する事を証明した柴崎岳選手。これからは、レアルマドリードやバルセロナ、乾貴士選手とのリーガエスパニョーラ初の日本人対戦と見どころが沢山あります。これからはどんな“進化”をして1部でどこまで出来るのか?楽しみです!

柴崎岳の乗り越えた“壁”とは?

ここまで柴崎岳選手の“結果”と“進化”について、そして半年間で乗り越えた大きな“壁”はご存じでしょうか?最初にぶつかった“壁”は「言葉」。海外でのプレーには必須のコミュニケーション能力だと思います。スペイン語も英語も出来ない柴崎岳選手は通訳頼りでした、それもあってなかなかチームに馴染むのに時間がかかってしまいました。

もうひとつの“壁”は、「精神的な疲労」。半年で結果を残さないと日本へ戻る、コミュニケーション不足、食生活、睡眠障害、が重なってしまい「精神的な疲労」で激ヤセしてしまいました。それでは自分らしいサッカーは出来ませんよね?思い切って気分を変える為に美術館や、わざとサッカーから離れたのが良い方向に向かいました。

「言葉」そして「精神的な疲労」の大きな“壁”を見事に乗り越えてみせた柴崎岳選手。半年と期間が限られた中でゴール、そしてアシストと数字で結果を残した事でひとまわりもふたまわりも、選手として成長したと思います。

プレッシャーは想像出来ない程だったと思いますが、もともと緊張とかプレッシャーという事が似合わない柴崎岳選手には良い刺激になったでしょう。

みんな気になる柴崎岳の彼女は?そして結婚のウワサ!?



柴崎岳選手はイケメンとしても有名で、プレーだけじゃなく見た目もセクシーなので女性ファンも多いです。そして、みんな気になる「彼女」について、ウワサやネットではあの“桐谷美玲さん”の名前がちらほらありますが、そんな事実まったくありません!生真面目な性格の柴崎岳選手はもし彼女がいても上手に隠し続けるでしょう。

もちろん「結婚」もしていません。綺麗な芸能人とウワサが出たり、イケメンで女性ファンが多いのにサッカー一筋に見える。誰かと似ていませんか?そう、鹿島アントラーズの先輩でもある“内田篤人選手”に似ていると私は思います。

なので、“ウッチー”のように電撃結婚になると予想しています。女性ファンからしたら悲しいかもしれませんね。

これまで一筋だったのに新しい“彼女”になりました!“彼女”と言ってもサッカー選手の別名“彼女”スパイクです(笑)これまでは、ずーっと「アディダス」だったのですが、新しく「アンブロ」に変更したのです。

サッカー選手の唯一こだわれる武器のスパイクメーカー変更は簡単では無いです。ある意味、本当の彼女より気持ちが深まってるかもしれません。今回、スペインで勝負するので新たな気持ちになるひと役を「アンブロ」がお手伝いしてるのでしょう。

スパイクが「アンブロ」だと、余計に“遠藤2世”に近づいてきています。

柴崎岳に与えられた背番号10の理由とは?

スペインリーガエスパニョーラで日本人選手が背番号10を与えられる日がくるとは想像もしてなかったです。最近までは、イタリアセリエAで本田圭佑選手のミランで背番号10でも信じられない出来事でした。

柴崎岳選手が何故背番号10を与えられたのでしょうか?もちろん、2部テネリフェでの大活躍と1部昇格プレーオフでの勝負強さが評価されたのです。これまでヘタフェで背番号10を背負った選手に、元スペイン代表ルベン・デ・ラ・レーがいたことに驚きました。

ヘタフェでのプレーが認められ、移籍したレアルマドリードで活躍したテクニックのある好きな選手でした。その背番号を柴崎岳選手が背負うなんて、嬉しいです!



そして、今回移籍したテネリフェはスペインのマドリード州に本籍地を置くサッカークラブです。ここで気付いた人もいるかもしれませんね?柴崎岳選手は以前、あのレアルマドリードから2得点を奪った事のある選手!

同じマドリード州のサッカークラブのレアルマドリードから2得点した柴崎岳選手は、リスペクトも含めスーパースター扱いされているのです。1部昇格プレーオフで対戦して選手としての能力と、レアルマドリードから2得点した選手。期待の表れが背番号10を与えられた“理由”に繋がったのだと思います。

柴崎岳がスペインに“残れた”理由は?



半年と期間が限られた中で、ゴール、アシストで結果をしっかり残し。十分スペイン1部で通用する選手だと認められたからスペインに残れたのだと感じます。私は、これまでの半年はスペインに馴れる期間で、これからが柴崎岳選手の本領発揮してくれるとかなり期待しています。

すでに、プレシーズンマッチではポジションもいつもやり慣れたボランチではなく、得意とする攻撃的なポジションのトップ下で出場してチームの攻撃の中心になっています。ヘタフェとの契約も4年と契約が長いのも選手として期待されている証明だと思います。

今回は限られた短い期間でも無く、攻撃の中心を任せられ、世界最高峰と言っても良いスペイン1部でのプレーはさらに柴崎岳選手の“進化”に繋がるでしょう!

柴崎岳の現在の立ち位置とこれから

やはりエイバル乾貴士選手との日本人対決は本当に楽しみのひとつになりました!そして、日本代表での柴崎岳選手が見たいのは私だけでは無いでしょう?今の日本代表は世代交代が進んできいますし、“ポスト遠藤”と言われ続けてきたので、ロシアW杯に向けてそろそろギアをひとつ上げて日の丸を背負った姿が楽しみです。

宇佐美貴史選手や、小林祐希選手など天才肌の多いと言われるプラチナ世代のひとりでもある、柴崎岳選手にも日本代表のポジョン争いに食い込んできて欲しいです。ボランチにはパスの出し手が不足してるように感じるので、ピッタリだと思うんですが。

ハリルホジッチ監督の好きな「デュエル」(当たりの強さ、球際の強さ)も得意になってきてるので、呼んでよ!呼んでよハリル!

それにはまず、ヘタフェでしっかり結果を残す事ですよね?皆さんも期待しましょう!ひと昔前は「日本人選手はスペインでは通用しない」なんて言われていましたが、昨シーズンの乾貴士選手のバルセロナからの2得点はかなり衝撃的でした。

もう、「日本人選手でも背番号10を背負える」までに成長したのです!乾貴士選手は昨シーズンに引き続き頑張ってもらい、同じマドリード州の強豪チームアトレティコマドリード、レアルマドリードやバルセロナ相手に大暴れする背番号10の柴崎岳!開幕が待ち遠しいです!

フットボールサミット第34回 柴崎岳
カンゼン (2016-03-29)
売り上げランキング: 33,234