【青の祓魔師】映画は人気声優を起用したオリジナル展開、その主題歌や評価は!?

人気声優が活躍する【青の祓魔師】映画は原作にはないオリジナル展開!主題歌を担当するのはあのバンド!?

【青の祓魔師】映画でも祓魔師は大活躍!!

アニメ1期が2011年の4月から10月まで放送され、その熱が冷めないうちに映画製作の発表があり約1年後の2012年12月に放映されました。「青い炎が照らす遠き記憶。運命を揺るがす祝祭が始まる―」、「俺だけは、ずっと忘れない。」と想像を掻き立てるキャッチコピーでした!!

アニメや原作では見かけないキャラクターも気になりますが、奥村燐と祓魔師の雪男やシュラは悪魔退治に勤め、祓魔塾生の皆もお祭り騒ぎ!一体どんな風に活躍するのか!?

【青の祓魔師】映画はオリジナル展開

公開された映画版のイメージには原作やアニメには登場しないオリジナルキャラクターが描かれているので、アニメ1期の原作で連載されている話の続きとなる内容や総集編とは違うと想像できますが、ストーリーは鑑賞するまでは分かりません!!

あらすじや時系列としては、原作にはない内容ですがアニメ1期の後日談のとある期間に正十字学園町で行われた「11年に一度の祭り」が舞台となっています。そこでもやはり祓魔師は悪魔退治を強いられ、祭りの準備を手伝う祓魔塾生達の何時もと違って何だかおかしい様子…?

話の内容は映画オリジナルですが、燐の自由奔放っぷりはここでも健在!それに振り回されて大変な目に遭う雪男の流れも何時もの双子らしさが出ています。

悪魔退治の迫力が普段のアニメより細かく書き込まれていてスピード感や臨場感が凄く、映画館に広がるサウンドがより迫力を出していてこだわりが感じられる演出となっていました。

青の祓魔師を1度もアニメや漫画を見たことがなく、キャラクターの設定を知らない人でもストーリーそのものや映画ならではの作りを楽しめる作品になっていると思います!

【青の祓魔師】映画に登場する声優は??

うさ麻呂/釘宮理恵

幽霊列車の暴走を止める為に雪男・燐・しえみは任に当たっていましたが、討伐に失敗して封印が解けて現れた悪魔の「うさ麻呂」の演じるのは声優の「釘宮理恵さん」。時を操り人の記憶を喰らうことが出来き、人の嫌な記憶を消して笑顔にしたいという「ウサギ」のようなルックスの悪魔。

見た目がウサギ人間の子供みたいなのでそれだけで可愛いですが、ヤンチャな口調の釘宮ボイス…館内で突然釘宮病を発症(笑)悪魔を退治する側の燐ですが、幼いうさ麻呂のお風呂やトイレに食事などの世話までしてハートフルな展開に悶えてしまう可愛さのキャラクターでした。

劉成龍(リュウ・セイリュウ)/木内秀信



正十字学園町の結界を張り替える手伝いをしに台湾からやって来て日本の祓魔師と一緒に活躍する「劉成龍」を演じるのは、声優の「木内秀信さん」。地元台湾では伝説の祓魔師のエリート一族の末裔と言われていて騎士と詠唱騎士の称号を持つ人物。

そんな劉成龍のキャラクターデザインだけでもカッコ良かったのですが、一言喋ると声がバッチリ合い過ぎて一気にファンが急増(笑)色気のある声と演技に魅了され、原作に登場させて欲しいと言う希望が大殺到!!映画版だけにしか登場しないのはあまりにも勿体ない程のキャラクターとなりました。

【青の祓魔師】映画の主題歌はUVERworldが担当

第1期となるアニメ「青の祓魔師」の2話(BD版は1話)から12話と特別番外編のOP「CORE PRIDE」を担当したのがUVERworldです。アニメの雰囲気と抜群にあったカッコイイサウンドで、ここからUVERworldのファンになったりUVERworldのファンから青の祓魔師のファンになった方も沢山います!

そして、映画の主題歌を担当するのがUVERworldに決定して映画が始まる前から期待度が高く、実際に「REVERSI」が劇場内で迫力ある映像と音声がより一層物語を盛り上げてくれました!!

映画の放映から4年以上が経った2017年1月にアニメ第2期となる「青の祓魔師 京都不浄王篇」の放送が決定し、OPはUVERworldの「一滴の影響」が1話から最終話となる12話まで使用されました!!アニメ1期、映画版、アニメ2期と主題歌を担当していてUVERworldの曲なくして青の祓魔師のアニメは始まりません!!

曲だけでも十分カッコイイですが、UVERworldの曲が青の祓魔師のイメージが強いので漫画を読みながらBGMとしてUVERworldの音楽を流して楽しんでるファンも多いと思います!

【青の祓魔師】映画の評価は大好評!!

元々「青の祓魔師」の漫画やアニメを見ていた流れでこの映画を見た方が殆どだと思いますが、初めから作品の知識がある人も映画オリジナルキャラクターの声優さん目当てで見た人も想像以上に大満足の内容だったと思います!!

よくありがちなのが、総集編や細かい描写をアニメより綿密に描かれていなくてイマイチ映画としての魅力が感じられない作品もあるので、そんな中見ている方までお祭りに参加している様な雰囲気になり、これだけ世界観に惹きこまれる出来上がりは中々ないでしょう!

劇場版公開中は何度も映画館へ足を運んだと言う人も沢山いましたが、後に発売されたBD・DVDの映像特典・音声特典・封入特典も超豪華なので、本編の映画だけではなく更なる作品の魅力に浸るべく、こちらを手に取り何度も楽しんだ方もいます。

そして、アニメ2期が放送される前に地域で放送日に差はありましたが大晦日にテレビで放送され、映画を見に行った人も初めて見た人も大満足と好評を得ていました!

【青の祓魔師】映画の内容は原作と繋がらない?

映画オリジナル展開の内容で制作されている間も原作は、アニメ1期に続く内容が描かれていて急に映画の内容が入ってくると言うことは今のところありません。映画の内容は映画の中だけで完結しています!

キャラクターデザインは青の祓魔師の原作者の加藤先生が担当しているので、映画の放映が終了した後に何時漫画に登場するのか話題になっていましたが今の流れでは登場しそうにありません。

ですが、まだ映画を見てない人には漫画やアニメをしばらく見ていなくても楽しめる内容だと思うので、是非1度見て欲しい作品です!!