【007 カジノロワイヤル】あらすじ&ネタバレ紹介!ダニエル・クレイグ初ボンドの勇姿を見よ!

最新作『007 スペクター』において、一応の終止符を打ったダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド。その伝説は本作『007 カジノロワイヤル』から始まりました。数々の逆境を乗り越えて誕生した新生ジェームズ・ボンドの見どころと勇姿を紹介します。

『007 カジノロワイヤル』の基本情報とあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

2006年に『007 カジノロワイヤル』が公開され、新生007は始動しました。新たなるジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグを迎え、上司のM役はジュディ・デンチの続投によって新たなる007シリーズが誕生したのです。監督のマーティン・キャンベルはピアース・ブロスナン版ジェームズ・ボンド第1作『ゴールデンアイ』で監督も務めています。

本作の原作となったのは小説版では第1作にあたる記念すべき作品。新たに007を作り直そうという気構えが感じられます。スパイ物とカジノでのバトルという英国紳士のスパイゲームらしい作品に仕上がりました。

あらすじ

旅客機を爆破し、犯罪組織から借りた資金を使って航空会社の株を空売りすることで、莫大な利益を手に入れようとしていたル・シッフル。しかしその爆破計画はジェームズ・ボンドに阻止され、多額の損失を出してしまいます

そこでル・シッフルはモンテネグロで行われるカジノロワイヤルと呼ばれるポーカー大会で資金を取り戻そうと画策します。そしてその情報を手に入れたボンドは国の資金を使ってル・シッフルのテロ資金稼ぎを阻止すべく、自身もカジノロワイヤルに参加するのでした。

『カジノロワイヤル』の新生007らしい秀逸なオープニング!

Pinto! #007casinoroyale

Hernan Guitar Rafaeliさん(@el_rafa_v8)がシェアした投稿 –

オープニングシーンは007誕生の瞬間が映し出された、新生007の第1作目にふさわしいものになりました。全体にモノクロで過去の映像として再現されており、雰囲気もバッチリです。

敵との格闘シーンがあり、肉弾戦には興奮させられます。そこから敵に銃口を向けられ、ボンドが銃を拾いあげて、こちらに向かって撃つシーンが敵の銃口を通して映しだされます。そこからオープニングクレジットに映る流れは007らしい素晴らしいできあがりです。

『You Know My Name』by クリス・コーネル

出典:https://www.amazon.co.jp

前任者のピアース・ブロスナンが務める007で使われるオープニング主題歌には、すべて女性が起用され、フェミニンなイメージが強いものでした。しかし新生007ではクリス・コーネルが主題歌を務め、戦う男の力強い歌になっています。

クリス・コーネルはサウンドガーデンやオーディオスレイブでヴォーカルを務めていました。彼のワイルドな美声と報酬と危険な仕事をテーマにした楽曲は最高の組み合わせです。タイトルにもある「俺の名を知っているだろ」の歌詞が、ジェームズ・ボンドの名を想起させてくれます。そんなクリス・コーネルは2017年5月に惜しくも亡くなってしまいました。

『007 カジノロワイヤル』をネタバレ紹介!

開幕からド派手なアクションと追跡シーン

マダガスカルで爆弾テロの犯人を監視していたジェームズ・ボンドは部下のミスにより、犯人との大追跡劇をオープニングが開けたあとに展開させます。高所での緊迫した追跡劇は序盤最大の見どころポイントとなっています。

ル・シッフルの飛行機爆破計画を阻止するシーンも見どころです。空港での追跡劇はまさにスパイといったシーンになっており、そのあとの爆破を阻止する場面もド派手なカーチェイスで見せてくれます。最後に一泡吹かせるボンドのやり手感も印象的なシーンでした

カジノロワイヤルの駆け引きとボンドガールとの恋

表題にもなっているカジノロワイヤルのシーンには3つの見どころポイントがあります。それの1つがエヴァ・グリーン演じるボンドガール、ヴェスパーです。最初こそ反発してるふたりでしたが、危機を乗り越えるうちに仲を深めていき、のちの重大なラストへと繋がっていきます。

2つ目はなんといってもポーカーのシーン。駆け引きが凄いです。わざと不利な賭けに乗って、相手の兆候をうかがったり、持ち金すべてを賭けるオールインで勝負に出たりとカジノバトルらしいです。

3つ目がポーカーゲームの外で行われる妨害工作です。ホテル内で刺客に襲われたり、カクテルに毒を盛られて瀕死状態になったりと、緊迫した命のやり取りが続きます。ポーカー以外でも目が離せないほど面白いです。

本作は前編!? 次回作に繋がる伏線

ル・シッフルとの戦いに勝ち、金を手に入れたボンド。しかし財務省に賞金を送金したはずが、入金の確認が取れないと連絡がきます。時を同じくして、ヴェスパーが消えていることにジェームズ・ボンドは気づくのでした。

ヴェスパーを追うボンドの前に敵が立ち塞がります。やっとのことでヴェスパーに追いついたボンドですが、彼女は死んでしまいます。婚約者を人質にとられたヴェスパーはミスター・ホワイトなる人物の命令で自分に接触してきたことを知ります。

ヴェスパーの残した電話番号を頼りにミスターホワイトの前に現れるジェームズ・ボンド。彼の脚を打ち抜いた彼は、自分の名をホワイトに告げ、映画は終わります。そしてこのミスター・ホワイトなる人物を捕縛したところから、次回作『007 慰めの報酬』が始まるのです。

ジェームズ・ボンドVS悪役VSボンドガール 三大キャストの出世作!

ダニエル・クレイグ

本作で彼の名を知った人も多いのではないでしょうか。彼はこの作品で寡黙でタフなイメージのジェームズ・ボンドを見事に演じ切りました。彼に配役が決まったとき、ファンからは反対の声が上がっていましたが、その逆風の中でボンドを演じ切ったことで評価が高まっています。

その後、ジェームズ・ボンド以外の映画でも彼の顔を見るようになりました。『ドラゴン・タトゥーの女』や『カウボーイ & エイリアン』など、その活躍ぶりは目まぐるしいです。まさにジェームズ・ボンドで出世した俳優と言えるでしょう。

エヴァ・グリーン

Pretty eva #evagreen #eva #green #beautiful #pretty #sexy #300 #movie #hollywood #love #newmovie #filter #hot #tasty #followforfollow

evagreenさん(@evagreen_official)がシェアした投稿 –

フランス出身の女優エヴァ・グリーンも本作で大きな出世を果たしています。『キングダム・オブ・ヘブン』でハリウッドデビューを果たした彼女にとって1回目の出世となりましたが、『007 カジノロワイヤル』は2回目の出世となりました。

その後の活躍としては『シン・シティ 復讐の女神』で悪女を演じたのが痛烈でした。近年ではティム・バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』では特殊能力を持った奇妙な子供たちを屋敷で教育するミス・ペレグリン役でその存在感を発揮しています。

マッツ・ミケルセン

本作で一番の出世を経験したのはル・シッフル役のマッツ・ミケルセンではないでしょうか。元々はデンマーク出身の俳優で、2004年に『キング・アーサー』でハリウッドデビューを果たしています。そして、本作では悪役に大抜擢され、知名度は飛躍的に上がりました。

その後の活躍としては2012年の『偽りなき者』で主演を果たし、カンヌで主演男優賞を獲得しています。またテレビドラマ版の『ハンニバル』では若き日のハンニバル・レクター博士役を務め、話題になりました。

『007 カジノロワイヤル』は新たなる伝説の始まり!

#007casinoroyale #rai4 #tbcmovies

The Best Coming Movies?ita??さん(@tbcmovies.ita)がシェアした投稿 –

ショーン・コネリーによって始まった人気スパイ映画シリーズの「007」は何回もの配役交代を経て、その時代を象徴する映画となって歴史に名を刻み続けています。そんな伝説的映画シリーズの最先端を担っているのが、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドです。

さらにシリーズはそこから物語に関連性が付け加えられ、新生007は独立したシリーズとしてひとつの作品にまとめあげられています。最新作『007 スペクター』ではダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの出生の秘密と、犯罪組織との因縁が明かされ、大きなクライマックスとなっているので、全編通して観ることをおススメします!

こちらの記事もオススメ!

【007 慰めの報酬】あらすじ&ネタバレ紹介!撮影中に起きた5つの大事故とは?\t | festy(フェスティー)

■007であれば一度は見たことがあるであろうシリーズ屈指の名作、慰めの報酬。今回は同作の魅力を改めて振り返ります。

007ボンドガールランキングTOP7!歴代シリーズを彩った女優たちが集結!\t | festy(フェスティー)

■007シリーズを見る上で欠かせない存在なのがボンドガールですよね。作品に花を添える存在である彼女らをランキング形式でまとめました。

カジノ・ロワイヤル [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-10-07)
売り上げランキング: 4,032