【ドラゴンボール】ナッパはみんなのトラウマ?恐怖のサイヤ人の強さを振り返ってみた

数々の強敵が登場したドラゴンボールにおいて、みんなのトラウマ級の強さを見せつけたキャラクターの一人と言えば、上級サイヤ人のナッパ!当然その後登場する敵よりははるかに戦闘力は低いものの、当時のZ戦士はおろか、読者をも恐怖させた圧倒的な強さは、今なお色褪せることのない魅力となって印象に残っています。何やらスーパーサイヤ人になったという噂も聞かれるナッパ。今回は彼の魅力を再確認し、今一度ドラゴンボール世界の奥深さを味わってみましょう!!

名前に似合わず怖い奴!ナッパとは?

ナッパは、国民的漫画ドラゴンボールにおけるサイヤ人編にて初登場したキャラクターで、サイヤ人の王子であるベジータ共々上級サイヤ人に位置するエリート戦士です。
その前に来襲したラディッツ「弱虫」「下級戦士」呼ばわりする等、上級戦士としての高いプライドが伺えます。(ラディッツもまた、当時の悟空らがやっとの思いで倒した強敵でした)
その言動通り、実際に見せたその強さはラディッツを遥かにしのぐものであり、地球の戦士たちはおろか、読者をも震撼させたのでした
こちらの記事もチェック!

この頃からドラゴンボールでは、強さを測る指標として「戦闘力」が登場しました。
戦闘力が登場した当初は、数百~1000程度でしたが、ナッパやベジータの登場以降、1000台を通り越して一気に10000以上にまで膨れ上がります!
それは多くのバトル漫画のお約束である、爆発的なインフレの始まりであり、バトル漫画としてのドラゴンボールが華開いた瞬間でもありました。
ナッパこそ、ドラゴンボールが次のステップに進むための扉をこじ開けた偉大な先駆者であると言えるのです!

新旧ナッパ声優紹介

ここでは、ナッパの声を担当した歴代の声優を紹介いたします。
まずは初代声優飯塚昭三氏
飯塚氏といえば、古今東西のアニメ、特撮モノにて多くの悪の大幹部、首領各を演じてきたベテラン声優であり、まさに日本における悪の大御所といえるレジェンド的存在です!!
独特のすごみを持った低音ボイスは、20代以上ならば聴いたことが無いという人はまずいないであろう抜群の存在感を誇ります!!
その一方、「これまで散々地球を征服しようとしてきた罪滅ぼし」と称してボランティア活動に積極的に参加したり、あまりにもダジャレを連発しすぎて危うくスタジオを締め出されかける等、面白エピソードにも事欠かないお茶目なギャップを持ったお方でもあります(笑)

続いて、ドラゴンボールGTにてナッパを担当したのは梁田清之(やなだきよゆき)氏
梁田氏といえば、スラムダンクの赤木剛憲役で有名な方で、飯塚氏同様渋い低音ボイスが印象に残りやすい声優さんです。しかし、デビュー当初はもう少し高音域のイケボといえる声質で、2枚目役も数多くこなした経験があるって知っていましたか?
ちなみにGTでは、殆ど唸り声しか発しておらず、彼の持ち味があまり活かせていないのが残念・・・!

最後に、ドラゴンボール改にてナッパの声を担当したのが稲田徹氏
先述のお二人に比べ、ややダンディさが増した低音ボイスが魅力で、∀ガンダムのハリー・オード役や、特捜戦隊デカレンジャーのドギー・クルーガー役などで知られています。特にドギー・クルーガーへの思い入れはすさまじく、後年再演した際にはスタッフをして「火傷しそうなくらい熱い」と評される程。
一方で、自身の誕生日に貰った頭のマッサージ器をいきなり他人に着けては反応を楽しむなど、イタズラ好きな方としても知られています(笑)
以上、ナッパの歴代声優紹介でした!あなたの好きな声はどなた?

「クンッ」「ピッ」「カパッ」ナッパの技紹介!

ここではナッパの技について紹介します。ナッパの技と言えば「クンッ」「ピッ」「カパッ」だけでファンには通じてしまうのですから、いかにナッパが強い印象を残したかが分かります。
まずは「クンッ」から。ゲームなどでは「ジャイアントストーム」、「フレイムピラー」などとも呼ばれるこの技。地球来訪時にあいさつ代わりと称して使用していました。
指を立てることで周囲に衝撃波を発生させるこの技は、初使用時には街を一つ壊滅させる程の恐るべき威力を見せました。一方、範囲を絞る事も可能で、悟空との対戦時には位置をあぶりだすために規模を縮小して使用しました。

続いて「ピッ」。ゲームなどでは「ブレイジングストーム」とも呼ばれるこれは、天津飯を救助に向かったクリリンに対し「ジャマだ!!!!」の台詞と共に使用しました。
発生させた衝撃波は地面の底が見えない程深くえぐる威力であり、天津飯を瞬殺してしまった場面と相まってナッパへの絶望感を更に増大させました。

最後に「カパッ」。ゲームでは「ブレイクキャノン」、「超魔口砲」などとも呼ばれるこれは、口から強力なエネルギー波を発射するナッパの最高の技。
悟空との対戦時に使用し、ナッパを上回る強さを持つ悟空ですら「まともに食らっていたら危なかった」と言われる程の威力でした。(一瞬で切り返されてしまっていましたが・・・)
以上、ナッパの三種の神器ともいえる技を紹介しました。いずれも擬音だけなのに凄いインパクトがありますね!

みんなのトラウマ!ナッパ戦を振り返る

上級サイヤ人の恐怖

この項ではナッパ戦を改めて振り返ってみましょう。
ナッパが初登場したのは、ベジータ共々ラディッツ戦の終了直後。スカウターの無線でラディッツの死を知ったベジータとナッパ。悟空という大きな犠牲を払って何とか倒したラディッツを「弱虫」と称する姿は、読者に大きな衝撃を与えました。
ラディッツの死の間際の会話で、ドラゴンボールの存在を知ったベジータとラディッツは地球への来訪を決意。地球の戦士たちもまた、彼らの襲来に備え、厳しい修業を積むのでした・・・

衝撃!Z戦士の苦闘

ラディッツ襲来から1年後、ベジータとナッパは地球にやってきました。
想定より少々早く着いたため悟空が遅れることになってしまい、地球の戦士たちがナッパらと戦います。襲来までに十分修行を積んだはずの彼らでしたが、ナッパの強さはラディッツなど到底及ばないほどのものでした。
地球側の最強格であるはずの天津飯を瞬殺し、チャオズの自爆にも容易く耐えるナッパ。そして最強戦士であるはずのピッコロですら歯が立ちません。
そして遂には、ピッコロもまたご飯をかばい戦死してしまうのでした・・・ドラゴンボールにおける絶望的なシーンは数多いですが、ナッパ戦はその中でも最も絶望的だと称するファンも数多いです。

ナッパの最後・・・

そんな絶望感を吹き飛ばすのはやはり主人公・悟空しかいません
満を持して登場した悟空は、圧倒的な強さで逆にナッパを一蹴!!その逆転劇は、多くの読者がスカッとした瞬間ではないでしょうか!!
最後は無防備なクリリン、悟飯を狙う卑怯な戦法を取ったナッパでしたが、これも悟空の切り札・界王拳によってあっさり破られ、ナッパは敗れ去りました。

戦闘不能になったナッパはベジータに助けを求めますが、ベジータは「動けないサイヤ人など必要ない」と、ナッパを空中に放り投げ、エネルギー波で処刑してしまいました。
ナッパ戦においても、度々ベジータの格上感が強調されていましたが、ナッパの死によってそれが確固たるものとなります。そうして戦いは、更に上のレベルへと発展してゆくのです・・・!

まるでスーパーサイヤ人のバーゲンセールだな(苦笑)

ナッパ、スーパーサイヤ人になる?

原作ではサイヤ人編でフェードアウトしていったナッパ。それ以降、戦いはさらにヒートアップし、伝説の戦士・スーパーサイヤ人が登場するなど物語は更なる盛り上がりを見せていきます。
しかし、ナッパもスーパーサイヤ人に変身していたことを皆さんご存知でしょうか!?
ま、まあナッパもサイヤ人である以上、覚醒する可能性はゼロとは言いませんが・・・これだけでも中々驚きなのに、ナッパのスーパーサイヤ人への覚醒は、途中をすっ飛ばしてなんとスーパーサイヤ人3に!!

ナッパ、スーパーサイヤ人3になる!?

スーパーサイヤ人2をすっ飛ばし、スーパーサイヤ人3になったナッパの姿がこちら!
・・・金ぴかになってるのそこ!?しかも変身前よりヒゲがちょっともっさりしてる!!??
いやあ、前々からもしナッパがスーパーサイヤ人になったら金髪どうするんだろうな~とは考えてまして、金ぴかになるとしたらヒゲかな~とか薄々感じてたんですけどねぇ・・・やっぱりそう来ちゃうのね(笑)
長いこと人気のあるドラゴンボールらしい、驚きのIF展開でありました。

色褪せない恐怖!ナッパよ永遠に

以上、ドラゴンボールにおける最大のトラウマ候補、ナッパについて紹介いたしました!
原作においてナッパより強い奴は後程わんさか出てくるのですが、ナッパ程強烈なトラウマを残したキャラクターはそうそういません。その圧倒的なインパクトは、今後も色褪せることはないでしょう!
ナッパこそ、少年漫画史上最強のハゲと言えるのではないでしょうか!?