【ドラゴンボール】18号はツンデレ美女!?悪者からかわいいママに大変身!

今や知らない人はいないといっても過言ではないであろう『ドラゴンボール』。今回は、そんな『ドラゴンボール』の個性的なキャラクターの中でも、ファンから根強い人気を誇る女性キャラクター「人造人間18号」をご紹介していきます。

美しきサイボーグ!人造人間18号とは

彼女が初登場したのは作中の「人造人間編」で、「18号」というのも彼女が人造人間であることを示しています。18号は、作中で登場する敵キャラクター・天才科学者ドクター・ゲロが、主人公の孫悟空を殺害するために人間の女性を改造した人造人間(サイボーグ)で、殺戮兵器として扱われていました。
また、18号には双子の弟・17号がいて、彼も18号と同じく人間の身体をベースに改造された人造人間として登場します。18号というのは彼女の名前で、作中でも「18号」か「人造人間18号」としか呼ばれません(クリリンは彼女のことを「18号さん」と呼びます)。

18号の外見は、端麗な顔立ちをした綺麗な女性キャラクターとして描かれています。見た目の特徴としては、金髪のボブカットで左側を耳にかけた髪型をしています。また、耳にピアスをしており、これは人造人間13号~20号まで両耳に同形状のピアスを付けています。
数多くのキャラクターが登場し、魅力的な女性キャラクーもたくさんいる作中の中でも、トップクラスのルックスをしているのでファンからの人気は凄く高いです。
また、悟空の奥さんのチチやベジータの奥さんのブルマは、作中の時間の経過とともに老いていくのですが、人造人間である18号はそういった心配はありません。見た目は若干老けていっている気がしなくもないですが、それでもまだピチピチのお姉さんと表現しても問題ないくらいです。

18号は綺麗なのですが、つり目で冷たい眼をしたかなりきつそうな顔立ちをしています。そして、その性格はというと、その見た目通りかなりきついです(笑)。作中初登場時は、高飛車で問題児の不良少女のような存在でした。
しかし、後述するクリリンの存在で、その性格はガラッと変わります。相手を思いやるようになり、自分中心の性格から少しずつ仲間を思いやる性格へと変貌していくのです。ですが、変わらないところもあって、ミスターサタンを脅して金を巻き上げるなど、要所要所で悪知恵を働かせたりしています。
また、かなりのツンデレキャラで、普段は強気なのに時折クリリンへ見せる「デレ」の部分は、クリリンやファンを歓喜させています。

18号は悟空たちの敵だった

先程少しお話した通り、18号は元々悟空たちの敵でした。殺しを本能的に楽しむほどではないですが、人が死のうが生きようがどうでもよく、基本的に邪魔者は消すといったスタンスでした。
当初はドクター・ゲロの命令に従っていた18号ですが、従うフリをしてドクター・ゲロを油断させ、ドクター・ゲロが万が一のために所持していた18号と17号を緊急停止させるスイッチを奪いそれを破壊します。その後、要なしになったドクター・ゲロを17号が殺したため、彼女たちを止めるすべがなくなり悟空たちは彼らに戦闘を挑んでいきます。
その際に、18号はベジータと対戦することになります。「女だからといって手加減はせんぞ」とベジータは本気で彼女と戦いますが、18号は人造人間のためスタミナの消耗が少なく、ベジータを圧倒的に打ち負かします。ベジータが噛ませ犬になったシーンの一つです(笑)。

18号とクリリンの関係

ベジータが18号にやられて、圧倒的な力の差を見せつけられた悟空の仲間たち。その中でもクリリンは怯えてしまって、戦いに参加することすらできませんでした。そんなクリリンを見た18号は、クリリンに対して攻撃することもなく立ち去って行きます。
その後クリリンは人造人間たちの元へ、その目的を聞きに行きます、そして、話を聞き終わったクリリンのほっぺに18号はキスをします。18号は軽い挨拶程度の気持ちだったのですが、クリリンはこれがきっかけで彼女のことを好きになっていきます。
また、18号たちと対戦した悟空の仲間たちは誰も殺されていなかったため、クリリンは人造人間たちのことを本当に悪者なのかと考えるようになります。

クリリンの片想い

その後、物語はセル編へと突入していきます。セルは未来から来た最強の人造人間で、17号と18号を自らに吸収することで完全体になれると考えていました。ちなみに、元々人造人間編のボスはドクター・ゲロだったらしく、「デブとジジイがボスだと面白くない」との理由で美形の17号と18号を描いたみたいです。
それでも、17号と18号は見た目がかなり若いので、「子供相手に本気になるのはいかがなものか」とされ、仕方なく大ボスとしてセルを登場させたとのエピソードがあります。個人的には最強のドクター・ゲロも見たかった…(笑)。
そんなこんなで仕方なく追加されたセル編のストーリーですが、セルの完全体阻止のためにブルマが人造人間停止装置を作ります(やはり天才かブルマ…)。それを使い18号を停止させようとしたクリリンですが、彼は18号に対して恋心を抱いているのでその装置を破壊することを選択するのです。

クリリンと18号の結婚

しかし、ついに18号はセルに吸収され、セルは完全体になってしまいます。完全体になったセルは、悟空やベジータはもちろん、その他の戦士たちを圧倒的な力でねじ伏せていきます。そんな絶望の中、セルに立ち向かっていったのは悟空の息子・悟飯でした。悟飯の活躍によってセルは倒され、強烈な一撃を浴びた際にセルの口から18号が吐き出されます。
無傷で生還した18号は、その後意識を取り戻しクリリンが自分を懸命にかばってくれたことを知ります。しかし、「チビのオッサン」呼ばわりしてその場から立ち去っていきますが、その後、クリリンたちが呼び出した「神龍」が出現したことで再び戻ってきます。
クリリンが、17号と18号の体内の爆弾を取り除くことを神龍にお願いしていたのを陰で聞いていた18号は、「感謝なんかしてないからな」と悪態をつきながらも、「またな」とそれっぽいことをいって去って行きます。そして、ブウ編ではいつの間にか結婚しており、マーロンという娘もできていました。

18号と17号の関係

兄弟の関係は意外と良好?

前述した通り、18号と17号は双子の姉弟です。2人とも元々は人間で、18号は「ラズリ」、弟の17号は「ラピス」といった名前だったそうです。しかし、作中では18号17号と呼ばれており、自身も18号と名乗っています。
17号と18号の関係ですが、元々クリリンは「18号には17号がお似合いだ」という旨の発言をしており、2人が付き合っているかそういった関係であると勘違いしていました。18号と違い17号は、セルの体内に吸収されたままセルと一緒に消滅したのですが、ドラゴンボールを集めて神龍に「セルに殺されたものの復活」をお願いしたので、その内の一人とみなされて生き返りました。その際、18号と同じく体内の爆弾も一緒に取り除かれます。
その後も18号と17号は連絡を取り合っているみたいで、普段はお互いに素っ気ない態度をとっていますが、なんだかんだ関係は良好みたいです。

18号の声優は?

大人っぽい声で18号を演じている声優は伊藤美紀です。伊藤美紀はその他にも様々な役を演じていて、アニメだけではなく海外映画の吹き替えなども担当している、日本声優界でのその実力は申し分のない声優の一人でしょう。
伊藤美紀は54歳(2017年8月現在)で、大ベテランの声優です。現在『ドラゴンボール・超』が放送されていますが、無理をできる年齢でもないので健康に気を付けて欲しいものです。18号の声は伊藤美紀以外は考えられません。

18号は厳しくも優しいママに!?

そんな18号も、今や妻であり母親です。クリリンに対しては相変わらずですが、娘のマーロンに対してはかなり溺愛しています。厳しくもあり優しいママの姿は、昔の18号からは想像も出来ないくらい穏やかなものとなっています。
現在放送中の『ドラゴンボール・超』でも18号は登場しますし、クリリンとの思わずにやけてくるやりとりもありますので、気になった方はぜひ一度チェックしてみてください。かわいい18号を見ることができますよ。
こちらの記事もオススメ!
ドラゴンボールZ 復活の「F」
(2015-09-28)
売り上げランキング: 451

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX
バンダイナムコエンターテインメント (2017-04-27)
売り上げランキング: 690