「アウトブレイクカンパニー」4つの魅力!萌える侵略者よ世界を変えろ!

『アウトブレイク・カンパニー』は、著者・榊一郎(さかきいちろう)によるライトノベルです。異世界に赴いた慎一の周りには、可愛らしい女の子が盛り沢山に登場します!大好きなオタク文化を異世界の住人に伝えるべく奔走する慎一の姿はちょっぴり頼りないけれど、何故か応援したくなります!

『アウトブレイク・カンパニー』のあらすじ

異世界と萌えで繋がる物語

ひきこもりでオタクの加納慎一(かのうしんいち)は、アミュテック株式会社がオタク限定で求人募集をかけていたので応募してみます。すると、難関の一次テストを慎一は満点でパスして、面接を経て即採用となります。
しかし、会社の業務内容はかなり変わっていました。異世界に存在する『神聖エルダント帝国』に飛び、オタク文化を広めるという仕事なんですね。慎一は神聖エルダント帝国の首都マリノスの郊外にある、ラタトスの森の屋敷で暮らし始めます。
アミュテックには日本政府の国益に関する思惑が絡んでいること、エルダントは日本とは違い身分による格差が激しく、理不尽に虐げられる者がいることなど、色々と知ってゆく慎一は問題解決のため異世界を駆け回ります。

魅力①:『アウトブレイク・カンパニー』の登場人物

加納慎一(かのうしんいち)

慎一はアミュテック社の総支配人であり、オタク文化の伝導師です。学生時代に幼馴染に告白しましたがフラれてしまい、悔しさと恥ずかしさから学校に行くのが億劫になって、引きこもっていました。
しかし、神聖エルダント帝国で活動する慎一の振る舞いはお茶目で面白く、性格は明るいように思います。生粋のオタクなので、アニメ・ゲーム・漫画などへの造詣はかなり深いです。メイド服やケモノ耳には目が無いです。
根が優しい青年なので、異世界では女の子にモテまくります。序盤では仕事をこなす意味で淡々と異文化交流を行なっていた慎一ですが、物語の途中からは日本政府による侵略にオタク文化を利用されていた事に気付き、エルダント側につきます。

ミュセル・フォアラン

『アウトブレイク・カンパニー』の正ヒロイン、ミュセル・フォアランは慎一の暮らす屋敷に勤める専属使用人の一人です。ハーフエルフですので耳が三角形に尖っています。超空間通路を抜けて日本に出向いた際は耳を隠していましたね。
立場上、いつもメイド服を着用しています。瞳の色が紫で髪は茶色、おまけに白肌という如何にもメイドな姿なので、慎一からメイドとして90点、箒を持てば100点と言われ高評価を得ました。真面目でドジっ子な可愛い女の子です。
異世界側の存在なので、慎一等と会話する時には魔章指輪というテレパシー装置を嵌めています。しかし、慎一の日本語教育によって、優秀なミュセルはスクスクと日本語を覚え、指輪が無くても意思疎通が出来る様になりました。

ペトラルカ・アン・エルダント三世

ペトラルカは、幼い見た目に反して年齢は16歳です。神聖エルダント帝国の皇帝陛下で、側には気の優しいザハール宰相と、従兄弟のガリウス・エン・コルドバルが仕えています。二人からの信頼は厚いですね。
幼女呼ばわりされるのが大嫌いで、慎一に幼女と言われた時には打ち首にしてやると激怒しました。オタク文化を学ぶための交流で慎一と触れ合う内に、慎一に好意を抱く様になりましたね。教材に影響されてツンデレになった姿は超可愛いです。
また皇帝としての資質は非常に高いと思われ、日々熱心に公務をこなしています。執務に嫌気がさして部屋にひきこもった時もありましたが、慎一の説得と民を想う気持ちで乗り越えましたね。勝気な姿がお似合いの少女です。

古賀沼美埜里(こがぬまみのり)

美埜里さんは、陸上自衛隊東部方面隊第一師団所属の一等陸士です。慎一の護衛を任務として屋敷に同居しています。戦闘に長けていて、小型ナイフや銃を使いこなしますし体術もお手の物なので、かっこいいですね。
そして、BL好きの腐女子でもあります。オタク文化を伝えるため異世界に建設した学校では、教壇に立ちBL用語について解説していましたね。ガリウスにBL本を貸して軽く洗脳しようとする筋金入りです。
意外な一面としては、脇汗をかきやすい体質であることが挙げられるでしょう。制汗剤を頻繁に使いますが、匂いに敏感なドラゴンがいる巣窟で制汗剤を使った時には、怒りを買って攻撃に遭っていましたね。何処か抜けたところが魅力です。

魅力②:アニメで観る『アウトブレイク・カンパニー』

OP曲でテンションも上がる!

出典:https://www.amazon.co.jp

アニメ『アウトブレイク・カンパニー』のOP曲は、『ユニバーページ』です。ミュセル役の声優、三森すずこさんが歌っていますね。この曲の歌詞は素敵な人との出逢いによって自分が前向きに変わってゆくという、凄く心にしみるものです。
音楽にも神聖な趣があって、聴いていると心が浄化される気分を味わえます。三森すずこさんの透き通った声も良いですね。オープニングが明るい曲調だと、その後始まる物語にワクワク感を持って臨めます。
肝心のアニメーションはと言うと、とにかく映像が綺麗ですね。光の描写が印象的で、全体を通して画面がキラキラ輝いている様に思えます。線も綺麗に入れられていて、キャラクターも魅力が活きています。

魅力③:『アウトブレイク・カンパニー』の名シーン

ネタバレありで魅力を紹介

見どころ満載の『アウトブレイク・カンパニー』ですが、学校での籠城事件の際にも名シーンがありました。慎一は貴族だけでなく一般の民にも教育を施すために、エルダントに学校(オタク養成施設)を建てます。
しかし、慎一が学校をつくり、人間と亜人種に分け隔てなく教育を施すことは心の侵略行為であるとして、『憂国士団ベイドゥナ』が反帝国組織として襲来し、籠城事件を起こしたんですね。ペトラルカやミュセルたちは捕らわれます。
そして、土壇場でリーダー格のアレッシオがペトラルカに刃を放つのです!しかし、ミュセルが身を盾に刃を防ぎます。身分の違いで陛下から酷い扱いを受けていたにも関わらず庇ったミュセルの優しさに、思わず感動する名シーンです。

『アウトブレイク・カンパニー』に2期はあるのか?

作品評価から考える

『アウトブレイク・カンパニー』のアニメ2期を待ち望むファンは多いと思いますが、実際2期は製作されるのでしょうか?TVアニメの再放送なども行われ、一定の認知度は確実にありますが現状2期についての吉報は無いようですね。
しかし原作ラノベは2017年時点で18巻まで刊行されており、依然として高評価を獲得し続けています。何よりヒロイン達の可愛さが最高ですね。1期の締め方も慎一が反旗を翻した形で終わっていたので、やはりアニメでも続きを観たいです。
今は原作の進展を温かく見守って、より完成度の高い作品になることを祈るしか無いですね。ファルス的な一面も『アウトブレイク・カンパニー』には含まれているので、是非2期を観て楽しみたいです。

魅力④:如実に描かれる異世界との文化差

道徳的価値観を学べる

『アウトブレイク・カンパニー』の異世界では、身分による格差が顕著に表れていると言っても良いでしょう。神聖エルダント帝国でも多様な種族が混在する中で、人間は支配力に優れているから偉いと思い込む者もいました。
しかし、偏り無く言えばエルフは魔法を使えますし、ドワーフだって小柄だけど並外れた腕力を持っています。頑丈な鱗を持つ心優しいリザードマンもいるし、ミュセルの様な健気なハーフエルフもいるんです。
それを亜人種と一括りにして跳ね除け、まともな教育を受けさせ無かったり劣悪な労働を強いるのは、やはりズレていると感じさせられるでしょう。慎一が身分の垣根を超えた未来を夢みる様子に、一長一短の特性を享受する大切さを教えられます。

美少女に萌える『アウトブレイク・カンパニー』が熱い!

誇り高きオタクは運命を変える

ラノベの醍醐味である水着回もきちんと取り入れている『アウトブレイク・カンパニー』では、やはり可愛いヒロイン達が映えますね。キャラのそれぞれが違った特徴・魅力を秘めていて、どハマりしてしまいます。
主人公の慎一が日本政府に暗殺されそうになる等、シリアスな展開にも注目ですね。異世界側に心を寄せる様になった慎一と、慎一を旦那様と慕うミュセルとの恋の行方にも期待が膨らみます。純愛は良いですね。
『アウトブレイク・カンパニー』は、異世界で巻き起こる様々な危機を、勇敢なオタクが仲間と共に乗り越えて未来を切り拓く壮大な物語です。きっと、オタク文化の可能性を誰もが体験出来るはず!
アウトブレイク・カンパニーBD BOX [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-07-20)
売り上げランキング: 23,435

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)
講談社 (2012-11-13)
売り上げランキング: 19,978