旧多二福は表裏一体の2面キャラ!超平和的?目的の正体を考察!

東京喰種は現在、実写映画も公開されていますよね。今作原作は、『東京喰種:re』の12巻まで発売されていますが、様々な驚愕する進展が・・・!今回は、今作でも注目されている人物の旧多二福を考察を交えて、ご紹介いたします。

旧多二福の初登場はどのあたり?

え、この人って・・・

こちら、女性にも見えますがれっきとした男性。旧多二福(ふるたにむら)と読みます。この人、あまりにも影が薄くて最初気づかなかったのですが実は前作で、登場していたんですね。それが、『東京喰種』の第12巻の117話です。

それでもちょい役程度の存在に過ぎなかったのですが・・・。こんな形で今作に置いて、面白い存在になるとは思いませんでした。旧多のファンも多いので、今回は徹底的に追究していきます!

上井大学にて

トーカは今作において重要な『金木のエンジン的存在』です。20区の『あんていく』で働く女子高生です。このトーカは喰種なのですが、序盤で金木と出会うのです。そのうち、様々なことがあり金木はトーカの元を去っていくことに。

理由は複雑なのですが、『トーカを守るため』。そしてトーカはその当時受験生で、受験する大学を金木が通っていた上井大学へと決めていました。ある日、上井大学へ見学へ行くのですが、そこで金木と間違って声をかけたのが旧多二福なのです。

旧多二福とリゼの関係とは?

金木とリゼの初デート

今作の主人公は金木研という男子大学生です。金木はあんていくで、リゼという女性に一目ぼれをします。しかも趣味嗜好が一緒のようで、人生初のデートをすることになるのです。デートの帰りに、リゼが帰り道が怖いというので送っていくことに・・・。

怖いというのは喰種のことなのですが、ここで急展開が訪れます。なんとリゼは喰種だったのです。金木は危うく喰われてしまうところだったのですが、上から落ちてきた鉄骨により、リゼは命を落とすのです。金木も重症なのですが、リゼの臓器を移植されなんとか命を繋ぎました。

なんと幸運な事故

金木は『嘉納』という医師にリゼの臓器を移植されて助かったのです。しかしそのせいで、金木は半喰種となってしまうのです。幸運にも事故のお陰で、リゼに喰われずに済んだと思っていたのですが・・・実は真実は別にありました。

鉄骨をリゼに向かって落としたのは、旧多だったのです。金木が「なぜ僕だったんですか?」と聞くと旧多は大笑いします。理由は旧多的には至って簡単。『リゼの事が好きで逃がしてやったのに、自由にし過ぎたから』ということなのです。

超平和的!旧多二福の歪んだ性格

リゼは生かされている!?

旧多は幼少の頃からリゼを知っていたそうです。昔からよく一緒に遊んでいたのだとか。しかし、リゼの身分は『子産み』と呼ばれるものなのです。そこで、旧多はリゼの事を好きだったために、施設から逃がしたのだとか。

それなのに、旧多の事など考えることもなく、次々に男性を手にかけては食しているリゼに腹を立てました。要するに嫉妬というやつですね。しかし、リゼは生きていました。旧多曰くいつか、旧多の子を101匹ワンちゃんのように産ませると言っています・・・。

後ろに下がってろと言われて・・・

ある時、CCGは月山家通称ロゼの駆逐作戦を実行します。月山家とは、『美食家こと月山習』の一族です。社会的にも地位が高くうまいこと人間たちに紛れてきた、喰種一族なのですが、その作戦に旧多も参加しています。

いかにも足を引っ張りそうな、ビビりキャラなのですが・・・。上司に後ろへ下がるように命じられて、「はい」と言って後ろへ、かと思えば上司を盾にしたのです。その上司は赫子により命を落とします。もう旧多のサイコパスっぷりは止まりません!

【ネタバレ注意】旧多二福とピエロ集団との関係性!

ピエロとは?

度々、作中においても『ピエロ』という集団の存在が醸されていました。謎のピエロマスク集団は、『楽しむ』ことをモットーに活動しているのですが、個々に目的は違うような気がする集団です。メンバーには意外なメンツが多数いるのです。

そして、ピエロにはCCG内部にも潜伏してるものが居るようなのですが、それが旧多二福。旧多はピエロの中では『宗太』と呼ばれています。ピエロはもちろん喰種集団の一つですが、旧多も喰種だということなのでしょうか?

金木とおそろい?

画像を見ていただくとお分かりの通り、旧多にも赫子(かぐね)が確認できます。初めて赫子を出したのは、あんていくの店長の娘である『エト』との戦闘です。しかし、旧多も金木同様、隻眼の喰種なんです。そして赫子も金木と同じ。それはどういうことなのか・・・。

エトは、天然の隻眼の喰種です。しかし金木の赫子はリゼのものだと前述していますが、金木のような隻眼の喰種の事を『嘉納式』と呼びます。旧多は隠密に嘉納と何らかの接触を図り、自らも喰種になったということになります。なぜそこまで・・・。

旧多二福には伏線が多い?最強ブラックキャラ確定!

和修一族の歴史

和修一族は昔から、喰種との対峙を生業(なりわい)としていたようなのです。そして、現在CCGを仕切るのもやはり和修一族です。しかしこの和修家は最もグレーに近い存在であることが判明しました。

Vという喰種集団が居るのですが、なんと和修家の事だったんですね!というよりも、和修家の中で『タネ役』と『母体役』というのがあり、人工的に喰種を作っていたということです。それにより作られた子供たちが今作において、正義と悪に分かれているように思います。

白日庭?

ある会話の中で旧多が「有馬や僕のような出来損ない」と言っているのですが、これが意味するのが『白日庭(はくびてい)』出身者なのです。CCGが全国で優秀な子供たちを集めて喰種捜査官への英才教育をする場所と言われています。

しかし、その実態は出身者全員が『半人間』ということ。身体能力は高いが寿命が短命であることが特徴で、和修一族においての雑用係的存在らしいのです。出身者には、有馬貴将(ありまきしょう)、旧多二福、伊丙入(いへいはいる)などがいます。

旧多二福が和修一族の半人間!?

半喰種と何が違うのか

有馬は金木に『隻眼の王を倒せ』と伝えています。その後有馬が率いていた全員半人間の『0番隊(ゼロばんたい)』が金木と共に、喰種側に就いたのですが、旧多はCCG側なんですね。しかも、半人間だということは人間の血の方が強いということです。

そして、旧多がCCG側に残った理由は、明らかに『CCG局長=和修の王』になりたいからです。実に腹黒い。和修一族の血をひく者=白日庭出身者の中での分裂が、世を巻き込んだ戦争へと勃発したのでしょう。

和修の王=キング!これも伏線か?

有馬貴将はジャック!

こちらは、有馬貴将の青年時代を描いたお話になるのですが、『JACK』という部分に注目してください。有馬が主人公である作品でJACKと付けられているのが、不思議だったのですがこう考察できました。

トランプで重要になってくる札は、『キング』、『クイーン』、『ジャック』、『エース』、『ジョーカー』になります。この使い方によりゲームメイクが変わってくるわけですが、『ジャック』というのはトランプだと『騎士』の意味があります。

【東京喰種:re】第3巻挿絵にもある

挿絵にあるトランプにも意味があると考察しました。そこで、JACKである有馬はCCG=和修における絶対的騎士であったのだと思いました。そして、琲世がクリスマスに有馬に送ったプレゼントもチェスの駒ナイトのネクタイピンだったからです。

そして、現段階でのキングは旧多ということでしょう。となると、クイーンはリゼかなとも思ったのですが、恐らく『Qs(クインクス)』だと考察します。字からというのもありますが、旧多が12巻にてクインクスの3人の事を『竜』と言っているような描写からです。

旧多二福が頼りにしているJOKERが鍵となる!?

鈴屋什造が突破口?

現状、優勢なのはピエロに属しCCG局長にもなった旧多改め、和修吉福(わしゅうきちむら)です。ということは、全ての始まりを意味するエースは金木なのではないかと思うのです。そして、どのトランプゲームにおいても逆転できるのがジョーカーですよね。

そのジョーカーは現在CCG特等捜査官の鈴屋什造(すずやじゅうぞう)なのだと思います。ほぼ確定だと思う理由がいくつかあります。まずは、上司である篠原が使っていた装着型のクインケ『アラタβ』を『アラタJOKER』に改めて使っていることです。

東京喰種JOKERが存在する!

【東京喰種:re】第3巻にも掲載されているのですが、実は什造が主人公の物語が存在しているのです。それが『東京喰種JOKER』なのです!什造は篠原が植物状態になってから、人が変わったように温かい人間へとなりました。善し悪しが分かる人物へとなったのです。

そして、トランプにおいて赤は昼で、黒が夜といった対照的な一面があります。もしかすると、什造が旧多につくか金木につくかで展開が変わるのでは?と踏んでいます。また、什造が使うクインケは『13’sジェイソン』といいます。トランプ13の数字全てを掌握するという意味があるのかもしれませんね。

旧多二福は黒幕で確定?局長の目的とは何なのか?

超平和的の意味

Qsの上をいく『オッガイ』たる半喰種たちを新たに作り導入した旧多。【東京喰種:re】12巻でピエロによる会話がなされていたのですが、新たに何かを企んでいる様子でした。特等席で世界の終焉を見るとか、チェックメイトはどうするとか・・・。

既に23区の喰種は90パーセントの喰種を駆逐出来ているようなのですが、旧多は自分の絶対的強さを国民に見せつけたいのでしょう。支持を得るためにやっているのだと思います。そして、サイコパスという一面上クインクスである六月透(むつきとおる)と利害が一致するのでしょうね。

チェックメイトはどちらが先か・・・

一方、金木率いる『黒山羊(ゴート)』でも同じような会話がなされているのですが、金木は急激に老化の道を辿っているのです。大事な人を守るため、生きていたいと考えるようになる金木。そんな中、CCG側ではトーカの高校時代の友人が捕らえられます。

容疑は『喰種隠匿の罪』です。トーカを喰種と知っていて、隠していたと罪をきせられて処刑されることとなるのです。しかもそれを、公開処刑としセレモニーを開く準備を進めているCCG。全ては旧多によるものなのです。明らかに罠ですが、金木はほっときはしないでしょう・・・。

旧多二福の今後の動きに注目!何を企む!?

自らが統治する世界を・・・

金木が目指す世界は、喰種と人間が共存できる世界です。しかし、旧多が望む世界は己の権力行使と地位の確立でしょう。喰種だけでなく、今まで我慢して機会を伺っていた分、これからは自分が王でありたい。

だとすれば、完全に悪と言うことになりますよね。金木にはトーカの他にも守らなきゃならない存在が出来ました。将来を考えなければならない金木は、更に強くなると思います。さて、どちらが先に『頭』を取るのでしょうか・・・。今後も目が離せません!