【TRICK】TRICKが仲間由紀恵の魅力を最も堪能できる作品である3つの理由

今や日本を代表する大人気女優となった仲間由紀恵さんですが、ブレイクしたのは20歳を過ぎてからと意外にも遅咲きだったんです!そのきっかけとなったのが【TRICK】です。日本中がハマった大ヒット作の主演を演じた仲間由紀恵さんの魅力がぎっしりと詰まっているので、余すところなくご紹介いたします!

【TRICK】主演の仲間由紀恵ってどんな人?

1979年10月30日生まれで沖縄出身。1994年に沖縄テレビ放送の『青い夏』の一般公募オーディションで見事グランプリを獲得し、ドラマ出演を果たします。その翌年、同ドラマのプロデューサーから現在の所属事務所出るプロダクション尾木を紹介されて上京します。
上京してしばらくは今のような女優としての活動はほとんどしておらず、歌手活動や声優などをしていたんです。現在の仲間由紀恵さんからは想像できないかもしれませんが、アニソンも歌っていたんです!意外すぎてかなり衝撃的ですよね!

『TRICK』で一気に大ブレイク!

そんな仲間由紀恵さんが女優として大ブレイクしたのが今回紹介する『TRICK』なんです。2000年に放送されたこのドラマは大ヒットとなりシリーズ化し、スペシャルドラマや劇場版が公開されるなど14年に渡ってファンから愛され続けた仲間由紀恵さんの代表作となりました。その後放送された『ごくせん』も自身の代表作で、最高視聴率32.5%を記録するなど日本のドラマには欠かせない女優へと成長を果たしたのです!

【TRICK】のストーリー紹介

仲間由紀恵さん演じる自称・天才マジシャンの山田奈緒子と阿部寛さん演じる日本科学技術大学物理学教授の上田次郎の凸凹コンビが、様々な超常現象と出くわしその謎を解明していくミステリードラマです。数々の大ヒット作を世に生み出してきたヒットメーカー・堤幸彦さん演出です!
売れないマジシャンである山田奈緒子は「本物の超能力者であると証明できたら賞金を払う」という挑戦状を見て、その賞金目当てで上田次郎を訪ねます。簡単なマジックにコロッと騙されてしまう上田。これで賞金が手に入るとニンマリしていた奈緒子だが、「一緒にインチキ超能力者の謎を解いてくれ」と頼まれ、しかも賞金はその後でとお預けに・・・。

エピソード1は『TRICK』を語るうえで絶対に外せない作品です

そんなひょんなことから2人は『母之泉』という宗教団体と対決することに!通称“ビッグマザー”と呼ばれるこの宗教団体の教祖はラストステージまでちょくちょく登場する重要な人物で、他のインチキ超能力者とは一線を画しており丸で本物の超能力者なのではないかと思わせるシーンもちらほら。これから初めてTRICKを見る方は絶対にこの『母之泉』のエピソードから見てください!

主要キャストが豪華で個性的すぎる!

『TRICK』は主演の仲間由紀恵さんや阿部寛さん以外にも豪華な個性派俳優さんたちが集結しているんです!なんといっても外せないのが刑事の矢部謙三を演じる生瀬勝久さんです。矢部は、頭髪に悩みを抱えており何をするにも第一に髪の毛のことを優先して考えちゃうクスッと笑える設定。どう見てもバレバレのヅラを被っているんですが、実はこの設定は生瀬さん本人が提案したんだとか!
また、山田奈緒子の母役はあの大物女優・野際陽子さんが演じているんです!このぶっ飛んだ母親役を野際さんが演じてくれるなんてとっても驚きで豪華としか言いようがないですよね。しかも死んだ父親役は岡田真澄さん!なんとも羨ましすぎる美男美女の父と母ですね。

【TRICK】での仲間由紀恵と阿部寛のやりとりにハマる!

『TRICK』が愛される理由の1つとして、この2人と主要キャストによる本当にくだらないやり取りに何故かハマってしまうんです!出演者に関するネタや他番組のパロディなど、ミステリードラマなのに思わずクスッと笑ってしまうような小ネタが満載で、TRICKファンはその小ネタ探しも毎回楽しみにしていたんだとか。
なんといっても2人のキャラ設定がぶっ飛んでいて、山田奈緒子は自称・天才マジシャンで貧乏、おまけに貧乳。対する上田次郎は巨根の童貞という、普段の仲間由紀恵さんや阿部寛さんからはかけ離れたイメージのキャラ設定が面白いですよね。こんな無茶なことができるのは堤監督しかいないかもしれません!演じた本人たちもこの設定に最初は戸惑っていたものの、回を重ねるごとに段々と吹っ切れてきたんだとか。

実はお互いに好意を持っているのでは?

最初は上田に対して敬語だった奈緒子が段々と呼び捨てするようになり、更には上田を殴ってしまうほどに成長!奈緒子のマジックに簡単に騙されてしまう上田も何とも言えない可愛さがあって魅力的です。“喧嘩するほど仲がいい”という言葉通り、普段はお互いをけなし合っている2人なのに「実は恋心を抱いているのでは?」と思わせるようなシーンも出てくるんです!しかし、2人の恋の行方は最終章まで明かされることなく今も謎のままなんです。

仲間由紀恵演じる山田奈緒子が可愛すぎる!

仲間由紀恵さん演じる山田奈緒子は、売れないマジシャン・貧乏・貧乳といった本当に冴えないキャラ設定なんです。でも仲間由紀恵さんが演じるとなぜがとっても可愛らしくてほっとけない女の子に見えちゃうんですよね。上田が惚れるのも分かります!
奈緒子は幼いころから無表情で笑うことが苦手なため、「えへへへへ」「うひょひょひょひょ」といった奇妙な笑い声を発するんです。実際にこんな人が目の前に現れたらドン引きしちゃいそうですが、さすが仲間由紀恵さん!気持ち悪いというよりむしろ可愛い!ほかにも、驚いた時に発する「にゃっ!」「うにゃー!」や念を送る際の「くわっぱ!」「にゃむー!」という謎の掛け声も印象的です。

奈緒子のチャイナドレスは必見!

普段は地味な格好をしている奈緒子の唯一のステージ衣装がチャイナドレスなんです。仲間由紀恵さんのスタイルが良すぎて思わず見とれてしまうチャイナドレス姿は、なかなか登場シーンがないので貴重な映像ですが是非探してみてください!ヘアスタイルもお団子のアップスタイルなのでセクシーさも普段の数百倍に増していますよ!相変わらず「貧乳」といじられてはいるんですが、それでも可愛いんです。

数々の名ゼリフも登場

『TRICK』といえば数々の名ゼリフも誕生しましたね!中でも主役の山田奈緒子の決めゼリフ「お前のやったことは全部お見通しだ!」は今でも記憶に残る一言です。実はこのセリフは回によってちょこっとアレンジされているようで、「まるっとお見通しだ!」「スリッとお見通しだ!」「ボンゴレお見通しだ!」など謎の付け加えもされています。このちょっとした違いに注目しながら見てみるのも面白そうですね。

上田や矢部の名ゼリフにも注目!

あとは上田の「なぜかベストを尽くさないのか?」「どんとこい、超常現象」もよく聞く名言です。ドラマ中での上田の著書なんですが、実際に購入することもできるほど人気が出たんだとか!実際に発売されたのはこれだけでなく、奈緒子の「全部まるっとお見通しだ」も売られていたんだとか。
主役の2人だけでなく、矢部警部補がひらめいたときに使う「あ、分かった!」や矢部を呼ぶ時の後輩石原の「兄ぃ(アニィ)」も印象的です!そんな色々な名ゼリフを、いつ言うのかとワクワクしながら見入ってしまうのも『TRICK』の策略なんでしょうか?

仲間由紀恵の魅力は【TRICK】に詰まっている!

仲間由紀恵さんの名を世に知らしめた名作『TRICK』には彼女の魅力が沢山詰まっています!普段の仲間由紀恵さんとは程遠い、意外な役柄にも全力で挑んだからこそこんなにも大ヒットしたのではないでしょうか。『TRICK』シリーズを初期から全て見れば、仲間由紀恵さんの演技に磨きがかかったことがよく分かります!若い頃もとても可愛らしかったのですが、徐々に大人の女性として美しくなっていく仲間由紀恵さんの姿も見れて、ファンにはたまりません!
今からでも遅くありません。是非『TRICK』を見て仲間由紀恵さんの魅力を再発見してみてくださいね。そして今後の益々のご活躍を期待してます!