映画『シャーロックホームズ』続編を製作中!公開までに前作のあらすじをネタバレで復習!

ついにシャーロック・ホームズの新作映画第三弾の撮影が開始されたようですね!原作やドラマの作風とは少し違った作品でしたが、シャーロック・ホームズの映画はかなり話題性があり人気の作品でした。続編も期待大です。今回はそんなシャーロック・ホームズの映画が公開される前に復習をかねて解説していきたいと思います。

シャーロックホームズ 映画は微妙?世間の評価は?

シャーロック・ホームズの映画が公開された時はなんとなく微妙みたいな空気がありましたが、どうなんでしょう。それまでは日本で放送されていたNHKのドラマ版がとても人気で、こちらの印象がかなり大きかったのではないでしょうか。

クールでイギリス人らしいユーモアと知性、そうした印象がかなり強く、映画はアクション要素もあるので少し派手なイメージに作られていました。なのでこれはシャーロック・ホームズではないと思った方も多いのではないでしょうか。しかしだんだん見ていると映画もいいかも!と思ってくるんです。

ホームズをと努めたのはロバートダウニーJrとジュードロウ。二人のかっこよさが派手に見えたのかもしれません。でも映画はかなり好評で、続編のシャドウゲームも公開されました。そして今は第3弾の製作中みたいですね。こちらも後で見ていきましょう!

微妙な原因はイメージが違うから?

朝ごはんに好きなパンを買ってると起きた瞬間そく食べよーってなるからいい気がする で、こりずにやる気の出し方とか調べた方がましだな。私は面倒くさすぎて忘れてしまう。 というのは、今はやる気があるから思ったんだろうかってこういう時いつも思うな 8日に引っ越すんだけども、ほんとホワイトボードは買っとかないとなと思う。 コピー機もあればいいなー。 印刷して貼れば早いわ。葉書も作れるし。しかしデカいのと金掛かるので微妙。 ―――――― 最近流行ってる?シャーロックのドラマを見てるので小説かった。 偉くて実際へましないキャラクターは魅力を感じないけどドラマ見るなら原作もだなと思って。 そしたら結構面白い。 ドラマは私にはワトソンがあまりに危険好きの人物に見えて、常識人はレストレード警部のみ、むしろシャーロックの兄のマイクロフトが一番まともじゃないかって感じだけど、小説のワトソンはいい感じにシャーロックに突っ込んでくれる。 ドラマだとなんかいけすかない、好きでシャーロックの相棒してるのに振り回されてる人間ぶって、みたいな。 ワトソンは元軍隊所属でもう少しのことでは刺激を感じなくなっていて、だから危険のつきまとう探偵と天才で突拍子のない行動に出るシャーロックにはまっているんだと思うけど、楽しませてもらっといてこのやろう!何を怒ってるんや。ってよく思うねん。 楽しそうなポジションだと思うからこそ毎回内心突っ込んでます。ワトソンというかジョンだよな。犬みたい。 けど医学に明るいし狙撃も上手いしジョンも大変やねん、と考えて諌めてる。とにかく理解できへん。自業自得やろみたいな。 ちょっとここまで思うのはなんか深層心理にあるのかなと思う。 気になる。 ドラマうまいことやったな。原作とは違うけど面白いもんね。 日記書くと楽しくてつい予定忘れちゃう。 今日は安いホテル借りてギター弾こうと思ったけど晩までは部屋掃除したり準備します。 暑くて途中でどっかいくかもな。冷房使えないってキツい。夏の思い出とかないで。暑さで頭が溶けていく。 引っ越し先の仕事は12時間勤務なのですが休日は普通にあるし、 交勤は避けたかったのだけどもー十分睡眠障害やってきたし年末までならいいかなと思います。貯金。 どこかに付くよりは自分なりに稼ぎたいものだけど妄想の域を出ない。 今までの人生は始まりでずっと考えてたので、こういう妄想は続けようと思う。 現実的でいたいし夢は持ちたくないし妄信とか妄想は持ちすぎても病むだけだと思うけど少しはないと。 ゴッサムかなり微妙にみる。ペンギンとリドラー好きやわ。 暑すぎてバテてる。 あと絵。終わり。 #シャーロック #シャーロックホームズ #gotham #ゴッサム #sherlock #絵 #pencil #art

manaさん(@mana5888)がシェアした投稿 –

ドラマの影響もかなり大きかったのではないかと思うのですが、やはり一番大きかったのは原作の漫小説とシャーロック・ホームズのキャラクターが微妙に違うからではないでしょうか。原作のホームズはもっとくるで、紳士的な感じがします。

他の探偵もののドラマや映画の影響もあるのだと思いますが、最近の探偵はやたらアクションをやったりユーモアを言ったりしますよね。第一作目の映画が公開された時はこのアクションが原作とあまりにもかけ離れている!という批判があったのですが、第二作目になるとその不安は消えました。

二作目は二作目でまた、作品としての評価がやや微妙でした。映画としは面白かったのですが、原作の面白い回「最後の事件」を下敷きにしており、同じスタッフで作られていたので前作よりかは素晴らしい作品になっているのではないかと思うのですが。

シャーロックホームズ 映画 のあらすじをネタバレで紹介。



絵的には映画のシャーロック・ホームズも負けていません。衣装も舞台も一流なのでかなりかっこよく描かれています。まず一作目の映画のあらすじをネタバレで説明していきましょう。それまで大学に席を置いていたシャーロック・ホームズはベイカー街という大英博物館の近くで28歳の頃から探偵事務所をやっているんですね。

そこで新米の医者であったワトソン博士と部屋を見つける際に出会い、それから共同生活をしているのですが、映画ではワトソンが結婚するので共同生活を終わりにしようとしています。ホームズは死刑囚ブラックウッドという人物に「3人の止められない死が起こるだろうと予言されます。

そんなところでプロの泥棒アイリーンという美人女性が探偵事務所に訪れます。行方不明のリドオンという人物の捜索を頼まれるのですが、この人物、そのあと死体で発見されるんですね。しかしホームズとワトソンはその死体に科学と魔術の融合を目的とした痕跡を発見するんです。

アイリーンの正体とは?

実はこれは絞首刑で死んだはずのブラックウッドの罠でした。科学によってこのあとも予言通りシャーロック・ホームズたちを襲います。ブラックウッドは爆弾を仕掛けたりします。棺の中に入っていたブラックウッドは身代わりで、生き延びて殺人を続けるんですね。

ここでキーとなるアイリーンというキャラクター、あとで詳しくご紹介しますが、最初にホームズの手助けをしていますが、実はモリアーティ教授という黒幕と手を組んだりするんですね。物語を面白くしているのはこの二人。シャドーゲームにも登場します。

作品はアカデミー賞の美術賞と脚本賞を受賞しました。あらすじはネタバレしてしまうのでここまでですが、ミステリーとアクションをうまく融合しているのでかなり見所の多い映画になっています。衣装もかなりファッショナブルでかっこいいですよ!

シャーロックホームズ 映画 アイリーンが魅力的すぎる!

アイリーンがもっとも活躍するのは続編の「シャドウゲーム」。このキャラクターはコナンでいうところの灰原愛でしょうかね、峰不二子みたいなキャラでもあります。あらすじをネタバレすると、イギリス中で連続爆破事件が起こっているんですね。その黒幕がモリアーティ教授だとわかるんです。

前作同様にこのアイリーンは天才数学教授のモリアーティに動かされています。アイリーンも黒幕だったんですね。しかしホームズが事件を追っていく先に、モリアーティによって責任を問われて毒殺されてしまうんですね。

アイリーンは原作「ボヘミアの醜聞」の冒頭で「シャーロック・ホームズはいつも彼女のことをあの人と呼ぶ」という有名なセリフで語られる人物で、物語のキーになる人物です。謎の多い彼女は元オペラ歌手で、女詐欺師。知性があってホームズを翻弄したライバルでもありアイドルでもあります。

アイリーンは魅力的な詐欺師?

原作から度々登場し、その正体が不明なところから読者の間でかなり人気のあったキャラクターです。実は彼女がホームズの宿の女主人、ハドソン夫人ではないかという噂も立っています。またホームズには女関係があまり描かれておらず、アイリーンとのロマンスを想像させることでも魅力のある人物です。

この謎の多い女性アイリーンはもともとアメリカからイギリスに移住したオペラ歌手で、その美貌からボヘミアの王様と関係を持ち、玉の輿をしたちょっと悪い女。名探偵コナンの灰原哀の名前は実はこのアイリーンからとっていると作者も言っています。

アイリーンはホームズを唯一打ち負かした女としてルパンでいう峰不二子のようなキャラを演じています。たまに男装してホームズを尾行したりして彼を翻弄します。映画ではヌードシーンを披露し、かなり苦情がきたんだとか。シャーロックという海外ドラマ版ではSMキャラみたいになっていて面白かったですよね。

シャーロックホームズ 映画 の評価は?

シャーロックホームズは原作がかなり人気をよんでいて、そのストーリー性とキャラクターの面白さが多くのファンを引きつけています。一方映画はどう評価されていたのでしょうか。第1作目はかなり原作と違い、アクションもあったので話題になりました。

映画の評価は一作目がちょっと微妙という声が多く、2作目の「シャドウゲーム」はかなり面白かった!という意見が多いようです。ちょうどドラマの「シャーロック」が放送されていて、人気が高まったことも関係があるかもしれません。

しかし映画的な評価が高かったのは第1作目。アカデミー賞の美術と脚本賞を獲得し、商業的にもヒットしました。2作目はロバートダウニーJrが出演できなくなったり、脚本が変わったりしたので、少しだけ作風が変わっていると思います。けどどちらも楽しめますよ!

シャーロックホームズ 映画続編を製作中!?



個人的にお勧めするのはドラマ版です。昔のドラマ版シャーロック・ホームズはかなり映画と違いますが、物語がかなりかっこよく仕上がっているのでおすすめですよ!第3作目が今製作中なので、ぜひこちらも復習してほしいです!たまにNHKの再放送なんかでやっていたりしますね!

2016年あたりからシャドウゲームに続く第三作目が公開されるという噂が流れていましたが、ついに2017年に製作しているという発表がありました。かなり期待大ですね!キャストはおなじみのロバートダウニーJr.とジュードロウ。

メガホンを撮るのもまたガイリッチー監督。イギリスで有名な監督で、「スナッチ」などを撮っていた監督です。いやー楽しみですね!あらすじなどは詳しく報じられていませんが、今は撮影に入ったところでいつ公開になるかは詳しくはわかっていません。今回は脚本人が素晴らしいのでかなり見所が多いですね!楽しみです。

こちらの記事もオススメ!

シャーロック・ホームズ (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 1,603
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(字幕版)
(2016-08-05)
売り上げランキング: 1,504