【アホガール/よしこ】とんでもなくアホ!でも嫌いになれない魅力を徹底紹介してみた!

話題沸騰中の大人気アニメ『アホガール』の主人公・よしこの魅力を徹底紹介しちゃいます!ヒット作メーカーである原作者・ヒロユキが描く、高校生徒は思えないほどアホなよしこの生態とは?一度見始めたら面白すぎてとまらない『アホガール』と頓珍漢すぎるよしこは見逃せない!

抱腹絶倒!『アホガール』とは

原作・ヒロユキの大人気漫画『アホガール』とは

出典:https://www.amazon.co.jp

ヒット作メーカーであるヒロユキ原作の大人気漫画『アホガール』2017年7月アニメ化されました。もともと人気のある漫画だったのですが、アニメ化してからさらに人気が向上しました。空前絶後のアホの子である「よしこ」は憎めないウザさで人気を誇っています。そんなよしこと周りの掛け合いがとても面白く中毒性のある漫画だと評判です。

テストで0点連発するほど頭の悪い花畑よしこは、幼馴染である阿久津明(通称・あっくん)が大好き!あっくんにウザがられながらも絡み続け、周りから冷たい視線を受けることもしばしばといった様子です。頭を空っぽにして読める漫画なので、空いた時間に読むにはぴったりだと思います。暗い気分の時に読むとすっきりできるのでおすすめです!

2017年7月放送中のアニメ『アホガール』

まず、アニメ『アホガール』で注目してほしいのがOPです。アニメ『蒼穹のファフナー』主題歌である「Shangri-La」でも有名なangelaさんが歌う「全力☆Summer!」はとても中毒性のあるです。曲調がなんども変わるので、聴いていてとても面白く楽しめます!一度聴いてしまえばずっと頭の中でグルグル回ってしまいますね。ぜひ聴いてみてください!

次に注目してほしいのがテンポの良さです。原作4コマ漫画なのですが、原作のテンポの良さを受け継いでアニメ『アホガール』非常にテンポが良いです。15分アニメの中に複数話が入っているので、おのずと1つの話は短くなりますよね。しかし、それでも物足りなさはなく、ちょうど良い満足感を得ることができます。忙しくても途中で観るのをやめることができるのででとても便利です!

アホガール よしこの魅力①精神年齢幼稚園児!よしこのアホガールぶりは伊達じゃない!

よしこのアホガールぶり・その1

まず、よしこ特徴といえばバナナ好きです。どのくらい好きかというと、あっくん「お前のアホさは世の中で生きていけないヤバい」と言われたら「死ぬ前にバナナ食べたい!」と叫ぶほど好きなのです。先ほど紹介したOP「全力☆Summer!」でもバナナが沢山出てきます。よしこの精神世界を表現したOPなのかもしれませんね。

よしこのアホガールぶり幼馴染であるあっくんはいつも振り回されているのですが、あっくんはよしこに対して全く容赦をしませんアニメ1話の時点でもすでに綺麗なアッパーカットを披露しています。男女平等かと思われるアッパーですが、これはよしこ以外には発動しません。あっくん曰く「よしこは獣」らしいですよ。

よしこのアホガールぶり・その2

よしこ面白いところといえば、本人はいたって本気であるというところです。真顔おかしなことを言うので、思わず笑ってしまうのです。アニメ『アホガール』2話では冒頭から小学生と一緒に遊んでいました。しかも、小学生たちから「よしこ」と呼び捨てにされているところが、よしこのアホガールぶりを笑われているようで面白いですよね。

あっくんが言う通り、よしこは「行動が予測不能」なのです。小学生と遊んでいるときも、鬼ごっこ中にいきなり砂場砂のお城を作り始めてしまいました。また、よしこは自分のことを「遊びのプロ」と称しています。迎えに来たあっくんのことを悪魔といって、また鬼ごっこを始めてしまうくらいには十分にアホガールですね。

アホガール よしこの魅力②人気声優・悠木碧の全力演技!声が超かわいい!

人気声優・悠木碧とは

アニメ『アホガール』よしこを演じる悠木碧さんといえば、高い人気を誇る声優さんとして有名ですよね。かわいくビジュアルかわいい演技もとても上手なので、人気が出るのも当然といえます。悠木さんの演じたキャラクターで代表的なものをいくつかあげると、『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役や『君の名は。』名取早耶香役などです。

悠木さんは4歳芸能界入りをし、子役として映画ドラマに出演していました。2003年、当時小学5年生の際にアニメ『キノの旅』にさくら役で出演したことから声優業に興味を持ったそうです。そして、まだ20歳前でその実力を認められて『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公である鹿目まどか役を演じました。このことからも演技力が高そうなことがうかがえますよね。

悠木さんのアホガール演技!

アニメ『アホガール』での悠木さんの演技の特徴といえば、とにかく「叫ぶ」ことです。原作の漫画のセリフでも、とにかく「」というマーク末尾についてくるくらい、よしこは常に高いテンションなので当然のことともいえますね。どのくらいに叫んでいるかというと、あっくん「うるせえ!」アッパーカットを食らってしまうほどです。

あっくんは基本的に「うるせえ!」と叫ぶようなキャラクターではないのですが、よしこを相手にするとどうしても叫ばずにはいられないようです。よしこはとんでもないアホの子なので、叫ばないと頭に入ってこない(叫んでも伝わらない方が多いかもしれませんが)のでしょう。そんなよしことあっくんも周りからみればじゃれあいといえるような微笑ましいものです。

アホガール よしこの魅力③似た者同士!よしことよしこ母の掛け合いが面白い!

よしこ母の特徴とは?

よしこ母(花畑よしえ)見た目もそうですが、性格そっくりです。よしこの特徴には「叫ぶ」というものがありますが、それはよしこ母にもいえます。よしこ母はどうにかしてよしことあっくんくっつけようとしているのですが、いつも振られています。その掛け合いの中で親子そっくりな姿を見ることができます。よしこ母役・日笠陽子さんの演技にも注目です!

よしことよしこ母の掛け合い!

前述したように、よしこ母よしことあっくんをくっつけようとしています。その理由というのが「老後の安心」のためだというので、よしこ母にもアホガールの気を感じますよね。あっくんとの会話の中でどんどん自分から墓穴を掘っていく姿は、傍から見ていてとても面白いので、よしこ母は個人的に好きなキャラクターです。

アニメ『アホガール』3話では、よしこのクラスメイトである隅野さやか(通称・さやかちゃん)がよしこたちと共によしこのへ向かいました。さやかちゃんはとても女の子らしくかわいいので、よしこ母はあっくんがとられてしまうのではないかという心配をします。どうにかしてさやかちゃんの評判下げようとするよしこ母は必見です。

『アホガール』ことよしこの魅力はブラックホール!今後のよしこも目が離せない!

『アホガール』よしこのようなキャラクター「ウザい」と思われがちなのですが、よしこはその「ウザさ」を通り越してかわいく見えてきてしまうので不思議です。原作漫画お腹を抱えて笑うほど面白いのですが、アニメだと声優さんたちの演技も合わさってさらに面白くなっています。笑いすぎて酸欠にならないように注意が必要かもしれませんね。

落ち込んでいる時に観ると、そんなじめじめした雰囲気は吹き飛んでしまうのでおすすめです。動画配信サイトでも高い人気を誇るアニメ『アホガール』ですが、その人気は偽物ではありません。まだ観たことがない方はぜひ観てみてください!この記事を読んだことによって『アホガール』を好きになっていただけたら幸いです。
アホガール(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2013-07-19)
売り上げランキング: 1,606

DVD付き アホガール(10)特装版 (講談社キャラクターズライツ)
ヒロユキ
講談社 (2017-10-06)
売り上げランキング: 779