『聖闘士星矢』強さランキングTOP20!最強の闘士は誰だ?

1985年(昭和60年)12月より週刊少年ジャンプで連載を開始した聖衣(クロス)と呼ばれる星座の趣向を凝らした鎧やギリシャ神話をモチーフにした物語が人気の聖闘士星矢。今回は登場人物の強さランキングをご紹介!

聖闘士星矢の面白さとは

懐かしさと同時に新鮮さが筆者を聖闘士星矢の世界に再び呼び込む。当時小学生だった僕らにとって、聖闘士(セイント)や小宇宙(コスモ)聖衣(クロス)と言った言葉の響きは、とても美しく、まるで宇宙そのものだった。
聖衣(クロス)に憧れ、いつか大人になると自分も聖矢のように聖衣を着て邪悪な何かと戦うんだと思っていた。ペガサス流星拳は、北斗百裂拳を越え当時の子供達はこぞって聖闘士星矢ごっこをしていた。
ペガサス星矢、ドラゴン紫龍、キグナス氷河、フェニックス一輝、アンドロメダ瞬の5人の青銅聖闘士(ブロンズセイント)、と黄金聖闘士たちとの戦いは目が離せなかった。
今回は聖闘士星矢の登場人物の中で誰が一番強いのかということをリサーチ!TOP20で紹介していくので是非ご覧いただきたい。そのことを知った上でもう一度聖闘士星矢を読み返すならば面白さが20倍だろう。

『聖闘士星矢』強さランキングTOP20!

第20位 海ヘビ星座 市

使える画像を探すのも一苦労!原作やアニメでは初期に登場する青銅聖闘士。かなりの聖闘士星矢マニアでなければ知らない人物か!?。20位にランクイン!すみません使える画像なかったです…。
ヒドラの聖衣には拳やニーパットに毒の牙が隠されている。神話のヒドラの首のごとく無限に再生する。メロウポイズンはこの毒牙攻撃のこと。当初は技に名前はなかったが「ヒドラの毒牙」と呼ばれていたこともあった。
十二宮編ではこの技で雑兵一人を倒している。性格はニヒルで、「勝敗は常に顔で決まる」と言い放つ。

第19位 大熊星座 檄

20位の市の画像ありました!上記左が市で、ハンギングベアーを掛けているのが檄。やられているのは星矢。しかしこちらも青銅聖闘士5人衆よりは人気が劣る。19位にランクイン!
通称ベアー檄。青銅聖闘士の中でも肉体的パワーだけなら最強とされ、修行時代は何万頭もの大熊を絞め殺したと豪語する豪腕の持ち主。
銀河戦争では星矢と対戦しハンギングベアーで星矢を締め上げるが、聖夜に両腕の原子を破壊され連続キックを喰らい敗退している。
大熊星座「グレートベア」は北半球のほとんどで、年間を通して見える星座。

第18位 一角獣星座 邪武

La animación deja mucho que desear, pero el dibujo de la OVA 28 de Hades Elysium es fabuloso. #聖闘士星矢 #SaintSeiya

Marioさん(@mariosierrasanz)がシェアした投稿 –

邪武は個人的には結構好きなキャラクター。でも星矢にはやはり叶わないのかなぁ。物語の前半は結構活躍していたよね、今回は18位にランクイン!
通称はユニコーン邪武。主人公の星矢同様の熱血漢。青銅聖闘士一のスピードの持ち主。原作者の車田正美氏によれば、当初の構成では星矢たち同様にレギュラーキャラクターとなるはずだったが、キャラが星矢とかぶることから準レギュラーとなった。
必殺技のユニコーンギャロップは無数の蹴りを敵に浴びせる技である。
アニメ版ではユニコーンの角がドリルのように回転して敵の聖衣を破壊するという邪道な荒業もみせる。

第17位 白鳥星座 氷河

ダイヤモンドダストは結構真似した記憶がある。かっこよかったもんなぁー氷河。強さは青銅聖闘士の中では5番目かな。でも彼がいないと聖闘士星矢は語れないんだ、17位にランクイン!
通称キグナス氷河、青銅聖闘士5人組の一人。父親は星矢をはじめとする青銅聖闘士同様、父はグラード財団総帥の城戸光政。氷河のみ、その事実を知っていたものの、光政からは認知されていなかった。
船の事故で母の遺体は氷点下の海水によってそのままの状態で保存されていたため、聖闘士となり深海の母の元に花を届けて見舞っていた。
必殺技はダイヤモンドダスト、小宇宙で作り出した凍気をブローに込めて放ち、相手にダメージを与え凍結させる。

第16位 アンドロメダ星座 瞬

瞬はあまり人気なかったっていう記憶がある。なんか乙女すぎてね。でも強いんだよ。だから差し引いてそこそこの人気はあったって訳。一輝の弟としても魅力あったキャラクター今回は16位!
戦いを好まない心優しい性格。顔立ちは少女と見まごうほど整っており、青銅聖闘士一の美少年ともいわ銀河戦争では女性の観客から騒がれていた。
青銅聖闘士一の実力の持ち主であるフェニックス一輝の実弟だけあり、瞬もまた高い潜在能力の持ち主である。
一撃で黄金聖闘士を倒すだけの生身の拳を持っているにも拘らず、敢えてその技を封印している。
必殺技は星雲鎖(ネビュラチェーン)瞬が腕に装備している星雲鎖で相手を攻撃する。鎖自体が本能を持っているため、自在に操ることができる。

第15位 龍星座 紫龍

個人的には1番好きかも。やっぱドラゴンって男の子の気をひく言葉だよなぁー。キャラクターとしても物語感が面白い紫龍、だって師匠が童虎。そらぁ人気でるよなぁ。
龍星座の紫龍。孤児という逆境を切り開く強さを求め、死地への誘いとも言うべきグラード財団の求めに応える。
龍神伝説で名高い、中国・廬山五老峰で老師こと黄金聖闘士・天秤座の童虎に師事し、5年間の修行をする。
必殺技は廬山の大瀑布をも逆流させるドラゴン最大の奥義・廬山昇龍覇
紫龍は大瀑布の底に眠っていた龍星座の聖衣を得て、聖闘士となる。

第14位 牡牛座 アルデバラン

黄金聖闘士の中では一番人間的というか、力がものすごい。ちなみに写真は一番右のでかい人。人気、強さを掛け合わさせて14位にランクインさせてみた!いかがでしょうか?
「黄金の野牛」の異名を持つ。野武士のような顔つきと頑健な体格のパワーファイターであらゆる物を粉砕する拳、並みの攻撃を訳無く跳ね返す強靭な肉体、さらには俊敏さも併せ持っている。
アルデバランが本気を出せば金牛宮が血の海と化していたとされる程の実力、本編ではセブンセンシズに目覚めつつあった星矢に聖衣の角を折られ敗れている。

第13位 水瓶座 カミュ

最近女の聖闘士星矢ファンから人気があるらしカミュ。まぁイケメンだからなぁ。当時はそんなでもなかった気がするけど。強さは本物だった。
「水と氷の魔術師」と呼ばれる氷の闘技の使い手。キグナス氷河とアイザックの師匠でもある。性格はいかなる時でもクール。宝瓶宮での氷河との闘いでは、命を懸けて氷河を絶対零度にまで導くと共に、
男なら闘いの中で節を曲げることなく最後まで自分の立場で闘い抜くことを教える。
カミュ最大の拳・オーロラエクスキューションは両手を組んで頭上に揚げるように構え、そのまま両腕を前方に下ろして技を放つ。

第12位 蟹座 デスマスク

デスマスク。名前からしてヤバさを感じる。蟹座のデスマスクも最近になってかなり人気が上がってきたキャラクター。結構ダンディーな顔つきが印象。
巨蟹宮を守護する。闘いと殺戮を至上の喜びと感じる性格で、善悪の区別は時代と共に変化するという信念の持ち主。彼に殺されたものは死後も浮かばれず、巨蟹宮の内壁に無数の死に顔(デスマスク)となって浮かび上がっている。
相手の魂に直接攻撃を加えて冥界へ落とし込む闘技の使い手であり、自身も生きながらにして現世と冥界の入り口を行き来する。

第11位 魚座 アフロディーテ

筆者の星座は魚座だから個人的には応援したい。でもアイオリアやサガみたいなかっこよさはなくて、乙女チックなんだよなぁ。そこそこ強いみたいだけど。画像は探しきれなかったので聖闘士星矢っぽい画像を一枚。
最後の宮・双魚宮を守護する。88星座の中でもトップクラスの美貌の持ち主。「天と地のはざ間に輝きを誇る美の戦士」
アニメでは「その美しさとは裏腹に、最も恐るべき聖闘士」とも呼ばれていた。
小宇宙によって毒薔薇の性質を変化させて様々な華麗な技を繰り出す。

第10位 山羊座 シュラ

作中でもアイオリアやサガに比べるとインパクトに掛ける。シュラの特徴は以下の通り。でも必殺技は結構やばかった記憶がある。
磨羯宮を守護する。黄金聖闘士の中でも突出した体術の使い手で、その動作に追いつくものは数少ない。両手両逢が鋼のように研ぎ澄まされており、特に手刀の威力は黄金聖闘士の中でも最強とされている。
いかなる物でも切り裂く聖なる剣「エクスカリバー」は後々、ドラゴン紫龍に受け継がれる。
アニメではその性格が180度正反対の善の聖闘士として描かれた。

第9位 蠍座 ミロ

ほんと好きほんと好きもぉぉぉぉぉ大好き? ?? ?? ?? #聖闘士星矢 #黄金聖闘士 #ミロ様 #ミロ

ハランさん(@haran6544)がシェアした投稿 –

こちらも人気急上昇中、蠍座のミロ。「ミロ様」なんて言っている、アニオタなお姉さんもたくさんいるんだとか。でも確かにイケメン。「そうよ私は蠍座のミロよ」。
天蠍宮を守護する。スピード溢れる動きから繰り出される攻撃は蠍の猛毒の如く強烈で、最強の黄金聖闘士の一人であるカノンに対しても、ほぼ互角に戦う。
必殺技は人間の中枢神経を刺激し、激痛と共に全身を麻痺させるスカーレットニードル蠍座の15の星を形取る15発より成り立ち、1発打つごとに相手に降伏か死の選択を迫る恐ろしい技。

第8位 天馬星座 星矢

同物語の主人公、通称ペガサス星矢。主人公だからねー。当然1位じゃんて思うところだけど、強さを入れてしまうとやっぱサガやシャカには及ばないか。孫悟空のように圧倒的であれば話は変わってくるけど。
白銀聖闘士・鷲星座の魔鈴の下で6年間の過酷な修行を積む。明るく無邪気な性格で聖域で修行した事情もありアイオリアの良き弟分。
ペガサス流星拳は星矢を代表する必殺技である。天馬星座の13の星の軌跡を描く構えから、毎秒数百発以上の音速の拳を繰り出す。
ペガサス彗星拳は星矢の最大の拳。ペガサス流星拳の強化版ともいえ、分散して撃っていた流星拳を一点集中して攻撃力を高める技。今回は8位にランクイン!

第7位 鳳凰星座 一輝

アニメ版で一輝はあまり出てこないんだよね、でもなんつーかすごく頼りになるお兄ちゃん的存在。早く星矢たちを助けてーって感じだった。
通称フェニックス一輝、アンドロメダの瞬とは父母を同じとする実兄である。作中でも瞬から「兄さん」と呼ばれている。馴れ合いを好まず普段は単独行動をとっている。
聖闘士としての使命感は固く仲間の危機には駆けつける頼れる男。実力は青銅聖闘士最強と呼ばれる実力者である。
必殺技は鳳凰幻魔拳、相手の心の中に潜んでいる恐怖心を増大させることで、相手の神経にダメージを与え、幻覚や悪夢を見せて精神を破壊する技。

第6位 射手座 アイオロス

人馬宮を守護する。獅子座のアイオリアは実弟である13年前にアテナが降臨した数日後、前教皇の牡牛座のシオンから仁・智・勇を兼ね備えた聖闘士として教皇の座を任された。
実力は最強の聖闘士と謳われたサガ以上とも言われている。しかし様々な視点から今回は第6位にランクイン。
原作ではアイオリア必殺技は不明とされているが、アニメ版ではアトミックサンダーボルトを使用した。

第5位 獅子座 アイオリア

人気と強さ、両方持ち合わせる聖闘士星矢一の実力者といっても過言ではないだろう。マジでかっこ良いキャラクター。はっきりいって憧れてたわ。未だにかっこ良いんだなと感じる!
獅子宮を守護する。射手座のアイオロスは実兄。冥闘士から「黄金の獅子」と称された実力の持ち主。聖域では黄金聖闘士の中で1.2を争うとも聖闘士の中で1.2の屈強を誇るともいわれる。
正々堂々とした一直線の性格で、策略を好まない。アイオリアの持ち技は拳による光速の打撃のみであり、聖闘士の王道の闘方の使い手とされる。
必殺技はライトニングボルト・ライトニングプラズマ

第4位 牡羊座 ムウ

本当に強いの?と思ってしまうほど丁寧なオーラを持っている人物。敵なんだけどなんだか安心できる感じ。シャカが一目置くだけあって相当強いことは確かだが…。イメージとして戦っているイメージはあまりないなぁ。今回は第4位!
物静かな性格で目下の者にも敬語で話し、当初は「ジャミールのムウ」などと呼ばれていた。白羊宮を守護し、現代においてただ一人の聖衣の修復家といわれている。
サイコキネシス、テレポーテーションなどの超能力を最も得意とする。その力は全聖闘士の中でも最強と謳われており、デスマスクが憎まれ口と共に対決を避け、シャカが一目置く。

第3位 天秤座 童虎

まるでスターウォーズのヨーダみたい。こちらも双子座同様謎めいていて天秤聖衣のことがいつも気になっていた。強さは間違いなし!今回は第3位にランクイン!人気もやばし!
天秤宮を守護する。通称ライブラの老師。童虎(ドウコ)はドラゴン紫龍の師匠であり、「老師」と呼ばれ全ての聖闘士の尊敬を集めている。
サガからは、老齢ながら全聖闘士の中で最強と評されていた。教皇亡き後は事実上の聖闘士の最高指導者となっており、五老峰にありながら全ての聖闘士達に司令を与えている。
天秤座の聖衣は「星をも砕く天秤座の武器」と言われるほど強力な破壊力を秘めており、本来は黄金聖闘士専用の武器である。
普段は武器を用いず素手で闘う聖闘士であるが、アテナもしくは天秤座の聖闘士の許可が下りた時のみ天秤座の武器を使用することができる。

第2位 双子座 サガ

謎すぎてワクワクするキャラだった。正体は一体誰なのーって。聖闘士星矢の面白さがいっぱい詰まった実力ある人気キャラクター今回は銀メダル獲得!
双児宮を守護する。カノンとは双子の兄弟である。実力は黄金聖闘士の中でも群を抜き、その拳は銀河の星々をも砕くといわれ、相手を意のままに操る精神攻撃も得意とする。
「神の化身」と称されるほど優しく清らかな心の持ち主といわれ、アイオロスを除けばサガこそが新教皇に相応わしい人物と誰からも認められていた。
しかしアイオロスが教皇となったことにより心の奥底の眠った悪魔の人格が出現し、前教皇であるシオンを殺害している。
サガは遥かな空間を超えた小宇宙の使い手として多くの聖闘士から恐れられている。

第1位 乙女座 シャカ

乙女座です。 . #乙女座 #乙女座のシャカ #バルゴシャカ #聖闘士星矢 #Ω #神に最も近い男 #黄金聖闘士

浅井 輝比古 -Teruhiko Asai-さん(@kohirute)がシェアした投稿 –

なんだかんだの実力者。その強さは当時から身震いしていた。本当に強いキャラクターだった。サガと迷ったけど見事1位にランクイン!
処女宮を守護する。黄金聖闘士の中で「最も神に近い男」と呼ばれるほどの実力者で、仏陀の転生と言われている。目は不自由ではないが普段から常に両目を閉じている。それは5感を研ぎ澄まし第7感に当たる小宇宙を高めるためでる。
奥義・天舞宝輪にかかった相手にはその両目が開くことで感覚剥奪が発動される。常に冷静沈着で感情を露にすることはない。
自らは「唯一神と違うのは弱者への慈悲心が無いこと」と語っており星矢たちを餓鬼呼ばわりしたり、一輝に自分を神と崇めるよう告げた。
聖闘士の中で唯一セブンセンシズを超える「エイトセンシズ」に目覚めていることからも第1位に輝いた。

聖闘士星矢と過ごす時間

今回は青銅聖闘士と黄金聖闘士を中心にベスト20という形で強さをランキングした。聖闘士星矢の場合は戦闘力などの数字で強さを判断することはなかなか難しく、物語の中での具合をベースにランク付けした。
もちろん他の聖闘士星矢ファンのご意見も参考にさせていただいた。実際、シャカとサガなどは順位が逆転している場合もあり、甲乙つけがたい。
聖闘士星矢と過ごす時間は人間味溢れ、個性豊かなキャラクターとスケールが大きいようで意外と世間の狭さを感じる、世界観がたまらなく面白い。
小宇宙(コスモ)といった言葉は当時小学生の間での流行語だった。聖衣に憧れ、黄金聖闘士の強さには本当に憧れた。当時は新感覚だったえ聖闘士星矢は今大人になってからも改めて奥深い、漫画であることを知った。