【Fate/GO】ヴラド三世はかっこよくて強いオジサマ!魅力と性能を紹介!

Fate/GOに登場するカッコいいオジサマのヴラド三世。そのヴラド三世は初出作品では槍のサーヴァントでした。FGOではバーサーカーとして召喚された理由やもう1人のヴラドである通称槍ヴラドとの違いを紹介します。星5に相応しい彼の性能と魅力を知ってください。

ヴラド三世とは

ヴラド三世とは、Fateシリーズに登場するバーサーカーのサーヴァントです。モデルになった人物は、ドラキュラ公や串刺し公とも呼ばれた15世紀のワラキア公国の君主であるヴラド・ツヴェペシュ。初出作品のFate/Apocryphaでは黒陣営のランサーとしてダーニックに召喚されました。
穏やかな性格で個々の能力を認め、味方の見解や意見を尊重。アニメFate/Apocryhaでは貴重なホムンクルスを逃したアストルフォに対し、彼は監禁しても反省しないという理由で短期間で解放するなど味方には寛大な態度。反面、敵と認識した人物には苛烈な苛烈な戦いを挑み排除しようとします。

吸血鬼ドラキュラとは?

聖杯にかける願いは吸血鬼ドラキュラの伝説を世の中から消すことでしたが、吸血鬼ドラキュラとはブラム・ストーカー氏によるホラー長編小説です。獲物を求めてロンドンにやってきたドラキュラ伯爵を退治する物語で、登場するドラキュラという名称はヴラド三世のあだ名から
しかしヴラド三世の行いは平民に行なっていた串刺し刑を貴族階級の人間に対して行なったことが有名ですが、吸血鬼に関する記録は一切残っていません。自身が名乗っていたドラキュラというあだ名の意味も吸血鬼に関係なく、ルーマニア語で竜の子という意味です。
名前を借りただけの作品が言葉の語源になるほど有名になってしまったことからヴラド三世=吸血鬼ドラキュラの一面がサーヴァントとしての能力に影響されてしまいました。
【ネタバレ】『Fate/Apocrypha』完全ストーリーまとめ!聖杯大戦の全てがここに! | festy(フェスティー)

■2017年7月よりアニメ放がスタートした「Fate/Apocrypha」。今回はそんなアポクリファの小説ストーリーを最初から最後までざっくりと紹介していきます。当然、ネタバレを含むので注意してください。

FGOでは星5のバーサーカー

Fate/GOでは、非常に強い狂化が付与されたことで自分が忌み嫌っていた吸血鬼伝説を受け入れていますが、全面的に肯定したわけではありません。この状態でもドラキュラと言われることは嫌っているおり、マシュがドラキュラといいかけた時には睨みつけていました。
ヴラド三世のクラスはバーサーカーでレアは5。アーツカード2枚とアーツ宝具というバーサーカーには珍しいカード構成です。2枚持っていても単体でのNP効率は高くありませんが、NP効率の良いキャスタークラスのサーヴァントや礼装との組み合わせ次第でいくらでも輝く可能性を秘めています
他の高レアのバーサーカーのように高いATKで敵を倒しながら回復役のサーヴァントに補助してもらう戦い方とは違った、パーティ全体での戦略的な戦いができるサーヴァントと言えるでしょう。

初期スキルの吸血は最優先で上げるべき!

もっとも優先的に育てていきたいスキルが初期から実装されている吸血というスキル。効果は相手のチャージを高確率で減らす+自分のNPを増やす。強力な敵の宝具を避けたい時や100%までもうすぐ、というときに有効です。
ヴラド三世が保有している、他のスキルは自分の防御力を上げてくれる変化や自分にガッツ状態を5ターン付与させる戦闘実行がありますが、この二つは後回しにしても十分戦力になります。
大器晩成型のステータスなのでスキルレベルを上げていき、幕間の物語のレジェンド・オブ・ヴァルキュリアをクリアしてスキル強化を行なっていけば、粘り強いバーサーカーとして活躍が望めるでしょう。

ヴラド三世のお茶目な一面

以下が公開されているプロフィールです。
真名:ヴラド三世

身長:191cm / 体重:??kg

出典:『ドラキュラ』

地域:ルーマニア

属性:混沌・悪 / 隠し属性:地

性別:男性

CV:置鮎龍太郎

出典:https://typemoon.wiki.cre.jp

191cmの身長と夜闇に紛れるような黒いコートで、見た目だけでも上品さが感じられるのがヴラド三世の魅力。
しかし幕間の物語では一般民にヴラド三世が吸血鬼とは無関係なことをリピート!と復唱を促したり助けた市民からの記念撮影に気前よく応じたり、Fate/GOのハロウィンイベントでは刺繍が趣味だと判明したりお茶目な一面があります。

宝具は血塗れ王鬼(カズィクル・ベイ)

バーサーカークラスには珍しいアーツ宝具血塗れ王鬼(カズィクル・ベイ)は体の中で生成した杭を噴出し、射程範囲内に存在する物体を取り込むことも可能。 効果は敵単体に強力な攻撃、クリティカルスターを付与。他のアーツ型宝具のサーヴァントと組み合わせればチェインでNPを溜めることができます。
ちなみにFate/Apocryphaでは鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)という宝具もありました。効果は口伝によるドラキュラ像を具現化させて吸血鬼へと変貌するもので、Fate/GOでは常に発動状態です。

ヴラド三世の担当声優は置鮎龍太郎さん

ヴラド三世に声を吹き込んでいるのは、多くのアニメでメインキャラクターを担当している置鮎龍太郎さん。Fate/GOではセイバーのカエサルやランスロット、ファントムなどの声を担当してます。
爽やかな美声から美形の役柄が多いのですが、時々イロモノキャラを演じることもあり、演技幅はかなり広い声優さんです。

2017年時点での主な出演作品

・地獄先生ぬ~べ~ 鵺野鳴介(1996年)
・烈火の炎 紅麗(1997年)
・真・女神転生デビチル 大魔王ルシファー(2000年)
・鋼の錬金術師 スカー(2003年)
・隠の王 風魔小太郎(2008年)
・30歳の保健体育 大五郎(2011年)
Fate/GOに登場するシェイクスピアやニコラ・テスラを演じている、稲田徹さんと公私ともに仲良しで稲田さんのことをマイブラザーと呼んでいます。

三種類のヴラドの違い

初出作品であるFate/Apocryphaではランサー、Fate/GOではバーサーカー、さらにランサーサーヴァントであるヴラド三世(EXTRA)の違いを紹介します。

Fete/apocryphaでのヴラド三世はランサーだった

まずは初出作品で登場したランサーのヴラド三世から紹介します。
Fate/Apocryphaでは魔術で発展してきたユグドミレニア一族の長であるダーニックから召喚されました。サーヴァントは知られている側面的な部分が現れるため、ルーマニアを舞台にした今作でのヴラド三世はドラキュラ伝説よりも国を守った英雄としての一面が強い状態で現界。
知名度や土地で力の補正が加わっており、登場する全サーヴァントの中でもかなり強くなっていました。同陣営のサーヴァントやマスターに指示をする姿はまさに王様です。

なぜFete/GOではバーサーカーとして召喚されたのか

Fate/GOで登場するヴラド三世はジャンヌ・オルタに召喚され、復讐のために狂化スキルを付与されたバーサーク・サーヴァントです。
スキルの影響で吸血鬼ドラキュラとしての記憶が混在しており、吸血鬼としての一面が強く現れた状態で現界しているため、マスターの血を虎視眈々と狙っています。他のバーサーカーに比べて話も通じ、会話も可能。それでもランサーの頃に比べると気品は失われてしまった状態です。
ストーリーでは狂化を付与されたランサーサーヴァントになっていますが、マスターが召喚した時はバーサーカー扱いです。

ヴラド三世 (EXTRA)との違い

2015年のハロウィンイベントに合わせてFate/GOで実装されたランサーサーヴァント。初出作品のFate/EXTRAでのマスターは道化の衣装を纏った女性ランルーくん。彼女をと呼び慕っており、Fate/GOのマイルームで聞ける妻に関連するセリフはこのランルーくんのことを述べていると思われます。
口調や振る舞いから気品を感じるバーサーカーのヴラド三世とは違い、こちらはルーマニアの武人としての一面や後世の人々に吸血鬼として扱われたことから荒々しい見た目と性格です。特技もバーサーカーのヴラド三世が得意な刺繍ではなく、自分は肉料理の方が得意だと述べていました。
ちなみにFate/GOでは高いHPやスキル構成のおかげで、アタッカーにも盾役にもクリティカルスター生成役にもなれるオールラウンダーなサーヴァントになっています。非常に使い勝手がいいのでランサーのサーヴァントが不足していなくても欲しいサーヴァントですね。
【Fate/Apocrypha】天草四郎時貞徹底解説!シロウ・コトミネのあやしい魅力を紹介 | festy(フェスティー)

■2017年7月に放送された『Fate/Apocrypha』で大活躍中のシロウ・コトミネ。彼は爽やかながらも、あやしい雰囲気が素敵なイケメンで大変人気があります。今回は、そんなFGOでも天草四郎時貞として活躍している彼について紹介していきます。

他のサーヴァントとの関係

カーミラ

鉄の処女などで残酷に若い女性を処刑したり、同じ吸血鬼ドラキュラのモデルとなって有名になった人物。アサシンとして1章で召喚された際は2人で行動し、2人ともマスターのことをよく思っていませんでした。しかし境遇やマスターに対する気持ちが同じだからと言って性格が合うかと思ったら別問題だったようです。
ヴラド三世は望まれれば道化にでもなると述べましたが、カーミラは自分の存在について卑屈な面があったので合わなかった様子でした。

エリザベート

Fate/GOハロウィンイベントで共演。実は刺繍が趣味だったり祭り事にはノリが良かったりする、ヴラド三世の意外な一面がみられるこのイベントではカーミラの少女時代のサーヴァントであるエリザベートと絡んでいます。
こちらはとても好印象。父親のように温かい目で見守っており、エリザベートもヴラド三世のことを「おじさま」と呼んで他とは明らかに違う扱いをしているので良好な関係でした。
Fate/EXTRAで同じマスターに召喚されたヴラド三世(EXTRA)からはマスターを裏切ったことがFate/GOの世界でも記憶に残っているため恨まれています。しかしマスターを裏切ったことはエリザベート自身は覚えていません。

Fete/apocryphaでは赤陣営の首領として活躍する!

いかがでしたでしょうか?Fate/GOきってのイケオジなサーヴァント、ヴラド三世について紹介させていただきました。ヴラド三世の活躍はアプリでも見られますが、2017年7月から放送開始しているFate/Apocryphaでも見ることが可能です。
最高レア度のヴラド三世がなかなか手に入らない方も、すでに手に入っているけどランサーとしてのヴラド三世や王様らしく振舞っているヴラド三世が見たい方はぜひともご視聴ください。
マンガで分かる! Fate/Grand Order(1) (カドカワデジタルコミックス)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-08-02)
売り上げランキング: 76

教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 1 (星海社COMICS)
津留崎 優 森瀬 繚
講談社
売り上げランキング: 4,847