【石川慎吾】ジャイアンツで人気急上昇の新戦力を徹底解剖!

2017年、ジャイアンツの新戦力の中でもひときわ存在感を放っているのが“ダイナマイト・シンゴ”の愛称で親しまれている石川慎吾選手でしょう。ファンの心をガッチリ掴み、その人気はまさにうなぎ上り。そんな石川慎吾の魅力を徹底解剖してみました。

石川慎吾のプロフィール



巨人ファンにとって、2016年シーズンオフ、もっとも驚いたのが大田泰示・公文克彦と、日ハム吉川光夫・石川慎吾の電撃トレードでした。原監督の秘蔵っ子として松井秀喜の背番号55を受け継ぎ、多くのファンの期待を背負った大田に、まさか巨人軍のユニフォームを脱ぐ日がくるとは・・・。

しかし、17年新天地で活躍を見せる大田を見ていると、人にはそれぞれ自分の居場所・力を発揮できる場所があるんだなぁとつくづく感じてしまいます。それでも「頑張れよ、大田!」などと上から目線で言えるのは、大田の代わりにジャイアンツにやってきた石川慎吾の存在感が大田の喪失感を埋めてくれているからこそです。

逃した魚ばかりが活躍して、やってきた方がさっぱりでは愚痴のひとつも言いたくなるのが身勝手がウリのファン(筆者)の習性ですからね。

石川慎吾の基本情報



石川慎吾は1993年4月27日生まれの24歳。大阪府堺市中区出身で、小学1年生からソフトボールを始め、3年生の時には軟式野球を始めました。中学時代は通算で2本のホームランしか記録していませんが、東大阪大柏原高に進学してからは、自分なりのタイミングの取り方を掴み本塁打を量産するようになります。

3年時の夏は主将として、大阪府予選決勝の大阪桐蔭高戦に臨み、一時は最大5点差をつけられるも、最後は押し出し死球でサヨナラ勝ちを収め、同校初の甲子園出場に貢献しました。

第93回全国高等学校野球選手権大会では、2回戦の如水館高に延長10回の末4-7で敗れましたが、高校通算55本塁打、50メートル6秒1、遠投105メートルの俊足強肩で2011年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから3位指名を受けました。

石川慎吾は日ハム時代どんな選手だった?

多くの期待を背負って日ハムに入団した石川選手の1年目は、二軍で打率.254をマーク、その中でも二塁打をチーム最多の14本も放っていることから俊足っぷりが伺えますね。

一年目は1軍に呼ばれることはありませんでしたが、高卒選手はよほどの事が無い限り普通はプロとしての土台を作る為、1年目はファームで練習に明け暮れるものです。日ハムのファームはイースタン・リーグですから、筆者もジャイアンツ球場で何度か石川選手を見ている・・筈です。

が、すみません、あまり記憶に無いんですよね。ワタクシとした事が、こんなイケメンを見逃すとは・・・。日ハム時代から多くの女性ファンに騒がれていたようですが、日ハム時代は茶髪や、時には金髪の時もあったりしてカッコイイけどちょっとチャラいかな?という印象です。(笑)

ルックスについてはひとまず置いておいて。2年目の13年にはフレッシュオールスターに選出、8番・右翼手で先発出場し3打数2安打2打点をあげて優秀選手賞を獲得します。

8月には負傷離脱した中田翔に代わりプロ初昇格を果たしたものの、通算5打席の内、3三振と結果を出すことは出来ませんでした。それでも二軍ではイースタン・リーグ2位の14本塁打を放っています。

3年目は4月17日に一軍昇格を果たすと、その日のオリックス戦で幼いころから憧れていた井川慶から中前打で出塁し、初得点もマークします。5月20日の対中日戦では、石井裕也の代打で出場し、ネルソンから決勝弾となる2点本塁打も放ちました。

この年は44試合、翌年15年は43試合に出場しますが、16年は12試合の起用にとどまり、オフにトレードとなったのです。

坂本勇人も脅かす人気の秘密とは?

石川慎吾のルックス

人それぞれに好みと言うものがありますが、石川慎吾君をイケメンと称しても、ほぼ異論は無いでしょう。俳優さんのように綺麗に整った・・と言うより、ヤンチャな雰囲気を残した可愛らしい顔立ちと言った方がいいかもしれません。

ジャイアンツで女性からの人気ナンバー1には坂本勇人という不動の存在がいますが、所栓彼は高嶺の花。いや、石川君だってファンからしたら勿論手の届かないスター選手であることに違いはないのですが、その人懐っこい笑顔と雰囲気で、なんとなく親近感を覚えてしまうのです。

ファンサービスもとても良く、テレビで見せる雰囲気そのままの好青年ですから人気がうなぎ上りなのも頷けます。球場入りでは、ほぼ手ぶらで車から降りても、クラブハウスに消えるまでにたくさんの差し入れを受け取り大荷物になっていましたから。

石川慎吾の性格は?

後輩と食事しました🍴 #寺内崇幸#小林誠司#中井大介#橋本到#石川慎吾 #鈴木尚広

鈴木尚広さん(@suzukitakahiro12)がシェアした投稿 –



ルックス通り、とても人懐っこく可愛らしい彼は、ジャイアンツに移籍してもすぐにチームに溶け込み仲間と上手くコミュニケーションを取っていました。日ハム時代から、いや元々先輩の懐に入り込むのも得意な性格のようですね、タテ社会で生きていく上での素晴らしい才能だと思います。

上の写真は2016年に引退した、プロ生活巨人一筋20年の鈴木尚広さんのインスタグラムにアップされた写真です。後輩たちと食事に行った時の1枚ですが、後輩の面々を見てください。

寺内、小林、中井、橋本と石川選手以外はみんな生え抜きの選手たちです。2016年オフ、鈴木選手の引退と入れ替わるようにジャイアンツに移籍してきたにも関わらず、これほどまでに違和感なく末っ子のような笑顔で大先輩に奢られるとは・・その性格の良さがわかりますね。(笑)

石川選手の類まれなるトーク術

慎吾ちゃんポーズ #石川慎吾

ヤ スさん(@giants082647)がシェアした投稿 –



そもそも、石川慎吾の人気がここまで急上昇しているのは、その類まれなるトーク術がファンにウケているというのが一つの要因です。後にご紹介しますが、毎週土曜日の朝に日本テレビ系で放送されている、ズームインサタデープロ野球熱血情報では、そのトーク術がウケて連続出演記録を更新中です。

ズムサタは有料のCS放送日テレジータス(G+)で、地上波で放送枠に入らなかった場面も含めて再放送するジータスゼットなるものも放送されているのですが、石川選手の連続出演は地上波だけで成り立っているのです。

そのだけ多くのファンが石川選手を求めていると、日本テレビ側も受け止めているってことですからね。子供の頃母親から「お前は口から先に生まれてきた」と言われたと語っていた石川選手ですが、それがこんな形で功を奏するとは・・・。(笑)

石川選手のプレースタイル

あ、失礼しました!ルックスやトーク術だけではありません。石川選手は野球選手としてもとても素晴らしいものを持っています。(なら最初に言えや~と慎吾君に突っ込まれそうですが・・)

178㎝、76キロとプロ野球選手としては決して大きくない体でありながら、なかなかのパワーを秘めたバッティングが持ち味の石川ですが、なんと小学5年時に参加した野球教室で講師役だった巨人時代の清原和博から、「お前、ええ筋肉しとるな」と褒められた経験があるんです。

それでも石川選手が目指すのは、小谷野栄一のような本塁打が少なくても打点をあげられるチャンスに強いバッター。ジャイアンツ移籍後は2017年の開幕から1軍に名を連ね、そのパンチ力のあるバッティングから“ダイナマイト・シンゴ”の愛称で呼ばれるほどの魅力あるバッターです。

ズムサタで人気沸騰!~これが石川慎吾だ~名場面集

石川慎吾はそういう男だそうです! #石川慎吾 #ズムサタ #ジャイアンツ

T-TAKUMAさん(@tkbaseball1551)がシェアした投稿 –

2017年8月現在、ズムサタプロ野球熱血情報の連続出演記録を更新中の石川慎吾。プロ野球の試合が地上波で放送されなくなった昨今、このような番組で初めて「こんなプロ野球選手がいるのかぁ」と知った人も少なくないかもしれません。

明るいキャラクターと物怖じしない受け答えで、とにかく朝から笑かしてくれるんです。ズムサタを見れば石川慎吾に興味が湧いてくること間違いなし!と筆者が太鼓判を押しましょう。

この番組から「デリケート・慎吾」、「鬼のインドア派」、「石川慎吾ってそういう男なんです」などの名言が生まれています。CS放送では定期的に再放送もしていますが、youtubeでも見ることが出来ますから一度チェックしてみて下さいね。

そんな中から名場面集をいくつかご紹介しておきます。

鬼のインドア派



自分の事を「鬼のインドア派」と称する石川慎吾。休みの日も家で借りてきたDVDを見て過ごすと言い、「ノーライク紫外線」、「花火に物申す」など、ことごとくアウトドア派を否定するんです。

MCの宮本さんが、アウトドアの楽しみを何とか石川選手にわかってもらおうとしますが、何を言っても「家の布団の勝ち」と譲りません!石川選手がこの「鬼のインドア派」宣言をした後には、「あなたはインドア派?それともアウトドア派?」と言うテーマで放送が行われるほどズムサタでのヒット語録になりました。

しかも、一緒にインドアで過ごしてくれる彼女を募集中などと言ったことから、ツイッター上では妄想女子が後から後から沸いた沸いた・・・。石川慎吾人気を改めて実感いたしました。

ズムサタ選手権~心イケメンな選手は?



ズムサタではFacebookで「ズムサタ的選手イメージ選挙」なるものがありましてファンからの投票で、順位を決め発表しているのですが、先日「ココロイケメンだと思うのはどの選手?」と言うテーマがありました。

石川選手にインタビューすると、彼が思うココロイケメンな選手は“亀井選手”とのご意見、そして自分は入っていないでしょ・・とご謙遜。しかし、なんと石川選手はあの坂本選手に続いて2位と言う素晴らしい支持率を見せたのです。

まぁ、1位が坂本選手・・という事からもわかるとおり、これってテーマ云々よりほぼ人気投票。(笑)移籍して間もないのに石川選手の人気の凄さがわかりますね。因みに石川選手が予想した亀井選手より上位に食い込んだ自分の人気に、「亀井さんに見られたくない」と、タジタジでした。

独自の理論を展開~石川慎吾はメンドクサイ男?



とにかくズムサタにレギュラーで出続けるには、宮本さんから振られる質問への返しの速さや上手さが求められます。野球選手にはなかなかハードルが高いのですが、たとえ上手く返せなくても、それで素が見えるのがまたいいところでもあるのです。

でも、石川選手は怯むことなく、持論を展開。「カレーに具はいらない」、「寝る服以外でベットに座らない」などなど、見てもらえればわかると思いますが、なかなか「メンドクサイ男」であることは否めません。

地元で居酒屋を経営するお父様は、客商売からなかなか口が立つお方だそうですが、「小2で親父を超えた」と言う話術で、これからもファンの心を掴んで離さないでしょうね。

トレードを転機にいっそう輝く石川慎吾に大注目

昨日のヒーロー!!!! #石川慎吾#マイコラス

👑さん(@hayagram_06)がシェアした投稿 –



トレードの憂き目にあう選手は少なからず存在しますが、不必要となったから出された・・ではなく、必要とされて移籍したのだと自分の中のモチベーションを上げる事が出来るかどうかが新天地で活躍できるかどうかにかかっているのかもしれません。

正直、石川慎吾はジャイアンツに来て、日ハム時代より輝いていると思うのです。開幕後、長野の不振から先発出場する機会が増え、与えられたチャンスを活かしアピールにも成功したと思います。

8月現在は、長野や亀井、同じく日ハムから来た陽岱鋼がスタメンで外野を守っているため、代打での起用が多くはなっていますが、またいつチャンスが回ってくるかもわかりませんし、代打でも結果を出しています。

プレーでも、そしてトーク術でもファンを魅了する石川慎吾から、今後も目が離せませんね!