【犬夜叉】珊瑚になりたい!弥勒ファン歴16年のわたしと彼の魅力を振り返ろう

みなさんは大人気作品「犬夜叉」に登場する魅力的なキャラ、弥勒を覚えていますか?ただのエロ法師と思われがちな彼ですが、実は大人な魅力がたくさん詰まっている素敵なキャラなのです!今回は弥勒ファン歴16年のわたしが、そんな彼の魅力についてたっぷりと語らせていただきます!

「犬夜叉」登場キャラ、弥勒とは?

最近舞台化がされ、未だにファンに大人気の作品「犬夜叉」。そんな犬夜叉に登場する「弥勒」というキャラをみなさんは覚えていますでしょうか?女ったらしのエロ法師と思われがちな彼ですが、実は犬夜叉御一行の中では(犬夜叉を人間換算にした場合)一番最年長な大人なキャラです。
そして個人的なことで申し訳ないのですが、この弥勒に関してわたし自身とても思い入れがあります。「犬夜叉」という作品はわたしをアニメ好きにしてくれた思い出の作品であり、また弥勒は初めて大好きになったアニメキャラでもありました。

昔コスプレイヤーだった時代に初めて衣装を手作りしたキャラもこの弥勒でした。そんな弥勒大好きなわたしが今回は彼の魅力をドーンとご紹介します!弥勒の素敵な一面はもちろん、大好きな珊瑚との名シーンも振り返ります。
この記事を読めばあなたもきっと弥勒を大好きになってくれるはずです!弥勒ファンのあなたも、他のキャラが大好きなあなたも、ぜひこの記事を最後までご覧くださいね!

弥勒の初登場シーンってどんな感じだった?

弥勒の初登場シーンはどのような感じだったかみなさんは覚えていますか?漫画での初登場は5巻、アニメでは16話でしたね。最初はかごめが持つ四魂のかけらが目的でした。いつも通りの名台詞「私の子を産んでくだされ」も炸裂し、とてもインパクトの強い初登場でした。
まだこの時は犬夜叉とかごめの仲もそこまで深くはありませんでしたが、女性経験の多い弥勒は二人の仲に既に気付き始めていましたね。さすが女性のことは何でもわかっているジェントルマンです!この回から弥勒も犬夜叉たちと共に行動をしていくことになりました。

弥勒の武器&弱点「風穴」とは?

弥勒といえばその右手にある風穴ですよね。何でも吸い込んでしまうという弥勒最大の武器ですが、実はこれは奈落にかけられた呪いだったのです。弥勒の祖父が若かりし頃に奈落と対峙し、その時に呪いをかけられてしまいました。
この呪いは奈落を倒さない限り代々受け継がれてしまいます。「最大の武器が受け継がれるならいいじゃない!」と思いますが、この風穴、歳を重ねるごとにだんだん大きくなり最期には自分自身を吸い込んでしまうという罠が隠されています。

弥勒自身、父親が目の前で風穴に吸い込まれてしまうところを目撃しています。自分もいずれはそうなってしまう、その恐怖と毎日戦っていました。
さらに吸い込んだものは弥勒自身にダイレクトに影響してしまいます。その代表的なものが奈落の作った最猛勝という毒虫です。この最猛勝を風穴で吸い込むと、弥勒の体は毒に侵されてしまいます。奈落が用意した最大の風穴対策ですね。
このように、大変役に立つ風穴ですが多くの弱点を抱えていました。命の危険もあることから早く奈落を倒して呪いを解きたいところでした。

ドキドキが止まらない!弥勒と珊瑚の関係

ファン赤面!弥勒のプロポーズ

弥勒と言えば珊瑚との関係が気になるところですよね。実は作中で弥勒が珊瑚にプロポーズをしていたのです!奈落との戦いが終わったら自分の子どもを産んでほしいという弥勒にドキドキが止まらなかったことを覚えています。実はこの二人の様子を犬夜叉、かごめ、七宝の3人は覗き見しています。可愛いですよね。
漫画でいうと30巻、アニメでは132話「弥勒法師の最も危険な告白」という回で見ることができます。弥勒のプロポーズで涙を浮かべる珊瑚、とても嬉しそうでしたね。妖怪退治屋ということで強い所ばかりが印象的な珊瑚ですが、ここでは女として可愛い一面を見せてくれます。

珊瑚が弥勒に大胆行動!?

そして完結編19話「琥珀の欠片」にて、なんと寝ている弥勒に珊瑚が口付けをします!恥ずかしがり屋で自分からはあまりこのような行動にでない珊瑚ですが、この時は弥勒への愛を感じることができてドキドキしましたね。もう二人は通じ合っているんだなという感じがします!
漫画やアニメではこの他にも二人で妖怪退治に行くシーンや二人が中心の回があり、ファンとしてはニヤニヤが止まらないものもたくさんありますよ!ぜひみなさんも好きなシーンを見つけてみてくださいね。

【ネタバレ注意】結局二人は最後どうなったの?

漫画でもアニメでも最終回を迎えた「犬夜叉」ですが、この二人は一体どうなったのでしょうか。気になりますよね!
奈落を倒した後、二人は弥勒のプロポーズ通りに結婚をします。そして双子の子どもと、さらにもう一人赤ちゃんを産んでいました。なんと子だくさん!子どもをあやしながら家事をする珊瑚の表情はすっかり母親になっていました。
弥勒は相変わらず法師としてしっかり働いているようでした。幸せそうな理想的な家族になっていてファンとしてとても微笑ましかったのを覚えています。

話題の「犬夜叉」舞台!弥勒はどうだったの?

実はこの「犬夜叉」という作品、舞台化していたことをみなさんはご存知でしょうか?2017年4月6日(木)~15日(土)の10日間、天王洲 銀河劇場にて延べ14公演をこなして千秋楽となりました。大変短い期間だったので舞台自体を知らなかったという人も多いかと思います。
この舞台、大変評判が良く6月2日にフジテレビTWOで独占放送され、また7月26日にはDVDも発売になりました。Twitterを始めとするSNS上でも「面白かった!」「また観たい!」「再公演希望!」の声が多く、続編を望む声も多く目にするようになりました。

さてそんな大好評だった舞台ですが、肝心の弥勒はどうだったのでしょうか。演じてくれた俳優は滝口幸広さんです。テニミュでおなじみ「テニスの王子様」のミュージカルでは大石秀一郎役を務めていることで有名な方です。もちろん舞台だけでなく多くのドラマや映画でも活躍されているベテラン俳優です。
そんなベテラン俳優が演じる弥勒もとても評判が良かったようです!この美しいビジュアルはもちろん、その笑顔が爽やかで素敵だったという声を聞くことができました。女性にかますセクハラや仕草も可愛くて、原作がきちんと表現されているようでした。

ただのセクハラ法師とは呼ばせない!大人の魅力を持つ弥勒

ここまで弥勒の魅力について語ってきましたがいかがでしたでしょうか。弥勒といえば女性にセクハラばかりする法師という印象が強いかと思いますが、大人の魅力も兼ね揃えたとても素敵なキャラなのです!珊瑚とも良好な関係を築くことができ、まさに理想的な家族を作り上げていましたね。
最終回で3人目の子どもを産んでいたことは正直とても驚きました。さすが子孫を残したかった弥勒らしく、とても子だくさんでにぎやかな家庭でしたね。弥勒がしっかりしているからこそ珊瑚もきちんと強い母親でいられるのではないでしょうか。

普段は温厚で口調も敬語、みんなに慕われている法師ですが、裏では口調が変わったりするところも人間味があって良いですよね。表では「私」が一人称の弥勒ですが、裏では「俺」と言ってしまうところもわたしの好きなポイントだったりします。
わたしは最近よく「犬夜叉」の漫画やアニメを見返したいなと思うことがあります。昔は気付くことができなかったキャラの魅力に今なら気付くことができるかもしれません。みなさんもこれを機に「犬夜叉」を読み返して、好きなキャラのポイントを振り返ってみてはいかがでしょうか。
こちらの記事もオススメ!
犬夜叉 コミック 全56巻完結セット (少年サンデーコミックス)
高橋 留美子
小学館
売り上げランキング: 13,553

舞台『犬夜叉』DVD
舞台『犬夜叉』DVD
posted with amazlet at 17.08.08
株式会社ユークリッド・ミュージックエンターテイメント
売り上げランキング: 29,296