【境界の彼方】京アニが描く異能アクションの魅力を語る!

「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」などでお馴染みのアニメ制作会社・京都アニメーションが制作した、2013年放送のアニメ「境界の彼方」。その難解な内容から放送当時の反響は一概に良いとはいえず、「理解できない」「伏線が回収されてない」と少なからず批判の声もみられました。そんな「境界の彼方」で描かれる深い物語の面白さを語るため、筆を取らせていただきます。

異能系”不愉快”ダークファンタジー! アニメ「境界の彼方」とは

難しい? 分からない? だからこその読解の面白さ!

世の中のアニメ好きな人々は、さまざまなタイプに分類できます。キャラクターが可愛ければOKという人、設定が深くて考察のしがいがあるほど良いという人、構成が工夫されていて上手く伏線が回収されるのが好きだという人、王道の感動ストーリーで泣きたいという人。つい最近それらを上手く配合して前代未聞の高評価を得たすっごーいアニメもありましたが、その話はさておき。
2013年に放送されたアニメ「境界の彼方」にもこうした要素が満遍なく入っており、特にキャラクターの可愛さという側面では高い人気を誇りましたが、一方でその手が込んだ物語構成の難解さゆえの批判も多くみられました。この記事を読む人の中にも、よく分からなくて途中で視聴をやめた人や、最後まで観たけれど理解できなかったという人がいることでしょう。

出典:http://tv.anime-kyokai.com

原作は第2回京都アニメーション大賞奨励賞を受賞し書籍化されたライトノベル『境界の彼方』で、アニメ化に際して制作にあたったのはもちろん京都アニメーション。ただし、アニメ「境界の彼方」の展開は原作とほとんど全て異なり、設定も大幅に改変、キャラクターも追加されています。この記事で触れるのはアニメ版のほうです。
妖夢“と呼ばれる一般人には見えない怪物と、妖夢と戦う異能を持った人間である”異界士“がいるという世界観で、人間と妖夢のハーフである”半妖“の主人公と、血を操る”呪われた一族”の末裔である異界士のヒロインを中心に描かれるダークファンタジーとなっており、バトルアクションを含むシリアスな物語が展開されるアニメです。
一方で、主人公が大の眼鏡好き、ヒロインが眼鏡美少女という眼鏡萌えアニメでもあり、「境界の彼方」を好きだという人の恐らく大半は(原作者も含め)眼鏡好きでしょうし、実際ヒロインは非常に高い人気を得ています。また、ヒロインの口癖「不愉快です」も、その汎用性の高さから人気の要因となりました。
ただ、キャラクターを理由に「境界の彼方」が好きならばそれはそれで構わないのですが、筆者がこの記事で語りたいのはあくまで「境界の彼方」の物語としての面白さです。「言動が矛盾している」「投げっぱなし」な作品に見えてしまった人のために、「境界の彼方の本当の観かたを解説します。

「境界の彼方」あらすじ紹介

「普通の人間」ではないふたりの物語

「境界の彼方」は全12+1話(第0話)で構成されています。第1~4話で主人公・神原秋人とヒロイン・栗山未来の出会いから”虚ろな影“なる強大な妖夢の討伐までが、第5~7話では栗山さんが秋人たちと関わっていく図や周辺キャラクターの行動が、第8話からは妖夢が弱まる”凪”の訪れから最強の妖夢境界の彼方“討伐までが描かれます。なお、第0話は前日譚となっています。
“半妖”である秋人と”呪われた一族”である栗山さん、ともに「普通の人間」ではないという共通点を持つふたりが孤独だった状態から始まり、接していくなかで互いに惹かれ合い、この世に自らが生きる意味を見出し、終盤で判明する過酷な運命を乗り越えていく、そんな物語です。

数多くの伏線がみどころ、休憩回も

一番のみどころは、序盤~中盤のそこかしこに張られ第10話で一気に回収される伏線の数々。これが凄まじく多い上に分かりづらく、さらに(途中までは)キャラクターの信念と行動が矛盾しているようにも感じられるため、初見では何が何だか分からずお手上げ状態になりかねませんが、この伏線を読み解くのが「境界の彼方」本来の楽しみ方です。
ちなみに、第6話は休憩回であり、本編と全く関係のないギャグ満載のストーリーが展開されます。終盤では「ハレ晴レユカイ」の再来にも思えるダンスシーンまで盛り込まれており、「境界の彼方」の本編はよく分からなくて楽しめなかったという人もこの回だけは好きだと言っていることもしばしば。

「境界の彼方」主要キャラクター&キャスト一覧

主人公、不死身の”半妖”神原秋人

出典:http://tv.anime-kyokai.com

「境界の彼方」主人公にして、人間と妖夢のハーフである”半妖“の神原秋人。声優はKENN。高校2年生で、文芸部副部長。好きなものは眼鏡。その体は実質不死身であり、普通の人間にとっての致命傷を受けても回復します。ただし痛覚は人並み。母親であり放浪生活をしている神原弥生の前衛的な性格にたびたび困らされています。
普段は不死身であること以外普通の人間と変わりありませんが、人間としての自我が弱まると妖夢としての自我が目覚め、強大な力を振り回して暴れます。その性質のため、以前は放浪生活をしていたことが第0話で描かれます。その妖夢の自我の正体こそが、最強の妖夢”境界の彼方“そのもの。このことが、「境界の彼方」という物語において重大な意味を持ちます。

血を操る眼鏡美少女ヒロイン、栗山未来

出典:http://tv.anime-kyokai.com

「境界の彼方」のヒロイン、異界士の栗山未来。声優は種田梨沙。高校1年生。趣味は盆栽とブログ・SNS。口癖は「不愉快です」。”呪われた血“を操り、剣を生成して斬撃したり、槍状に伸ばして突き刺したり、盾のように展開して防御したり、また抑えていた力を解放すれば触れただけで侵食する猛毒として使ったりもできますが、異界士の間ではその能力ゆえ一族ごと忌み嫌われています。
“虚ろな影”に憑依された友人を殺害してしまったことをきっかけに妖夢の討伐を躊躇するようになり、それゆえ収入源がなく生活に苦労しています。秋人たちが住む街にやってきたのはその”虚ろな影”討伐のため・・・ではなく、”境界の彼方討伐のため。第10話では、名瀬家長女・名瀬泉の依頼で秋人に近付き、殺害を目論んでいたことが明かされます。

文芸部部長、名瀬美月

出典:http://tv.anime-kyokai.com

秋人が所属し、のちに栗山さんも加入する文芸部の部長、大地主である名瀬家の次女・名瀬美月。声優は茅原実里。高校2年生。名瀬家に伝わるの能力を持っており、展開することで音声・匂いなどのシャットダウンや内外への出入りの制限ができます。発言にはいちいちトゲがあり、秋人との会話はたいてい彼に対する罵倒から始まります。ヤキイモという名前の妖夢を飼っています。
秋人の近くにいる理由を「監視」としていますが、秋人を少なからず気にかけており、ときには有用な情報を横流しすることも。一方で、「異界士は孤独」という姉の言葉に従い他者との接触には消極的で、友人らしい友人は秋人くらい。また、兄からの好意は突っぱねつつも、困った時には助けを求めるなど信頼もしています。

美月の兄、名瀬博臣

出典:http://tv.anime-kyokai.com

美月の兄、名瀬家長男・名瀬博臣。声優は鈴木達央。高校3年生。常時マフラーをしているほど極度の冷え性で、秋人の脇で手を温めるのが好き。”虚ろな影”襲来の際には侵入阻止のために壁を生成しつつ、後ろから襲いかかる別の妖夢の群れをまとめて処理するなど、美月より強い能力を使うことができます。
第0話で放浪していた秋人と対決した際に背中を切り裂かれたため大きな傷跡が残っていますが、秋人とは「休戦協定」を結び、現在では良好な関係を築いています。また、妹のことを溺愛しており、携帯電話の着信音は美月が言った「お兄ちゃん、大好き」を録音したもの。ただし、当の本人には気持ち悪がられています。

実は妖夢、新堂愛

出典:http://tv.anime-kyokai.com

アニメオリジナルキャラクター、新堂愛。声優は山岡ゆり。高校1年生。妖夢鑑定士であり姉でもある新堂彩華が営む新堂写真館に住んでおり、店の手伝いや写真のモデルなどをしています。
その正体は彩華さんともども妖夢。普段は人型をしていますが、尻尾が2本ある子猫(猫又)の姿に変化することができます。ただし、興奮したり”凪”で力が衰えたりしても勝手に猫の姿になります。なお、戦闘力は皆無。
ちなみに、彩華さんのほうは九尾狐に変化でき、こちらは”凪”の最中でも異界士協会の藤真弥勒と互角に戦うなど非常に強力。二人とも人間に対して基本的に害意はなく、妖夢でありながら人間と共生している不思議な立ち位置にいます。

「境界の彼方」OP・EDを歌うのは?

OP曲は茅原実里が歌う「境界の彼方」

出典:https://www.amazon.co.jp

「境界の彼方」主題歌でもあるオープニング曲は、名瀬美月を演じる茅原実里が歌う作品名と同名の曲、「境界の彼方」。茅原実里の透き通った声と、イントロから響くピアノが美しい、疾走感のあるナンバーです。
また、オープニングアニメーションでは、栗山さんが秋人たちのいる街に向かう途中の風景と、学年が一つ前の秋人たちが描かれており、これ自体が物語全体にかかるひとつの大きな伏線になっています。
ちなみに、もともとは「NO LINE」という激しめの曲(こちらも茅原実里)が主題歌として提案されていましたが、こちらは不採用となり、代わりにイメージソングとしてPVに用いられています。

ED曲はSTEREO DIVE FOUNDATION「Daisy」

出典:https://www.amazon.co.jp

エンディング曲は、STEREO DIVE FOUNDATIONが作詞・作曲・編曲、さらに歌唱まで全て行った「Daisy」。STEREO DIVE FOUNDATIONはR・O・N(ロン)という名前でも活動しており、声優をはじめ多数のアーティストに楽曲を提供している他、アニメやゲームのBGMを手掛けることもあるミュージシャンです。
Daisyというのはヒナギクという花の英名で、ジャケットやエンディングアニメーションにも描かれています。ヒナギクにはいくつか花言葉がありますが、そのうちのひとつに「あなたと同じ気持ちです」というものが。アニメーションとしても最後に秋人を見つめて微笑む栗山さんが描かれるなど、秋人たちと関わった後の栗山さんの心情が描かれたEDとなっています。

【ネタバレ】評価真っ二つ! 理解困難な物語を読み解く

全ての謎が解ける第10話、そこからの逆算

出典:http://tv.anime-kyokai.com

「境界の彼方」視聴を途中でやめた人のなかには、「キャラクターの言動が意味不明、矛盾が多い」などと批判する人がいます。確かに前半はそう見える場面が多いですが、実のところそうした言動の大半は、第10話のための伏線です。
キャラクター紹介の項と重複しますが、栗山さんの目的は秋人の中に眠る境界の彼方の討伐だということが第10話で判明し、これは物語開始より前に名瀬泉から依頼されているものであることも分かります。
この真実を知った上で改めて第1~9話を観ると、初見では矛盾していたり意味不明だったりしたように思えた言動や描写の理由が見えてきます。「境界の彼方は2周してこそ面白いアニメなのです。

第1話の謎:秋人を刺したのに命を奪うのが怖い

出典:http://tv.anime-kyokai.com

「境界の彼方」第1話の視聴を始めてわずか2分、いきなり秋人は栗山さんに刺されます。この行動が初見では全く理解不能ですが、それは(第1話だけ観た段階では)物語の突飛な導入ということでひとまず勘弁してほしいところ。
ただ問題はそれだけではなく、第1話終盤には「怖いんです・・・命を奪うのが・・・」という栗山さんの台詞があります。第1話冒頭の行動は、順当に進めば秋人の「命を奪う」ことになる行為であり、これは矛盾しています。
ところが、上記の真実と照らし合わせれば、栗山さんは事前に秋人についての情報を得ているので、不死身であることを知った上で様子見として刺したことになり、矛盾が解決します。心の準備が出来ておらず、中途半端な覚悟で臨んでいたんですね。

第4話の謎:栗山さんの意味不明な台詞の数々

出典:http://tv.anime-kyokai.com

第4話で”虚ろな影”の討伐に向かった栗山さんと、その後を追いかけた秋人。この回では、栗山さんがたびたび初見では意味不明としか思えない発言をします。まずは、追いついた秋人に栗山さんがかけた最初の台詞、「何で来たんですか! もし目覚めたら・・・」。何が「目覚めたら」なのかといえば”境界の彼方”であり、栗山さんは少し口を滑らせたことになります。
また、”虚ろな影”の討伐方法を秋人が尋ねると、栗山さんは「わたしが知るわけないでしょう」と答えます。それも当然で、”虚ろな影襲来は全くの偶然であり、栗山さん曰く「予定が狂った」のです。栗山さんが秋人たちの街に来たのはこの討伐のためだと秋人が思っているような描写もありますが、これも全てミスリードというわけですね。

第3・5話の謎:栗山さんと名瀬家の関係

出典:http://tv.anime-kyokai.com

ここまで来ると初見ではそもそも気付かなかったという人も多いであろう、細かい謎。第3話で栗山さんが秋人と言い争うシーンがありますが、実はこの中で、この時点ではまだ知らないはずの博臣の名前を栗山さんが出しています。
また、第5話の秋人と栗山さんと名瀬兄妹が名瀬家を訪れるシーンでは、「博臣たちの家に来るの初めてだったよね?」と秋人に問いかけられて、栗山さんが「あっ・・・」と微妙な回答をしています。
これらの台詞は栗山さんが事前に名瀬家と関わっていることの伏線であり、その裏事情を隠そうとしながらも堂々と嘘をつき通すことのできない栗山さんの性格も表れています。

第5・9話の謎:栗山さんと接触する名瀬泉

出典:http://tv.anime-kyokai.com

第5話で名瀬家を訪れた栗山さんたち。そこで一通り名瀬泉と話をした後、栗山さんは「今後の話があるから」と言われてひとり部屋に残されます。同じ第5話のラストでも祭りの場で二人が接触する描写があり、また第9話でも泉は喫茶店に栗山さんを呼び出しています。
これは経過報告や情報伝達をしていたのであり、名瀬家では弱っていた秋人を仕留め損ねたことを叱られ、祭りでは”境界の彼方”討伐から手を引きたいと話し、喫茶店では秋人を殺さない代わりに栗山さんを犠牲にして境界の彼方を倒す方法を教えられています。
なお、第9話ラストで秋人と対峙する栗山さんは、1周目では秋人を殺すことを悲しんでいるかのように見えますが、2周することで実は自分が犠牲になることで秋人と離別することを悲しんでいると分かります。

第12話の謎:復活する栗山さん

第10話で全ての謎が明かされた後も、第11・12話では再び謎が蓄積していきます。なかでも「境界の彼方」を最後まで観た視聴者が「投げっぱなし」と批判するのが、ご都合主義的とも思える栗山さんの復活です。”境界の彼方”について一件落着したところで急に消滅してしまう栗山さんが、ラストでこれまた急に復活するという、一見強制的ハッピーエンドとも思われる展開。
ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。

出典:https://ja.wikipedia.org

さすがに「強い意志」などでホイホイ人が復活したら堪ったものではないので上手く整合性をつけたいですが、これはなかなか難しいところ。復活した栗山さんがスワンプマンのように元の栗山さんではない存在だと思えば、元の栗山さんは消滅しつつも、”境界の彼方の能力で再構成されたと考えることができ、何とか辻褄が合いそうです。

そもそも”境界の彼方”の能力は何なのか

出典:http://tv.anime-kyokai.com

“境界の彼方”の能力について言及しましたが、そもそもその能力とはどういうものなのでしょうか。作中では単純な高威力の炎による攻撃のほか、「異能の力を消す」という能力が登場しています。
また、作中では”境界の彼方から妖夢が出てくるシーンも。加えて妖夢は人の憎しみや恨みが形になったものであることから、”境界の彼方”には人の思いを具現化する能力もあると考えることができます。
ちなみに、”境界の彼方”の正体がTV版で明かされることは最後までありませんが、その代わりに後述の劇場版神原弥生の正体とともに言及されることになります。「境界の彼方」は、劇場版にまで伏線を張っているのです。

実は第1話で暗示されている物語の方向性

出典:http://tv.anime-kyokai.com

ところで、第1話で秋人が栗山さんに刺されたくだりの後、画面は文芸部の部室に切り替わります。ここでは秋人と美月が娯楽作品について会話する場面が描かれますが、実はこの中で「境界の彼方という物語の方向性が暗示されています。
とりあえずバラバラ殺人を出しておくようなミステリーを陳腐だとした上で秋人が言う「読者にとって大切なのは行動と意味」という台詞。これは、いきなり主人公が刺されるという直前の展開に対してメタ視点的(制作者視点的)に言及しているともいえます。
つまり、視聴者からは使い古された物語の突飛な導入にしか見えない冒頭のシーンにも、これ以降の意味不明な言動や展開の数々にも、実は物語としてきちんと意味がある、そういうことを言っているんですね。

他にも山ほど・・・書き切れないほど多くの伏線

出典:http://tv.anime-kyokai.com

ここまで「境界の彼方」の謎をいくつか解説しましたが、「境界の彼方」は同時に多数のキャラクターが動く複雑な物語であり、それらが抱える謎に対して物語中に散りばめられている伏線は上記に留まらず、まだまだ数多くあります。
再視聴の際には、栗山さんに限らず、美月や博臣、その他のキャラクターの言動にも注目してみると、たくさんの面白い発見があることでしょう。そうなると、2周と言わず3周4周と楽しめる作品になりますね。
「境界の彼方」に限らず、高度に構成された物語においては一見必要なさそうにも見える言動や描写にも実は意味があることが多いので、この「境界の彼方」をきっかけに、他の作品も少し視点を変えて観てみてはいかがでしょうか。

「境界の彼方」考察検索のすすめ

出典:http://tv.anime-kyokai.com

また、ここまで書いてきた「境界の彼方」考察の数々は、決して筆者個人だけのものではなく、インターネット上に公開されている境界の彼方に関するさまざまな考察を読み漁ってまとめたものです。
ここで詳しい紹介まではしませんが、考察のなかには同じ京都アニメーションによるアニメ映画「涼宮ハルヒの消失と絡めて考察しているものもあり、非常に興味深い内容となっています。
この記事を読んで「境界の彼方」考察に興味が湧いたという人は、ぜひインターネットで「境界の彼方」を考察しているブログやサイトを検索してみてください。物語を読み解くという行為の、良い勉強になるかと思います。

劇場版「境界の彼方」過去篇&未来篇って何?

総集編と続編の2本立て

そんな「境界の彼方」は、放送から1年半後の2015年3月・4月に「劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE-」というタイトルで映画化されています。2部作であり、3月にはTV版の総集編である「過去篇」が、4月にはその続編となる「未来篇」が公開されました。
「過去篇」は総集編ながら、視聴者がTV版を観ているという前提で時系列を整理した上で、主に栗山さんの視点で再構成されています。また、ラストには「未来篇」に繋がる新作映像が追加されています。
「未来篇」は、復活した栗山さんにそれまでの記憶がないという事実が判明し、異界士としての能力を忘れたまま生きようとしてもそうはならない残酷な運命と、それを乗り越えていく物語が描かれます。

分かれば面白い「境界の彼方」にもう一度挑戦!

出典:http://tv.anime-kyokai.com

難解で謎の多い作品である「境界の彼方」ですが、こうして読み解いていくことで、実に高度に構成されたアニメであることがよく分かります。ひとつ批判点を挙げるとするならば、こうした構成がアニメ向きではなかったというところでしょう。
これだけ多くの伏線が張られていると視聴者は前の話を観直す必要がありますが、アニメを1話観直すには24分前後という時間がかさむため、人によっては手が出にくいもの。小説や漫画ならページを戻ればすぐ読み直せるのですが、アニメはそうではないのです。
決して万人向けとはいえない「境界の彼方」ですが、読み解いて理解できれば面白いアニメであるのはここまで説明してきた通りですので、一度視聴を諦めた人やよく理解できなかった人には、ぜひもう一度挑戦してみてほしいと思います。