シュタインズゲート ゼロがアニメ化!最新情報紹介でもう一つの未来を先取り!

人気ゲーム『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』を原作にした、アニメ『シュタインズゲート』。2011年に放送され、今も大ヒットアニメの一つとして語られています。今回は、そんな『シュタインズゲート』の続編にあたる『シュタインズゲート ゼロ』がアニメ化されるとのことで、あらすじやストーリーをネタバレ込みでご紹介していきます。

シュタインズゲート ゼロのアニメ化が待ち遠しい!前作を復習しておこう!

秋葉原にある雑居ビル拠点をとした、小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」。そのサークルでリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(通称ラボメン)の椎名まゆりや橋田至と一緒にろくでもない発明を繰り返していました。

そんな中、2010年7月28日に、岡部とまゆりはドクター中鉢の記者発表会に向かいます。そこで岡部は、脳科学を専門とする天才少女・牧瀬紅莉栖と出会います。紅莉栖は「さっき私に何か言いかけましたよね?」と岡部に尋ねますが、岡部はもちろん紅莉栖と会うのは初めてで、彼女の言っていることが理解できません。

結局、そのまま別れた2人でしたが、その後岡部はラジ館の8階で紅莉栖の死体を発見します。突然の出来事に呆然とする岡部は、その出来事を橋田へとメールで報告します。その瞬間、岡部はめまいに襲われ、我を取り戻すと人工衛星みたいな巨大機械がラジ館の屋上に墜落していました。

更に、直前に送ったはずの橋田へのメールが1週間前の日付で送信されていて、死体として倒れていた紅莉栖も生きていました。


その後物語は進んでいき、岡部たちは「タイムリープマシン」を完成させますが、これが発端で研究所のメンバー、岡部・紅莉栖・まゆり・橋田は秘密組織に命を狙われることになります。そして、現在の世界線(α世界線)では「まゆりの死」という絶望的な未来が待ち構えていました。

何度やり直しても目の前で死んでいくまゆりを目にする岡部でしたが、この結果を変えるためには、もう一つの世界線(β世界線)へ移らなければいけないことを知ります。そして、そのためには今までの過去改変を全て取りやめる必要があったのです。

やがて、全ての過去改変をキャンセルし安堵した岡部でしたが、β世界線は元々岡部がいた世界線で、その世界線では紅莉栖が死んでいることを思い出すのです。まゆりか紅莉栖か、究極の選択に迫られる岡部でしたが、そんな岡部を見た紅莉栖は自らが犠牲になることを選ぶのです。


紅莉栖がいない世界線で絶望する岡部でしたが、未来からやってきた阿万音鈴羽に協力してもらい、過去に戻って紅莉栖を救うことを決意します。タイムマシンを使って過去に戻った岡部ですが、紅莉栖を殺したのは自分だと衝撃の事実を突き付けられるのです。

愛する人を自身の手で犯してしまった岡部は自暴自棄になってしまいます。しかし鈴羽は、「一度失敗するのは計算通り」と言います。そして、「失敗した今なら依然届いたムービーメールが見れる」といい、岡部にそれを見るように促します。そしてそこには、15年後の岡部の姿があったのです。

15年後の岡部は、「過去の自分に紅莉栖が死んだと観測させることで、過去改変は起こらずシュタインズゲート(新たな世界線で、紅莉栖もまゆりも死なない世界線)に到達できる」と説明します。15年後の岡部のいうことを理解した岡部は、紅莉栖を助けるため、再び立ち上がるのです。

そして、見事に「シュタインズゲート」に到達した岡部は紅莉栖と再会し、「これがシュタインズゲートの選択だよ」と告げるのでした。


シュタインズゲート ゼロのあらすじは?

見事にハッピーエンドで終わった前作ですが、本作の『シュタインズゲート ゼロ』は紅莉栖がいない世界線、つまり、「前作に登場した15年後の岡部がいる世界線(β世界線)」を描いています。

日常生活に戻った岡部でしたが、紅莉栖を救えなかったことで意気消沈し、紅莉栖の死に対してのフラッシュバックに苦しんでいました。そんな岡部の姿を近くで見るまゆりは、メンタルクリニックを受診することを進め、他のラボメンたちも彼のことを心配します。

そんなある日、かつて紅莉栖が所属していた、「ヴィクトル・コンドリア大学」の比屋定真帆とアレクシス・レスキネン教授が講演のために来日します。その講演に参加していた岡部は、彼女たちから「Amadeus(人工知能)として牧瀬紅莉栖の記憶データは生きている」と衝撃の真実を聞くのでした。


シュタインズゲート ゼロの登場人物は?

『シュタインズゲート ゼロ』には、数多くのキャラクターが登場します。前作からのラボメンたちはもちろんのこと、新たに個性豊かな登場人物たちが参戦します。前作でも多すぎるぐらいだったのに、更に増えるとなると覚えていくのが大変ですが、これも『シュタインズゲート』シリーズの大きな魅力の一つでしょう。


岡部倫太郎

前作から引き続き、今作の主人公。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.001で、ラボの創設者です。『シュタインズゲート』では牧瀬紅莉栖を救うことに成功した岡部でしだが、この世界線ではそれも失敗していて失意のどん底の中で日々を過ごしています。作中では唯一の「リーディング・シュタイナー(移動前の世界線の記憶を保持する能力)」をもっています。


牧瀬紅莉栖

前作から引き続き、本作のヒロイン。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.004。『シュタインズゲート』では、その頭脳を駆使して何度も岡部を救ってきましたが、β世界線では彼女を救うことはできず、7月28日に秋葉原のラジ館で命を落としています。


椎名まゆり

前作からの登場で、本作のヒロインの一人。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.002。岡部とは幼いこのからの幼馴染で、岡部のよき理解者。本作でも鬱に近い状態の岡部を心から心配しています。


橋田至

前作からの引き続きの登場で、通称「ダル」。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.003。凄腕の「スーパーハッカー」で、前作ではその腕を駆使して岡部たちをサポートしていきました。未来では阿万音由季と結婚していて、阿万音鈴羽は実の娘にあたります。


阿万音鈴羽

前作から引き続きの登場で、未来からきた女性。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.008。前述した通り、その正体は「タイムトラベラー」です。父親は橋田至で、母親は阿万音由季です。阿万音鈴羽はシュタインズゲートにおいて、重要な鍵を握る人物の一人です。


比屋定真帆

本作からの登場人物で、本作のキーキャラクターの一人。紅莉栖が所属していた「ヴィクトル・コンドリア大学」の研究員で、紅莉栖の先輩です。紅莉栖よりも年上ですが、その外見から幼女と見られることもしばしばあります。岡部に対して、Amadeus(アマデウス)に牧瀬紅莉栖の記憶データがインストールされていることを教えます。


椎名かがり

本作からの新キャラクターで、苗字でもわかる通り未来の椎名まゆりの娘。但し、まゆりが養子として引き取った子で、戦争によって本当の両親を亡くしています。物語の鍵を握る重要人物で、成長した姿は牧瀬紅莉栖そのものです。


漆原るか

前作からの登場キャラクターで、通称「ルカ子」。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.006。容姿や言動からはどっからどう見ても女の子なのですが、れっきとした男の子です。確かにかわいい…だが男だ。


フェイリス・ニャンニャン

前作から引き続きの登場で、本名は「秋葉留未穂」。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.007。秋葉原のネコ耳メイド喫茶「メイクイーン+ニャン2」の人気No.1メイドで、「フェイリス・ニャンニャン」というのはそこでの源氏名です。語尾に「ニャン」とつけて会話をするのが特徴です。


桐生萌郁

前作からの登場キャラクターで、ポーカーフェイスの美女。「未来ガジェット研究所」のラボメンNo.005。無口でミステリアスな雰囲気を出していて、極度の携帯依存症です。かなりの人見知りで人と話すのが苦手なため、ぼそぼそと喋るのが特徴的です。


天王寺綯

前作からの登場で、「未来ガジェット研究所」の下にあるブラウン管工房の店主の一人娘。大人しいが人懐っこく、好奇心旺盛な一面ももっています。


阿万音由季

メインで登場するのは今作からですが、前作や劇場版のほうでちょくちょく出てきていたキャラクターです。その正体は、ダルの奥さんで、苗字でも分かる通り阿万音鈴羽の母親です。余り細かいことは気にしないポジティブな性格をしています。


中瀬克美・来嶋かえで

今回から登場する新キャラクターで、左が中瀬克美、右が来嶋かえでです。2人ともまゆりのコスプレ仲間で、まゆりの作った衣装を着てイベントに出ることもしばしばあります。


アレクシス・レスキネン

今作から新しく登場し、キーキャラクターの一人です。紅莉栖が所属していた「ヴィクトル・コンドリア大学」の教授で、脳科学を研究しています。紅莉栖や真帆を指導して、岡部が参加したセミナーに講師として呼ばれています。


ジュディ・レイエス

今作からの新キャラクターで、今作の重要人物。紅莉栖が所属していた「ヴィクトル・コンドリア大学」の精神生理学研究所教授。外見はセクシーなお姉さんで、性格も研究員たちとも気軽に接するフランクな人物です。真帆やレスキネンも知り合いみたいで…。


シュタインズゲート ゼロの結末は?【ネタバレ注意】

ゲーム版『シュタインズゲート ゼロ』のエンディングはいくつか用意されています。結論から言うと、アレクシス・レスキネンとジュディ・レイエスは悪者です。そして、全てのエンディングをクリアすると「トゥルーエンド」へ到達します。

トゥルーエンドでは前作の最終話の動画メールの部分へ繋がり、15年後の岡部視点でその光景を見ることができます。ですが、そこにまゆりと鈴羽の姿はありません。そして、岡部が2人を救うために、自らタイムマシンへ乗り込むところで物語は結末を迎えます。

アニメではどのようなラストを迎えるのでしょうか。非常に楽しみです。


シュタインズゲート ゼロのアニメ化はいつ?

そんな『シュタインズゲート ゼロ』ですが、アニメ化されるのはいつなのでしょうか。残念ながら、「現在企画進行中」と、詳細については発表されていません。ファンの間では「待ちきれない」といった声が多くあがっています。

前作が好評だっただけに今作にも期待が高まりますが、その期待にどこまで答えてくれるのか、今から楽しみに待ちたいと思います。また2017年10月より、前作の『シュタインズゲート』の再放送が決定していますので、まだ見たことがない方はもちろんのこと、一度見たことがある方も復習がてらチェックしてみるのもいいのではないでしょうか。