ノーゲーム・ノーライフ名言ランキングTOP10!さあ、ゲームを始めよう!

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」に登場する名言を独自のランキング形式で10個紹介します。アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の思い出に浸ったり、作品に興味を持つキッカケとしてお楽しみ下さい。

さあ、ゲームを始めよう!アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」とは

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」は榎宮祐原作のライトノベル「ノーゲーム・ノーライフ」のテレビアニメ化作品で、2014年4月9日~6月25日にかけて全12話で放送され、原作小説の第3巻までが描かれています。
監督は「さくら荘のペットな彼女」で監督を務めたいしづかあつこ氏、シリーズ構成は「STEINS;GATE」でシリーズ構成を務めた花田十輝氏が担当しています。また「ノーゲーム・ノーライフ」の活動の場はライトノベル、テレビアニメに留まりません。
2017年7月15日には劇場アニメ「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」が公開されている他、漫画「ノーゲーム・ノーライフ」も発売されており様々なメディアで「ノーゲーム・ノーライフ」を楽しむことができます。

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」はゲーム(遊び)が作品の主軸となっており、超人的なゲーマーである空と白の兄妹がゲームによって全てが決まる異世界―盤上の世界(ディスボード)―へ召喚され、その持ち前の才能を用いて盤上の世界(ディスボード)の世界で活躍する姿を描いた作品となっています。
とにかく空と白のカッコいいゲーマーっぷりに惚れるアニメになっており、競馬やポーカーをはじめとするトランプゲーム、麻雀、テレビゲーム、チェスなど、ゲーム好きであれば間違いなくオススメできる作品になっています。
また個性豊かなキャラクターによるギャグ、「氷菓」や「新世紀エヴァンゲリオン」などの人気アニメ作品のオマージュなどが盛り込まれており、シリーズを通して飽きさせないつくりになっています。

ゲーム(遊び)が主軸になっていはいますが、小難しい要素は少なく然るべき部分にはキチンと解説が入っているので、ゲームが好きでない人でも楽しめるようになっています。

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」名言10選

今回はそんなアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」に登場する名言の中から、独自のランキング形式で10個選んで紹介したいと思います。既に視聴済みの方には思い出のキッカケとして、未視聴の方には作品に興味を持つキッカケとして楽しんでもらえたら幸いです。

第10位 都市伝説、それは一種の願望だ。何故なら、現実は大体、一番つまならい答えが真実だから。

都市伝説に関してハッとさせられる言葉なのでピックアップしました。こうして言われると確かに都市伝説というのはある種の願望に思えてきます。「そうあって欲しい」という願望の具体的な姿が都市伝説の本質なのかもしれませんね。
そうやって考えると口裂け女などもまた望まれて生まれてきた存在に思えてきますね。得たいの知れない恐怖を欲する、或いは仲間と共有したいという思いが世にも恐ろしい存在を生み出したのだと思うと、人間という存在の得体の知れなさや面白さが感じられてきますね。

第9話 みんな仲良くプレイしましょう。

盤上の世界(ディスボード)の唯一神・テトの言葉であり、世界の絶対法則である十の盟約の1つにあたります。遊びに関する大切な姿勢について語られていますね。というのも、遊びに入り込み過ぎるとつい友人や兄弟と喧嘩になったり、場の雰囲気を悪くしてしまうことがありますよね。
昔トランプゲームなどでそんな経験をした人も多いのではないでしょうか?でも、それだとせっかくの楽しむためのゲームが台無しになってしまいますね。筆者も何回も遊びに入り込みすぎて場の空気を悪くしたことがあります。

それだと時間も無駄になるし、人間関係も悪化するで、冷静に見ればまるで良いことがありません。だからゲームをする時はいつも入り込みすぎずあくまで楽しんでやることが大切です。
そういう遊びの前提となる大切なことを教えてくれるこの名言は常に心に留めておきたいものですね。そしていつでも楽しく気持ちよくゲームをプレイしたいものです。

第8位 この世に運なんて存在しない。ルール、前提、心理状態。そんな無数の見えない変数がもたらす予測できない必然で、ゲームの勝敗は始める前には終わってるんだ。偶然なんてない。

空とのゲームに負けたステファニー・ドーラのセリフ「なんで。なんで私は勝てないんですの。エルキアの、イマニティのため、たった1度の偶然すら私は掴めませんの?」に対する空の返答の言葉です。ゲームの面白さの一端が垣間見える名言ですね。
確かに、トランプゲームのテキサスホールデムなども単純な確率のゲームじゃなくて、ベットする金額で相手の心理状態を揺さぶったりするのが醍醐味ですからね。そうやって人の心などの数学的じゃない要素をいかに味方にできるかがゲームの肝であり面白さである。そんなことを教えてくれる名言だと思います。

第7位 世界は混沌で理不尽で不条理で、意味などありはしない。それに気づいた者、認めたくない者の切なる願いから生まれる願望。 世界が少しでも面白くあればという願望。それが、都市伝説。

都市伝説に関する名言をもう1つ。これもハッとさせられる名言ですね。私がハッとさせられたのは最後の2行です。確かに都市伝説に関する番組とか見てたりすると、都市伝説には意味のない事実を繋ぎ合わせて無理矢理物語を構築したものがあるように思います。
コレとコレの事実の繋がりは果たして偶然でしょうか?信じるか信じないかはあなた次第ですよ。的なアレです。そういうものは実験も確たる証拠もないため科学とは程遠く信じるには値しないものですし、人類の進歩の役に立つようなものではありません。
でも何故か人の心を魅了して止まないある種の究極のエンターテインメント。それが都市伝説の持つ1つの性質だと思います。そして、その背景には世界を面白いものだと思いたいという人々の願望が見え隠れしているように思います。

第6位 強者が弱者を真似て振るう武器はその本領を発揮しない。何故なら我らの武器の本質にあるのは卑屈なまでの弱さ故の臆病さだからだ。臆病故に我らは魔法から逃れる知恵もある。臆病故に学習と経験から生じる未来予知にすら到達し得る知恵を持っている。

イマニティたちへ向けた空の演説での言葉です。知恵という武器の本質には「卑屈なまでの弱さ故の臆病さ」であると言っています。ネガティブな性質が強い武器の源となる。ネガティブな性質から生まれるプラスな何かもあることを教えてくれる勇気のでる名言となっています。
確かにケチという性質はお金という武器の源になりますからね。また八方美人という性質は広い交友関係という武器の源になります。さらに向こう見ずな性質によって経験という人生において大切な糧を得ることができます。そしてその糧が大きな人生の武器になっていくと思います。

ちょっと詭弁のような感じもしますが、まぁ何事も捉えようということなのでしょうね。大切なのはマイナスな性質からポジティブな武器を生み出そうとする姿勢なのでしょうね。
自分のマイナスな性質を後ろ向きに悲観するだけでなく、そこから生み出せるものを考えて実際に生み出していこうとする姿勢こそが大切なのでしょう。その大切さを教えてくれるのがこの空の演説の名言だと思います。

第5位 ルールも目的も不明瞭な中、70億ものプレイヤーが好き勝手に手番を動かし、勝ちすぎても負けすぎてもペナルティ。 パスする権利もなく、喋り過ぎたら疎まれる。パラメータも無くジャンルすら不明。こんなもの、ただの、クソゲー。

「さぞ、世界が生きにくく無いかい?」、「君達は、その世界をどう思ってる?」、「楽しいかい?」、「生きやすいかい?」と盤上の世界(ディスボード)の唯一神・テトに問われた空と白の答えとなる言葉です。ニートでゲーム廃人の空と同じくゲーム廃人で不登校のヒキコモリである白らしい言葉ですね。
現実の世界をゲーマーらしい視点で見ているのがとても面白いですよね。現実はルールも目的も無いし、70億の人間が好き勝手に生き、成功者は妬まれるし、負けすぎると死ぬ学校は否応無く通うことが強制されるし、その中で出る杭となれば打たれる

さらにパラメータという明確な数値指標があるわけでもない。まぁこの点については受験の偏差値とかがある学生の方とかはあまり実感が湧かないかもしれませんが、社会人の方などは結構実感できるのではないでしょうか?
そして当然、現実の世界を生きるということには明確なジャンルも無い。そうやってこの言葉を解釈すると、現実は確かにクソゲーですよね。まぁ、でもそういう明確さも無い、0か1じゃ表せない複雑な世界だからこそ現実はより面白いのだと思いますけどね。
まぁ何にせよ現実の捉え方が面白くて心に残る名言であることには間違いはないでしょう。

第4位 我々イマニティはこのディスボードでは最も弱者。しかし、だからこそ強者と渡り合う術を考える。知恵を身につける。 じいちゃんはそう思う。そんな知恵を持つ者がきっといるはずじゃ。最弱だからこそ、その強さを知る者が。

ステファニー・ドーラの祖父・先王の言葉です。自分の弱さを知っているからこそ知恵を使って強者と渡り合おうとするべし、とする先王のポジティブな名言です。
筆者も含めて多くの人が自分の弱さを知った時、「自分には才能が無い」として諦めてしまったりしてその道を引き返してしまうものではないでしょうか?そんな時の気持ちは計り知れないくらい辛いものですよね。
でも道を引き返そうとしているまさにそんな時にこそ思い出したいのがこの言葉です。弱さを知った時、そのまま道を引き返すのではなく別の道を探すことでその道で生きていくことを模索することが大切である。そういうことを教えてくれる名言ですね。

先王の声優さんである福島潤さんの優しい声とともにぜひ心に留めておいて欲しい名言です。挫折しそうな時なんかはぜひ思い出したい言葉ですね。ちなみに福島潤さんはアニメ「SHIROBAKO」で茶沢 信輔役を演じている声優さんでもあります。
あのチャラい感じではなく優しいおじいちゃん役として演じているのが面白いギャップになっているので、ぜひ時間のある時に注目するなり、聞き比べてみるなりしてみると面白いと思いますよ。

第3位 今回は俺らがずっと主導権を握っていた。それだけのことだ。あんたらは動いているつもりで、ただ単に動かされていた。その結果は必然であって、未來視じゃない。

東部連合とのゲームに勝利した際の空の言葉です。確かにスポーツの世界でも主導権を握ることは大切ですよね。さらに相手が動いているつもりで実はその動きはこちらの意図のためにやらせているような状況が主導権の握り方としては最高でしょう。
そんな主導権を握ることの大切さを教えてくれる名言と言えるでしょう。ビジネスマンやスポーツマンだったら心に留めておきたい名言ですね。でも主導権握るのってとてつもなく難しいんですけどね。

実際その難しさを知っていればいかにこの名言の前後で空と白がやっていることが超人的なことかがより鮮明に分かりますよね。まぁ、実際主導権を握ることの難しさを知らなくても空と白のやっていることが超人的なことは分かると思いますが…
そういう空と白の超人的なゲーマーぶりというのも本作の魅力なので、この名言の前後はぜひアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」を観たら注目して欲しいポイントの1つです。

第2位 認めよ。我ら最弱の種族。何も持って生まれぬ故に、何者にもなれる最弱の種族であることを。

空の演説での言葉です。自分には何も無いことを悲観するのではなく、白紙だからこそどんな絵でも描けることを教えてくれている言葉です。
確かに1つの才能が100点で他の才能が10点、という1つの才能が突出している人は大きな可能性があって素晴らしいと思います。が、それが全てではありません。全ての才能が30点という平凡な能力しか持っていない人にだって素晴らしい可能性があります。
というのも全ての才能が30点の人は自分の可能性を模索でき、自分が「コレだ!」と思った才能を育てることで何者にもなれるという幅の広さを持っているからです。そういうことを教えてくれる言葉であり、「俺は凡人だから…」と悲観しそうになった時に思い出したい名言ですね。

第1位 飛びたいって願えば、翼が生えるのかな?違うと思うんだ。変えるべきは自分じゃなくて手段じゃないのか? 創るしかないんだ。今のままの自分が空を飛ぶ方法を編み出すしかない。白を飛ばす翼考えてみようぜ。ゆっくりさ。

空の白に対する言葉です。何かを成し遂げるのに大切なのは自分の性格や気持ちを無理やり変えることじゃなくて、冷静に手段を見つめ、変化を与えることである。そんな人生における大切な姿勢を教えてくれているような気がする名言ですね。
この名言はアスリートの人とかにはよく響く言葉ではないでしょうか?というかアスリート以外にも受験生やビジネスマンなど困難や壁を経験することと向き合って生きている人には総じて響く名言だと思います。

というのも壁や困難が目の前に立ちふさがると往々にして辛くなって、合理的な手段を考えることから目を反らしてしまうのが人間だと思うからです。そして努力と言う名の無茶を続ける。そういう弱さを持っているのが人間だとしたら、頑張っているすべての人にこの名言は響くのではないでしょうか?
そして目の前の壁や困難から目を背けることなく、合理的な手段を考え実行する正しい努力をしろ、と言ってくれているのがこの名言だと思います。

ゲーム好きは空と白の活躍にきっと興奮する!

いかがでしたでしょうか?ゲームが好きな人にとってはたまらないもの、ハッとさせられるようなもの、はたまた勇気をもらえるようなものなど、色んなタイプの名言が登場しました。皆さんのお気に入りの名言はありましたでしょうか?
また既にアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」を視聴済みの方は作品の楽しい思い出を振り返るキッカケになりましたでしょうか?もし、そうなったのであれば幸いです。
まだ未視聴の方はアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」に興味を持つキッカケになりましたでしょうか?もし興味を持たれたのであればぜひアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」を観てみることをオススメします。

全12話でそこまで時間も取られませんし、前述の通り、他作品のオマージュやギャグもあるので、ゲームという分野に興味が無い人でも楽しめる内容になっていますよ。そして何より空と白の頭の良さには、ゲーム好きじゃなくとも胸が高鳴るはずです。
またイライラするようなキャラクターも登場しません。それどころか面白くて個性的なキャラクターがたくさんいるので、そうしたキャラクターの部分にも注目して観て欲しい作品です。
ぜひゲーム好きの方は勿論のこと、そうじゃない方にも空と白の活躍やギャグなどを楽しんでもらえたらと思います。ということでお付き合いありがとうございました。
こちらの記事もオススメ!
ノーゲーム・ノーライフ NEET Blu-ray BOX
KADOKAWA メディアファクトリー (2016-02-24)
売り上げランキング: 4,555

「 ノーゲーム・ノーライフ 」コンプリートソングス「 NO SONG NO LIFE 」
鈴木このみ 茅野愛衣 日笠陽子 田村ゆかり 沢城みゆき
メディアファクトリー (2017-07-12)
売り上げランキング: 261