【銀の匙】アニメ&映画化もした人気作が支持される 3つの理由!

農業高校が舞台の漫画「銀の匙」。アニメ化&映画化も果たした、人気作品の魅力に迫る!

銀の匙 あらすじ

進学校である新札幌中から大蝦夷農業高等学校(以下エノゾー)へ進学した八軒。なぜ進学校から農業高校へ進学したのかというと、受験戦争に疲れ果て、さらに両親からの期待とプレッシャーに疲れ果ててしまったから・・・。親元から離なれたいがため、全寮制のエノゾーを選んだのでした。
コンプレックスの塊となった八軒だが、この選択が人生に大きな転機をもたらす!初めてかかわる農業にはじめは戸惑ってばかりだったが、徐々に自分の気持ちを取り戻していく。人生とは何かを考えさせられる、青春ラプソディー!

銀の匙 登場人物/声優紹介

八軒 勇吾(はちけん ゆうご) 声 :木村良平

出典:https://www.amazon.co.jp

農業高校に進学したものの、農業は完全に初心者。御影の可愛さにつられて馬術部に入部するも、もともと馬が好きだったわけではない。ことあるごとに劣等感全開の発言をするが、エノゾー入学がきっかけで徐々に自信を取り戻していく。新鮮なおいしいものを食べると幸せそうな笑顔になる素直な性格であり、いいものがわかる味覚をもっている。

御影 アキ(みかげ アキ) 声:三宅麻理恵

出典:https://www.amazon.co.jp

酪農一家の一人娘で、笑顔が絶えない女の子。後を継ぐことを期待されていたが、駒場家の離農をきっかけに、後を継がず馬にかかわる仕事がしたいと告白し、大学進学を目指すことに。ただ、勉強はあまり得意ではないので、八軒に教えてもらう。

駒場 一郎(こまば いちろう) 声:櫻井トオル

出典:https://www.amazon.co.jp

無愛想で武骨だが、2人の妹がいるためか、面倒見のいい一面もある。御影の幼馴染で、家族ぐるみの付き合い。早くに父親を亡くしているため、母を手伝いながら生活をしている。甲子園に出てプロ野球選手になって、あまり裕福でない家を建て直したいと思っていたが、借金により離農することになり、この夢は閉ざされてしまう。

相川 進之介(あいかわ しんのすけ) 声:島﨑信長

獣医志望の穏やかな好青年。血を見ることができず失神してしまうが、克服しようと前向きに奮闘している。八軒が獣医から聞いた言葉「夢を持つということは、現実との戦いを覚悟すること」を最も実践しているのは相川なのではないでしょうか。屠畜現場の見学をきっかけに、家畜獣医になることを決める。

常盤 恵次(ときわ けいじ)声 – 庄司将之

養鶏場の息子。卒業後は実家を継ぐために入学するも、数学が壊滅的に苦手で、八軒を唖然とさせた。「経理を雇えばいい!」と開き直ったが、「余計な経費をかけるな」と一蹴され撃沈。足し算すらまともにできないため、タマコからとんでもない金利で借金をし、とんでもない金額になっている・・・。

稲田 多摩子(いなだ たまこ) / タマコ 声:高垣彩陽

通称タマコ。まん丸の体の肥満体系だが、痩せるとかなりの美少女。しかしもったいないことに、本人は「貧血になる」と痩せることに消極的。実家は大規模な牧場で、将来は父の座を奪い社長になろうとしている。自他ともに認めるお金好きで、予算管理に余念がない。

富士 一子(ふじ いちこ)声 – 湯屋敦子

中島 美雪(なかじま よしゆき) 声:増谷康紀

馬術部顧問の、ありがたい顔をした先生。いつも仏のような表情だが、興奮すると豹変し、その姿まるで阿修羅・・・。チーズが大好きで、自作の秘蔵チーズがあるが、事あるごとにせびられて涙を流している。

まるで軍曹のような口調と風貌の豚舎棟を管理する女性教師。歯にきぬ着せぬ物言いで、表情も変化に乏しいが、生徒にかける言葉には愛情がこもっている。八軒が作ったベーコンを食べる際、「発酵食品と加工肉との親和性の検証」と称してビールを持ち込む、男性顔負けのワイルドな先生。

校長 声:三ツ矢雄二

3頭身のまるでマスコットみたいな風貌、とぼけた口調が特徴。生徒をよく見ていて、前に進む糧になる言葉を贈る様はまさに校長。コンプレックスの塊だった八軒が、徐々に自信を取り戻して自分の道を歩むことができたのは、校長の力が大きいといえるでしょう!

銀の匙が支持される理由① 農業高校のリアルな実態

朝早く起きて家畜の世話をしたり、四六時中畑を耕したり・・・。農業初心者の八軒が四苦八苦する様が、ハードな実態を如実に表現しています。実習の風景や、家畜の修正など豆知識になることも多く盛り込まれており、「そうだったんだ!」と勉強になることも多数。作者の荒川弘さんが農業高校出身だそうなので、荒川さんの実体験がリアルな作品につながっているのですね!
さらに、農業のシビアな実態も描かれています。最初は「農家はハードだなあ」と肉体面での苦労しか感じませんでした。しかし、駒場の離農の一件は、農家の金銭的にシビアな実態があることを実感されられます。お肉も野菜も、苦労をして、手間もかけて作ってくれているんだなあ・・・と銀の匙を読んで改めて実感しました。

銀の匙が支持される理由② 食と生命の関係を考えさせられる

初めて子豚を見た八軒は、可愛さのあまり思わず名前を付けたくなるのですが、「食べるために飼っている動物だから情が移る」と止められてしまいます。それでも八軒は「豚丼」と名前を付け、大切に育て、肉として出荷した豚丼を買い取り加工してみんなで食べるのです・・・。
自分の手で命を奪って食べる経験はなかなかないので、八軒と同じ目線で命を奪って食べていることを考えることができます。農家の実態、生命の尊さ・・・。日々食卓に並んでいるご飯が、銀の匙を読むことでますますありがたいものに感じます!そして、お肉一つとっても、いろんな人がかかわって食卓に並ぶ。毎日の食事を見る目が変わってきますよ!

銀の匙が支持される理由③ 主人公の成長ストーリー

最初は鶏の卵が肛門から出てくる(本当は総排泄腔という)と知っただけで卵が食べられなくなっていた八軒。しかし、農業にかかわるにつれ、食に対する価値観が変わっていきます。自分が育てた豚、「豚丼」を買い取り、イベントを開きふるまったりと、自ら行動を起こしていく・・・。
劣等感の塊で、受験や両親から逃げてきたものの、逃げてきたことにすらコンプレックスを抱いていた八軒。劣等感を感じて動けなくなってしまうこと、誰でも一度は経験するのではないでしょうか?この八軒が人と出会い変化し、自ら考え行動できるようになる・・・。この過程が見ている側に元気を与えてくれます!今後、どのような成長を遂げるのかが楽しみです!

【ネタバレ注意】【銀の匙】銀の匙の意味とは?

出典:https://www.pakutaso.com

エノゾーの食堂の前にシンボルマークとして銀の匙が飾られています。「子どもが生まれたら銀の匙を与えると一生食べ物に困らない」と欧米で言われており、この言い伝えにあやかったものかと思われます!転じて、農業をやって入ればくいっぱぐれることはない・・・先生たちの生徒への思いが込められているのかもしれませんね!

アニメ&映画化もされている銀の匙。3年間の八軒の高校生活 が見逃せない!

出典:https://www.amazon.co.jp

最初は「両親から離れたいから」という理由で農業高校に進学した八軒だったが、率先して農業をするようになる。それだけでなく、劣等感を克服し、自分の道を歩み始める・・・。
入学したてのころは学ぶことばかりだった八軒ですが、徐々に周りの支えになる存在になります。自分のこともままならないのに、友達を助けようと一生懸命な八軒。成長し自分の道を歩み始める様に勇気づけられます。卒業するころには立派な青年になっていること間違いありませんね!